Top > 【レイクナバ】


【レイクナバ】

Last-modified: 2019-07-07 (日) 15:33:27




DQ4 Edit

【ボンモール】の北方、【フレノール】の対岸にある町。
第三章のスタート地点。
町の名前の「レイク」と関係あるか不明だが町の真ん中に大きな池があり、その中央の島に教会がある。
FC版の【公式ガイドブック】での英語表記はLeiknaba。英語版での地名はNES版・DS版以降ともにLakanaba。
 
なお、レイクナバという地名はDQ3で没になった町の名前を流用したものである(詳細は【やみのランプ】を参照)。

三章 Edit

【トルネコ】とその一家が当初住んでいる家がある。
この家はFC版およびトルネコ1のOPでは二階建てだが、リメイク版では一階建てになった。
 
【武器屋】でバイトしたり【トムじいさん】を運んだりと、儲け話はいくつか転がっているが、どれも大したことはない。
脱獄した犯罪者【トムの息子】、キツネを退治する犬【トーマス】など、バラエティに富んだ住人が暮らしている。
町の中央にある看板には「花壇に入るな」と書かれているが、実際に花壇に入らないと読めなかったりする。
なんだか【毒のぬまち キケン!入るな!】に通ずるものがある。
ちなみに、トムじいさんを最短移動距離で押していくためにはこの花壇にじいさんを押し込まざるを得ない。
というか、トルネコもじいさんも花壇に入らずにじいさんを教会に連れて行くことは道の構造とじいさんの回避動作の関係上不可能になっている。
唯一、教会前にいるシスターが偶然教会外壁の南東のくぼみに入ったタイミングを狙ってじいさんをシスター側に押し込めば左に回避してくれるため、なんとか花壇に入らずに連れていける。
もちろん、そんなことにこだわったところで報酬が増えたり、誰かに褒められたりすることも一切ない。
 
また、北にある洞窟には【てつのきんこ】という珍しいアイテムが眠っている。
開始地点となる町のなかでは、【防具屋】の商品のラインナップが比較的充実している。
武器屋もバイト中の展開次第で非常に充実する(詳細は【レイクナバの武器屋】を参照)。
トルネコは開始時には非力かつ装備も貧弱でソロパーティーなので、旅の安全性を高めるためにも武器屋のバイトで資金をためてそれなりの装備を揃えたいところである。
リメイク版では【かわのたて】【かわのぼうし】を漁って入手できるので、装備を整えるのが少し楽になった。
 
ちなみに宿屋もあるが、三章の間は利用できない。
自分の家があるうちはそちらを利用すれば問題ないが、【エンドール】に引っ越した後はこの付近で【ロレンス】のMPを回復する手段はなくなる。

五章 Edit

第五章では序盤から訪問可能。
だが訪れても何も重要なイベントはなく、来る必要はない。
四章以前で【ルーラ】登録できたのに五章では登録されなくなる町の1つ。同じ扱いの町・村は他に【フレノール】【コーミズ】がある。
また四章以前のスタート地点の中では唯一登録されなくなる町でもある。仮にもトルネコがかつてホームにしていた町だし、海路的にも便利なのでボンモールよりもこっちの方が登録される価値がありそうなのだが・・・
この町の付近のフィールドにはマイナーモンスターの【どくやずきん】が徘徊している。
 
第三章でトルネコが武器を買い取っていても第五章では無くなっている。
リメイク版ではこの町で仲間に話しかけてもみな異口同音に「こんなしけた町に何の用だよ」と言う。
トルネコ同様に散々な扱いをされる町である。
 
しかし、トルネコが三章でバイトをしていた武器屋の地下室には【こおりのやいば】が隠されている。
役に立つ武器なので、【さいごのかぎ】を手に入れたら回収のために訪れてもいいだろう。
 
ちなみに、トルネコ一家の住んでいた家にはトムの息子が住んでおり、家の前ではトーマスが番をしているので、トルネコがいないと入れない。
 
PS版では教会が移民出現ポイントとなっており、【クロービス】(と彼に付いてくる【リンダ】)などここにしか出現しない移民もいる。
しかし上述の通りここもフレノールもルーラに登録されないので、【気球】入手前は訪れるのに手間がかかる。
 
あまり意味はないが、宿屋(1人10G)を利用できるようになっている。
また、この宿屋の主人は三章で行ってみたいと言っていたエンドールに行ったらしいだが、カジノでスッて帰ってきたようだ。とほほ……。