【闘魔滅砕陣】

Last-modified: 2019-06-15 (土) 08:03:16

概要 Edit

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場する【ミストバーン】の大技。『とうまめっさいじん』と読む。
後にDQMJ3Pにも逆輸入されて登場した。

DQMJ3P Edit

Ver1.2のアップデートによって追加された特技の1つとして登場。
体技に分類され、敵全体を一定確率で休み状態にする。
早い話が体技版(と言うよりイルルカ以前の)【おたけび】の訳だがやたらと命中率が高い。
が、所詮は命中が高いおたけびに過ぎないので、普通に耐性無効に止まる。
困ったことに対戦だとメタル以外は休み無効が跋扈しているため、
あらゆる耐性を無視する【カラミティウォール】【ファントムレイザー】と違いかなり空気。
とは言え【フォースドハック】で少し下げた時点で当たりまくるのでそれらと組み合わせれば強い。
 
【ミストバーン(スキル)】でのみ習得できる特技である。
因みに当のミストバーン本人は合体特技がフォースドハックではなく【闇獄凍滅斬】なので十分に使いこなせないのが残念。スキル自体は優秀なので覚えさせる事は多い。
 
尚、原作では空を飛んでいる相手には無効だったが、本作では休み耐性が無効でなければ「ライドタイプが空中のモンスター」や「浮遊しているモンスター」も効くのでご安心を。

DQMSL Edit

【ミストバーン】専用特技。レベル依存の必中体技で【マ素】特効効果がある。
素のダメージは低め。

ダイの大冒険 Edit

【闘魔傀儡掌】の範囲を周囲の地面全体に広げたものであり、【暗黒闘気】を地面へ蜘蛛の巣状に張り巡らせ、周りの敵全員を縛り付けて動けなくする。
闘魔傀儡掌と同様に暗黒闘気の威力を高めることで、最終的には相手の体をバラバラに引きちぎることもできる。
 
対処方法として、光の闘気を蜘蛛の巣に目がけて放つことで解除ができる。
【ダイ】【空裂斬】を始めとして、【ヒム】の光の闘気をこめた踏みつけでも解除されている。
また、【ハドラー】【バーン】に反旗を翻した時に、彼の加勢に臨もうとする【ハドラー親衛騎団】の面々を拘束する目的で使用した事もあったが、範囲を地面に限定している=空を飛んでいる相手には無効という弱点があり、宙に浮いている【アルビナス】には効果がなかった。
ただ、パプニカの時は、同じく空を飛ぶゴメちゃんは滅砕陣に巻き込まれているので、アルビナスはたまたま寸前で逃れただけ、という可能性もある。