ローレン・イロアス (ろーれんいろあす)

Last-modified: 2022-12-10 (土) 05:18:07
ワッサー

Icon from: にじさんじ公式サイト ライバー一覧
主な活動場所YouTube / Twitter/ ツイキャス
ハッシュタグ配信用:#Iroastream
ファンアート:#イロ絵す
センシティブファンアート:#秘密の鍵穴
サムネ使用可:#サムネス
ボイス感想:#イロアスの声
ファンの呼称等ファンの呼称:WANTED
ファンマーク:🗝💸
公式紹介文
都市警備部隊に所属する青年。
往々にして陰謀渦巻く街は、彼をあまり寝かせてくれない。

illust:ここかなた(@cocokana_ovo)
ここかなた先生によるイラスト一覧はこちら


目次

宣伝欄

近況

配信予定


お知らせ


お披露目配信
エデン組 1st Anniversaryグッズが新衣装に

Live2Dモデルバージョンの大幅アップデート

──けど、変でもいいから
New cover
O v e r d o s e
Congratulations 2 Million Views !
オリジナルなとり
イラスト|甘鶏
Mix|さんかくずわり
動画|もえこ
歌|ローレン・イロアス
──黙ってって
3rd cover
「ド 屑 」
Congratulations 3 Million Views !
オリジナル|なきそ様
イラスト|与乃市様
Mix|さんかくずわり様
動画|もえこ様
歌|ローレン・イロアス
Gott .ist .tot
2nd cover
「 神っぽいな
Congratulations 13 Million Views !
オリジナル|ピノキオピー様
イラスト|与乃市様
Mix|さんかくずわり様
動画|もえこ様
歌|ローレン・イロアス
あたしってだっけ
1st cover
「フォニイ」
Congratulations 3 Million Views !
オリジナル|ツミキ様
イラスト|甘鶏様
Mix|なつめ千秋様
動画|てる様
スーツデザイン協力|きるしゅ様
歌|ローレン・イロアス

紹介

爽やかな低音ボイスとシャバい話し方が特徴の警備部隊ライバー。例えによくアニメと野球を持ち出す。
おしゃべり芸人枠。
言い訳めいた発言をする時はとたんに早口になる。高速詠唱。
机の上は常に取っ散らかっている。(防音室内も...)


配信スタンス
21時以降が多め。終了時間は疲れたらやめるので決めていない。
ソロは基本的にゲリラ配信。事前告知は積極的には行っておらず、あっても”ワンチャンあるかも知れない”くらいの緩い感じ。
その日になったら分かる。


メンバー限定配信(再生リスト)
メン限でしか聞けないものや雑談。
告知やゲーム、歌枠などをしていると配信で言及していた。

プロフィール

職業警官正確には警備部隊なだけであって一般的な警官ではない。
割はあまりよくないが、やりがいと恩義のため続けている。
年齢22歳年齢は変わらない
誕生日9月6日
血液型O型
一人称俺、僕改まった場やちゃんとしゃべる時は僕になる。 稀にワシの時がある。
利き手ローセンシの産物で右腕はムキムキらしい
身長176cm
体重49kg(2021/8/31)51~52kg(2022/5/17)54kg(2022/7/8)盛ってはいない。
視力あまり良くない
0.3、0.4位
運転するときや遠くを見る時は眼鏡をかける。コンタクトは怖い。
フレームは黒。(2021年8月時点)四角いのと丸いのを持っている。(2021年10月時点)黒とちょっと金、丸眼鏡。(2022年10月時点)
27cm
免許普通自動車免許(MT)バイク
位置情報エデン中央都市
出身スラム街孤児育ち。学生時代は送っていない。
家族父、母
※育ての親
パパーレンとママーレン。この2人に拾われ育った。「親のような人」と表現している。
家族仲は良好。引っ越し時の心温まるエピソードはこちら
パパーレン:活動について伝えていなかったがバレた。その際長時間配信の多さや再生リストの雑さにダメ出しされる。ツムツムガチ勢。専用のペンでやり込んでいる。
ママーレン:活動について知っていた。ローレンが引っ越した直後高熱で臥せった際、とても心配していた。誕生日にケーキを買った。
趣味ゲーム、アニメアニメはほとんどの作品を見ている。
と言っていたがメジャー作品ほど見ていない率高め。例:ワンピース、エヴァ、ガンダム
弾ける楽器ピアノ
エレクトーン
ベース
ギター
スラム時代、捨てられたピアノを弾いていた。ピアノとエレクトーンはもうあまり覚えていない。
バンドを組んでベースをやっていたことがある。
シャンプーBOTANIST香りが気に入っている
香水つけるちゃんとした外出の時はつけている。
オリバーから誕生日に贈られたPENHALIGON'S(ペンハリゴンス)のものとメンズ向けの柑橘系(ライム)を使い分けている。※2022年6月時点
運動できる本人曰くバスケ、サッカー何でもできる、FPSより得意かもしれない。
持久力はないが、運動神経はかなり良い50m6秒前半、スノボ、スキーもできる。縄跳びははやぶさもできるとのこと。
弱いカシオレ、カルーアミルク1杯が限界。頭が痛くなるのもあるが、根本的にお酒の味が好きではない。
料理しない初めて作った料理は目玉焼き。得意料理はチャーハン。肉じゃが、オムライスも作れる。卵は片手で割れる。
イメージカラー#C10E49「いつから.link」の背景色に基づく。

煙草

好み

ゲームFPS全般『APEX』『VALORANT』『PUBG』『Overwatch』『Escape From Tarkov』『レインボーシックスシージ』など
フロムゲー『ダークソウル3』
サバイバルゲーム『Valheim』『DayZ』
ホラゲ、ギャルゲ
アニメ[ほとんど見ている]
主に『STEINS;GATE』『コードギアス』『無職転生』『まどマギ』『SAO』
海外ドラマ『ゲームオブスローンズ』『梨泰院クラス』『イカゲーム』
映画『ハリーポッター』シリーズ
その他歌うこと、話すこと、ラップ、温泉、サウナ、スロット
食べ物[基本なんでも食べる・子供舌]
オムライス(卵をしっかり焼いたタイプ)、ポトフ、スペアリブ、タコス、小籠包、ユッケ、カルビ、サザエ、唐揚げ、納豆、明石焼き
炭水化物米(硬め)、つけ麺
おにぎり漬けマグロ、シーチキン、鮭、タラコ
辛いもの辛辛魚、蒙古タンメン中本北極ラーメン
ジャンクフードサムライマック、エビフィレオ、カップラーメン(カレー)
パンしっとりツイストスティック(セブン)
果物キウイ
おでん卵:黄身は溶かす、昆布:マスト、大根:#大根WIN、しらたきにカラシ:実は一番えぐいかも
海鮮牡蠣
お菓子オーザックおっとっと
甘いもの[チョコ系が好き]
カプリコ、カントリーマアム(チョコまみれ)、キットカット、チョコパイ
赤、青
飲み物炭酸デカビタCなど、モンスター(緑、ピンク)、レッドブル
いろはす(桃味)、ココア、コーヒー、運動後の麦茶*2
香りローズなどフローラルな香り

キャラクター

キャラクター

STEINS;GATE牧瀬紅莉栖*3
ラブライブ園田海未(ラブライブμ's) 、天王寺璃奈(ラブライブ虹ヶ咲学園)
ウマ娘トウカイテイオー、ナイスネイチャ、セイウンスカイ
シャイニーカラーズ大崎甜花
五等分の花嫁中野一花、中野三玖
無職転生シルフィ
冴えカノ澤村・スペンサー・英梨々
ニセコイ小野寺春、桐崎千棘
ToLOVEる古手川唯
Re:ゼロラム
Fate/Zeroセイバー
Fate/Grand Orderセイバーオルタ
原神アンバー→ジン→フィッシュル、胡桃
推しの子有馬かな
ポケモンサーナイト、メタグロス
暗殺貴族ディア
かぐや様石上優
ハイキュー月島蛍、及川徹
ダイヤのA小湊春市
アカメが斬る!エスデス
まどマギ佐倉杏子
テニスの王子様不二周助→シャルプランス・ルドヴィック・シャルダール
チェンソーマンマキマ→レゼ怪獣ちゃんパワー
プロセカ草薙寧々
黒子のバスケ赤司征十郎

苦手

生き物毒虫、マイクラのイカ、フジツボ、食虫植物
嫌い嘘、犯罪、下ネタ
発泡スチロールがこすれる音、黒板を引っ掻く音、金属音
食べ物カリカリ梅、餅(雑煮、おしるこ)、らっきょう、銀杏、抹茶味のもの、猫舌で熱いものが苦手
海鮮イクラ、ウニ
野菜ピーマン、プチトマト、ナス、ゴーヤ、パセリ、カボチャ、ニンジン
飲み物紅茶ミルクティー、レモンティー
恐怖症集合体恐怖症、先端恐怖症
ゲーム影廊 -Shadow Corridor-:トラウマホラーゲーム→配信を行い克服!

ボイス・グッズ

ボイス

ボイス・ドラマCDの感想は#イロアスの声から。ネタバレを含む可能性があるためご注意を。


【期間限定販売】

【常設販売】

  • 【デビュー記念ボイス】ローレン・イロアス (販売ページ)
    • 価格:500円(税込)


販売終了

販売終了

グッズ・CD

にじさんじオフィシャルストアにて取り扱い中のグッズ一覧はこちら。

  • 「にじさんじアーカイブス」グッズ(詳細)(販売ページ)
    2022年2月から販売中の「にじさんじアーカイブス 2021-2022」より、「にじさんじライバーの私服」に参加している総勢18名のビジュアルを使用したグッズ。
    • 販売開始:2022年9月14日(水)18時~
    • 発送予定:2022年9月下旬以降

      グッズラインナップ

      • アクリルスタンド
        価格:1,500円(税込)
        • 種類:全18種(朝日南アカネ、天宮こころ、桜凛月、健屋花那、町田ちま、樋口楓、星川サラ、レイン・パターソン、ルイス・キャミー、エリーラ ペンドラ、明楽レイ、アクシア・クローネ、弦月藤士郎、長尾景、不破湊、ましろ爻、ローレン・イロアス、タカ・ラジマン)
        • サイズ:本体=約W75×H150mm、台紙=約60×H31mm
          ※ライバーによって大きさが異なります。
        • 素材:アクリル
      • ロング缶バッジ
        価格:600円(税込)
        • 種類:全18種(朝日南アカネ、天宮こころ、桜凛月、健屋花那、町田ちま、樋口楓、星川サラ、レイン・パターソン、ルイス・キャミー、エリーラ ペンドラ、明楽レイ、アクシア・クローネ、弦月藤士郎、長尾景、不破湊、ましろ爻、ローレン・イロアス、タカ ラジマン)
        • サイズ:約120×42mm
        • 素材:ブリキ、紙、PET

  • 「常闇のクライノート 第2巻」グッズ販売ページ

    グッズラインナップ

    • アクリルスタンド
      価格:各1,500円(税込)
      • 種類:全6種
      • 素材:アクリル
      • サイズ:本体約150×59mm、パーツ約50×60mm、台座約35×70mm
    • ブロマイドセット
      価格:各1,000円(税込)
      • 種類:全3種
      • 各チーム6枚ずつ
      • 素材:紙
      • サイズ:L判

「常闇のクライノート 第1巻」はこちら

「常闇のクライノート 第1巻」はこちら

  • ボイスドラマCD「常闇のクライノート 第1巻」グッズ販売ページ

    グッズラインナップ

    • アクリルスタンド
      価格:1,500円(税込)
      • 種類:全6種
      • 素材:アクリル
      • 各サイズ
        本体:約 120mm × 40mm※本体サイズはライバーごとに異なります。
        旗 :約 120mm × 75mm
        台座:約 50mm角
    • チームロゴステッカーセット
      価格:1,000円(税込)
      • 素材:PET
      • サイズ:直径 約 80mm
    • ネックストラップ(学生証風カード付)
      価格:1,800円(税込)
      • 種類:全3種
      • ネックストラップ素材:ナイロン
      • ネックストラップサイズ:約 200mm × 900mm
      • 学生証風カード素材:紙
      • 学生証風カードサイズ:約 55mm × 88mm
    • ブロマイド2枚セット(ランダム)
      価格:400円(税込)
      • 種類:全16種
      • 素材:紙
      • サイズ:L判


  • 「にじさんじ×サンリオキャラクターズ第3弾」グッズ(詳細)(販売ページ)
    • ローレン・イロアスはシナモロールとコラボ

      グッズラインナップ

      • アクリルスタンド
        価格:1,500円
        • 種類:全13種
      • アクリルキーホルダー
        価格:1,200円
        • 種類:全13種
      • スクエア缶バッジ
        価格:600円
        • 種類:全13種
      • おなまえプレート
        価格:1,200円
        • 種類:全13種
      • ヘアクリップ
        価格:1,600円
        • 種類:全13種
      • ランチトートバッグ
        価格:2,000円
        • 種類:全3種
      • ポーチ
        価格:2,500円
        • 種類:全3種

  • 「エデン組 1st Anniversary」グッズ(詳細)(販売ページ)
    • にじストア特典の「ダイカットしおり」は配布終了。
    • 2022年8月22日(月)11:00~「にじぱぺっとシリーズ」の価格が改定されます。

      グッズラインナップ

      • 両面アクリルスタンド
        価格:1,800円(税込)
        • 種類:全5種
        • 組み立て時サイズ:幅60×高さ150mm(ライバーにより高さが異なります)
          ※すべてのパーツの両面に保護フィルムが貼られております。
      • ポラロイド風カード
        価格:400円(税込)
        • 表絵柄:5種
        • サイズ:約72×86mm
        • 複製メッセージ入りのレアが出るかも…!?
      • クリアファイル
        価格:400円(税込)
        • 種類:全5種
        • サイズ:約310×220mm
      • A3クリアポスター
        価格:1,000円(税込)
        • 種類:全1種
        • 素材:PP
      • 刺繍ソックス
        価格:1,200円(税込)
        • 種類:全5種
        • サイズ:22~24cm
        • 素材:綿、ポリエステル + 刺繍
      • バイカラーブルゾン【アクシア・クローネ/ローレン・イロアス】受注受付終了
        価格:12,000円(税込)
        • 種類:全2種
        • サイズ:Lサイズ(身丈 70cm / 身幅 60cm / 肩幅 52cm / 袖丈 61cm)
        • 素材
          表地:ポリエステル95%、ポリウレタン5%
          裏地:ポリエステル100%
          リブ:ポリエステル97%、ポリウレタン3%
        • お届け予定:11月下旬以降
          ※他の商品とご一緒に購入されると、お届けが遅くなりますのでお気をつけください。
      • まめねこスマホスタンド【レオス・ヴィンセント】
        価格:3,000円(税込)
        • 種類:全1種
        • サイズ:80×80×100mm程度
        • 素材:PVCラバー
      • ネクタイ風バッグチャーム【オリバー・エバンス】
        価格:2,500円(税込)
        • 種類:全1種
        • サイズ:幅70×高さ150mm程度
        • 素材:亜鉛合金、鉄、ABS、ガラス、ポリエステル
      • チャーム付きタンブラーボトル【レイン・パターソン】
        価格:3,500円(税込)
        • 種類:全1種
        • サイズ:ボトル直径65×高さ178mm程度、チャーム25mm角
        • 素材:本体=アルミニウム、チャーム=ダイキャスト
      • にじぱぺっと
        価格:1,200円(税込)1,400円(税込)※2022年8月22日(月)価格改定。
        • 種類:全5種
        • 本体サイズ:幅80×高さ110mm程度
        • 梱包サイズ:幅130×高さ165mm程度
        • 素材:ポリエステル

「エデン組 ハーフアニバーサリー」グッズはこちら

「エデン組 ハーフアニバーサリー」グッズはこちら

  • 「エデン組ハーフアニバーサリーグッズ」、「エデン組新グッズ」(詳細)(販売ページ)
    • オフィシャルストア購入特典:ボイスカード

      「エデン組ハーフアニバーサリーグッズ」ラインナップ

      • アクリルスタンド
        価格:1,500円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
        • 素材:アクリル
        • サイズ:約 H150mm x W120mm
          ※ライバーごとに本体サイズが異なります。
      • ハーフタペストリー
        価格:2,500円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
        • 素材:ポリエステル100%(ダブルスエード)
        • サイズ:B2半裁
      • アクリルキーホルダー
        価格:1,200円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
        • 素材:アクリル、鉄
        • サイズ:約 H94mm x W80mm
      • スタッキングマグ
        価格:1,200円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
        • 素材:AS樹脂
        • サイズ:約 H94mm × Φ83mm
        • 容量:350ml
      • ピンズセット
        価格:2,500円(税込)
        • 種類:全1種
        • ピンズ素材:ダイキャスト
        • ピンズサイズ:約 30mm × 30mm
        • 箱素材:EVA、紙、PETスリーブ
        • 箱サイズ:約 W120mm × H80mm
      • ランダムメタル缶バッジ
        価格:500円(税込)
        • 種類:全5種ランダム(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
        • 素材:ブリキ・鉄・PET・紙
        • サイズ:約 φ56mm

