ローレン・イロアス (ろーれんいろあす)

Last-modified: 2021-10-28 (木) 00:24:30
ワッサー

Icon from: いつから.link ライバー一覧
主な活動場所YouTube / Twitter/ ツイキャス
ハッシュタグ配信用:#Iroastream
ファンアート:#イロ絵す
センシティブファンアート:#秘密の鍵穴
サムネ使用可:#サムネス
ボイス感想:#イロアスの声
ファンの呼称等ファンの呼称:WANTED
ファンマーク:🗝💸
公式紹介文
都市警備部隊に所属する青年。
往々にして陰謀渦巻く街は、彼をあまり寝かせてくれない。

illust:ここかなた(@cocokana_ovo)


目次

宣伝欄

PICK UP

初!歌ってみた「フォニイ / phony」
オリジナル:ツミキ様
イラスト:甘鶏様
Mix :なつめ千秋様
動画:てる様
スーツデザイン協力:きるしゅ様

ボイス・グッズ

【期間限定販売】

  • 『紅葉ボイス2021 - Dグループ』販売期間:2021/10/22(金)18:00~2021/10/31(日)23:59(販売ページ
    • 通常:1,000円(税込)、EX:500円
  • 『読書と芸術の秋ボイス2021 - Dグループ』販売期間:2021/10/22(金)18:00~2021/10/31(日)23:59(販売ページ
    • 通常:1,000円(税込)、EX:500円

【常設販売】

  • 【デビュー記念ボイス】ローレン・イロアス (販売ページ)
  • 【デビュー記念グッズ(アクリルスタンド&缶バッジ)】ローレン・イロアス (販売ページ)

販売終了

販売終了

紹介

爽やかな低音ボイスとシャバい話し方が特徴の警官ライバー。例えによくアニメと野球を持ち出す。
おしゃべり芸人枠。
言い訳めいた発言をする時はとたんに早口になる。高速詠唱。(何て?)


配信スタンス

  • 21時以降が多め。終了時間は疲れたらやめるので決めていない。

プロフィール

職業警官
年齢22歳年齢は変わらない
身長176cm
体重49kg現在は50kg以上あるとのこと
誕生日9月6日
血液型O型
利き手
趣味ゲーム、アニメ
運動できる持久力はないが、運動神経はかなり良い50m6秒前半
煙草吸う銘柄は秘密。特にこだわりはない。銘柄でバカにされることが多かったり、銘柄で人格を決めつけられるのが嫌らしく、コメントで聞かれた時も「絶対言わん」と拒否している。
飲めないカシオレ、カルーアミルク1杯が限界。頭が痛くなるのもあるが、根本的にお酒の味が好きではない。
料理できる初めて作った料理は目玉焼き。得意料理はチャーハン。肉じゃが、オムライスも作れる。卵は片手で割れる。
位置情報エデン中央都市
一人称俺、僕改まった場やちゃんとしゃべる時は僕になる。
使用機材・マイク:LEWITT LCT 440 PURE コンデンサーマイク
・イヤホン:audio-technica SOLID BASS ATH-CKS550X
・ キーボード:HyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボード 赤軸
2021/10/09の配信より
イメージカラー#C10E49「いつから.link」の背景色に基づく。

好み

ゲームFPS全般(APEX、VALORANT、PUBG、Overwatch、タルコフ、レインボーシックスシージ)、ダークソウル、Valheim 、ホラゲ
アニメSTEINS;GATE、コードギアス、まどマギ、SAO
その他歌うこと、話すこと、ラップ
食べ物つけ麺、辛辛魚、オムライス、ポトフ、スペアリブ、タコス、サムライマック、エビフィレオ、カップラーメン(カレー)
お菓子オーザック、カプリコ、カントリーマアム(チョコまみれ)、キットカット、チョコパイ
飲み物炭酸、モンスター緑、ココア、いろはす(桃味)
キャラクター牧瀬紅莉栖(STEINS;GATE)、園田海未(ラブライブμ's) 、天王寺璃奈(ラブライブ虹ヶ咲学園)、トウカイテイオー(ウマ娘)、ナイスネイチャ(ウマ娘)、大崎甜花(シャイニーカラーズ)、中野一花(五等分の花嫁)、中野三玖(2期の五等分の花嫁)、シルフィ(無職転生)、澤村・スペンサー・英梨々(冴えカノ)、小野寺春(ニセコイ)、桐崎千棘(ニセコイ)、古手川唯(ToLOVEる)、ラム(Re:ゼロ)、セイバー(Fate/Zero)、有馬かな(推しの子)

