ウェン・カムイ〔バーバ・ヤーガ〕

Last-modified: 2019-12-22 (日) 18:08:35

キャラシート

永久伝承凍土ブィリーナ(敵専用)

【クラス】キャスター
【真名】ウェン・カムイ〔バーバ・ヤーガ〕
【容姿】鶏杖を持つ少女。
【英雄点】NPC専用
【HP】10 / 10
【筋力】E :1
【耐久】D :2
【敏捷】B+ :5
【魔力】A+ :6(7)→EX:8
【幸運】C :3 →EX:8

【スキル1】道具作成 A++
0点:移動フェイズ時、味方陣営1体のHPを(耐久値D6)回復する。
   交戦フェイズごとに1回まで、味方陣営の任意の判定に補正値5を与える。
【スキル2】三面六眼の垂拱 A
0点:物理防御と魔術防御と奇襲防御時、補正値3を得る。
【スキル3】冬の化身 B
0点:地形効果が有効な場合、幸運値と魔力値をEXとして扱う。
【冬将軍の令呪】味方を支援せよ
0点:スキル「道具作成」の使用回数が無制限になる。

【宝具】『祈りなき寒凪の銀世界』(ラブ・トリグラフ・フォークス) 1/1
【ランク・種別】A:対人宝具 レンジ:1~10 最大補足数:3人
【効果】相手前衛3体をランダムに選択し、以下を全て1回ずつ使用する。
●筋力値15による物理攻撃を行う。
●魔力値15による魔術攻撃を行う。
●幸運値15による奇襲攻撃を行う。

【その他】混沌・悪 地属性

 

●キャスター 真名:ウェン・カムイ〔バーバ・ヤーガ〕
【ステータス】
筋力:E 耐久:D 敏捷:B+ 魔力:A+ 幸運:C 宝具:A

 

【クラス別スキル】
陣地作成:A++
道具作成:A++

 

【保有スキル】
高速詠唱:A

騎乗:D
 キャスター時は使用しないが、他クラスにおいては臼に乗って移動するためこのスキルを保有する。
 また、ライダーとして召喚された場合は「鶏の足の小屋」を由来とする、
 陣地とした家屋を機動要塞とする宝具が使用可能となる。ヤーガの動く城。

冬の化身:B
 キャスターは冬の化身であり、周囲の気温が下がる程にその身に魔力を溜めていく。
 冬将軍と組んだ場合の相性は抜群。

三面六眼の垂拱:A
 トリグラフ・ミーフ。スラヴ神話における神霊「トリグラフ」に由来する魔術を行使する。

この世全ての悪:A
 隠しスキル。
 ウェン・カムイ故に保有している。

 

【宝具】
全て塗潰す三色の騎士(パラディン・オブ・トリニティ)
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~10 最大捕捉:1人

祈りなき寒凪の銀世界(ラブ・トリグラフ・フォークス)
ランク:A 種別:対人宝具 レンジ:1~10 最大補足数:3人

 

【キャラクター詳細】
永久伝承凍土に降臨したキャスター。
スラヴ神話の魔女の名を冠するが、その実はアイヌの伝承の悪神ウェン・カムイである。

 

【パラメーター】

筋力■■■■E耐久■■■■■D
敏捷■■■■■B+魔力■■■■■A+
幸運■■■■■C宝具■■■■■
 

絆レベル

【絆Lv1】
身長/体重:143cm・40kg
出典:アイヌ神話/スラヴ神話
地域:ロシア
属性:混沌・悪 性別:女性
ニワトリの足のような杖はバーバ・ヤーガの逸話に由来する。
本人曰くニワトコの杖。ただのダジャレである。

 

【絆Lv2】
バーバ・ヤーガ。スラヴ神話における魔女の象徴。(ただし、イメージとしては山姥に近い)
伝承においては骨と皮に痩せ細った様相であり、子供を攫っては取って食うという反英霊。
ただし礼節を以て付き合うことで彼女の力を借り、主人公たちが成功を収めるという逸話も多く、
特にロシアに伝わる民謡のひとつ「うるわしのワシリーサ」において、
バーバ・ヤーガは少女ワシリーサが幸せになるための火種を与えたのであった。
……ただし、その火種は「ワシリーサを虐める継母とその娘たちを燃やす」という、物騒に過ぎるものであったが。

 

「永久伝承凍土ブィリーナ」においては、その逸話に反し、少女の姿で顕現した。
しかしその性質は紛れもなく伝承に語られるバーバ・ヤーガそのものであり、
気紛れに善行、もしくは悪行を為して混沌を招き入れる存在である。

 

【絆Lv3】
バーバ・ヤーガは元来はスラヴ神話における冬の化身ともされており、
神話によってはズメイと関わりがあるとも。
バーバ・ヤーガの口笛は吹雪の音色である。
そのため、周囲の気温が下がるほどにバーバ・ヤーガはその身に魔力を溜めてゆく。

 

……なお、このバーバ・ヤーガはオリジナルではなく、
アイヌの悪神「ウェン・カムイ」がバーバ・ヤーガとして振る舞っているもの。
アイヌ民族は北海道だけでなくロシアにも居住しており、ロシアの伝承とも違和感なく交わる事が可能であった。

 

【絆Lv4】
○三面六眼の垂拱:A
トリグラフ・ミーフ。スラヴ神話における神霊「トリグラフ」に由来する魔術を行使する。

 

バーバ・ヤーガは逸話によっては3人の魔女と表現されることもあり、
また鶏の足は三本爪、使役する騎士は3騎、眼光は三白眼、スカートは膝上30センチ。
このように3に関連する逸話もまた多い。

 

【絆Lv5】
「祈りなき寒凪の銀世界」
ランク: 種別:
レンジ: 最大補足:
ラブ・トリグラフ・フォークス。
バーバ・ヤーガの伝承においては「白い騎士」「赤い騎士」「黒い騎士」が登場する。
それらの騎士を召喚し、使役する宝具。白は朝、赤は昼、黒は夜を具現する。

 

この騎士はヨハネの黙示録における終末の四騎士。
しかし最後の「青い騎士」、即ちペイルライダーが欠けている。
これがバーバ・ヤーガが行使する「トリグラフ」の魔術が三相一対であり、
4騎目であるそれが必要なかったということであるが、
最大の理由としては、極冠においては病魔が存在しないからである。
単純にキャリアーとなる生命体が存在しないため。
人類を滅亡させるにゃ病原体は必要ない。――ただ、寒ければいい。

 

なお、バーバ・ヤーガはルビの『ラブ』を「愛らしいだろう?」と茶目っ気にアピールする。
しかし、ロシア語においては「раб」、即ち「奴隷」を意味する。

参加歴

永久伝承凍土ブィリーナ(ケットシー・ストレイキャッツ→冬将軍