Top > 【トルッカ】


【トルッカ】

Last-modified: 2019-06-04 (火) 22:03:25

DQ6 Edit

【現実の世界】の北西に位置する島にある【町】
【公式ガイドブック】での英語表記はTrucca、DS版以降の英語版での地名はWellshire。
 
町から北東には【夢見る井戸】があり、高山を挟んだ南西には【ジャンポルテの館】がある。
緑豊かで小さな町だが、その規模にそぐわず2つの武器屋に宿屋、防具屋、道具屋が揃い踏みしており、
さらにはゴールド銀行まで備わっているため、かなり住みよい場所ではないかと思われる。
ちなみに、この町の周辺で主人公は初めて【スライム】と戦うことになる。
 
【シエーナ】の西の【大地の大穴】から落ちた主人公が、下の世界=現実世界で初めて訪れる町。
しかしこの時主人公は姿が見えなくなっているため、町人は誰も主人公の存在に気づかない。その代わり【タダ宿】になる。
町の隅には何やら悪だくみをしているらしい二人組もいるが、この時点での主人公にはどうすることもできず、素通りするしかない。
町の子供である【ジミー】【キャロル】から「町の北東に不思議な井戸がある」という話を聞けるので、
そこへ向かえば元の世界へ戻ることが可能。
 
主人公に「もう一つの世界」の存在を知らしめる町だが、ストーリー上の出番はこれで終わり。
以後立ち寄る必要はないため、初プレイだとそれ以降忘れられがち。
ちなみに、初訪問時には住人たちは誰一人としてこの町の名前を教えてくれないし、この時点では【ルーラ】登録もされないので町の名前を知る手段がなく、完全に謎の町となっている。
セーブができると冒険の書に地名が表示されることを防ぐためか、似た状況の【サンマリーノ】と違って教会でセーブすることもできない。
上記の大地の大穴に落ちることで何度でも訪れることは可能だが、【ゆめみのしずく】を使って住民から姿が見えるようになるまでは状況は変わらない。
 
夢見のしずくを使った後は、通常通り町の機能を利用できるようになり、ルーラの移動先に登録されるし、セーブもできるようになる。
また、悪だくみをしていた二人組に町長の娘【エリザ】が誘拐されるというサブイベントが発生する。
このイベントの結果次第で5000ゴールドという破格の金額が手に入るので、頃合いを見て再び訪れよう。
もちろん武器屋などの店も利用できるようになっている。特に珍しいものは売っていないが【きんのブレスレット】が常時販売しているため、下レイドックで購入できない期間はここに来て購入しておきたい。
下の世界のムドーを撃破したあとだと、北西の武器屋も営業するようになるが、やはり時期的にわざわざ寄り道して買いに来るほど珍しいものは売っていない。
 
なお、ここは外海に面しているため、イベントの都合上【マーメイドハープ】を入手するまではここにルーラしても【神の船】を呼ぶことはできない。
マーメイドハープを入手した後は、上述のジャンポルテの館を訪れる際のルーラ拠点になるほか、【レイドックの井戸】や下の世界の【ライフコッド】に向かう足掛かりにもなるので、事前にルーラ登録しておくメリットはそれなりにある。