苦手

生き物虫、マイクラのイカ、フジツボ。
嫌い下品なこと。下ネタ?
食べ物イクラ、ピーマン、プチトマト
飲み物紅茶
恐怖症集合体恐怖症、先端恐怖症

全身像

ローレンのツイートより画像引用。

気をつけよう!

配信マナーについて

  • 配信概要欄より引用

    【お願い】

    • 配信とあまり関係の無い内容のコメントを送りすぎない
    • 他のチャンネルで無闇にローレンの名前を出さない
    • 誹謗中傷コメント(暴力的、性的、批判的な発言)は控える
      たくさんの人が見ているので皆で配慮しあおう!

活動場所

詳しく知りたい

本人に関するエピソード

  • FPS上級者。過去シーズンでのランクはAPEX:プレデター、VALORANT:イモータル、Overwatch:TOP500。
    • APEXでプレデターだったのはマスターランクがなかった頃(おそらくシーズン3)
  • 常に時間に追われて恋愛に割く時間がないのでギャルゲーも好き。
  • アニメが好きなようで、トークでは例えに様々なアニメ作品を用いる。
  • ホラーゲームは好き。抵抗手段がなく追いかけられる系は怖いと感じるが普通にプレイできる。
  • エレクトーンを結構弾いていたことがある。なお、今後はギターを弾けるようになりたいようだ。
  • ウマ娘は1ヶ月で60万円課金してやめた。
  • ブルーアーカイブは1日で5万円課金してやめた。
  • いろはすだと桃が好き。
  • 酒を飲むとテンションが下がってしまう。飲み会の席では隅でひとり座り込んでいたことがある。
  • 基本的にノリがよく、視聴者のヘンテコな質問にも突っ込みを入れてくれることが多々ある。「『後ろ沸騰してるよ』、俺やねんそれ」
  • 食レポが若干怪しい。味より食感を先に伝えるタイプなのか、ケーキを食べての一言が「やわらかい」だった。
  • 相手の呼び名がだいたい「〇〇(2文字)(+さん付け)」になる。
    • 例:エバさん(オリバー)、ヴィンさん(レオス)、パタ姐(レイン)、甲斐さん(甲斐田)、チグさん(チグサ)、プクさん(プクリン)など。
  • 集合体恐怖症。蓮コラ(※閲覧注意)やフジツボが本当に苦手。
  • 猫舌。
  • 職業柄(?)トランシーバーボイスが上手い。その方法は…?
  • 誕生日プレゼントとして、オリバーからPENHALIGON'S(ペンハリゴンス)の香水をもらったらしい。

