【てつのさそり】

Last-modified: 2020-02-11 (火) 10:11:05

概要 Edit

【おおさそり】の上位、【しのさそり】の下位に当たるモンスター。
鉄の皮膚を持つサソリで、毒は持たないが、特にリメイク版では見た目通り守備力がとても高い。意味が似ている【メタルスコーピオン】とは無関係。

DQ1 Edit

【リムルダール】周辺に出現する。
下位種の大さそりの守備力が見掛け倒しだったがコイツも見掛け倒しの側面が強い。
守備力は42と周囲のモンスターより少し高い程度。HPも22とそこまで高くはないが【ギラ】だけでは1発で削り切れない。
【ラリホー】に耐性を持たないので眠らせて打撃で攻めるのが良い。
他2種とは左右逆になっている。

リメイク版 Edit

FC版では見掛け倒しだった守備力が42→60と約1.5倍にアップした。
更に【ぼうぎょ】も行う。1対1の本作では無意味な行動に思えるが、こちらがギラを唱えた場合のダメージも半減されるので、MPを必要以上に消費させられることになる。
HPは据え置きだが、ギラの威力が見直されたリメイク版でもギラ一発では倒せないという絶妙な値である。
また、おおさそりは素早さがたったの4しかないという鈍足の設定にされたのに対し、こちらは25と【リカント】以上の素早さになっており、先制される事も多く、総じて嫌らしいモンスターに変貌している。
ラリホーへの耐性が無い点は変わっていないので、手堅く攻めるなら初手で眠らせると良い。

ゲームブック(双葉社) Edit

フィールド上で出現。
文字通り鉄の様な堅さを持つが、腹部はやわらかい。

DQ8 Edit

おおさそりらと同様に久々の登場を果たす。
サザンビーク国領(最西部全域、南西部全域、中央部の平地)、砂漠地方、【名もなき小島】(マイエラ周辺の2つの小島)等、中盤の至る所に出現する。
サザンビーク国領の南西部全域では終盤以降は夜間しか出現しなくなる他、砂漠地方と名もなき小島では出現率が大きく下がる。
おそらくほとんどの人が砂漠や【メダル王女の城】周辺で出会ったと思われる。
 
団体様で登場するうえ、守備力が152と初めて出遭う時点では凄く硬く、おまけに防御や【スクルト】で更に守りを固める。
ステータス異常攻撃こそしてこないが、しぶとい敵。
ルカニ系で対抗しても焼け石に水、しかも他の補助呪文はマホトーン以外ほとんど効果がない。
攻撃呪文に関してもイオ系・デイン系以外に耐性を持つので、イオラがないと大苦戦する。
逆にイオラ、ライデインがあるならほぼ一撃で倒せる。ただし【ランドゲーロ】と一緒の時は裏面の一斉反撃が来るのでもう一発何かで引っくり返さないと危険。
落とすアイテムは通常枠が【鉄のクギ】(1/8)、レア枠が【鉄のかま】(1/128)。
体が鉄製なだけに、納得する内容である。
鉄のクギをこれでもかというほど落とすが、こんなに要らない。
ただ、鉄のクギは集まれば財テク、コレクション用のちょっとしたアイテムの錬金に使えるので全く無駄という訳でもない。

DQ10 Edit

Ver.5.1より登場。スクルトや回転アタックを使うなど、DQ8やDQBのいいとこ取りをした強敵。
詳しくはこちらを参照。

DQB Edit

メルキド編とマイラ・ガライヤ編に登場。おおさそりと共に砂漠に出てくる。
メルキド編の【ケッパー】からのクエストで【回転斬り】を習得するため、必ず倒す必要がある。中ボスとしては最初に登場する他、野生でも旅のとびら・赤の先の【ピラミッド】周辺に出現する。ちなみに中ボスとして出てくる関係上、おおさそりよりも先に出会うことになる。
たまに【ウォーハンマー】【やいばのよろい】の素材となる【さそりの角】を落とす他、メルキド編では【きずぐすり】を落とすこともある。
おおさそりは【やくそう】を落とすのに…。