Top > モンスター > 【ミニドラゴン】


モンスター/【ミニドラゴン】

Last-modified: 2018-11-13 (火) 06:56:06




FF5 Edit

Lv22、HP1000、MP100、種族:竜。
攻撃力30、物理倍率6、素早さ20、魔力50。
防御力30、回避力30、魔法防御20、魔法回避0。
弱点・無効化・吸収属性なし。カテゴリ弱点なし。
有効な状態異常:カエル、スロウ、リフレク。ボス系耐性なし。
行動:たたかう/プチブレイズ
操る:たたかう/。はなつ:ホーリー
盗み:通常枠なし/レア枠竜の牙。落とすアイテム:なし。
EXP:900。獲得ギル:180。


第一世界イストリー東部の森に出現する緑色の小さなドラゴン
5匹で出現し、連発するプチブレイズが強力。
物理回避率が高く(30%)、HPも四桁あるので倒すのに時間がかかる。
ボス敵のラムウよりこちらの方がはるかに強敵。


確実とは言い難いが、イストリーで入手できるトードの魔法がそこそこ有効。
にしてしまえば勝ったも同然。

  • 魔法回避は0だがトードの命中率が80のため確実性に欠ける。状態異常魔法は全体掛けで命中率が1/2になる。
    • だいたい同レベルなら(普通にプレイするとおそらくLv.15~20くらいのはず)全体掛けしても40%は当たる。全体掛けで1~2体カエルになってくれればかなり脅威は下がる。
      カエルの歌は単体限定で、かつ単体トードよりは命中率が低いのでトードの方がよいだろう。

また、忍術を用いれば2発くらいで一掃できる。

  • 忍術は魔力依存のため、
    高レベルの魔術士系アビリティ(出来れば召喚L5辺り)をセットした忍者なら一発で済む。
  • 魔道士系ジョブに「なげる」をセットする方がお手軽。
    この場合、さらに属性ロッドを装備することでダメージを強化できる
    • 必要ABPの関係で全くお手軽じゃないんだが…
      おそらく習得してる頃にはもう戦えなくなってると思う

放つホーリーを使うが、活用する場面が想像できない(どんな制限プレイでも使った例がない)。


出現に法則があるようで、ある程度戦っていると全く遭遇しなくなり、
代わりにミスリルドラゴンが出てくるようになる。
しばらくミスリルドラゴンと戦っていると、またミニドラゴンのみが出現するようになる。

  • 単にモンスター出現テーブルが偏っているだけ。
    FF5のテーブルは電源投入(リセットやソフトリセットを含む)を起点に完全固定。

ミスリルドラゴンとブラックフレイムそしてストーンゴーレムも出てくる。
何気に第一世界限定モンスター。早々に会えなくなっちゃいます。
第三世界のイステリトスとカブッていて忘れてました。
GBA版ではモンスター図鑑登録に注意だけど、まぁ皆、1回は会っているかな。


こいつからは竜の牙をレア扱いで盗める。
高確率テーブルのアイテムが存在しないので、時間さえ掛ければ確実に盗む事が可能。
増殖盗み無しでイストリーの指輪を調達したい場合は、こいつで金を稼ぐのも手。
(1回の遭遇で竜の牙5本、締めて12500ギル分なので、4セットで指輪1つ分の金になる)
但しトードは100%の確率で効くというわけではないので、トード以外のプチブレイズ対策も忘れずに。
〇〇のじゅつを1~2回投げれば簡単に倒せる

  • ただし、盗み効率は悪いので、換金目的で無ければ通常枠で盗めるキマイラブレインから盗んだほうが良い。
  • アイテム増殖しない場合でも、換金目的での時間効率的にはクレセント(確実にパーティの先頭で出現し、通常枠に銀の弓矢(750ギル)を持っている:カーソル記憶なら「ぬすむ」→「とんずら」が決定ボタン押しっぱなしで可能)に軍配が上がる。
    増殖したとしても出現率が低くレア盗みなので、やはりクレセントの方がよい。

第一世界で最多の一戦闘あたり4500の経験値を得られる。

  • ただ、出現率が3割に満たない(7割以上はラムウ(→単体ミスリルドラゴン))ので効率的にはプロトタイプ(100%出現で経験値2000)に軍配。ABPも3なのでプロトタイプ(4)には及ばない。
    またプロトタイプはギルが得られないが、ギル稼ぎ的には上記のクレセントの方が効率が良い。
    経験値・ギル・ABPを効率的に全部稼ぐにはブラックフレイムを狩った方が早い。
    色々と惜しい。
    • GBA版で中断技を使えば、電源投入直後に100%戦闘できるのでこの限りではない。

プチブレイズが強烈だが物理攻撃力は並。
イストリーの村で炎の指輪を1つでも買ってトード役が装備すればグンと楽になる。
また、ボス系耐性がないのでミサイル・グラビデ・デスクローなどが効く。
数が多いので大変だが、パーティが成長していないうちは一体ずつ削っていくのも手。