配信等でのエピソード

  • 2021年7月19日、デビュー。
  • 初ツイートから盛大に誤字をかまし、即後悔した
  • 某飲料水や某コンビニを彷彿とさせる名前なので弄られることがある。
    • ゲームのユーザー名に用いるなど自らネタにもしている。もちろん某大手飲料メーカー様とは関係ない。
      • ポケモンユナイト「いろはすです」雀魂 -じゃんたま-「いろはすだよ」
  • 2021年7月22日、エデン組の2番手として初配信
    • 第一声の「スゥ…フゥ…クキュキュクックックックッ…言いたくねぇ…スゥ…ケァ…行こか…」からの「どうも~!こんにちワッサ!」に始まり、持ち前のトーク力、ツッコミやミームネタなどで視聴者を引き込んだ。
    • 初配信プロフィール紹介の際「身長176cm 丁度いい!」と同期男性の中で一番身長が低いことを気にしている発言をする。因みに同期の身長はアクシア・クローネ(179cm)、レオス・ヴィンセント(180cm)、オリバー・エバンス(190cm)。(周りが高すぎる)
      その後も身長が低いというのをネタにされがちである。(決して低くはない。周りが高いのである)
    • デビュー記念のボイスについては
      「俺のはお金の無駄だから買う必要はない」とのこと。(なので皆さん買いましょう)
  • 2021年7月24日チャンネル登録者数10万人到達
  • 2021年7月25日、アクシアが雑談配信にて競馬をキョウバと誤読したのを見ていたと思われるツイートをする。そのリプ欄に現れたレインに「アクシアが姉御(レイン)の好きな競馬を読み間違えた」と密告するが、実際レインが好きなのは競艇だったと判明。これがデビュー後初プレミとなってしまった。
  • マイクラは初心者。
    • 自ワールドを作成し初めて一人でのサバイバル配信をした際は、キャラクターコントロールがFPSすぎてスティーブが他では見ない動きをしている。
  • 2021年7月28日、初のエデン組コラボで「Gang Beast」をプレイ。数々の迷場面・迷言を生み出した。

    迷場面・迷言集

    ※括弧内はローレン枠でのタイムスタンプ

    • トラック上からレインを落とそうと連行を試みるも、看板に激突して全員吹き飛ぶ(28:38~)
      • 「こっちだよ!こっちに来い!これぃ!逮捕だよ逮捕」→ドォン(激突)
    • 怪しい動きをするレオスをまめねこ不法所持罪により連行(30:40~など)
    • レイン風ローレンの所業(50:58~)
      • 「同期はみんなてぇてぇだぞ!」(レイン風)
    • 「I'm a champion」→ ソーセージ直撃(59:15~)
    • 早口言葉「隣の竹垣に(略)」に挑戦して噛み、誤魔化した末に竹を燃やす(1:13:02~)
    • オリバー風ローレン登場(1:17:11~)
      • 「レイン君、こっちだ。補習の時間だ」(オリバー風)
    • 国家の犬、ミンチ・イロアス(1:19:41~)
    • レオスを応援する幼女ローレン→ヤンキー→やめてくださーーーい!(1:24:54~)
      • 「がんばえ ぷいきゅあ!まけゆな がんばえ!」
    • アクシア関連はこちらの記述も参照。
  • 2021年8月1日チャンネル登録者数15万人到達
  • 2021年8月2日、『龍が如く7』を「叫んだら即終了」という縛りを設けてプレイ開始。序盤は叫びも少なくストーリーを順調に進めていたのだが…
