碓井貞光

Last-modified: 2017-10-02 (月) 22:21:52

キャラシート

日帰り聖杯戦争

【クラス】ランサー
【真名】碓井貞光
【容姿】大鎌を持ち、ボディスーツのような鎧の少女。
【英雄点】35点(ステ21点・スキル14点):令呪0画消費+対魔力
【HP】20/20 
【筋力】A+:6(消費7点)
【耐久】B:4
【敏捷】A:5
【魔力】E:1
【幸運】B:4
【スキル1】対魔力 C+
5点:キャラシート作成時、英雄点5を得る。魔術防御時、補正値5を得る。
【スキル2】仕切り直し A
5点:先手判定と逃走判定時、補正値5を得る。
【スキル3】菩薩の加護 A
4点:物理攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。
【宝具】魁蛇鬼征・石切(かいじゃきせい・いしきり) 1/1
【ランク・種別】C+:対人宝具
【効果】物理攻撃時、補正値10を得る。
    相手が魔性属性もしくは神性属性を保有する場合、
    相手の防御判定時、スキル・宝具によるダイスのプラス補正を無効にする。
【その他】秩序・善 人属性

 

聖杯ダンジョン

【名前】碓井貞光
【クラス】ランサー
【HP】 20/20 
【宝具】 1 / 1
【筋力】A+:6
【耐久】B:4
【敏捷】A:5
【魔力】E:1
【幸運】B:4
【スキル1】仕切り直し:先手判定と逃走判定時、補正値5を得る。交戦フェイズが発生しない場合、HPを2D6回復する。
【スキル2】対魔力:キャラシート作成時、英雄点5を得る。魔術防御時、補正値5を得る。
【スキル3】菩薩の加護:物理攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値2を得る。
【宝具】魁蛇鬼征・石切(かいじゃきせい・いしきり)
【ランク・種別】C+:対人宝具
【効果】物理攻撃時、補正値10を得る。
    相手が魔性属性もしくは神話体系のサーヴァント及び乗騎の場合、
    相手は防御時スキル・宝具によって補正値を得ることが出来ない。
【容姿】大鎌を持ち、ボディスーツのような鎧の少女。
【その他】頼光四天王の一人。槍枠。金時のお姉ちゃん枠。

クラス:ランサー
真名:碓井貞光
筋力:B+ 耐久:B 敏捷:A 魔力:E 幸運:B 宝具:C+
スキル
・対魔力:C+
 二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
 他スキルの関係で、呪術関係には特筆すべき抵抗力を持つ。
・仕切り直し:A
 戦闘から離脱、あるいは状況をリセットする能力。
 技の条件を初期値に戻し、同時にバッドステータスの幾つかを強制的に解除する。
・心眼(真):B
 修行・鍛錬によって培った洞察力。
 窮地において自身の状況と敵の能力を冷静に把握し、
 その場で残された活路を導き出す“戦闘論理”。
 逆転の可能性が1%でもあるのなら、その作戦を実行に移せるチャンスを手繰り寄せられる。
・菩薩の加護:A
 修羅道を担うとされる十一面観音菩薩によって与えられた加護。
 現世利益である十種勝利と、山の神として霊泉を授けられた。
 全判定にプラス補正と、各種バッドステータスへの耐性を得る。
 また、温泉に浸かることで補正値が上昇する場合がある。温泉の発見などにも使える。

 

・絆レベルを1にすると開放
身長/体重:163cm/49kg
出典:史実、『今昔物語』など
地域:日本
属性:秩序・中庸
性別:女性
平安時代最強の神秘殺し、源頼光四天王の一人。坂田金時を見出した人物でもある。
「云わば、金時のお姉さんですね」

 

・絆レベルを2にすると開放
主君である源頼光から諸国を巡って見所の有る若者をスカウトして来いとの命を受け
樵に扮して旅をしていた際、とある山で人を喰らう鬼――山姥を発見しこれを退治する。
また、その山姥の子も鬼としての力を継いで獣たちを殺していたのでこれを鎮め、子供であるのならと都へ連れ帰った。
その山こそ足柄山であり、連れ帰った子は金太郎。後の坂田金時である。

 

・絆レベルを3にすると開放
頼光四天王の一人として大江山の酒呑童子退治などを果たし勇名を馳せた貞光が帰郷しようとした時、
生地である碓井峠に巨大な大蛇が住み着き、辺りの村民や往来の人々を苦しめていた。
貞光はこの大蛇と対決し、十一面観世音菩薩の加護を受け大鎌・石切りで滅することに成功する。
その後、大鎌や大蛇の頭骨は祀られ碓氷山定光院金剛寺が建立される。
また、貞光が上野へと向かう道中の野営の際、谷川の音に心を静めて、一晩中お経を読んでいた時のこと。
まるで夢のように童子が現れ、読経に感動したので四万の病気も治せる温泉を授けようと告げて来た。
童子は自分を山の神と自称し、我に返った貞光が周囲を探索すると本当に温泉が見つかったという。
この温泉こそ「四万温泉」であり、「日向温泉」も貞光が見つけたことからその名が付けられた。

 

・絆レベルを4にすると開放
浄瑠璃などで他の四天王を手助けする話があるように面倒見のいい性格。
特に、自身が見出し都へ連れ帰った金時には親を殺した罪悪感と、同じ金髪の忌み子同士の親近感を覚え、
幼少のころからあれこれ修行や勉強などの教師役を買って出た。
頼光が金時の親代わりであるのなら、貞光は姉代わりとして接した。
無論その性根は他の四天王や、自身を召喚したマスターにも向けられる。
彼女にとってマスターとは頑張り屋の弟のようなものであり、その手伝いをしない姉は居ない、とのこと。

 

・絆レベルを5にすると開放
『魁蛇鬼征・石切(かいじゃきせい・いしきり)』
ランク:C+ 種別:対人宝具
菩薩の加護の下魔性を切り刻む、変形機能搭載式平安ウェポン。
金時のゴールデンベアー号から発想を得たこの大鎌は、相手の形や特性に最適な特攻形態に変化する。
しかしランサーとして召喚された霊基では、
基本となる大太刀モードと長物である大鎌モード、槍モードの三形態にしか変形できない制限が付いている。
貞光自身はこの3つが最も使い慣れていると気にしてはいないが。
令呪や他者の宝具などによる後押しがあればランサーの霊基でも他の形態に変形させることが可能となる。
その場合多くは金時が使っていた鉞や、その雷を利用して主君源頼光の武装を再現する。
石切の真価は、他の四天王たちの武装を再現することで得られる多様性なのかもしれない。
その銘通り例え対象が防御を固め石のようでも、その防御を無視して魔を滅する攻撃性能を持つ。

 

参加歴

聖杯ダンジョンマコト・ビン・ヴァファー