【ラミザ王子】

Last-modified: 2018-11-29 (木) 02:23:07

概要 Edit

【ドワチャッカ大陸】【ドルワーム王国】の王子。
王立騎士団長を務めるが気弱な性格のせいで団長の座もお飾り状態。団員からの評判も悪い。
【チリ】【ドゥラ院長】にしょっちゅう叱られている。
登場当初は弱腰で意気地のない王子として描かれるが、ドルワームのストーリーにて若干の成長が見られる。天魔討伐に連れて行く精鋭を揃えるために遅刻するが、彼らはVer.1最強の【聖騎士のよろいセット】を着ていたりする。

なぜか【王者のマントセット】と同じ装備を着ている。

【ある孤児が見た空】 Edit

チリが【動き出した時間】に、【ルナナ】【賢者の杖は かく語りき】に選出されたことで女性に怒られる姿が見られなくなったこともあり、頼りない面は大分無くなっている。
この頃になると団員も彼を守るべき主君として認めている様子で、成長し王子としての自覚が出てきた彼を見ることが出来る。
相変わらず気が動転することも少なくないが、ストーリーとは逆にドゥラに気遣われるなど立場が逆転しており面白い。

【太古の偶像を求めて】 Edit

直接の登場はないが、クエストクリア後に【フィロソロス】から教え子の一人として久々に名前が登場する。
フィロソロスは、一人ぼっちでいる事の多かった彼に「模型部」への入部を勧めたという。
その模型部には、在りし日の【ペリポン】もいたという。
また、彼の実家はカネの力で何でも解決できるほどの資産家であり、オークションに掛けられていた骨董品の魔神兵のミニチュアをカネに物をいわせて落札していたらしい。