  • 2021年8月7日、メンバーシップ開始。
  • 2021年8月16日、渋谷・新宿にエデン組を含むにじさんじライバーの広告が掲出された。
  • 2021年8月17日、にじヌ→ンに火曜レギュラーとして1回目の出演。
  • 2021年8月31日、『リングフィットアドベンチャー』の配信を行った。ローレン自身の体力・筋力をさっそく知ることができるのだが、ストーリー内での相棒・リング(通称輪たそ)に対してギャルゲのノリで迫ったり運動をしたくないがためにいつもの高速詠唱をしたり(いるかは定かではないが)配信を見ながら運動をしているWANTEDたちを褒めるお兄さんになったりした。
  • 2021年9月6日、バイオハザード8作目配信中に誕生日を迎えた。作中で「お前は死んでるんだよ」と言われてしまう偶然っぷり
  • 誕生日がデビューからかなり近かったせいでボイスやグッズを出せなかったことを気にかけており、当日夜に詫び壺耐久配信を開始する。さすが芸人
    • 序盤から苦戦し台パンが多発する
    • 途中、見守っていた同期先輩も応援(煽り)に来ていた。また金壺の名人はたびたびアシストに現れており、コメントを残してアドバイスしたり動画を送ったりして背中を押していた。
    • 11時間ほどでいったん休憩がてら1枠目を終え、2枠目を取って改めて配信を続けることになった。
  • 枠が変わって2枠目、前枠と同じように休憩を挟みながら壺耐久を進めていく。
    • 階段やミカン付近の岩場で時間をとられ時に落下するも、強いメンタルと地道な努力で雪山エリアまでのし上がっていった。
    • なお先輩も再び応援し煽りに来た。
      • 「こんばんは、頑張ってください(親指を立てている絵文字)」
        「昨日なんか、煽られ…煽ったのは、ガチ…なんすかね?…まあ叱咤激励よな!」
        「まだやってて草(猿の絵文字) のほうがよかったですか?」
        「『煽り散らかしてた』、OK、マジか。終わった。」
    • 17時過ぎ、普通なら心が壊れかねないような大アクシデントに見舞われてしまう。…が、初見でありながら積んできた技術と、先人や解説動画の恩恵をフル活用し、彼の得意なトークをほぼ21時間(1、2枠の総合時間から見て)ぶっ続けでやりながら乗り越えた。また「ローレン」でトレンド1位も獲得。落ちてもすぐ巻き返すローレンの強靭さに目が離せないようで、当時は1万人以上が彼の耐久を見守っていた。
    • 18時53分、枠終了およそ10分前にしてみごと登頂に成功した。クリア、そして誕生日おめでとうございます。伝説をありがとう!
    • ローレン曰く先述の大落下は「(気持ちが楽なので)爆笑しててほしい」ものだったらしい。
  • 2021年9月16日、ARKのにじ鯖にて新マップが解禁されたのをきっかけに、アクシアと共に参入する。配信前にも既に合流して楽しんでいたようだが、突然光の速さで恐竜に連れ去られた
    • 初心者ながら二人で資材を集めつつ川沿いに拠点を造り、プテラノドンやワイバーンなどの恐竜も順調にテイムしていった。その最中、アロサウルスなどの肉食動物に襲われまくったことで死んではリスポーンを繰り返す羽目になる。そこへやってきた天宮が敵を一掃したため、周囲は安全地帯になった…が?
      • 貸し1なー?
        「アッ…?エ……?」
    • ARKにどっぷり浸かった二人の目の前に、極めてレアな「TEKケツァルコアトルス」が突然姿を表し、二人はこれのテイムを目標として奔走することになった。