      「エデン組新グッズ」ラインナップ

      • ラバーストラップ
        価格:800円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
        • 素材:PVC
        • サイズ:約 H60mm
      • パタパタ付箋メモ
        価格:1,500円(税込)
        • 種類:全1種
        • 素材:紙
        • サイズ:約 W80mm × H100mm
          ※展開時:約 W485mm × H102mm
      • ランダム星型缶バッジ
        価格:600円(税込)
        • 種類:全5種ランダム(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
        • 素材:ブリキ
        • サイズ:約 60mm × 60mm
      • ドッグタグ【アクシア・クローネ/ローレン・イロアス】
        価格:1,200円(税込)
        • 種類:全2種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス)
        • 素材:ダイキャスト(亜鉛合金)
        • サイズ:約 50mm × 30mm
      • マウスパッド【レオス・ヴィンセント】
        価格:2,500円(税込)
        • 種類:全1種(レオス・ヴィンセント)
        • 素材:ポリエステル、ゴム、PU
        • サイズ:約 250mm × 200mm × 20mm
      • ハンカチ【オリバー・エバンス】
        価格:2,000円(税込)
        • 種類:全1種(オリバー・エバンス)
        • 素材:綿100%
        • サイズ:約 450mm × 450mm
      • ハードケース(耳栓付き)【レイン・パターソン】
        価格:2,000円(税込)
        • 種類:全1種(レイン・パターソン)
        • 本体素材:EVA+ポリエステル
        • 耳栓素材:ウレタン
        • 本体サイズ:約 180mm × 120mm × 60mm
        • 耳栓サイズ:約 10mm × 20mm


その他常設グッズ

その他常設グッズ

  • 「エデン組新グッズ/ムービック」販売サイト

    グッズラインナップ

    • ラバーキーホルダー
      価格:1,100円(税込)
      • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
      • サイズ:約10×5cm内
      • 仕様:PVC製
    • アクリルスタンド
      価格:1,650円(税込)
      • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
      • サイズ:約10×18cm
      • 仕様:アクリル製
    • クリアファイル
      価格:440円(税込)
      • 種類:1種
      • サイズ:A4サイズ対応
      • 仕様:PP製
    • キャラバッジコレクション
      価格:4,400円(税込)
      • 1BOX10パック入り※BOX販売のみ
      • 種類:全10種
      • サイズ:直径約5.6cm
      • 仕様:金属・PETフィルム紙製
  • 「にじさんじぷち2021」(詳細)(販売ページ)

    グッズラインナップ

    • アクリルスタンドキーホルダー(全17種)
      価格:各1,500円(税込)
      • 本体サイズ:高さ約70mm
      • スタンドサイズ:直径50mm
      • 種類:アクシア・クローネ、安土桃、天宮こころ、卯月コウ、小野町春香、オリバー・エバンス、叶、桜凛月、渋谷ハジメ、成瀬鳴、魔界ノりりむ、森中花咲、勇気ちひろ、雪城眞尋、レイン・パターソン、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス ※五十音順
    • ランダム缶バッジ3個セット(全17種)
      価格:1,000円(税込)
      • サイズ:直径56mm
      • 種類:アクシア・クローネ、安土桃、天宮こころ、卯月コウ、小野町春香、オリバー・エバンス、叶、桜凛月、渋谷ハジメ、成瀬鳴、魔界ノりりむ、森中花咲、勇気ちひろ、雪城眞尋、レイン・パターソン、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス ※五十音順
    • ステッカー(全17種)
      価格:330円(税込)
      • サイズ:高さ約80mm
      • 種類:アクシア・クローネ、安土桃、天宮こころ、卯月コウ、小野町春香、オリバー・エバンス、叶、桜凛月、渋谷ハジメ、成瀬鳴、魔界ノりりむ、森中花咲、勇気ちひろ、雪城眞尋、レイン・パターソン、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス ※五十音順
  • 「NIJI GRAFFITIグッズ」(詳細)(販売ページ)
    • 「NIJI GRAFFITIグッズ」を4,000円以上購入で特典ポストカード(2種)からランダムで1枚をプレゼント。
      ※特典は数に限りがあります。

      グッズラインナップ

      • アクリルスタンド
        価格:1,500円(税込)
        • 種類:全7種(イブラヒム、北小路ヒスイ、剣持刀也、樋口楓、星川サラ、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス)
        • サイズ:約 H150mm x W85mm
          ※ライバーによってサイズが異なります。
      • ダイカットラバーバンド
        価格:800円(税込)
        • 種類:全7種(イブラヒム、北小路ヒスイ、剣持刀也、樋口楓、星川サラ、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス)
        • 素材:PVC
        • サイズ:約 W200mm x H30mm
      • スライドミラー
        価格:1,200円(税込)
        • 種類:全7種(イブラヒム、北小路ヒスイ、剣持刀也、樋口楓、星川サラ、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス)
        • 素材:アクリル、ミラー板、鉄
        • サイズ:直径 約80mm
      • スマホリング
        価格:1,500円(税込)
        • 種類:全7種(イブラヒム、北小路ヒスイ、剣持刀也、樋口楓、星川サラ、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス)
        • 素材:メタル素材
        • サイズ:約 H40mm x W45mm
          ※ライバーによってサイズが異なります。
      • ペンケース
        価格:2,500円(税込)
        • 種類:全7種(イブラヒム、北小路ヒスイ、剣持刀也、樋口楓、星川サラ、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス)
        • 素材:本体:合皮生地
          内生地:ポリエステル生地
          持ち手チャーム:亜鉛合金
        • サイズ:約 H90mm x W200mm
      • クリアカードセット
        価格:500円(税込)
        • 種類:全7種(イブラヒム、北小路ヒスイ、剣持刀也、樋口楓、星川サラ、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス)
        • 素材:高透明PP
        • サイズ:L判
      • ランダムアクリルバッジ
        価格:600円(税込)
        • 種類:全7種(イブラヒム、北小路ヒスイ、剣持刀也、樋口楓、星川サラ、レオス・ヴィンセント、ローレン・イロアス)
        • サイズ:約 H60mm × W60mm
  • 【デビュー記念グッズ(アクリルスタンド&缶バッジ)】ローレン・イロアス (販売ページ)

雑誌・書籍

雑誌・書籍

  • にじさんじアーカイブス 2021-2022販売ページ
    • 通常版
      価格:3,500円(税込)
    • 豪華版
      価格:4,500円(税込)
      • にじさんじオフィシャルストア限定。
      • 豪華盤のみエデン組スペシャルクロストークが収録された特別小冊子付き。

  • 「PASH!2月号」
    • 発売日:2022年1月8日(土)
    • おしゃべりVTuberのコーナーに掲載


販売・開催終了

販売・開催終了

  • 『にじさんじ×STARTERコラボレーション第二弾』グッズ
    • 販売期間:2022/11/10(木)~11/27(日)
      HICULからスローンズの限定コラボグッズが登場。

      グッズラインナップ

      • コラボTシャツ(描き下ろしチェキ風ステッカー付き)
        各6,050円(税込)
        • 全2色
        • サイズ:S/M/L
      • コラボアウター(描き下ろしアクリルキーホルダー付き)
        各8,800円(税込)
        • 全2色
        • サイズ:M/L
      • アクリルスタンド
        各1,650円(税込)
        • 全1種
        • サイズ:約H153mm
      • ショルダーバッグ(描き下ろし缶バッジ付き)
        各3,300円(税込)
        • 全1色
        • サイズ:約W240mm×H150mm
    • コラボ記念Twitterキャンペーン実施。

      詳細

      スローンズ着用コラボアイテムセットを抽選で各1名様にプレゼント

      • 期間:11/10(木)~11/20(日)
  • 『誕生日グッズ2022』
    • 販売期間:2022/9/6(火)~2022/9/12(月)

      グッズラインナップ

      参考ページはこちら

      • 誕生日グッズフルセット
        9,500円(税込)
        • キャンバスパネル
        • ブロマイド付きアクリルフォトフレーム
        • メタルチャーム
        • 缶バッジ2種セット
        • 誕生日ボイス&特典壁紙セット
      • アクリルフォトフレームセット
        5,500円(税込)
        • ブロマイド付きアクリルフォトフレーム
        • 誕生日ボイス&特典壁紙セット
      • 誕生日ボイス&特典壁紙セット
        1,000円(税込)
      • 缶バッジ2種セット
        1,500円(税込)
        • 56mm缶バッジ
        • 75mm缶バッジ
          ※ボイス/特典壁紙は付属いたしません。
  • 『エデン組 1st Anniversaryグッズ バイカラーブルゾン』
    • 販売期間:2022/7/9(土)~2022/7/31(日)

      商品詳細

      • バイカラーブルゾン
        価格:12,000円(税込)
        • 種類:全2種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス)
        • サイズ:Lサイズ(身丈 70cm / 身幅 60cm / 肩幅 52cm / 袖丈 61cm)
        • 素材
          表地:ポリエステル95%、ポリウレタン5%
          裏地:ポリエステル100%
          リブ:ポリエステル97%、ポリウレタン3%
  • 『にじさんじ香水 第7弾(後半)』
    • 販売期間:2022/6/22(水)~2022/7/3(日)

      商品一覧

      • コンプリートセットB(ステッカー付)
        価格:11,000円(税込)
        • アクシア・クローネ、ローレン・イロアスの香水が限定ボックスに入ったコンプリートセット。
        • 限定ボックス書き下ろしデザインステッカー付き。
      • ローレン・イロアス単品
        価格:5,500円(税込)
  • 『WhiteDay Gift - Eグループ』 1,500円(税込)
    • 販売期間:2022/2/10(木)~2022/2/28(月)
      バーチャルチョコレートを購入、ライバーへのメッセージを送る(任意)
      後日ライバーから描き下ろしイラスト&メッセージ入りの色紙と、ちょっとしたお返しが届く。
  • イベント『にじさんじCAFE in SWEETS PARADISE 第3弾』
    • 販売期間:2021/11/3(水)~2021/12/31(金)
    • コラボカフェ特典:ペーパーランチョンマット(全2種/ランダム配布)とコラボメニュー1品毎にコースター(全10種/ランダム配布)プレゼント

      コラボカフェ詳細

      公式サイトはこちら。
      【コラボカフェ専門店】

      • コンセプトカフェ大阪
        日程:2021/11/3(水) ~ 2021/11/30(火)12/8(水)まで延長
      • CoLaBoNo
        日程:11/3(水) ~ 11/30(火)12/8(水)まで延長

      【テイクアウト店舗】

      • スイーツパラダイスケーキショップヨドバシAkiba店
        日程:2021/11/3(水) ~ 2021/11/30(火)
      • スイーツパラダイスクレープショップ上野ABAB店
        日程:2021/11/3(水) ~ 2021/11/30(火)

      【スイーツパラダイス】

      • スイーツパラダイス新宿東口店
        日程:2021/12/1(水) ~ 2021/12/31(金)
      • スイーツパラダイス川崎ダイス店
        日程:2021/12/1(水) ~ 2021/12/31(金)
      • スイーツパラダイス丸井大宮店
        日程:2021/12/1(水) ~ 2021/12/31(金)
      • スイーツパラダイス東京ベイ店
        日程:2021/12/1(水) ~ 2021/12/31(金)
      • スイーツパラダイス広島パルコ店
        日程:2021/12/1(水) ~ 2021/12/31(金)
      • スイーツパラダイスアミュプラザおおいた店
        日程:2021/12/1(水) ~ 2021/12/31(金)
    • グッズ購入特典:2000円お買い上げ毎にポストカード(全10種類)からランダムで1枚プレゼント(事後販売)
    • 期間:2022/1/7(金)~2022/1/23(日)

      グッズラインナップ

      グッズラインナップ

      • ミニキャラトレーディングアクリルスタンド
        価格:700円(税込)
        • 種類:全5種ランダム(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
      • 75mm缶バッジ
        価格:550円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
      • ミニキャラステッカーセット(5枚セット)
        価格:550円(税込)
      • にじさんじCAFEオリジナルTシャツ
        価格:3,650円(税込)
        • 種類:全2種(ベージュ、グレー)
        • サイズ:Lサイズ
      • アクリルスタンド
        価格:1,320円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
      • クリアファイル
        価格:440円(税込)
        • 種類:全6種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン、集合)
      • B2タペストリー
        価格:2,420円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
      • クッションカバー
        価格:2,750円(税込)
        • 種類:全2種(等身、ミニキャラ)
      • パーカー
        価格:6,600円(税込)
        • 種類:全1種
        • サイズ:Lサイズ
      • マグカップ
        価格:1,980円(税込)
        • 種類:全6種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン、集合)
      • マフラータオル
        価格:1,650円(税込)
        • 種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)
      • マスクケース
        価格:550円(税込)
        • 種類:全1種
  • 『にじさんじCAFEエデン組プリントケーキ』 4,400円(税込)※54mm限定缶バッジ付き
    • 販売期間:2021/11/3(水)~2021/11/14(日)
      種類:全5種(アクシア・クローネ、ローレン・イロアス、レオス・ヴィンセント、オリバー・エバンス、レイン・パターソン)

全身像

2Dモデルの詳細は衣装まとめを参照。

バイカラーブルゾン衣装

バイカラーブルゾン衣装

  • 2022/07/04に公開。
  • エデン組1stAnniversaryグッズで発売されたローレンモチーフデザインのバイカラーブルゾン。
    • お披露目配信はこちら
    • デザイン:Lowro氏
    • 差分:キャップの着脱

描き下ろしビジュアル一覧

にじさんじCAFE in SWEETS PARADISE 第3弾
等身イラスト:RAHWIA/画像引用元
NIJI GRAFFITIグッズ
イラスト:風李たゆ/画像引用元
常闇のクライノート ~Episode1 The Beginning~
イラスト:高山しのぶ/画像引用元ブックレットラフ引用元
12月季節ボイス2021 Vol.1キービジュアル
イラスト:黒野ユウ/画像引用元全身ラフ引用元
にじさんじぷち2021
イラスト:小熊トコ/画像引用元
エデン組ハーフアニバーサリーグッズ
イラスト:みやも/画像引用元
エデン組新グッズSDイラスト
イラスト:鱈子/画像引用元
エデン組ボイスドラマ -Welcome to EDEN-
イラスト:ドルストイ/画像引用元
エデン組新グッズムービック
画像引用元
にじさんじアーカイブス 2021-2022
イラスト:さくしゃ2/画像引用元
エデン組ボイスドラマCD「Let's Party Time♪」
イラスト:夏子/画像引用元
常闇のクライノート ~Episode2 The Confusion~
イラスト:高山しのぶ/画像引用元
にじさんじ 香水第7弾【後半】
イラスト:トレ/画像引用元
「エデン組 1st Anniversary」グッズ
イラスト:ここかなた/画像引用元
にじさんじ ゆるパレット
画像引用元
にじさんじ×サンリオキャラクターズ第3弾
画像引用元
にじさんじフェス 2022
イラスト:はあと/画像引用元
誕生日グッズ 2022
イラスト:ここかなた/画像引用元
にじさんじ×STARTER 第2弾
イラスト:うごんば/画像引用元

気をつけよう!

配信マナーについて

【お願い】

  • 配信とあまり関係の無い内容のコメントを送りすぎない
  • 他のチャンネルで無闇にローレンの名前を出さない
  • 誹謗中傷コメント(暴力的、性的、批判的な発言)は控える
  • たくさんの人が見ているので皆で配慮しあおう!

