【アカイライ】

Last-modified: 2019-09-30 (月) 12:55:59

概要 Edit

DQ3などに登場するモンスター。
頭から直に足が生えたとても奇妙な鳥。
【おおくちばし】【デッドペッカー】の色違いで、系統最上位種。
名前こそ「アカイ」ライだが、実際は青っぽい緑色。
由来は恐らく「ダンジョン&ドラゴンズ」に出てくる「アケイライ」と思われる。

DQ3  Edit

【アープの塔】およびその周辺に多数出現する。
集団で現れて1~2回行動で【バギ】を唱えるため鬱陶しい一方で、【ニフラム】が効かない以外は呪文耐性が低い。
【いかずちのつえ】【ベギラマ】の効果を使おう。二発で倒せる。
 
FC版ではごく稀に【さとりのしょ】を落とすということになっているが、【公式ガイドブック】での確率表記は「×(まず落とさない)」となっている。
実際には 1/2048 の確率で落とす設定になっており、この事実は【モンスター大図鑑】にも記載されている。
なお、参考数値として他のシリーズを例に取ると、DQ5で【5強】の2匹目以降が仲間に加入する確率が 1/1024、DQ6で【エビルフランケン】宝箱を落とす確率が 1/4096 である。
プログラムデータ上では【カンダタ】【ひのきのぼう】など、ボスモンスターと同じ値に設定されているため、実際に落とすところを見るのはほぼ絶望的。
確率計算では、100回戦って落とす可能性は約4.8%、1000回戦ったとしても落とす可能性は約38.6%、2048回戦ってようやく約63.2%となる。
このようにあまりにも低い確率のため、一時は「さとりのしょを落とすのは『真っ赤な嘘(赤いlie)』」が名前の由来であるというデマまで流れた。
 
なので2人目の賢者を誕生させるには、【遊び人】のレベルを20にまで上げてから転職させた方が早い。

リメイク版 Edit

ドロップ率が最も低い設定のモンスターが一律に「アイテムを何も落とさない」設定になったため、アカイライも悟りの書を落とさなくなった。
ただし、他の職業から遊び人に転職して、さらに賢者に転職するというルートが解禁されているため、悟りの書を量産しなくても任意のキャラを賢者に転職させることは可能。
 
ちなみにこの影響でDQ2以降では唯一の「【ドロップアイテム】のない雑魚敵(トラップモンスター除く)」という貴重なポジションを手に入れた。
 
また、GBC版のみ何故かデッドペッカーと色が入れ替わっている。
本来こいつはエメラルドグリーンなのに、GBC版のみデッドペッカーのカラーである紫になっている。という訳でやっぱり赤くない。

DQ9 Edit

なんと出現場所がラスダンの【絶望と憎悪の魔宮】になりやや強くなった…のだが、ラスダンの敵としては弱く(ナザム村周辺ぐらい)、出現範囲も広くないためどうにも地味である。この系統をラスダンで出すには新規の色違いにすればよかったのに。
ラスダンの敵というのは設定ミスなのかもしれない。同じパターンには【ベホマスライム】もいるため、コイツに限ったことはない。
他には氷タイプの宝の地図の洞窟や【オンゴリのガケ】の高台にも出てくる。
密かに呪文がバギマになっているが、MPが低く1回しか使えないのでやっぱり弱い。
完全2回行動になり、同種の仲間も呼ぶようにもなったが、脆いので攻め手には困らないだろう。
炎と光属性に弱く、氷と風属性に強い。
落とすアイテムは通常枠が【赤いサンゴ】、レア枠が【レッドタイツ】
名前にちなんでかどちらも真っ赤な代物である。でも本体はやっぱり赤くない。
また、コイツしか出ないフロアがある宝の地図が確認されている。こっちは本当の話だが誰得…。

DQ10 Edit

索敵範囲の広さと足の速さが低レベル時にはやっかい。
レアドロップが【レッドアイ】に変更されている。
詳しくはこちらを参照。