      TEKケツァル発見~テイムチャレンジまでの道のり

      • ワイバーンを飛行手段として、アクシアが操縦/ローレンが射撃といった役割分担をし、TEKケツァルを昏睡→テイムする作戦。
        • 1回目:168レベルという、いきなりの高レベル個体をローレンが発見。クロスボウと弓矢で昏睡させようとひたすら撃ち込むが、矢が足りず撤退する。
        • 2回目:1回目とは別個体ではあるがこちらもローレンが発見(一度見かけては見失った個体をもう一度見つける)。レベルこそ低いものの、17時からメンテナンスが迫っていたこともあり作戦を進める。順調に麻酔矢を撃っていき、TEKケツァルもスタックしたことで運も味方したように思われた。しかし、テイムに必要な肉が足りなかったことに加えて二人とも肉食動物に襲われ、メンテナンス直後に拠点からのリスポーンとなってしまう。ワイバーンはTEKケツァルが眠った現地付近に待機させてきており、最終的には昏睡値が切れたTEKケツァルも立ち去ってしまった。
        • 3回目:1、2回目とも異なる156レベルの好個体。配信を3枠目に移して、入念に対策を練った上での戦いとなる。時間制限なし・備蓄たっぷりの二人は今度こそ捕らえようと奮闘するが…画面上部に現れたのは無情にもキルログ、そして地面に落ちたのはTEKケツァルの死体であった。
        • 3回のテイム失敗に意気消沈しかけた二人だが、ひとまず気分転換としてティラノを飼うことを決める。いざおびき出そうとするがローレン自身が岩場の隙間でスタックし、それは一緒に転がり落ちたヒエノドンを0ダメージのまま素手で殴り倒してしまえるほどだった。ティラノは大きさから入ってこれず、威嚇で吠えつつも高みの見物を決め込むほかなかったようである。二人はティラノを諦め、代わりにアロサウルスの『世界陸上』(名付け親はローレン)を迎え入れた。
    • 上記のTEKケツァルとの戦いも含めスローンズのARK配信時間は約28時間であり、初めてのARK生活とはいえドラマが多く非常に充実したものだった。またTEKケツァル自体はレア度がとてつもなく高いもので、そもそもマップ上にケツァルコアトルスは3体しか湧かないという制限があるだけでなく、そこからさらに5%の確率でTEK個体がスポーンすると言われる。それを2,3枠目の中でも8時間半弱で3体ものTEKケツァルコアトルスを見つけた二人は間違いなく豪運の持ち主である。
    • 苦い思い出を封印しつつ、ロックドレイクの孵化作業やギガノト探しなど幅広く手を付けていく。TEKケツァル?何のことだか
    • 満を持した海底洞窟探検でも出口をアルファ・モササウルス(海中版ティラノのようなもの)に塞がれるカワウソを巻き込んでの死などハプニングが絶えなかった。
    • 突如、本間ひまわりからTEKケツァルの目撃情報と座標がチャットにて伝えられる。恐縮しつつもテイムをしようと思案するローレンだったが、続いてひまわりはロックエレメントとの交換を条件として提示した。ロックエレメントやそのテイム方法から今の自分にはとても無理だと伝えるも(大砲等はエングラムポイントが足らず作成すらできなかった)、ひまわりからの謎の圧により「本間甲斐な」の二人が作成した罠のある砂漠に向かうことに。
    • 元々の目標のひとつであったギガノトテイムチャレンジにて、重宝していたグリフィン『機動歩兵部隊「スローンズ」のパイロット。稼いだ金は貧しい人のために使っていて、常に金欠。』(通称「稼いだ金」。相方の公式説明文そのまんまである)を失ってしまう。その後新しいグリフィンをテイムした際、流れるように「稼いだ金」の名前をコピペして第二の「稼いだ金」として接するようになった。ちなみに前の個体とは毛色が異なり赤みがかっている。
  • 2021年10月9日、NIJISANJI KRのハ・ユンとコラボしてAPEXをプレイ。同期以外では初のサシコラボとなった。
  • APEX配信では、味方がダウンしてから抜けたり、バグでフルパーティを組めないなどして1人のまま試合が進むことが多い。そしてこの状況がいつの間にか「ソローレン」と呼ばれるようになった。
  • 2021年10月17日、チャンネル登録者数20万人到達
  • 2021年10月26日、Vaultroom主催のVaultroomCommunityCustom(通称VCC)のPUBGカスタムにteam6のメンバーとして初参加。チームメンバーはプロゲーミングチームCrazyRaccoon所属のストリーマーVanilla氏、Francisco氏の二人や元プロゲーマーでKNRに参加しているBobSappAim氏など猛者に囲まれた中様々な場面でIGL なかばメンバーにヨイショされて としての手腕を見せる。
    • 配信が開始したときにはすでにメンバーとの空気はよく、終始(ロレ虐成分が多めな)コントが楽しめる。
    • 前日に配信していたソロのPUBGでもローレンの強さやスーパープレイ他いつものトークの切れ味が見れるのでこちらも必聴。
    • 他チーム視点でもローレンのプレイング及びチーム全体としての強さが高く評価されていた。

      以下結果ネタバレ

      • 順位とローレン個人のキル数のみ記載。
        一戦目 #2 (0kill)
        二戦目 #7 (4kill)
        三戦目 #1 ドン勝 (5kill)
        四戦目 #1 ドン勝 (3kill)
        五戦目 #14 (0kill)
        • 延長戦である五戦目ではteam6の強さを考慮した運営からの提案で4人はFranciscoさんとのDuoに分かれることになる。
        • 序盤物資を漁ることには成功するが平地を車で走行中、某先輩の圧倒的エイムに沈むことになる。流石exゲーマーズ