活動場所

詳しく知りたい

活動経歴

2021年

  • 2021/07/19 デビュー初ツイート
  • 2021/07/22 初配信
  • 2021/07/24 登録者10万人到達
  • 2021/07/25 登録者11万人到達
  • 2021/07/27 登録者12万人到達
  • 2021/07/28 登録者13万人到達
  • 2021/07/29 登録者14万人到達
  • 2021/08/01 登録者15万人到達
  • 2021/08/06 収益化記念配信メンバーシップ開設
  • 2021/08/07 登録者16万人到達
  • 2021/08/16 登録者17万人到達
  • 2021/09/02 登録者18万人到達
  • 2021/09/06 誕生日企画『Getting Over It』耐久。21時間かけて達成、Twitterトレンド1位を獲得。
  • 2021/09/17 登録者19万人到達
  • 2021/10/14 初の歌ってみた『フォニイ / Covered by ローレン・イロアス』を投稿。
  • 2021/10/17 登録者20万人到達
  • 2021/11/26 2曲目の歌ってみた『神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス』を投稿。
  • 2021/11/27 登録者21万人到達
  • 2021/12/06 登録者22万人到達
  • 2021/12/20 登録者23万人到達

2022年

本人に関するエピソード

ゲーム


過去シーズンでのランク

APEXプレデター*5一番やり込んだレジェンドはレイス。
VALORANTイモータル
OverwatchTOP500血反吐を吐きながらやっていた。
スキルの使えるFPSということで元々好きだったFPSと『League of Legends』の融合の様に思ったのがきっかけでOWを始めた。
キャラクターにロールがありプレイヤーの特色に沿える所が好きだったらしい。
Escape from Tarkovバージョン0.12.6、0.12.9をプレイしていた。
0.12.9ではLV58位まで上げ、Kappaコンテナ、全カードキー取得。
レインボーシックス シージ昔10~20時間やった程度。


【ライバーになってからのランク】

APEXマスター*6詳しくはこちら。現在[Ksx]クランに入っている*7
VALORANTダイヤモンド2詳しくはこちら。
Escape from Tarkovバージョン0.12.12 フリマ解放
バージョン0.12.12.30 LV.33
レインボーシックス シージROYAL FLUSH by X-MOMENT 一夜漬けでグレネードの天才になった。
PUBGVCC PUBG 2ドン勝


  • ゲーム体力は無限。
    • ハマると永遠にプレイできる。最長配信時間は『Ark: Survival Evolved』での27時間
      • 長時間配信が最早デフォルトなため、早めに配信終了しようとするとコメントが止めにかかるのがいつもの流れ。
    • 二次会文化*10に嫌がりつつもなんだかんだ一番最後までノリノリなのはローレン。
      • えぐもん顔合わせでは気づけば2人を引きずってAPEXをプレイし続け、パイドリでは皆が離脱していく中最後は一人でFall Guys、チームメンバーの幻覚を見た。
  • サバイバルゲーム
  • ギャルゲー
    • 好き。常に時間に追われて恋愛に割く時間がないため。
    • ギャルゲやエロゲはストーリー重視で様々なタイトルを遊んでいる。R指定部分はスキップしてストーリーのみを楽しんでいる。

その他ゲームエピソード

FPS名場面

本人について


  • 根っからのアニメオタク。基本的にアニメは全部見ている。

エピソード


エピソード


  • ドカ食い気絶部所属。数日食べずに一気にドカ食いするのが基本。

エピソード


  • 配信で披露された持ちネタ特技まとめ。

  • なぜか次々と飛び出す怪我・病気エピソード。

エピソード


  • 趣味・嗜好まとめ。

エピソード


  • かわいいもの好き。JK並みの基準と頻度で「かわいい」を使用する。

エピソード


  • 配信での特筆エピソードまとめ。

エピソード


  • ボイスについて。

エピソード


  • 声マネまとめ。1配信に1回は必ずと言っていいほど誰かしらのモノマネが飛び出す。

声マネまとめ

声マネは得意でないが雰囲気マネをするのが好きでほぼ日常の光景である。誇張する事に味を占めてしまったとの事。
※視聴の際はネタバレにご注意下さい。

ジャンル作品名人名・ネタセリフ・備考
ゲームLeague of LegendsナサスがWを撃った時「ウィザー」このコアなモノマネ、なんと初配信。
アニメドラえもんドラえもん「フ~゛フ~゛フ~゛の゛ひ゛た゛く゛ぅ゛ん゛」
アニメダンガンロンパモノクマ「フ~゛フ~゛フ~゛苗゛木゛君゛出゛口゛は゛な゛い゛よ゛」
芸人なかやまきんに君「ヤー!(矢)」
ゲームMinecraftゾンビ「ウ゛ーーー」
ゲームApex Legendsジブラルタル「ハッハージブラルタル様の出番だァ。」
アニメウマ娘ナイスネイチャ&トウカイテイオー11「まさかまさかの!2着じゃん!」「ぼ~くはテイオ~」
2「最強無敵のトウカイテイオーだよ~!」「オッスーナイスネイチャでーす」
アニメ呪術廻戦五条悟11「だって君~弱いも~ん」
2「大丈夫、僕最強だから。」
アニメHUNTER×HUNTERゴン(想像)「ゴン!僕はゴン!」
アニメ氷菓千反田える「わたし、気になります!」
ゲームApex Legendsシア「ついに私の出番ですね。重い腰を上げて...殺戮ショーを始めましょうか。」※長編アドリブ
ゲームVALORANTヨル「うるせんだよ。」
アニメRe:ゼロから始める異世界生活レム&ラム「鬼がかってますね」「バルス、起きなさいバルス」
芸人ジャングルポケット「人生何があるかわからない。だから面白い。フゥゥ!(配信終了)」
芸人ナダル11「もうええて。もうほんとええて。ほんまええて。ほんまにええてもう。えぐいて。」
2「もうえぐいて。なんで熱湯降って来てんこれ。水ダウやこれ。」
アニメワンピース黄猿「光の速さで蹴られたことはあるかい?八尺瓊勾玉」
アニメウマ娘ライスシャワー「フェエ~舌噛んじゃった~」
アニメワンピース黒ひげ「人の夢は、終わらねェ!終わらねんだよ!この程度じゃ!」
アニメワンピースロー「ROOM、シャンブルズ、おい、麦わら屋。このセリフしか知らねえ。」
アニメFate/Zeroランサー1「騎士道の剣に誉れあれ。俺はおまえに出会えてよかった、セイバー。フィオナ騎士団が一番槍、ディルムッド・オディナ。推して参る!」
ゲームApex Legendsパスファインダー「進化シールドを発見!カッコイイ」
アニメやはり俺の青春ラブコメはまちがっている。戸部翔「逆に優しいまであるっしょ!」
アニメSchool Days桂言葉「中に誰もいませんよ」
タレント長州力「お前いつもこんなん食ってんのかお前たち。すぅごいねお前たち。おいお前こぇ食ってみい、とぶどォ!」
ゲームVALORANTジェット「スパイクはどこ?」
Vtuberローレン・イロアス1「マジかマジかマジか。まっずい!」
ゲームUNDERTALEサンズ「ア"ア"ア"ア"ア"」
ラッパー呂布カルマ「ゴリゴリ来んなこのトロオペ。ここ、ここのトロオペ。もうお前テイムすることねえわ。」
アニメFate/Zeroキャスター&切嗣「龍之介ェ!お見せしましょう!」「アヴァロンの治癒能力は自傷にも有効。タイムアルター...スクエアアクセル!トゥーン」
アニメシュタインズ・ゲートダル「ハカーじゃなくてハッカーだろ常考。アキバにあるわけないっしょー。」
芸人クロちゃん(『ブレワイ』ボックリン)「ヤダァーえ~ボクちんのマラカス~ちょ~らいのらい~ワワワワー」
Vtuberフォニイローレン「この世で造花より綺麗な(ド低音)」
F1「ゥゥゥウウウウン」
アニメドラえもんしずかちゃん「のび太さ~ん!」
アニメ銀魂坂田銀時「ギャーギャーギャーギャーやかましいんだよ。発情期ですかコノヤロー。」
心音「ンッン ンッン ンッン ンッン」
アニメポケットモンスタートゲピー「チョギップリ」
ゲームVALORANTブリーチ「3人目!4人目!イージー!デデンデデン」「ふっとべー!!」
アニメ転生したらスライムだった件リムル=テンペスト「魔王リムル=テンペストだ!」
アニメテニスの王子様跡部景吾「俺様の美酒に酔いな」
アニメアンパンマンシロ(チーズ)「アンアン!アンアンア~ン!」
アニメSPY×FAMILYアーニャ「アーニャ シア つよい すき」
アニメテニスの王子様不二周助「君のそのボール、ネットを越えないよ」
アニメ僕のヒーローアカデミア蛙吹梅雨&緑谷出久「行くわよ緑谷君」「ハイ!イキマス!」
アニメ化物語阿良々木暦11「八九寺!八九寺!」「僕、阿良r」
2「僕は友達を作らない、人間強度が下がるから」
アニメ黒子のバスケ青峰大輝「オレだけだよオレに勝てるのは」
アニメDEATH NOTE夜神月11「馬鹿野郎ー!!松田誰を撃tt」※音量注意
2「馬鹿垂れ!!どこを撃ってる松田!?」※音量注意
ドラマ古畑任三郎古畑任三郎「アー、アクシアさん、あなたンーストレスがンー溜まっておられたんでしょうねきっとンーアーそうですね~(以下略)」
配信者ボドカ「何でこれがヒットマーカーやねん意味わからんやろ!」「何でこれが1080pやねん意味わからんやろ!大概にせいや!」
配信者k4sen「リスナーえぐいって。コリソニえぐいぞ、おい、何でこんな強いコイツえぐいって。」
配信者rion11「ローレェンエクゾディアが完成しちまったよォ!」
2 30分間弱に渡り誇張マネが散りばめられている。
配信者じゃすぱー「ツヨスギー!!」「エグイテェー!!」
配信者ローレンのマネをするじゃすぱー「え?終わってるってよく言われない?」
Vtuber本家ローレン・イロアス11「終わってるってよく言われない?」
2「よく言われない?自分邪魔ってよく言われない?え、自分君達邪魔って言われない?(以下略)」
アニメHUNTER×HUNTERヒソカ「キミすごくいいねぇ」「その表情その瞳すごくいいよ」
アニメエヴァンゲリオン碇ゲンドウ&碇シンジ「エヴァに乗れ、乗らなければ帰れ」「笑えばいいと思うよ」
ゲームVALORANTチェンバー11「消えてもらおうか!」
2「とと遠すぎると遠すぎ遠すぎ遠すぎる遠すぎるとと遠すぎる…遠すぎる」
アニメ逆境無頼カイジ伊藤開司&ナレーション11「悔しい」「悔しい」「悔し「悔しい」「マジ悔し「悔しい」「だがそれでいい!」
2「ありがてぇ」「ありがてぇ!」「ありがてぇ」「ありがてぇ!」
アニメ逆境無頼カイジ大槻班長&伊藤開司&ナレーション「無理は続かねえ。ほーらカイジくんビールだよ。」ゴクッゴクッ「うめぇ…!」「うめぇ!」
映画デスノート夜神月「と゛う゛し゛て゛た゛よ゛と゛う゛し゛て゛た゛よ゛ぉ゛!」
アニメFate/Zero、stay nightキャスター& ケイネス&イリヤ「龍之介ェお見せしましょう!最高のCOOLを!」「見つけたぞドブネズミ。三流魔導師めが多少魔術の心得はあるようだが。」「やっちゃえバーサーカー」
声マネの中でイリヤが一番雰囲気が似ていると言われるとの事。「イリヤには謝っとくわ」
配信者Mondo&Ras&rion&ふらんしすこ「ローレンお前何だ」「ロ-レンはァ」「ローレェンオイローレェン」「ローレン〇〇しすぎ弱すぎ」
アニメ、声優黒子のバスケ、早口言葉(神☆ヴォイス)赤司&神谷浩史&青峰&黄瀬「大輝、涼太、真太郎、敦、そしてテツヤ」「カモシカもシカもたしかにシカだが(以下略)」「オレに勝てんのはオレだけだ」「じゃあそのオレが相手ならどうなるんすかね」
その他韓国語実況「わあ~!Cptわあ~!!」※音量注意
VOCALOID、ゲームどうぶつの森、UNDERTALE初音ミク&住民&サンズ「ハツネミクダヨ」「ナナナナナ」「ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」
アニメDEATH NOTE「夜神月君、こいつは怪しいですね」「夜神さんの息子さん頭いいですね、これだったらキラの可能性もありますね」
アニメデュラララ!!折原臨也「壊しちゃっていいかなシズちゃん」「平和で暴力のない世界いいね最高だよ」
アニメDEATH NOTE魅上照「神ぃ」
配信者rionのマネをするありけん「おい背負うなローレンローレン背負うな」
芸能人福山雅治「どォこまでも~美しくてぇ~」
Vtuber奈羅花「奈羅花がぁ!」「ヤバァー!」
Vtuber葛葉11「カバードバイィイ!?歌わせてもらいましていただきましたでごわすでしょうよォ!」
2「シーンドゥァー」※2は不破湊から葛葉に伝染ったもの

  • 異名まとめ。基本自称。

一覧

配信でのネタ

あくまでも全てネタです

元ネタ一覧

交流がある配信者の名言をたびたびネタにし使用している。

使用例元ネタ発言者備考
あーもう〇〇やあーもう最悪やボドカボドカ氏の口癖。
ピングーみたいなんおんねんけどピングーみたいのいるって…なんやピングーなんかおらんわボドカ
〇〇は俺の方やった※途中より音量注意大概にするのは俺の方やったボドカ正確にはボドカ氏の発言である「大概にsayよ」を葛葉がネタにしたものである。後に本人の口から出ている。
かっちーーんかっちーーーーんk4sen
エグゾディアが完成しちまうよォ!オイ!*16ローレェン完成しちまうよエグゾディアがオイローレンrion『Hand Simulator』でのrion氏のノリ全般を使用している。
〇〇なんだよねぇ、わあ~〇〇ジャッジなんだよねぇ、わあ~わんこじゃすぱー
無敵状態入ってる、俺の〇〇待ってこれ今俺結構無敵状態入ってるからラッシュとかじゃなくて俺ゆっくり狙ってっていいですか。俺のワンピック待って。じゃすぱー
なんでそんな〇い「お前なんでそんな強い」じゃすぱー元々はローレンの発言であったものをじゃすぱー氏が誇張真似し、それを更に真似た口調である。
俺なんか間違ったこと言ってる?今え、俺なんか間違ったこと言ってる?じゃすぱー元々はローレンの発言であったものをじゃすぱー氏が誇張真似し、それを更に真似た口調である。

よくあるコメント一覧

用語集

  • 「ワニキ」
    • アニキの上位版である。
  • 「こるち」
    • コーチのこと。第2回 CR Cup VALORANT コーチrion氏、第9回 CR Cup Apex Legends コーチゆきお氏。

歌に関するエピソード

▶歌唱動画まとめはこちら
再生リスト:歌


イラストまとめ

フォニイ / Covered by ローレン・イロアス
イラスト:甘鶏/画像引用元
スーツ原案
スーツ原案:きるしゅ/画像引用元

イラストまとめ

神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス
イラスト:与乃市/画像引用元カラー絵引用元

  • ド屑 / Covered by ローレン・イロアス
    2022/09/06、ローレンの誕生日当日にプレミア公開にて投稿。
    • 『? ? ? ? ? / Covered by ローレン・イロアス』というタイトルで枠立て、公開まで曲名は伏せられていた。
      タイトル&概要欄の変更とともに消えているが、概要欄には「お祝いありがとう」の言葉があった。
    • 「神っぽいな」と同じクリエイターの方々に依頼。
      • 元々誕生日に投稿する予定ではなかったが心変わり。2週間ほど前に急遽連絡したにも関わらず快く受けてくださり、短い期間で制作して頂けて間に合わせることができた。
      • 当日に投稿することができたのはこの方々のおかげ。いつにもまして感謝。
    • なぜ「ド屑」
      • メン限で聞きたいと名前の挙がっていた曲であり、自分も凄く好きでリピートしている曲だった。
        「俺もクズだから合ってんなと思ってこれにした。ww」
    • 後日雑談での話。
      録音時間は40分ほど。何回も聴いて、歌みたで色んな解釈を見た上で自分の解釈で歌った。
    • イラストの雰囲気は自分で指定した。
    • 「フォニイ」の時もそうだが、ただ誕生日を祝ってもらうのは申し訳ないと感じる*23。歌とか分かりやすく喜んでもらえるものをお返ししたいなと思って、素晴らしいクリエイターの方々に協力していただいて何とかみんなに届けることができた。と語る。
    • 「ド屑」の待機所と、ド屑公開後に配信予定であった誕生日企画「Fall Guys視聴者カスタム&クラウン耐久」の待機所との温度差が面白かった。
      ド屑「歌みたほんとに感謝😭」Fall Guys「これ終わる気ないな。」

      記録

      • 2022/09/06 投稿
      • 2022/09/08 50万回再生突破
      • 2022/09/15 100万回再生突破
      • 2022/09/29 150万回再生突破
      • 2022/10/19 200万回再生突破
      • 2022/11/10 250万回再生突破
      • 2022/12/09 300万回再生突破

