Top > 光神ルー〔イヴィル・ブライド〕


光神ルー〔イヴィル・ブライド〕

Last-modified: 2017-06-10 (土) 03:41:00

イヴィルー通常(縮小).png
Illustrator:山下和真
※アップローダーが512kb上限のため、やむなく50%サイズに縮小しています

キャラシート Edit

日帰り聖杯戦争

【クラス】シールダー
【真名】光神ルー・イヴィル〔ブライド〕
【容姿】ピンクな光神ルー。どことなく正気を失っているように見える。
【英雄点】40:コストなし
【HP】45 / 45
【筋力】A:5
【耐久】B:4
【敏捷】A:5
【魔力】B:4
【幸運】D:2
【スキル1】自陣防御 A
10点:最大HPを25増やす。HPが0になった時、1度だけHP1で耐える。
【スキル2】全能の智慧 A+++
5点:交戦フェイズ中に1度だけ、真名看破した全てのサーヴァントのクラススキル以外のスキルを使用できる。
【スキル3】女神の神核 EX
5点:神性として扱う。サーヴァントの英雄点10を得る。
【宝具1】『太陽満たす白き路』(ブラーゲル・サウイン) 1/1
【ランク・種別】D:対国宝具
【効果】交戦開始時に発動できる。現在のエリアで陣地を作成できる。陣地は交戦フェイズ終了時に消滅する。
    陣地の中では「神性」「聖人」を保有しないサーヴァント・乗騎は全ての判定に補正値-2を受ける。
【宝具2】『桃色流す嫁君の視線』(ブリューナク・オイフェ) 1/1
【ランク・種別】A++:対軍宝具
【効果】相手の宝具が発動した場合のみ、その直後に行動を消費せずに発動することができる。
    相手前衛全てに補正値5を得て魔術攻撃を行う。この時、援護は受けられない。
【その他】混沌・中庸 神性 竜種 処女
     真名は「光神ルー」または「クロウ・クルワッハ」であればOKとする。

 
日帰り聖杯戦争(ナーフ前)

Edit

第七次聖杯戦争の光神ルーを見た鈴墓禅清が光神ルーに興味を持ち、霊器をいじった姿。
中身は光神ルー〔イヴィル〕と同じくクロウ・クルワッハ。
狂気に満ちており、「殺す」→「婚ぐ」などのように結婚をイメージさせる言葉に変化している。

 

実態は光神ルー〔リリィ〕とでも呼ぶべきものであり、シールダーとして呼ばれたのも貞操を守るため。
けどそんなことはお構いなくクロウ・クルワッハは次から次へと見境なく婚ごうとする。
光神の処女の明日はどっちだ。「ボクが次に婚ぐのは、キミ?」

 

決め台詞は「………墓場まで、添い遂げる」

参加歴 Edit

女神天征悪窟シェオール鈴墓禅清