口癖

  • 「あいつ、やってんな!」「やってね?」「やってるやってる」
    • どの配信でも頻繁に言う。
  • 「終わった」
    • ゲーム内で詰んだりプレミを働いたときに出る。なお「終わっ」てもさらっと態勢を立て直すことも多い。
  • 「だるい」
    • ビビり散らかした後に発する。Minecraftのエンダーマンに襲われパニックになった直後や、初のホラゲー配信となったOUTLAST配信などで。
  • 「ア゜ーーーーーーー!!」
    • 一例※音量注意
      かなりの高音。本人が笑ったりするとよく付随して出てくる。ヤカン。
  • 「まっずい!」
    • プレミ時やピンチ時によく出る。大体声がデカくなる。実際まずいことが多い。これと「終わった」と「マジか」言っときゃローレンのモノマネとして成立する感はある
  • 「マウンテンマウンテン」
    • 「~したいのは山々」を純粋に訳した結果。
  • 「マジか」
    • 焦ったときやプレミ時などに発する。文章の終わりにつくことが多い。もはや語尾。単体でも使用されるが三連続で使われる頻度が高い。
  • 「にゃっ(にゃん)」「にょ」
    • 焦った時やビビった時によく出てくる。猫。
  • 「エグいて!」「エグぅぅぅい!!」
    • 前置詞は「あーもう!」。自分の思うような動きができなかったり予想外なことが起きたりした時の悲鳴。

名言・迷言

  • OK当てすぎ俺
    • FPSの配信中、自身の発砲した銃弾が相手に一発も当たらなかった時に発した。
  • 雑魚、DOWN!!
    • エデン組初コラボ「Gang Beast」にて、アクシアをステージから蹴落としたときの勝利宣言。なおこのあと「まめねこの不法所持」という罪状(?)でレオスを追いかけまわし、最終的に共倒れしてオリバーの一人勝ちとなった。その2、その3。その4
    • その後の「龍が如く7」配信では「(倒した敵の名字)、DOWN!!」という言い方もされた。
  • 猫、を…被る…?猫は被り物じゃないですよ、動物です
    • APEXのガチャをしている最中の「初見です」というコメントを見てひとり茶番をし、そのあと「猫を被るな」と(コメントで)言われたことに対してのすっとぼけ。しかも一瞬で人格は元に戻った。「『おとなしく回しとけ』?舌回しま~す!」
  • 「世界で2番目に弱くたっていい。アイツより強ければ」
    • 視聴者参加型のマリオカート8DX配信中、『ローレンざーこ´ ∀`』というゲーム内ネームのリスナーとマッチングしたレースでの発言。
  • おいひぃ
    • アクシアがマシュマロを食べる様子をだいぶ誇張したものまね。その後アクシア側に逆輸入されネタになっている。
      運営からネタを擦られ、スイパラコラボメニュー名が「ローレン・イロアスの[おいひぃ]チャーハン」になってしまった。
  • I was born play the TUBOOJI
    • 自分は壺おじ上手いのだと自己暗示をかけている時の一言。(実際上手い)
  • …俺は何も見てない!知らない!本日も異常なし!
    • 「Papers,Please」にて、書類不備のある入国者(妻。事前に夫から「妻を通してくれ」と頼まれていた)をあえて許可し、違反報告を受けた時の言葉。警官としてはアウトではあるが、彼の優しさが垣間見えたシーン。なおこのあと養っていた息子が死亡し他人を気遣っている場合ではなくなった