イラストまとめ

ド屑 / Covered by ローレン・イロアス
イラスト:与乃市/画像引用元

  • Overdose / Covered by ローレン・イロアス
    2022/11/06にプレミア公開にて投稿。
    • 「今週来週あたりに歌ってみたを投稿する、チル曲」と雑談配信にて突然予告、その3日後にツイートで曲名と投稿日が明かされた。
    • 投稿後、初の配信にて。
      • リスナーから急上昇3位と聞いて。
        歌ったのは自分だが、元々原曲が凄い良い曲だし、携わってくださったクリエイターの方々が凄い方ばかりだから結構他人事になる。
        「急上昇3位なんだ、凄いな。やっぱあの人たち凄いなあ。」
      • なとり氏が聞いてくださった(ご本人の配信で言及)とリスナーから聞き大変喜んだ。
      • 「Overdose」を歌うのはご本人が正解すぎてハードル高かった。でもめちゃくちゃ好きだから歌った。
      • 今までで一番ハモリ頑張った。つられるから主旋律は聞かずにハモリだけで録った。

        記録

        • 2022/11/06 投稿
        • 2022/11/07 50万回再生突破
        • 2022/11/10 100万回再生突破
        • 2022/11/15 150万回再生突破
        • 2022/11/21 200万回再生突破
        • 2022/11/29 250万回再生突破

イラストまとめ

Overdose / Covered by ローレン・イロアス
イラスト:甘鶏/画像引用元12

配信等でのエピソード

2021年

7月~12月

2021年7月

  • 2021年7月19日、デビュー。
  • 初ツイートから盛大に誤字をかまし、即後悔した
  • 某飲料水や某コンビニを彷彿とさせる名前なので弄られることがある。
    • ゲームのユーザー名に用いるなど自らネタにもしている。もちろん某大手飲料メーカー様とは関係ない。
      • ポケモンユナイト「いろはすです」雀魂 -じゃんたま-「いろはすだよ」
  • 2021年7月22日、エデン組の2番手として初配信
    • 第一声の「スゥ…フゥ…クキュキュクックックックッ…言いたくねぇ…スゥ…ケァ…行こか…」からの「どうも~!こんにちワッサ!」に始まり、持ち前のトーク力、ツッコミやミームネタなどで視聴者を引き込んだ。
    • 初配信プロフィール紹介の際「身長176cm 丁度いい!」と同期男性の中で一番身長が低いことを気にしている発言をする。因みに同期の身長はアクシア・クローネ(179cm)、レオス・ヴィンセント(180cm)、オリバー・エバンス(190cm)。(周りが高すぎる)
      その後も身長が低いというのをネタにされがちである。(決して低くはない。周りが高いのである)
    • デビュー記念のボイスについては
      「俺のはお金の無駄だから買う必要はない」とのこと。(なので皆さん買いましょう)
  • 2021年7月24日チャンネル登録者数10万人到達
  • 2021年7月25日、アクシアが雑談配信にて競馬をキョウバと誤読したのを見ていたと思われるツイートをする。そのリプ欄に現れたレインに「アクシアが姉御(レイン)の好きな競馬を読み間違えた」と密告するが、実際レインが好きなのは競艇だったと判明。これがデビュー後初プレミとなってしまった。
  • マイクラは初心者。
    • 自ワールドを作成し初めて一人でのサバイバル配信をした際は、キャラクターコントロールがFPSすぎてスティーブが他では見ない動きをしている。
  • 2021年7月28日、初のエデン組コラボで「Gang Beast」をプレイ。数々の迷場面・迷言を生み出した。

    迷場面・迷言集

    ※括弧内はローレン枠でのタイムスタンプ

    • トラック上からレインを落とそうと連行を試みるも、看板に激突して全員吹き飛ぶ(28:38~)
      • 「こっちだよ!こっちに来い!これぃ!逮捕だよ逮捕」→ドォン(激突)
    • 怪しい動きをするレオスをまめねこ不法所持罪により連行(30:40~など)
    • レイン風ローレンの所業(50:58~)
      • 「同期はみんなてぇてぇだぞ!」(レイン風)
    • 「I'm a champion」→ ソーセージ直撃(59:15~)
    • 早口言葉「隣の竹垣に(略)」に挑戦して噛み、誤魔化した末に竹を燃やす(1:13:02~)
    • オリバー風ローレン登場(1:17:11~)
      • 「レイン君、こっちだ。補習の時間だ」(オリバー風)
    • 国家の犬、ミンチ・イロアス(1:19:41~)
    • レオスを応援する幼女ローレン→ヤンキー→やめてくださーーーい!(1:24:54~)
      • 「がんばえ ぷいきゅあ!まけゆな がんばえ!」
    • アクシア関連はこちらの記述も参照。

2021年8月

2021年9月

  • 2021年9月2日、ポケユナ大会に向けて練習を配信。チームの先輩からダメージを出す事を期待され、しんそくルカリオを使用している。
    • 自身が入った神速高校(にじさんじ甲子園)について少し語った。
      • 「ベンチめちゃめちゃあっためたけどな俺。けつ浮かしたらもう普通にビショビショだったもんほんとに下あっため過ぎて。」
  • 2021年9月6日、バイオハザード8作目配信中に誕生日を迎えた。作中で「お前は死んでるんだよ」と言われてしまう偶然っぷり
  • 誕生日がデビューからかなり近かったせいでボイスやグッズを出せなかったことを気にかけており、当日夜に詫び壺耐久配信を開始する。さすが芸人
    • 序盤から苦戦し台パンが多発する
    • 途中、見守っていた同期先輩も応援(煽り)に来ていた。また金壺の名人はたびたびアシストに現れており、コメントを残してアドバイスしたり動画を送ったりして背中を押していた。
    • 11時間ほどでいったん休憩がてら1枠目を終え、2枠目を取って改めて配信を続けることになった。
  • 枠が変わって2枠目、前枠と同じように休憩を挟みながら壺耐久を進めていく。
    • 階段やミカン付近の岩場で時間をとられ時に落下するも、強いメンタルと地道な努力で雪山エリアまでのし上がっていった。
    • なお先輩も再び応援し煽りに来た。
      • 「こんばんは、頑張ってください(親指を立てている絵文字)」
        「昨日なんか、煽られ…煽ったのは、ガチ…なんすかね?…まあ叱咤激励よな!」
        「まだやってて草(猿の絵文字) のほうがよかったですか?」
        「『煽り散らかしてた』、OK、マジか。終わった。」
    • 17時過ぎ、普通なら心が壊れかねないような大アクシデントに見舞われてしまう。…が、初見でありながら積んできた技術と、先人や解説動画の恩恵をフル活用し、彼の得意なトークをほぼ21時間(1、2枠の総合時間から見て)ぶっ続けでやりながら乗り越えた。また「ローレン」でトレンド1位も獲得。落ちてもすぐ巻き返すローレンの強靭さに目が離せないようで、当時は1万人以上が彼の耐久を見守っていた。
    • 18時53分、枠終了およそ10分前にして2万人に見守られながらみごと登頂に成功した。クリア、そして誕生日おめでとうございます。伝説をありがとう!
    • ローレン曰く先述の大落下は「(気持ちが楽なので)爆笑しててほしい」ものだったらしい。
  • 2021年9月8日、スローンズ初のオフコラボ。プレイしたのは『例外配達』。
    • アクシア・クローネのチャンネルで配信されたためローレンのアーカイブには残っていない。こちら。
    • 事前に2人で見繕ってきたスイーツを賭けての”叫んだ回数勝負”(カウントはスタッフ)が行われた。
    • アクシアに汚い手を使うローレンやスタッフによるロレ虐などを見る事ができる。
    • この後2人により行われたツイキャス配信はお互いいい気分で歌い始めたはずが歯止めがきかなくなり、その結果5時間に及び歌い続けるという長丁場となった。(現在このアーカイブは存在していない)
      • リスナーが先にギブアップし、同じく音を上げ始めていたローレンにアイツを止めてくれと懇願する事態に。さらに#寝ローンズがトレンド入りする。
  • 2021年9月10日、ポケユナ大会チームAの顔合わせ練習が配信された。前半のみ助っ人として長尾景が参加している。(渋谷ハジメは後から合流)
    • 同期やラジオ体操、公式番組以外では初のコラボとなり、華麗な猫かぶりを披露しつつも声掛けはしっかりしていた。猫は被り物じゃないですよ
    • 早速先輩からいじられるかわいがられる。
    • なおチームAの練習配信はこの1回きりとなった。
  • 2021年9月12日、ポケユナ大会本番。これが初めての大会となる。
    • 少ない練習時間、慣れないゲームパッドに苦戦しながらも当日にはしんそくルカリオを仕上げてきた。
    • 全体オーダー・本間ひまわり、および全員の声掛けで勝ち進む。

      大会結果 ※ネタバレ注意

      • 初戦  対Bチーム 2-0 勝利
        • 「サーナイトえぐいって、サーナイト特にちょっとえぐすぎるって、あれまじえぐいってサーナイト、ダメージやばいってビビったって」
      • 準決勝 対Dチーム 2-1 勝利
        • 「味方強かった、あったかすぎ。集中しすぎて試合の記憶ないもん。」
        • この対戦後にOBS直見でやっているという事実が明かされた。(現在は直っている)
      • 決勝  対Gチーム 0-2 敗北
        • 敵が7人いるかのように見えたわ、それだけ言っとく。そんぐらい強かった。」
      • トーナメントが進むにつれ声出しもヒートアップしていき、決勝戦ではローレンはオーダーをのっとっていた。AチームだけAPEX大会の最終安置かのようである
        • 試合後に「何でお前がオーダーしとる。勝ちたくなってもたな。」と語っている。
      • チャット欄や対戦したチームではローレンのルカリオが強いと話題に登り、決勝ではストレート負けするも相手から「前衛が上手い、圧がある」と褒められている。
    • 大会後に配信された振り返り雑談ではアーカイブを見ながら自分にツッコミを入れていくガチの反省会が行われ、ローレン・イロアスがローレン・イロアスアンチとなった。
  • 2021年9月16日~9月26日、ARKのにじ鯖にて新マップが解禁されたのをきっかけに、アクシアと共に参入する。配信前にも既に合流して楽しんでいたようだが、突然光の速さで恐竜に連れ去られた
    • 初心者ながら二人で資材を集めつつ川沿いに拠点を造り、プテラノドンやワイバーンなどの恐竜も順調にテイムしていった。その最中、アロサウルスなどの肉食動物に襲われまくったことで死んではリスポーンを繰り返す羽目になる。そこへやってきた天宮が敵を一掃したため、周囲は安全地帯になった…が?
      • 貸し1なー?
        「アッ…?エ……?」
    • ARKにどっぷり浸かった二人の目の前に、極めてレアな「TEKケツァルコアトルス」が突然姿を表し、二人はこれのテイムを目標として奔走することになった。

      TEKケツァル発見~テイムチャレンジまでの道のり

      • ワイバーンを飛行手段として、アクシアが操縦/ローレンが射撃といった役割分担をし、TEKケツァルを昏睡→テイムする作戦。
        • 1回目:168レベルという、いきなりの高レベル個体をローレンが発見。クロスボウと弓矢で昏睡させようとひたすら撃ち込むが、矢が足りず撤退する。
        • 2回目:1回目とは別個体ではあるがこちらもローレンが発見(一度見かけては見失った個体をもう一度見つける)。レベルこそ低いものの、17時からメンテナンスが迫っていたこともあり作戦を進める。順調に麻酔矢を撃っていき、TEKケツァルもスタックしたことで運も味方したように思われた。しかし、テイムに必要な肉が足りなかったことに加えて二人とも肉食動物に襲われ、メンテナンス直後に拠点からのリスポーンとなってしまう。ワイバーンはTEKケツァルが眠った現地付近に待機させてきており、最終的には昏睡値が切れたTEKケツァルも立ち去ってしまった。
        • 3回目:1、2回目とも異なる156レベルの好個体。配信を3枠目に移して、入念に対策を練った上での戦いとなる。時間制限なし・備蓄たっぷりの二人は今度こそ捕らえようと奮闘するが…画面上部に現れたのは無情にもキルログ、そして地面に落ちたのはTEKケツァルの死体であった。
        • 3回のテイム失敗に意気消沈しかけた二人だが、ひとまず気分転換としてティラノを飼うことを決める。いざおびき出そうとするがローレン自身が岩場の隙間でスタックし、それは一緒に転がり落ちたヒエノドンを0ダメージのまま素手で殴り倒してしまえるほどだった。ティラノは大きさから入ってこれず、威嚇で吠えつつも高みの見物を決め込むほかなかったようである。二人はティラノを諦め、代わりにアロサウルスの『世界陸上』(名付け親はローレン)を迎え入れた。
    • 上記のTEKケツァルとの戦いも含めスローンズのARK配信時間は約28時間であり、初めてのARK生活とはいえドラマが多く非常に充実したものだった。またTEKケツァル自体はレア度がとてつもなく高いもので、そもそもマップ上にケツァルコアトルスは3体しか湧かないという制限があるだけでなく、そこからさらに5%の確率でTEK個体がスポーンすると言われる。それを2,3枠目の中でも8時間半弱で3体ものTEKケツァルコアトルスを見つけた二人は間違いなく豪運の持ち主である。
    • 苦い思い出を封印しつつ、ロックドレイクの孵化作業やギガノト探しなど幅広く手を付けていく。TEKケツァル?何のことだか
    • 満を持した海底洞窟探検でも出口をアルファ・モササウルス(海中版ティラノのようなもの)に塞がれるカワウソを巻き込んでの死などハプニングが絶えなかった。
    • 突如、本間ひまわりからTEKケツァルの目撃情報と座標がチャットにて伝えられる。恐縮しつつもテイムをしようと思案するローレンだったが、続いてひまわりはロックエレメントとの交換を条件として提示した。ロックエレメントやそのテイム方法から今の自分にはとても無理だと伝えるも(大砲等はエングラムポイントが足らず作成すらできなかった)、ひまわりからの謎の圧により「本間甲斐な」の二人が作成した罠のある砂漠に向かうことに。
    • 元々の目標のひとつであったギガノトテイムチャレンジにて、重宝していたグリフィン『機動歩兵部隊「スローンズ」のパイロット。稼いだ金は貧しい人のために使っていて、常に金欠。』(通称「稼いだ金」。相方の公式説明文そのまんまである)を失ってしまう。その後新しいグリフィンをテイムした際、流れるように「稼いだ金」の名前をコピペして第二の「稼いだ金」として接するようになった。ちなみに前の個体とは毛色が異なり赤みがかっている。
  • 2021年9月30日、【ARK】大変申し訳ありません各地に散らばったワイバーンを回収させいてただきます【にじさんじ/ローレン・イロアス】
    • タイトル通りワイバーン回収の旅にて懐かしのアイツらと再会である。

2021年10月

  • 2021年10月9日、NIJISANJI KRのハ・ユンとコラボしてAPEXをプレイ。同期以外では初のサシコラボとなった。
  • APEX配信では、味方がダウンしてから抜けたり、バグでフルパーティを組めないなどして1人のまま試合が進むことが多い。そしてこの状況がいつの間にか「ソローレン」と呼ばれるようになった。
  • 2021年10月10日、『ARK: Survival Evolved』にてクリスタルワイバーンクイーンβ討伐コラボ。
  • 2021年10月12日、スローンズとユンのコラボにて初のフルパAPEXを達成。ソローレン脱却である。と思われたが…
  • 2021年10月14日、初の歌動画『フォニイ / Covered by ローレン・イロアス』を公開。
    • 「色んなねやっぱね意見あると思いますけどやっぱちょっとあのね、あの~…聞いてくださってありがとうございますほんと」(翌日の雑談配信より)
  • 2021年10月15日、初配信ぶりのマシュマロ雑談。クソマロさばきのテンポの良さは想像通り。(通常マシュマロは設置されていません)
    • 途中自身の座り方の図解をしだすがリスナー困惑の事態に陥った。
  • 2021年10月17日、チャンネル登録者数20万人到達
  • 2021年10月18日、『Papers, Please』で予想通りガラの悪い少々荒っぽいながらも人情味あふれる審査官の姿を見せる。序盤に起こった珍事は見どころ。
  • 2021年10月25日、『PUBG』配信にてかつてやり込んでいた通りの腕前を見せる。なおこの日のサムネは本人の手描きによる実に味わい深いものとなっている。
  • 2021年10月26日、Vaultroom主催のVaultroomCommunityCustom(通称VCC)のPUBGカスタムにteam6のメンバーとして初参加。チームメンバーはプロゲーミングチームCrazyRaccoon所属のストリーマーVanilla氏、Francisco氏の二人や元プロゲーマーでKNRに参加しているBobSappAim氏など猛者に囲まれた中様々な場面でIGL なかばメンバーにヨイショされて としての手腕を見せる。
    • 配信が開始したときにはすでにメンバーとの空気はよく、終始(ロレ虐成分が多めな)コントが楽しめる。トーク、プレイ共に全編見どころである。
    • 前日に配信していたソロのPUBGでもローレンの強さやスーパープレイ他いつものトークの切れ味が見れるのでこちらも必聴。
    • 他チーム視点でもローレンのプレイング及びチーム全体としての強さが高く評価されていた。
      • 渋谷ハル氏からは屋根上の悪魔と呼ばれた。

        リザルト ※ネタバレ注意

        • 各人の隣の数字はキル数
        • 1戦目 2位(ローレン0/Vanilla2/Francisco2/BobSappAim10)
        • 2戦目 7位(ローレン4/Vanilla0/Francisco0/BobSappAim1)
        • 3戦目 1位(ローレン5/Vanilla2/Francisco2/BobSappAim5)
        • 4戦目 1位(ローレン3/Vanilla3/Francisco4/BobSappAim6)
        • 5戦目 13位(Vanilla0/BobSappAim0) 14位(ローレン0/Francisco0)
          • なおオマケの5戦目であるがteam6は強すぎるという理由で2分割されている。
          • 3戦目後のインタビューでのまた来ます」という約束通り2連ドンをきめインタビューへ舞い戻った。
  • 2021年10月27日、ふらんしすこ一ノ瀬うるはとのAPEXコラボで息の合ったいじり合いヨイショし合いや数々の小ネタを見せた。うるさすぎる2戦目は特に必見。
  • 2021年10月31日、エデン組ハロウィンコラボにて『Dead by Daylight』をプレイ。

2021年11月

  • 2021年11月2日、なんと2か月以上ぶりの『龍が如く7』配信が行われ無事クリアまで完走した。誰もが完結するとは思っていなかった
    • レベルや所持金が足りないため行き詰まり、この先は配信外でレベル上げ等の作業をしてからと言い残し2021年8月20日を最後に放置温存されていたもの。
      • 「再生リスト作った事によって俺が如く全部やってないの浮き彫りになったから完全に。これはやらんといけん。俺が始めた物語だから俺が終止符を打たんと。
    • 一年後の君へ。
  • 2021年11月3日、エデン組オリジナルスイーツプレゼン。同期それぞれの個性豊かなスイーツの絵やローレンのパッションゴリ押しが見れる。
    • レオス・ヴィンセントのチャンネルでのみの配信だったため他4人のアーカイブには残っていない。こちらで見られる。
    • ちなみに始まる1時間前までソロでAPEX配信をしており、風呂&メシを悠長に終えたあと顔を出したら他のメンバーはすでに1時間前に集まっていた。しかも皆にAPEXを見られていた。(このエピソードはコラボ終盤の感想タイムにて語られている)
      • そのためローレンのみリハなしぶっつけ本番の即興である。
  • 2021年11月7日、『マリオパーティー』の新作をプレイしようと枠を立てる。しかし異様なまでの『@3』の圧がサムネと概要欄から滲み出ていた。

    来たメンバー

    • まず1人目としてオリバーが参加。バイオ耐久の後ではあるが、仕事の息抜きも兼ねて参加を決めた模様。サムネ見てさ…フリかなぁって思ったんだよ
    • 2人目にはアクシアが参加。ローレンからすれば、アクシアが来るのはほぼ予想できていたらしい。
    • 3人目に誰か来る…と思いきや、ゲーム内参加者の枠に突然「レオス」の文字が。スプラトゥーンのソロ練習とダークソウルの合間に参加したかったようだが、勝った時のみDiscordでとんでもない音圧を伴って煽って来るなど同期特有のムーヴをしてみせた。なおダクソは30分遅れて開始した。
    • 実質、エデン組男子勢の突発コラボである。
  • 2021年11月10日、配信中に『フォニイ / Covered by ローレン・イロアス』再生回数100万回を突破。APEXをしながら時折フォニイを口ずさむ。
    • 壊した喉がまだ本調子に戻らない為通常とは違った発声をしており、少し珍しい声を聴ける貴重な枠。(結局叫んでしまっているが)
      • 「喋り方キモすぎん?」
    • 新キャラアッシュでダブハンを取得。年内に1曲年始に1曲歌ってみた動画を公開予定とのお知らせも行われた。
  • スプラ大会に出なかった理由は、スプラはその時やりたいなという感じじゃなかったからその状況で無理して練習しても楽しくないしでも練習しないと絶対迷惑になっちゃうし中途半端では出たくないからとの事。詳しくはこちら。
  • 2021年11月11日、【APEX】とりあえずプラチナ行くど~~~グッズ出ます!【ローレン・イロアス/にじさんじ】の冒頭にて翌日発売のグッズについてふれた。
    • 「これやばくね?これさすがにやばくねこの鍵…この鍵さすがにやべーかなって思って…画像送ってマネージャーに」
    • マネージャーに画像を送ったのちにガチでこのまんまの反応が返ってきたそう。
      • こちらがそのやばい鍵。他にもたくさん描いたけど選ばれたのはこれであった。
      • マウスでほぼほぼ一筆書き。
    • この日のAPEXはゴールド1からプラチナ3に上がったところで終了。今シーズンはダイヤまではさすがにいく、ぐだらなかったらマスターまでやりたい。
  • 2021年11月12日、リスナー参加型マリパをするも先輩の3Dお披露目が1時間後に予定されていたため常時巻きでの進行になった。
    • スタンプでの煽り合いからラストはいつもの芸へ。無事1時間で配信を終えたのであった。
  • 2021年11月14日、エリザベス女王杯の同時視聴を行った(サムネは本人の手描き。描かれている馬は本人曰くアカイトリノムスメ)。初競馬でありながら、計6万100円(単勝5万+3連単1万+単勝100円)を賭ける。

    賭ける馬を決めるまでとレースの行方

    • レイパパレが「今日…走んなきゃダメですか…」という目をしていたので候補から外れる。最終的に調子が良さそうなアカイトリノムスメ(3番)に決め、レースを見守ることに。
    • レースは序盤から白熱し、特にシャムロックヒル(7番)が先頭をキープしたまま最終コーナーまで持っていく。しかしゴール間際にアカイイト(16番)が飛び出し、単勝人気上位であった3頭(レイパパレ、アカイトリノムスメ、ウインマリリン)がいずれも下位、そしてアカイイトが勝利。結果大荒れとなり、ローレンも荒れ台パンで配信が終わる。
    • 本日のエリザベス女王杯について。
  • 2021年11月18日、Cooking Simulator
    • ガスボンベを火にかけたり再利用した肉を「新鮮な肉」と言って使ったり、回数を重ねる度に暴走するローレンを見ることができる。
  • 2021年11月19日~ 『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド』
    • サムネ作成に時間が割けなかったので作ってもらったが、相手にダイヤモンドをやると伝えていなかった為『シャイニングパール』を想定したサムネが送られてきた

      配信内容

      • 相棒にポッチャマを選択しさっそく旅を始める。存在を忘れられやすいライバルの「だれやねん」と切磋琢磨しながらストーリーを進めていく。途中コダックの気持ちを読み取ろうと鳴き声を真似たものの、クオリティがリアルでかなり怖い。またフタバタウンの名前を言うとタがなぜか一個多くなる。フタバタタウン
      • 第2回の配信開始時、開始していないことに気づかずしばらくしゃべり続けていた。「急に(コメントの)みんなポケモンに対して無知になったんやなって…」
      • 時に地下通路で化石掘りやラルトス探しに勤しみ、時にジム内部の謎解きに苦戦しながらもジムバッジを集め、ポケモンリーグにも挑戦。四天王4人やチャンピオンに非常に苦戦するが、ローレンが特に好きだと語ったある技で局面を有利にすることも多く、無事殿堂入りを果たす
      • ちなみにパーティのほとんどが地面タイプに弱く(エンペルト、レントラー、ギャロップ、ディアルガ)、「じしん」などが軽くトラウマになりそうであった。
      • エンドロール鑑賞時、記憶にない映像ばかりが流れるため的確にツッコミを入れていた。そして歩く主人公のムービーになぜか競馬実況を当てはめたりした。

      語録

      • 「玉ねぎくん来た!(アサナン)アサナンデス!」お昼の番組
      • 「なんかあってほしいよな『はねる』に。99.99999%何も起こんないけど0.00001%の可能性あって即死みたいな。ロマンくれ」
      • 「お!消しゴムみたいなやつ来た(ヌオー)」
      • 「ルリリ!…どっちがルリリ??」*24
      • 「あ、ヒンバス魚なの?ほうきポケモンかと思った」*25
      • 「除夜の鐘!?(ドータクン)」
      • 「(ユキワラシの動きが)ビクビクしてるのかわいくない?
    • 殿堂入り後、ストーリーの中継地点でもあるシンオウの図鑑埋めに奔走。伝説や幻のポケモンを除き、最後まで空白だったのはまさかの…
    • 図鑑への登録を兼ねつつ幻のポケモンを捕まえるため周到に準備して臨むが、ユクシー戦は30分ほど粘ってゲット、アグノム戦はユクシーの逆を行くように30秒足らずで完封勝利、エムリット戦に至っては逃げ対策のゴルバットを沈められ、捕まえることができないまま配信が終了した(配信後に予定があったと語っていたため)。また予定にはなかったクレセリアをエムリット用の作戦を流用してゲットしている。途中操作ミスで逃げたり何かが現れた気もするがすべてトリックなのでご心配なく。ホワイトチョコ3150!!
  • 2021年11月25日、約2か月振りのVALORANT配信。
    • 【VALORANT】大会までばろやる!!!【ローレン・イロアス/にじさんじ】(訳:今晩VCC VALORANTを見るのでそれまでヴァロやる)という紛らわしいタイトルであった為何度も大会出るの?等聞かれる事となった。
    • 「え?プロ?」(本日のスーパープレイの内の一つ)
  • 2021年11月26日、2曲目の歌動画『神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス』を公開。
  • 同11月26日、黛灰Elira PendoraPetra Gurinと共に『マリオパーティースーパースターズ』をプレイ。ローレンにとってはENのライバーとの初コラボとなる。
    • ステージ選択の際にイジられたり、物真似で擦られたり、同じチーム内で仲間割れをしたり…とかなりのわちゃわちゃ具合。ロレ虐(芸人)とペト虐(不運)のオンパレードでもある。
      先輩たち下がっといてください、俺行きます(失敗)あぁぁぁぁぁ!!!!」
      「え、ローレンさん?説明してください」
      「正式にもう、4枚くらいの、あのー、FAXでちゃんと謝罪文を送らせていただきます大変申し訳ありませんでした。」
  • 2021年11月27日 『ARK: Survival Evolved』でリベンジマッチコラボ。前回とは異なりクリスタルワイバーンクイーンα戦である。
    • ボス戦討伐メンバー:桜凛月/赤羽葉子/ソ・ナギ/イ・シウ/ローレン・イロアス/アクシア・クローネ
    • 前回を踏まえ今回はガチガチの準備万端状態での挑戦となった。その甲斐あり「これγじゃないっすか」などのイキり発言が出たり、スタックしそうになって逝くかと思われたが無事復帰しそのメンタルの振れ具合から「情緒やば」と引かれ褒められたりと時間的にも精神的にも余裕をもっての勝利となった。
    • これにて長きに渡った「ARK クリスタルアイルズ編」が完結した。
    • そしてなごやかに解散と思いきや… 「(ボカッ)」「(ザクッ)」
  • 2021年11月28日、ジャパンカップの同時視聴を行った。
    • 2回目の初競馬の同時視聴枠。
  • 同日配信中『神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス』が再生回数ハーフミリオンを達成。
  • 2021年11月30日、『7 days to die』コラボ。黛灰弦月藤士郎レオス・ヴィンセントとともに「ぼくらバ(ぼくらの七日間サイバル)」の一員として奮闘する。
    • 22時から配信予定だったが、黛のPC不調と彼の復帰待機により開始が遅れる。その間、黛以外の全員が自身のおすすめ曲を頻繁にツイートすることで場を繋いでいた
    • 黛が時に厳しい師匠になったり叶に小籠包のとある小話をバラされたり、はたまた歌みたを擦られたりといじられキャラが定着した配信でもあった。
    • FPS好きの血が騒ぎ、叶とたびたびLoLごっこをして新規アイテムを見つけては年甲斐もなくはしゃぎまくった。
      「オーホホホホ↑www」「修学旅行生いる…」
    • 黛がたびたび自身の服装を見せつけてくるためファッションチェックを余儀なくされた(リンク先の回では「初心を忘れてる」と評され黛が凹んでしまった)。
    • ゲーム内の時間の流れを遅く設定していたこともあり長時間になることが予想されたため、七日間の決戦は次回に持ち越されることとなった。

2021年12月

  • 2021年12月1日、『神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス』が再生回数100万回を突破。
  • 同日、約束されていた例の配信【雑談】歌    の    人【ローレン・イロアス/にじさんじ】が行われた。
    • セットリスト:100万再生の感想、ボイスドラマCDについて、前日のコラボの感想、マシュマロ、他
    • 「俺言ってないよ歌枠するとは。歌の人って名前で枠取るねっていう話しただけよ」
  • 2021年12月3日、『深夜廻』をプレイ。夜廻シリーズの最新の規約に従い、スーパーチャットを切って配信を行った。
    • 今回は40分だけプレイするということで始めた。結局配信自体の時間は50分と少しになった。
  • 2021年12月4日、深夜廻を昨日の続きからプレイ。クリアまで一気に行い、約6時間の配信となった。
    • ストーリーを非常に気に入ったようで、後日今まで遊んだゲームで一番楽しかった作品として『深夜廻』を挙げている。
  • 2021年12月6日、渋谷ハル氏、白雪レイド氏とのコラボでAPEXをプレイ。配信開始後一分ほどミュートをかます新人らしさを見せつける。(なお渋谷ハル氏に『にじさんじの教育システムどうなってんだ』とツッコまれた)
    • 話題がループしたりいじり合ったりと終始騒がしくコントプレイする様は必見。なお惜しいところまではいったものの、一度もチャンピオンをとれなかったためリベンジを誓いつつ解散した。
  • 2021年12月9日、収録後の夜、ヤニ仲間であるレオス・ヴィンセントとのツイキャスオフコラボ(1枠目2枠目)が行われた。これが初のサシでのコラボとなる。
    • 7 days to dieコラボの感想や蛇口事件、youtubeの履歴事件など全編聞き所である。
  • 2021年12月10日、『神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス』が再生回数200万回を突破。
  • 同日、12月12日に行われるアモアス部1周年記念第3回APEXカスタムの顔合わせコラボが配信された。
    • 赤髪のとも氏ぼんじゅうる氏とは初対面ながらも3人共に終始ノリのいいカジュアルマッチで特にぼんじゅうる氏とはしばしばいじり合いが発生した。
    • 開始数十秒程度いつものミュート芸を発揮している&配信開始タイミングにずれがあるので全て聞きたい方はぼんじゅうる氏視点から。
  • 同日、【第4回マリカにじさんじ杯】説明&抽選会にて剣持刀也主催「第4回マリカにじさんじ杯」の団体戦及び個人戦に出場する事が発表された。
  • 2021年12月11日、前日に引き続き赤髪のとも氏、ぼんじゅうる氏と共に12日のカスタムに向けての練習配信。
  • 同日、『Among Us』の大規模コラボ(タグは#エデンとアソボウ)。
  • 2021年12月12日、アモアス部1周年記念第3回APEXカスタム赤髪のとも氏(リーダー)、ぼんじゅうる氏と共にteam2のメンバーとして参加した。これが初のAPEXカスタムへの出場である。
    • 真剣ながらも練習コラボに引き続きノリのよいユーモラスな雰囲気となり見どころも多々となった。