参加しているユニット一覧

参加しているユニット一覧

人数コラボ名詳細メンバー
5エデン組アクシア・クローネ, ローレン・イロアス, レオス・ヴィンセント, オリバー・エバンス, レイン・パターソン
2スローンズアクシア・クローネ, ローレン・イロアス
不定にじさんじポカチェ部, 葛葉, 椎名唯華,ドーラ, 花畑チャイカ, 社築, 竜胆尊, でびでび・でびる,エクス・アルビオ,加賀美ハヤト, 不破湊, イブラヒム,アクシア・クローネ, ローレン・イロアス, レオス・ヴィンセント, オリバー・エバンス, レイン・パターソン
不定にじさんじラジオ体操部渋谷ハジメ, 伏見ガク, 剣持刀也, , 椎名唯華, ドーラ, 轟京子, シスター・クレア, 鈴木勝, 緑仙, 鷹宮リオン, 舞元啓介, でびでび・でびる, 桜凛月, ジョー・力一, 童田明治, 三枝明那, レヴィ・エリファ, 葉加瀬冬雪, 加賀美ハヤト, 夜見れな, 黛灰, アルス・アルマル, 相羽ういは, 天宮こころ, エリー・コニファー, ラトナ・プティ, 早瀬走, 健屋花那, フミ, 星川サラ, えま★おうがすと, ルイス・キャミー, 不破湊, 白雪巴, グウェル・オス・ガール, フレン・E・ルスタリオ, メリッサ・キンレンカ, イブラヒム, 甲斐田晴, 弦月藤士郎, 北小路ヒスイ, アクシア・クローネ, ローレン・イロアス, レオス・ヴィンセント, オリバー・エバンス, レイン・パターソン, あばだんご
5ひまわり園ハ桜イロ渋谷ハジメ, 本間ひまわり, 桜凛月, 西園チグサ, ローレン・イロアス

主な関連人物

同期(エデン組

アクシア・クローネ
THRONES(スローンズ)というユニット*2でも一緒に活動している相棒。

  • 第一印象は「真面目ないい子、純度100%。汚してもいいってくらい汚れてない」
  • お互いにゲーム好きなこともあり、長時間配信を行ったり、スタジオでの生放送後一緒にホテルに泊まったり、オフコラボ後にツイキャスで一緒に五時間歌い続けるくらいには仲良し。

レオス・ヴィンセント

  • 第一印象は「超ミステリアス、いい人だし超面白い」
    • ボイス収録時にトップバッターで自信なさげだったが、戻ってきた時には声優の顔をしていた。

オリバー・エバンス(組長)

  • 第一印象は「いい人、ユーモアがあって面白い」
    • ローレンがボイス収録の説明時に、初収録への羞恥心から目を背けていたら、オリバーはそっとローレンの肩を抱き寄せて「初めてなんだから見てなきゃダメだよ」と言った。ローレンはキュンとした。
  • 誕生日プレゼントにお高い香水をプレゼントしてくれた。

レイン・パターソン(姉御)

その他にじさんじライバー

本間ひまわり

  • 先輩。代打として参加したポケモンユナイト大会のチームメイトであるのだが、さっそく弄りやすい新人として目をつけられた模様。その後Arkにて留守中に丸刈りにされたりヒゲをつけられたりと好き放題された。本人も満更でもないようで、いつの間にかインベントリにあったパーティー帽子を被って全身モザイクのまま拠点を走り回り変態パーティーボーイと化した。なお相方もピエロの覆面を被せられた。

不破湊

  • アクシア道連れにされ誘われて、不破湊主催「にじライバー健康化計画(ラジオ体操部)」の配信に参加した。実は不破湊とはこの時初めてお話ししたらしい。

甲斐田晴

ハ・ユン
NIJISANJI KRの6期生で、初のコラボ相手。Twitterのやりとりも多く、以前からコラボしたいと意気込んでいた模様。

動画一覧

■YouTube ■YouTube(にじさんじ公式) ■Twitter ■他チャンネル

ライブ配信(アーカイブ)

2021年

07月

07月

08月

08月

09月

09月

10月

10月

投稿動画

2021年

2021年




*1 全身像。にじさんじ公式サイトより引用。
*2 所属する部隊名でもある。