      リザルト

      • 第1試合:ストームポイント 20位
      • 第2試合:ストームポイント 18位
      • 第3試合:ワールズエッジ   7位
      • 第4試合:ワールズエッジ   2位
      • 総合順位:11位
      • 初のカスタムという事で慣れていないながらも戦闘が進む中カスタム独特の試合運びを覚えていき尻上がりの順位となった。全チームの総合順位はこちら。
      • 伝説になったぼん氏の神ウルトお肉の抽選会で大いに盛り上がり、カスタム終了後は3人でカジュアルマッチへと赴きチャンピオンを獲得した。
    • 「終始ね空気よくやれたのがマジでよかった。ずっと楽しくやれたから俺」
    • 解散後の雑談では12/9のヤニキャスのこぼれ話などを語っている。
  • 2021年12月13日、待望のワイプが到来した『Escape from Tarkov』を配信。
    • バージョン0.12.6、0.12.9をプレイしており0.12.9ではLV58位まで上げKappaコンテナ・全カードキーを取得。
    • マッチ待機中は解説や雑談などをしで過ごし戦場に出れば悲鳴や断末魔があふれる配信となった。
    • この日はLV15でのフリーマーケット開放を目指していたがサーバーダウンに見舞われLV7で終了。
  • 2021年12月14日、引き続きフリマ開放を目指して『Escape from Tarkov』を配信。
    • 前日の配信終了後にサーバーが復帰しプレイし続けておりLV11からのスタート。
    • 開幕、「こっから15にするのに8時間位かかりそう」と語っており実際この配信のアーカイブは8時間17分である。
    • 終盤この日有数の絶叫(※音量注意)を放ちタルコフズハイに突入するも束の間LV15に到達。無事フリーマーケットを開放した。
      • この叫び声を「モブが死ぬときの声」と表現している。ちなみにこの時朝5時過ぎであった。
  • 2021年12月15日、2021/8/27のスローンズ杯(ローレンの枠はなし。こちらから。)ぶりのマリカ配信。
    • 「第4回マリカにじさんじ杯」に向けての練習開始である。開幕アクセルがどのボタンかも忘れておりリスナーの嘘を信じてしまう姿が。
  • 2021年12月16日、弦月藤士郎レオス・ヴィンセントと突発のAPEXコラボ。
  • 2021年12月17日、「VCC MINECRAFT」にTEAM Eのメンバーとして参加。
    • TEAM E:よしなまVanilLaカワセソバルトふらんしすこ、ローレン・イロアス
    • この日の同時刻に先輩の3Dお披露目が行われており開始からしばらくはメンバー限定での配信となった為ローレンのチャンネルで公開されているアーカイブは途中からのものである。全ての視聴はライブ配信(アーカイブ)一覧の他の方の視点から。
    • 努力せずに楽をしたいというメンバーの意向から敵チームを襲撃して回りアイテムを強奪するという実に治安の悪い方向性のチームと化した。またPUBGAPEXに引き続きふらんしすこ氏とのプロレスも健在で二人の間も治安が悪い事態に。「今日で出禁かぁVCC」
      • 最初の襲撃では止まらないキルログから他チームによってキル数をカウントされ「tondemonai team imasuyo」というチャットが流れた。
    • 常時わちゃわちゃながらも結果は2位の健闘を見せ、1位は一番最初に襲撃し壊滅させたと思われていたDチームであった。
  • 2021年12月18日、「第4回マリオカートにじさんじ杯」の前夜祭である団体戦にCチーム「神速RTA」メンバーで出場。
    • 機材の不調によりローレンの配信枠は無し。各メンバーの視点から様子を伺うことができる。メンバー視点(魔界ノりりむ安土桃白雪巴北小路ヒスイ
    • 出番までの待ち時間に行われたチーム練習ではとの煽り合いが頻発し、先に1位を取った方が勝ちという勝負が始まったが他のメンバーのプレイが上手く中々決着が付かない状態となり女性陣からさらにえぐい煽りを受ける様子も見られた。
    • 大会の詳細はこちら「第4回マリカにじさんじ杯まとめ
  • 2021年12月19日、「第4回マリオカートにじさんじ杯」個人戦予選Dリーグに出場。
    • マリカ練習のため睡眠時間が取れず本番前1時間半睡眠の寝起き状態であり、ベビィパークをヨッシーバレーと呼び続けるなどのフワフワ状態の中その眠気が逆に功を奏し緊張もなく4戦走り切り予選を通過した。
    • さらに集合前の起床直後キーボードがきかず急遽最奥に眠る古いキーボードを取り出したり、本番5分前にキャプチャーボードのバグが再発し全体視点への画面共有ができない事故が起こっていた。
    • 予選通過後のインタビューでは盛大に滑り爪痕ならぬ傷跡を残している。
      • 「どうぶつの森のマップの雪ぐらい滑ったけど…」
    • 選手紹介や詳しいレース結果はこちらの「第4回マリカにじさんじ杯まとめ」へ。
  • ローレンのMiiについては「大分見えてる物が違う」「本人のMii作る力が低すぎる」等の評価を受けた。
  • 2021年12月20日、『Battlefield 2042』の案件配信を行う。
    • 最近ではなかなか言わなくなった「ワッサー!」を聞く事ができる。
  • 2021年12月21日、マリカ練習配信を10時間ほど行う。同時に第4回マリカにじさんじ杯の本戦抽選会が行われており、猛者揃いのAリーグに決定した事で配信中にタイトルを「365日後に優勝するマリカ練習配信」から「とんでもねえとこに放り込まれちまったみたいだな」へと変更した。
    • 途中現れたレート25000を超える猛者リスナー(ローレンはアニキと呼ぶ)によるコーチングを受けつつこの日はレート3000まで上げて終了。
  • 同日、【第4回マリカにじさんじ杯】本戦大会説明&抽選会にて「第4回マリカにじさんじ杯」本戦Aリーグへの出場が決定した。
  • 2021年12月22日、『神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス』が再生回数300万回を突破。
  • 同日、視聴者参加型マリカ練習配信を行う。…と突如としてあの人が現れる。
    • 「ちょっとだけ勝って気持ちよく寝ようと思ったのに」
    • 「させねえよな?とんでもねえとこに足突っ込んじまったナァ!」
    • アクシアとツワモノのリスナー達に揉まれたのちオールで収録へと旅立った。
  • 2021年12月24日、アクシア・クローネのチャンネルにてスローンズ雑談配信。
    • ツイキャスでは雑談にしても雑過ぎる(ローレン談)だった為「ちゃんとした」雑談コラボは初となった。
    • 各自の服の好みや初詣フェチなど二人のオフに関する話やこれからやりたい事まで話題は様々な範囲に及んだ。全編聞きどころである。
  • 同日、西園チグサ3Dお披露目配信にて、「夢の中でおめでとうを言ってくれた人」の一員で音声のみ参加。
  • 2021年12月25日、アクシア・クローネレオス・ヴィンセントと共に『白夜極光』のリレー配信に参加。
    • まだ見ぬ「女王(新キャラクターであるベツレヘム)」をアクシア、ローレンのわがままな妄想の下レオスが描き起こしていく。が、明らかにトロールしている人物が一名見受けられる。
    • その後はワチャワチャ三者三様入れ替わり立ち替わりのアテレコが行われ戦闘では相性を無視し好きなキャラをパーティに編成して無事クリアするも時間調整に失敗しガチャはラスト滑り込みの1回のみとなった。
    • 配信後のガチャ結果はこちら。
  • 同日、アクシア・クローネレオス・ヴィンセントと共に翌日のマリカ杯に向けて視聴者参加型練習配信を行った。
    • いつもの音圧と音圧と音圧ながらも真面目に技術を磨いている…と思いきやだんだんと空気が怪しくなり結局治安がエデンとなってしまった。
      • おい雑魚ォ!!」がレオスのツボに入ったり物理的なパワハラに喜んでしまう(?)アクシアの姿が。そしてこの頃から後の展開への兆候が見え始める。
        「ごめんなさい足引っ張ってぇ」「クビにしないでくださぁい」「おいマジ頼むよしっかりしろって~足引っ張んなオラァ!」
    • 終盤の休憩タイム後の初戦が3人のみだった事をきっかけに順位による格付けが始まり、これ以降レースごとに決まる序列が絶対である縦社会と化した。
      • 圧出しに慣れていない感を出すが割と手もすぐ出るアクシア、先輩のターンでは指示厨を醸し出してしまうレオス、先輩では手慣れすぎて最早チンピラ下っ端ではファンボと化すローレンなど多彩な先輩後輩達、順位決定からの変わり身の早さは見事である。
      • レオスのターンに誕生した速く前を(に)出る」及びそのキャラクター(ネオクッパシティで前輪が外れてそのまま奈落の底に散ったとある科学者)はローレン先輩とアクシア先輩によって語り継がれていった。
        そしてこの教えは遂には翌日のアクシア(【マリオカート8DX】前に出る【アクシア・クローネ/にじさんじ】)へと継承される事になる。
      • 強者の二人を相手になかなか序列1位になれないローレンであったが下剋上を果たす時が到来し満を持してその本領を発揮した。1回目2回目
        (あいさつを大切にし手がすぐ出るが常にパーの礼節と優しさを兼ね備えた先輩である。のはずである。)
      • ラストレースでは気合いの勝ち逃げを見せこの配信を終えた。「先輩で終わるのがいっちゃん気持ちいい」
  • 2021年12月26日、「第4回マリオカートにじさんじ杯」個人戦本戦準々決勝Aリーグに出場。
    • 主催剣持刀也による選手紹介「マリカの才能100点!練習量100点!自分に似せたMiiを作る技術2点!機動力なら他の追随を許さない!初参戦にしていまだ勢い劣らず!楽園の警備部隊ローレン・イロアス」
      • 何の因果か12/16に行われたAPEXコラボにてチームの強さを問われた際に放った「2点」がブーメランとなって戻ってきた。
      • 「これで2点貰えるの優しすぎない?」「逆にこのMiiでいくメンタルに2点貰えたのかもしれん俺」

        以下大会結果

        準々決勝Aリーグ:6位通過

        • 待機画面の大喜利ではこの日行われていた有馬記念のハズレ馬券を使用。ちなみに有馬記念についての昼間のツイートはこちら。
        • 2戦目ではコースがビッグブルーに決定した際に「ここまじやらかすよ~俺」と予言した通り4回落下してしまい9位、3戦目10位と不穏な空気が漂うも4戦目で3位の快走を見せ総合6位に滑り込み無事準決勝へと進出した。
        • 「聞いたことねえぞビッグブルー4回落ちて勝つ奴」(そしてこの後のツイートでは)

        準決勝Bリーグ:9位敗退

        • 同じく準決勝に駒を進めていたアクシア・クローネレオス・ヴィンセントと同リーグとなり同期対決へ。
        • 2戦目でキャプチャーボードがバグり音なしの状態で走る事故が起こってしまう。準々決勝に引き続き魔の2戦目である。
        • 今までの数多の練習の集大成。さすが準決勝ライバル達のレベルも更に上がり力を出し切るも及ばず総合9位での敗退となった。
        • 「マジで速ぇ前が速すぎる」「365日後優勝します」
        • エデン組では唯一決勝へと進出したアクシアに望みを託し初出場のマリカ杯は幕を閉じた。

        その他詳細な大会情報はこちらの「第4回マリカにじさんじ杯まとめ」へ。

    • マリカ杯の感想を後日(12/29)【雑談】色々あったから年越し前に振り返り【ローレン・イロアス/にじさんじ】にて語っている。
  • 2021年12月28日、【#NNOP2022】にじさんじポーカー大会説明会【にじさんじ/エクス・アルビオ/叶】にてにじさんじポーカー大会「NIJISANJI NEW YEAR CUP OF POKER 2022」に出場する事が発表された。
  • 同日、ボイスドラマCD「常闇のクライノート ~Episode1 The Beginning~」公式PVが公開された。
  • 2021年12月29日、【雑談】色々あったから年越し前に振り返り【ローレン・イロアス/にじさんじ】を配信。自身のツイッターを遡りつつ2021年を振り返っていったが脱線につぐ脱線で気付けばただの雑談になってしまった。
    • 話題はボイスドラマCDのタイトルコールについて、神っぽいないついて、ゲームに関する事、父親のエピソード、レオスのマリカ杯、好きな方言について、ミスド、一人黒バスごっこ、エデン組などなど。
  • 2021年12月30日、にじさんじポーカー大会「NNOP2022」に向け『ポーカーチェイス』配信。
    • ビギナーランクからの出発である。
    • 途中最下位退出からのヤケでオールイン芸人になるも気を取り直した真面目ポーカーで1位獲得、大量のランクポイントをゲットしブロンズにランクアップ。STAGEⅡ(ここから6人対戦)へ挑みボコボコにされるも心理戦の腕は上がったようだ。
      • リアルでポーカーをした際に実際にオールインしまくったそうでとても嫌がられたらしい。
  • 2021年12月31日、深夜、前日夜から続いていた年末凸待ちスペシャル | 人生初めての凸待ち!!!【にじさんじ/叶】に凸者として現れた。ちなみにこれが凸待ちへの初めての凸である。
    • 用意されていた会話デッキのおすすめの曲で叶の歌みたを羅列し「エンヴィーベイビー」いじりをするも、「常闇のクライノート」のPVボイスいじりからの更にボイスを実際に流すというカウンターをくらった。
      • 他小籠包についての懺悔、常闇のクライノート収録時のエピソードなど。
    • 冒頭に張られた伏線は無事回収された。
  • 同日、竜胆尊主催にじさんじユニット歌謡祭2021後半開演前の影ナレーションをスローンズ担当した。

2022年

1月~6月

2022年1月

  • 2022年1月1日、スローンズオフコラボ配信【雑談/#THRONEZ】福袋ガチャ【アクシア・クローネ/にじさんじ】にて福袋の開封を行った。
    • 二人であるアニメの映画を見てきておりたびたびネタが織り交ぜられている。
    • 開けたのはヴィレッジヴァンガードの福袋。当初2つ購入する予定であったが福袋戦争に負けた為1つのみとなった。
  • 2022年1月2日、NIJISANJI NEW YEAR CUP OF POKER 2022に出場。
  • 2022年1月3日、【雀魂】新春!にじさんじ麻雀杯2022 企画説明&抽選会【#にじさんじ麻雀杯】にて新春!にじさんじ麻雀杯2022に出場する事が発表された。
  • 2022年1月4日、新春!にじさんじ麻雀杯2022に向け視聴者参加型『雀魂 -じゃんたま-』配信を行う。
    • 配信中に「肉球」(アカウント名の後ろに付く肉球形の認証マーク。正式にはにくきゅうま~く)を獲得。
    • イーシャンをきっかけに始まったリスナーとの大喜利では守備範囲の広さも見せた。
    • 三色同順を決め三色おじさん(麻雀配信に現れる三色にこだわった指示をする人達の事)大歓喜の場面も。
  • 2022年1月5日、大会に向け郡道美玲西園チグサレイン・パターソンとのコラボで『雀魂‐じゃんたま』をプレイ。
    • いじったと思った側からいじり返され虐り返したら虐られ更には飲んでいないのに酔っている人まで発生し最初から最後まで女性陣の勢いに揉まれまくったコラボとなった。
      • 特に郡道とは終始プロレスが絶えずローレンの雑マネが飛び出したりかっこつけを披露した際も「本家来た!」ととてもいじられ喜ばれたりと最早取っ組み合うのが基本となっている。
      • その果てには遂にライン越えを成し遂げるまでに至った。
      • 何の気なく放った「台風の中」「太鼓の達人するな」が何故か女性陣のツボに入りその壊れたテンションに動揺する姿も。
    • 西園、レインが離席し二人のみで気まずい中チャンネル登録にまつわる戦争が発生するも配信後にへと向かった。
      • 「キモすぎまじで。チャンネル登録外してもらっていいですか」「いや登録はしてねえっす」
    • 雀魂公式がローレンのチャット欄にのみ現れず思わず脅した拗ねたところ見事召喚に成功。がしかし「怖いにゃ」とおびえられてしまっていた。
      • ちなみにこのマイク芸の際も「本家」と喜ばれている。
  • 2022年1月7日、神っぽいな / Covered by ローレン・イロアスが再生回数400万回を突破。
  • 同日、エデン組オフコラボが行われた。
    • 『はぁって言うゲーム』(カードに書かれた表現通りにお題を読むカードゲーム)をプレイ。
    • かわいいから気持ち悪いまで各人のバラエティーに富んだセリフが聞ける貴重なコラボであり全編見どころである。そしていつも通りくそうるさい。
  • 2022年1月8日、新春!にじさんじ麻雀杯2022予選に出場。
    • グループN:夕陽リリ郡道美玲葉山舞鈴ローレン・イロアス
    • 1/5のコラボでもバチバチであった因縁の郡道美玲との殴り合いは今回も健在で対局後のインタビューまで引きずった。

      大会結果

      東1局 葉山34900 夕陽30000 ローレン30000 郡道25100
      東2局 葉山34900 夕陽31300 ローレン30000 郡道23800
      東3局 葉山36400 夕陽30600 ローレン29600 郡道23400
      東4局 葉山36400 夕陽33200 ローレン27000 郡道23400
      最終結果 1位:葉山舞鈴 36400 2位:夕陽リリ 33200 3位:ローレン・イロアス 27000 4位:郡道美玲 23400

      • オーラスこのまま流局になるかと思われた頃リーチした夕陽にローレンが振り込むが届かず、葉山が1位を維持し準決勝へと進んだ。
    • 「雀魂最高だなって事でほんとにねありがとうございました」
    • ルールや詳しい結果はこちらへ「新春!にじさんじ麻雀杯2022
  • 2022年1月10日、「第8回 Crazy Raccoon Cup Apex Legends」に出場する事が発表された。
    • チームメンバー: ローレン・イロアス、ボドカk4sen
  • 2022年1月12日、ボドカ氏、k4sen氏とCRカップの初顔合わせを行った。

    顔合わせの様子

    • 配信開始直後、視聴者の目に飛び込んできたのはAPEXではなく「Fall Guys」の待機画面。ボドカ氏曰く「APEXは役割決めなどで本気になりがちなため、親睦を深める手段としてFall Guysにした」という。親睦を深めるとしつつも、クラウンを取るまで終われない地獄と化す。賭けているレベルでプレイに口を出す2人に大爆笑する貴重なローレンを見ることができる。おばあちゃん
    • 配信開始から4時間弱で無事クラウンを獲得。そのまま配信が終わる……と思われていたが、ボドカ氏とk4sen氏は終わる雰囲気を見せないどころかローレンの配信の様子を窺っていた。ローレンも2人の会話を盗み聞きしつつ再びDiscordに参加。ささやかな空気読みの挙句、二次会APEXが行われた。
    • APEXでも「ハカ(ジブラルタルのエモートの通称)」を躍らせるハラスメント・ハカハラヴァルキリーの飛行にローレン1人だけ間に合わず何度もハブられる事故など、こちらも見どころが満載である。ローレンの深夜テンションは絶好調となり、眠気で壊れる2人を引きずって元気な様子でプレイを続けた。
    • チーム名はFall Guysプレイ中の迷言「えぐめのバナナ」「中世の拷問器具」を融合させた「えぐめの拷問器具」、略して「えぐもん」。タグは「#えぐもんWON」で、WINではないのはFall Guysで優勝したゆえの「(CRカップで)戦う前から勝った」という意味で過去形を用いたかったから(実際のところWONかWINかは本人たちも固定していないので、若干表記揺れの節がある)。
  • 2022年1月16日、「第8回 Crazy Raccoon Cup Apex Legends」本番。

    大会結果

    • 1R:7位、2R:19位、3R:16位、4R:7位、5R:20位。総合順位としては19位で、チームメンバーは反応に困っていた
    • 戦績こそは振るわなかったが、1戦目からクリプトのウルトによって周囲にいた敵すべて(画面で確認できるだけでも14人ほど)のアーマーを一斉に削り約600ダメージ稼いだほか、投げたグレネードや近接で3キルを達成した。
    • エンタメとしては申し分なかったのかチームは「おじじ賞」を受賞。1人につきホットドッグ100本(Fall Guysにホットドッグのスキンがある)が贈呈されると言われたが、ローレンはとにかく拒否する姿勢を見せていた。
      「え、いやもうホント…バッ、マジで要らないです」

    二次会以降の様子

  • 2022年1月18日、チャンネル登録者数25万人到達
  • 同日、弦月藤士郎と共に「にじさんじのハッピーアワー!!」に出演。*26
    • トーク企画:「それ、神っぽいな」「サム~いセリフ、あっためます!」 カラオケ企画:「にじカラ!」
  • 2022年1月19日、 レイン・パターソンの歌ってみた『シル・ヴ・プレジデント』エデン組男性陣でスペシャルサンクス(合いの手)として登場。
  • 2022年1月20日、『神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス』が再生回数500万回を突破。
    • 本人の反応はこちら。 「1000いったらいかついなマジで」
  • 2022年1月21日、想像以上に回線速度が雑魚なことが発覚。
  • 2022年1月26日、【VALORANT】コンペプラチナまでやる!!!
    • 1時間を超える長丁場の中、21-19で勝利を収める40ラウンドの激アツ試合が繰り広げられた。味方vcは白熱し、絆も芽生えていた模様。
  • 2022年1月28日、気になっていた「NEEDY GIRL OVERDOSE」をプレイ。
    • メンヘラ新人配信者「超てんちゃん」の彼氏(通称「ピ」)となり、1ヶ月で登録者数100万人を目指すというもの。ロレピとしてだけではなく、ロレPとしての腕前も問われた。
    • 序盤はコメントへの切り返しを褒めたり、適度(?)なケアで彼女のコンディションを調整していたのだが…

      ネタバレ(※過激な内容が含まれているため閲覧の際は注意してください)

      • 彼女のメンタルケアにはR18行為が含まれているが、「危ない路線で成功してほしくない」とPらしい心がけも持ち合わせていた。ケアの一環として薬物も選択できるが、ローレンはそちらもあまり使わせていない(オーバードーズに陥ってもルートが分岐する)。
      • 「掲示板で私を褒める文章を書いて」と依頼された際、やたらリアルなものを作成した。アドだよな。
      • 1回目にしていきなり配信者廃業ENDを達成。全く病まず、好感度だけがほぼ100に近かったことにより依存されたのが原因と思われる。これに納得がいかなかったローレンは初日からやり直し、彼女とのハピエンを求め奔走することに。
      • 途中から何度もループしたものの幸せとは程遠いENDをいくつも迎えてしまう。最後の最後に夢を叶えるも…事態は急展開。ストレスが溜まりまくって語彙力の高い罵詈雑言を並べ立て、最終的にメンがヘラったのはローレンの方であった。

2022年2月

  • 2022年2月7日、「第2回 Crazy Raccoon Cup VALORANT」メンバーと初顔合わせ。
  • 2022年2月8~11日、「第2回 Crazy Raccoon Cup VALORANT」の事前カスタムマッチが行われた。
    • チーム名は『反省紀パイドリオン』。Fall Guysのステージ「パイプドリーム」の略である「パイドリ」(rion氏がこれを言い間違え(?)た)、ここからk4sen氏がエヴァンゲリオンを文字って呟いた言葉、そしてrion氏の大人の事情を含めた全ての意味を込めたもの。決して邪なものではない。

      スクリムや交流などの様子

      • リーダーとして各々の構成や得意分野等もしっかり考えてメンバーをピックしたとのこと(これについては個人配信で詳しく語っている)。ただメンバーがメンバーなこともありかなり危ない火の粉が飛び交ったりもした。「弟」「俺のスマーフがぁ!」
      • APEX CRカップの時からの呪縛は常についてまわるようで、こちらでもスクリムの後に必ずFall Guysをプレイする羽目に(人数が毎回4人でマルチプレイに合うのも不思議だが)。
      • スクリム3日目、一通りスクリムを終え通話から出たものの、Kamito氏が一人でFall Guysを悪魔のような高笑いを発しつつ遊んでいるのを目撃。そして彼のディスコ名が「ろーれんおわらないよ」に変わったのを確認し、自身も「→バケモン」に名を変え加わろうとするがKamito氏の第一声は「枠、取り直しますね…『ローレンさんとFall Guys、デュオ』」。縛られることが確定した瞬間であった。結局満足のいく勝利もできず、2人でできるゲームを模索(PUBG、ゴッドフィールド)するも最終的に選ばれたのは『Hand Simulator』。後にk4sen氏も加わり、地獄の手首ぐねぐねバトルロワイヤルが始まった。
      • 半裸男性3人が関節の可動域を無視して荒野を走り回るさまがそもそも異様なのだが、当然銃の扱いもままならず自爆することも多く波乱の展開が続いた。そしてk4sen氏の勧めで「RPG-7を相手に撃ち込んで滅ぼしたら勝ち」という至ってシンプルなルールのマップに突入。そこへ音もなく猛者「フィニキャ」が参戦し、完璧な指使いでRPGを各地に撃ち込みまくり暴れていく。肩にかつぎ、本物の撃ち方を習得している彼(彼女)に為すすべもなかった3人だが、長時間配信に耐えきれなかった2人が脱落しスクリム2次会も終了した(終わるまでに何度かの空気読みもあったが)。
  • 2022年2月12~13日、「第2回 Crazy Raccoon Cup VALORANT」に『反省紀パイドリオン』のリーダーとして奈羅花、Kamito、ありけん、k4sen、rion(コーチ)と共に出場。

    大会結果

    • 2/12 vs cptチーム
      • アセント 5-13
        K/D/A/FB→8/17/2/1
    • ヘイヴン 15-13   won
      K/D/A/FB→41/17/2/7 対戦mvp
    • 2/13 vs mother3チーム
      • アセント 13-9 won
        K/D/A/FB→19/15/4/3    チームmvp
    • バインド 13-10 won
      K/D/A/FB→23/15/5/6    対戦mvp

    スクリム~本番二次会の様子まとめ

    • 一日目 奈羅花、k4sen氏、kamitoさんとともにフォールガイズをプレイ。
      二戦目では、顔合わせの時のrion氏のクリップを見ていた奈羅花が大歓喜した。
      十戦目では、奈羅花に対して「亀」と発言する。※童話「ウサギとカメ」の意
      長引くと思われたフォールガイズも最後はk4sen氏のナイスゴールでクラウンを取り終了した。
    • 三日目 ソロでフォールガイズをした後、kamito氏、k4sen氏と合流し、ハンドシュミレーターを行った。
      思ったよりもrpg-7にはまった模様。途中、別人格がでてきてしまいrpgと会話をしだす。その様子を見たリスナーに「頭おかしいだろ」とツッコまれてしまう。
    • 最終日 cpt氏にスクリムでぼこぼこにされ、自責によりメンタルが崩壊してしまう。解散後のデスマッチでは、敵がすべてcptさんに見えてしまっていた。その後、rionコーチと話したらしく翌日には復活、本番を迎えた。
    • CRカップ本番 ふらんしすこチームとのOWでは、連続で7killをするなど相手を圧倒した。その後、じゃすぱーチームとのOWでも、相手を圧倒した。 ローレン「このチーム出るゲーム間違えた?」とのこと。
      相手に逃げられたあと、ゴッドフィールドをすることに。
      ゴッドフィールドのルールを決める際 ローレン「そんな真面目に話し合うゲームじゃない。」kamito「台パン」みんな「え?(困惑)」
      ローレン、奈羅花、rion氏 vs k4sen氏、kamito氏、ありけん氏でたたかうことになったが。。。。。。。
      最終的には、勝ち逃げをしたと思ったが、kamito氏の配信にひょこっと現れハンドシュミレータが始まってしまった。配信終了間際にkamito氏のチャンネル登録者25万人を祝うと同時にrpgをありけんさんに命中させ、discordからいなくなった。
    • CRカップ本番  mother3チームとのOWでも、圧倒してしまった。その後、メンバーをシャッフルして何度もOWをプレイした。OWの後、ゴッドフィールドを前回と同じチームでおこないbo3からbo11に変更したもののぼこぼこにされた。
    • 枠変更後 OW→ハンドシュミレータ→フォールガイズ→パズル→ゴッドフィールド→APEX→ソロフォールガイズを行い、約21時間ぶっ続けで配信を行った。
      最後のソロフォールガイズでは、パイドリのメンバーの幻覚・幻聴が聞こえ出すローレン。「人間の限界」を目の当たりにしたリスナーたち、あまりの恐ろしさに一斉に謝り出す。
    • 他、ライバーを含んだチームの大会結果はこちらのまとめへ。
  • 2022年2月16日、フォニイ / Covered by ローレン・イロアスが再生回数200万回を突破。
  • 2022年2月18日、R6 ロイヤルフラッシュに出場する事が発表された。
  • 2022年2月20日、【VALORANT】にじさんじVALORANTカスタム開催!!チーム決め!!!! #にじばろカスタム【椎名唯華/にじさんじ】にてにじさんじVALORANTカスタムの神視点を担当することが発表された。
  • 2022年2月21日、神っぽいな / Covered by ローレン・イロアスが再生回数700万回を突破。
  • 2022年2月23日、【#エデン組ahamo】今一番キテるキャリアと言えば? #ahamo【レオス・ヴィンセント/にじさんじ】にて「にじさんじ×ahamoコラボ第2弾」のPRをエデン組で行った。
  • 同日、引越しを終え体調不良も快方へ向かっていたため雑談を開始。長く配信していなかったため話したいことが溜まっていた模様。なお引越しにともない机を新調したため台パンがよく反響するようになった

    雑談の内容や引越し後の環境など

  • 2022年2月27日、「にじさんじVALORANTカスタム」の神視点として実況・解説を担当。

2022年3月

2022年4月

2022年5月

2022年6月

  • 2022年6月1日、昼雑談を行う。
  • 2022年6月2日、CRカップ延長スクリム1日目。
    • メンバー合流までの間、四字熟語でリスナーにイキるローレン。その流れから会話で使っても気づかれない程度の「無い言葉」をリスナーと共に捏造しじゃすぱー氏とVCに訪れた先輩仕掛ける。

      捏造言葉一覧

      • 例:「腸に釘」「鏡見て背中見ず」
      • 捏造:「もみじ饅頭の背負い投げ」「黒糖饅頭の背負い投げ」「サメの前歯」「スンドゥブに焼き石」「五平餅の叩き売り」「ちくわの磯部揚げ」「坊主の言葉狩り」「片目でそろばん弾く」「クラゲの歯を抜く」「小指で教科書めくる」「はにゃ?」「餃子の王将」「フェルマーの最終定理」
        • じゃすぱー「酔っぱらっては無いよね?」
    • 結局APEXのサーバーが安定することはなくほぼまともにプレイすることができないままスクリムは中断された。
      • 炊き始めるボドカ氏を2人が抑えるいつもの流れに。サーバーを詰るボドカ氏と一歩引いた位置にいる2人による即興ソングが生まれた。
    • 「うるかのあしかせ」のk4sen氏、胡桃のあ氏、「ハーベスター」のSHAKA氏、BobSappAim氏、或世イヌ氏と合流、ふらんしすこ氏、おぼ氏を招集。突発でVALORANTカスタムを始める。
      • 1マッチ目はオートバランス、2マッチ目はじゃすぱー氏とふらんしすこ氏の指名制でチーム分けを行う。
      • 2マッチとも接戦を繰り広げ大変騒がしくプレイした。
  • 2022年6月3日、CRカップ延長スクリム2日目。
    • APEXの不具合が改善されないため今回のCRカップは「Fall Guys」と「Golf It!」に変更。Fall Guys練習カスタムが開かれる。
    • Fall Guys二次会の流れを作った『エグめの拷問器具』のメンバーとしてロングガイスキンで挑むも相変わらずノークラウンのローレンであった。(k4sen氏とVodka氏は獲得。)
      • 『反省紀パイドリオン』の由来となったマップ『パイプドリーム』にえぐもん3人が残った状態で挑む場面も。エモめの拷問器具。
    • カスタム終わりRas氏が合流し4人でFall Guys。お願いシンデレラを合唱するなど度々ローレンとRas氏の共鳴が見られた。
      • 最終戦まで何度も残るが勝ちきれず午前2時半を回り断念、解散した。
    • ソロガイズ開始、プレイしているとふらんしすこ氏と小森めと氏からお誘いが。似た口調の3人が煽り煽られFall Guys。一切口が止まらない。
    • またも勝ちきれず2人が逃走。ローレンはソロで継続するも唐揚げで口内を切ったフリというクソ茶番で同じく逃走。クラウンは本番に持ち越された。
  • 2022年6月4日、「第9回 Crazy Raccoon Cup Fall Guys: Ultimate Knockout & Golf It!」にVodka氏、じゃすぱー氏と共に出場。
    • チーム名は『笑いなし』。本気で優勝を狙うからには笑いはいらないという顔合わせでのやり取りから決定。決して「第9回絶対に笑ってはいけないCRカップ~APEX~」という企画ではない。
      • 応援ハッシュタグは『#W1WIN』、韓国の強豪E-sportsチームT1と笑いなしに掛けて『W1(笑わん)』である。
    • 本番開始直前ラストマッチでローレン史上初のクラウンを獲得勢いそのままに本番へ挑む。
    • OPで前回大会でのローレンの言葉がピックアップされている。「俺マジこのチームでよかったっすわ」

      大会結果

      • 「Golf It!」※順位に応じたポイント制
        • 1戦目 vs CottonCandy ローレン4位、Vodka3位、じゃすぱー6位の5pt
        • 2戦目 vs ハーベスター ローレン3位、Vodka4位、じゃすぱー5位の6pt 合計11pt
      • 「Fall Guys: Ultimate Knockout」※Finalステージ進出とクラウン獲得でのみポイント獲得
        • 1戦目2ndステージ敗退、2戦目1stステージ敗退、3戦目3rdステージ敗退(ローレンのみの戦績) 合計0pt
      • 総合成績は『Asparagus』と同率20位。えぐもん、パイドリと下から2番目、最下位を取り切れないと自虐していたがついに最下位を獲得。『笑いなし』として挑んだCRカップは乾いた笑いと共に幕を閉じた。
      • 終了後、感想と共に『#W1WIN』をもじり『#Worst1WIN』とツイート。えぐもんで19位に終わりk4sen氏、Vodka氏のように「CRカップ最下位」とTwitterのbioに書きたかったと嘆いていたが、今回それを実現した。
    • APEXの不具合が直り参加者全員のスケジュールが揃えば、APEXでもう一度開催したいと表明されている。3人の練習の成果を見られる機会があるかもしれない。
  • 2022年6月6日、【1.0卒業式】大幅アップデートされたLive2Dモデルバージョン2.0のお披露目配信を行う。
    • 初配信からの1週間のみ使用されたOPで始まった初のお披露目配信。
    • ファンアートを見ながらCRカップや最近の配信について振り返った。
      • 登録者数30万人記念配信の展望や、伝説の誕生日壺配信を振り返る場面も。
  • 同日、『Rust』のストリーマー専用サーバーに乗り込む。*30
    • 以前Rustに誘ってくれたソバルト氏に教えを乞いながら様々なストリーマーたちと交流しつつサバイバル。
    • 初日にもかかわらず12時間たっぷり楽しんだ。

      おおまかな流れ

      • ローレンとソバルト氏の2人で始まったソバルトクラン。初心者を勧誘し一時は7人に増えるもMother3rd氏による裏切りが発生、気づけば或世イヌ氏を加えたたった3人になっていた。
      • 裏切りを経験し人間不信になる3人だったがソバルト氏によるヘリの運転が上手い男はモテるという「モテ界隈」テクが炸裂(?)、英リサ氏が加入し4人となる。
      • ほぼ初対面とは思えない程にとにかく喧嘩(コント)が止まらないローレン、或世氏、英氏。英氏の描いたクラン一同の絵に感動し仲直りしたかと思いきやまだまだ喧嘩を繰り広げる。
        • オイルリグ*31に行けばローレンと英氏がタイタニックを始め、帰りの船では3人仲良くピッケルで殴り合う。1歩進むのに10分かかる。
      • 賭けルーレットでスクラップ*32を溶かしまくるも一切辞める気がない4人。全資金1点賭け*33のローレンは合計で1000スクラップ以上溶かし気絶していた。
        • 或世「パチンカス一家やん!」
      • ソロでプレイしていたけんき氏が加入。初めは文明進化を求めてやってきたはずが退化したと嘆いていたが気づけばギャンブルに乗り気の一面が現れ出しどんどん馴染んでいく。今や楽し気にギャンブル狂の家族に貢ぐようになった。
  • 2022年6月7日、『Rust』を自枠で24時間プレイ後、自枠なしで16時間プレイ*34。計40時間ぶっ続けでプレイした。
  • 2022年6月14日、神っぽいな / Covered by ローレン・イロアス再生回数1000万回を突破。公開から200日での達成である。
  • 2022年6月16日、チャンネル登録者数30万人到達
  • 2022年6月18日、警備部隊員が一日署長に『Police Simulator: Patrol Officers』
    • 一人称がボロボロになりながらベテラン刑事キャラ(偏見)でゲーム開始。
    • 職権乱用の身体検査(不本意)、違法車両を徒歩で追い、大麻(おおあさ)で満面の笑み。冤罪で手錠をかけついには解雇された。
    • 二次災害が広がっていく大惨事の事故現場、まさかのワンオペ。
      • 横転した車と倒れている被害者は放置で聞き込み開始。
      • 仕様が分からず報告書用の写真はバグの記念写真と化した。
    • パトカーが解放、徒歩卒業が確定した所で配信終了。果たしてパート2はあるのだろうか。
  • 2022年6月21日、『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』をプレイ。
  • 2022年6月24日、心拍数130超えたら即終了『Outlast2』
    • 6/22、心拍計を購入したこと、届き次第ホラーゲームをやりたいとツイートしていた。
    • 初期OP使用回。ホラー耐性のあるローレン、ボケ倒しながらもサクサク進んでいく。
    • 以前『Outlast』をプレイした時と同様にYouTubeのBAN対象である描写をローレンで隠した

      心拍数推移(ネタバレ含)

      • 心拍数のデッドラインは120で開始。
        • しかしOPが終了し画面が切り替わると初手「120」の文字が
          「一旦待って!」「一回話合わん?」
        • トイレを済ませたら心拍数が爆上がりしていたとのこと。あまりに美しすぎる出オチである。
      • これに日和って130に変更するも、その後は80前後を保ちほとんど上昇することはなかった。
      • ホラー描写には至って冷静、驚いた瞬間もあったが心拍数は微動だにせず本人も驚きを隠せなかった。
      • 結局一番心拍数が高かったのは初手トイレ帰りの「130」だった
      • 終了後ツイートでリベンジを誓った。
  • 2022年6月26日、第5回競馬配信【#宝塚記念】予想&同時視聴。
    心拍計ON回。勝ちに行く競馬と謳いつつも賭け方はブレない、エフフォーリア(4番)に単勝10万円。

    結果とローレンの様子

    • エフフォーリア(4番)単勝10万円、ポタジェ(18番)単勝5千円の計10万5千円を賭ける。
      • 事前に本命馬をエフフォーリアに決めていたがパドックを見ている内に揺らぎ出す。「揺らぎすぎ」のコメントに煽られ即馬券購入へ。
    • レースは序盤エフフォーリア、ポタジェ共に後方スタート。その後も順位は上げずに最終コーナーへ突入していくが、差すには不穏なインコースを走るエフフォーリア。序盤から2位につけていたタイトルホルダー(6番)がコースレコードを叩き出し勝利した。
    • レース終盤、負けを察し一切口を開かなくなり100付近まで上がっていた心拍数もどんどん下降。
    • 黙り込んだまま徐にペイントツールを開く。描きあがったのはタイトルホルダー単勝1億円の馬券
      • 空想上の馬券を手にし喜ぶ。虚無空間である。
    • 配信終了後のツイートはこちら。今回も単勝1番人気のエフフォーリアで負け、「手堅いバカ」の称号に恥じぬ結果となった。
  • 2022年6月28日、心拍数130超えたら即終了『Outlast2』リベンジ編
  • 2022年6月30日、『Escape from Tarkov』バージョン0.12.12.30

2022年7月

2022年8月

  • 2022年8月1日、【雑談】コロナでした お久しぶりです
    • まだまだ本調子ではなかったが大丈夫だと直接声で伝えるため配信を取った。既に陰性らしく後遺症も無し。無事快方に向かっている模様。

      雑談内容

      • コロナでした
        • 白背景手書き「おいす」サムネ
        • 感謝感謝キモツイについて
        • 発症からの一部始終
        • 感染対策喚起
      • 天気雨のように現れる超てんちゃんコメ
      • ふらんしすこ氏のフォトブック
      • 朝活検討
        • もし配信スケジュールを出したら
      • ひたすらプロレス
        • 虚言癖説
        • ブチ切れトイレ離脱
          『終わってるのはお前の配信頻度だよ。』「だから俺!!!コロナだって!!!ゆってんだろォ!!!ハァ...ハァ...」
      • アニメ・漫画
        • よう実(原作)・リコリス・異世界おじさん・チェンソーマン
      • に贈ったオーザック
        • スナック博士
  • 2022年8月2日、【影廊】第1回 夏だしホラゲやるってとこ、っと。 ※音量注意
    • 頑なにやらないと言っていたトラウマホラーゲーム『影廊』についに挑む。難易度は初心者。
    • 珍しく声をあげてビビるローレン、恐怖には狂気的な叫びを持って対抗。病み上がりとは思えない声量でお化けに張り合う。「目には目を。」
    • マップの構造が把握できず方向音痴を自覚した。
    • 「自分的に一番怖いホラゲーでありお値段以上の神ゲー」と評し終了。トラウマ克服は成功した。
  • 2022年8月4日、神っぽいな / Covered by ローレン・イロアスが再生回数1100万回を突破。
  • 2022年8月6日、【耐久配信】Jump Kingクリアするまでタバコ一本も吸えません。
    • 起きたらふとJump Kingがやりたくなったローレン、どうせやるならと禁煙縛りを設けて突発的に耐久配信を行う。特に意味のない耐久である。
    • ゲーム性、禁煙、自分のプレイスキルの無さ、それによってゲームの魅力が伝えられない悔しさ、様々なイライラが止まらない中ほとんど休憩を挟まず進めていく。
      • スペースキーを押す親指が痛すぎる以外は無限にできるぐらい楽しいと語った。
    • あまりの進まなさに攻略動画(先生と呼んでいる)を参考にすることに。「1・2・3・4~」のリズムを身体に染み込ませるため、時には精神的支柱として唱え続け、落下しても驚異的な切り替えの速さで前へ進んでいく。
    • 12時間の内のほとんどをチュートリアルで過ごしたが、「グレートフロンティア*38」まで到達!1枠目を締めた。
  • 【耐久配信 2枠目】Jump King315000000000000000000000
    • 7時頃、2枠目が始まり「極 限 状 態」を迎える。一向に新しいステージに進めない絶望や眠気、あらゆるものが降りかかり、あれだけ口が止まらないローレンが雑談すらできない。「1・2・3・4~」をひたすら唱えて何とかジャンキンにしがみつく。何度も何度も同じ場所に戻され弱音を吐きながらも笑いに変えてひたすら進む。
      • なおコンビニに買い出しに行った際のツイート このまま走って逃げようかな。
      • 極限を乗り越えると口数も増えいつもの小ボケも挟みだす。そうして13時頃、全体の7割地点にあたる中間地点に到達!
    • 攻略動画、コメントの有識者と座学→挑戦→フィードバック→座学・・・と少しずつだが確実にプレイスキルを上げていく。
    • 最終ステージ「ザ・タワー」では何度下のステージまで落ちようとも一切弱音を吐かなくなり、「悔しい」「面白い」と『Jump King』というゲームを楽しみきっていた
      • そして遂に22時間29分12秒で『Jump King』クリア!と、同時に煙草を吸った。
        しかし「思ったんだけど...あんま美味くないな。
      • プレイ中から何度も言っていたがガチで面白かったと絶賛した。配信終了後のツイートはこちら。
  • 2022年8月12日、の企画【#にじさんじラジオ体操部】にじライバー健康計画10日目に今年も参加。「おはよう
  • 2022年8月13日、【アサカツ】おはよ~~~~~~~~~~~~~うアサカツをはじめよう~~ う
    • 人々の朝を応援、もはや社会奉仕だと崇拝している朝活に挑戦。
  • 2022年8月14日、【APEX】新キャラクター触ろうと起動したらブロンズ1だった男
    • 新レジェンドのヴァンテージやスナイパーアモに変更となったウィングマンなど新要素を楽しんだ。
  • 2022年8月15日、【閉店事件】第2回 夏だしホラゲやるってとこ、っと。
    • 都市警備部隊から派遣されカフェバイトに挑む。面接にてコーヒーの苦い思い出を語り始めていく。
      「タバコとコーヒーの組み合わせみたいな兼ね合いで逆流性食道炎を発症してしまいまして...。それ以来トラウマで...。」
  • 2022年8月16日、【PowerWash Simulator】すべての汚れは俺に任せろ!!!!!!!!
    • 雑談を交えながら掃除に勤しみ、徐々に楽しさに目覚めていく。公式からのリプライにパッション英語で感謝した。
    • 予定があったローレン、次ステージに進むには時間が足りないと判断。こういう時にぴったりのゲームと『Fall Guys』を起動するも、毎度のことながらノークラウン。「もう半年はいいや...。」
  • 2022年8月17日、【Poppy Playtime】第3回 夏だしホラゲやるってとこ、っと。
    • この夏ホラゲをやっていきたいと語っていたローレン、「夏だしホラゲやるってとこ、っと。」企画開始*39
      • 影廊→閉店事件ときて第3弾の今回。「夏のホラゲはまだまだ終わらない。」からタイトルを変更してゲーム開始。
    • いつも以上にテンションがバグっていた今回、エンジン全開でボケ倒す。

      登場キャラクター

      田中との存在しない記憶を語りだす。

      • 田中(ハギーワギー):2人は小3で出会う。レフトアーム兄弟。足が速いため小学生の頃はモテていた。テストの点数以外の全てにおいてローレンより勝っている。
      • 田中の彼女(マミーロングレッグ):田中はリア充。確キルを入れたはずが漁夫られた。しばらく安静にしてほしい。
      • ポピー:かわいい、BIG LOVE
    • 終了後、「脳筋の自分でも解けるレベルの謎解きでミニゲームも全て面白かった、特にモグラ叩き。」と振り返る。来年発売予定であるchapter3のトレイラーも確認、楽しみに終了した。
  • 2022年8月20日、【幻覚】第4回 夏だしホラゲやるってとこ、っと。
  • 同日、ちょうどローレンが配信を終えた頃、視聴者からのプレゼント開封を行なっていたじゃすぱー氏配信にてローレンのゆるパレットグッズが登場。
    • キーホルダーを眼鏡に飾りご満悦のじゃすぱー氏。次の瞬間、舐めた。「かわいいなお前な♡」
    • ローレンをprprするじゃす」というクリップが作成され、おそらくこれが拡散されたことでTwitterにて「ローレン」がトレンド入り。配信終了後、じゃすぱー氏のTwitterに記念写真が投稿された。
    • 翌日21日、ローレンがTwitterにて反応。「クリップ見たんだけど、終わってない?」この後「ローレン」に入れ替わり「prpr」がトレンド入りした。

      後日語られたローレン視点

      8/24の配信内で語られたローレン視点
      8/20の配信終わり、「ローレン」のトレンド入りを確認するも特に内容は確認せずそのまま寝る。
      →朝起きてもトレンドに入っており「何が起きてる?」となる。
      →じゃすぱー氏から連絡が来ており確認すると「おっほ」が添えられたprprの瞬間のスクショが送られてきていた。

      • じゃすぱー氏のprprとほぼ同時刻に起きていた、kamito氏の『幻塔』配信にてキャラがローレンに似ているという「ロレぽいなクリップ」も確認。「いじられすぎ。」
        • 本人の配信終了と同時刻に各所で名前があがりトレンド入りしたこの現象は、視聴者の間で「同時多発ローレン」と呼ばれた。
      • またボドカ氏の8/18 VALORANT配信にてマッチした野良プレイヤーがローレンに似ているという「ご当地ローレンクリップ」も把握済み。
  • 2022年8月24日、【夜勤事件】第5回 夏だしホラゲやるってとこ、っと。
    • 第2回の『閉店事件』でガチビビリを披露して以降、普通に怖がる場面が増えてきている。今までも強がりが大きかった様子だが。
    • Ras氏チャット欄に現れる。ラブラブ空間が展開された。

      Ras氏とのやり取り

      Lauren Chu♡」「kawaii na ome」

      • これに気づいたローレンは爆笑、イケカテ人格を降ろし「ありがとではあるよ、Ras。Chu...」とお返し。視聴者は壁と化した。
      • そして 「『じゃっさんにはprprされるしRasさんにはちゅっちゅされるし』www 俺ぬいぐるみ?」
    • 全3種類の内2つのエンディングを回収した。Chilla's Art制作ならではの独特な作風を気に入っている模様。
  • 2022年8月25日、メン限でプロセカを学んだ模様。「ハマりそうで怖い」と言いながら全ユニット名をメモしている。
    • 度々雑談で曲について触れており、「バグ / 25時、ナイトコードで。 × 鏡音レン」には6月後半におすすめツイートをした以降もハマり続けている模様。またアプリはダウンロード済みだがほとんどプレイしていない、下手すぎて配信できないなど過去言及していた。
  • 2022年8月26日、【もろだし相撲】もう  これで   終わってもいい
    • 昨年マリカで見せたキャラクリセンスをここでも発揮。出会う人々は皆逃げ帰るバケモン「エデン都市警備部屋 ロレオ」を作成。
    • 隠された自分の才能を知るローレン。俺、もろだし部門行くわ。
    • バカゲー的なゲーム性に振り回されながらも非常に真剣な取り組みを見せ、このゲームにe-Sportsを見出した。
    • ストーリー終了後はオンライン対戦で1000勝越えの猛者達に揉まれた後、視聴者参加型マッチも開かれた。
  • 2022年8月29日、【GOHOME】第6回 夏だしホラゲやるってとこ、っと。
    • 家に帰るだけやろ?と余裕をかましていたが...
    • 苦戦したタコのお化けをスタックではめることに成功しイキリ散らすも、自分もスタックした。
      • このタコから連想したのか、たこわさの話になる。
        「たこわさめっちゃ好きなんよね。わさびみたいな味するたこわさない?」
      • 勝利のキメ台詞は「タコワッサー!
    • 「唐揚げ>>>リスナー」Cパート
  • 2022年8月31日、【深夜放送】最終章 夏だしホラゲやるってとこ、っと。
    • ホラー企画最後のゲームにしてリタイアを希望するほどの過去一怖いホラーゲームに出会う。「怖い」が口をついて出る。
    • ゲーム開始前の雑談で、発売が決定した「誕生日グッズ&ボイス」を紹介した。
    • 今回で「夏だしホラゲやるってとこ、っと。」企画は終了、全7作品をプレイした。企画にあたっておすすめされたものの出来ていないホラゲは秋以降、単発でやっていきたいとのこと。

2022年9月