Top > 青魔法・敵の技 > 【怪音波】


青魔法・敵の技/【怪音波】

Last-modified: 2018-07-03 (火) 00:02:00

特技/【怪音波】
青魔法・敵の技/【黒の衝撃】
アビリティ/【レベルダウン】


青魔法の1つ。作品により効果が異なり、単体のレベルを半減させるものと、デスペルの効果のものがある。


何となく体感してみたい技。


FF6 Edit

ストラゴスの「おぼえたわざ(青魔法)」の1つで、
敵単体のレベルを半減させる。端数は切り上げ。消費MP68。
効果は戦闘が終了するまで続く。
フィガロリザードなどが使ってくる。
トンベリーズ戦でミネルバビスチェが欲しかったらぜひラーニングを勧める。

  • この怪音波、即死耐性があるとまったく効かない(敵も味方も)。
    GBA版ではバニシュでも耐性を無視できなくなったので、まったく無意味。
    即死耐性の有無の違いがあり、魔法回避が共に0である踊り子系モンスター、ネイショリズム
    アムドゥスキアスにそれぞれ5発ぐらいずつ怪音波を撃ってみたところ顕著に違いがでた。
    まずは即死耐性がないアムドゥスキアスは全弾命中。
    次に即死耐性があるネイショリズムは全弾ミス。
    ただ、即死耐性がないキングベヒーモスにも効かなかったので
    ボス系モンスターにも効かないのかもしれない。
    …ということは、この怪音波もグラビデ系と同じような
    比率(割合)ダメージ魔法のカテゴリーに入るということかな?
    • ということで即死耐性持ちのトンベリーズに怪音波は効かない。
      [バニシュ技]が効かないGBA版では完全に『×』…。
      …コイツらのレベルは99。ミネルバビスチェ盗む前に気持ちが折れる…(泣)。

FF5ではラーニング不可だったが、FF6では覚えられるようになった。

  • FF5には(ほぼ)同じ効果の黒の衝撃が青魔法として登場している。
    (違いは下記参照)
  • 両作品とも与えるダメージのレベル依存が大きく、受けると戦闘能力がぐっと下がる。
    FF5の場合はレベルが下がっても調で何とかなったが、
    FF6の場合はレベルを回復する手段がなくなったため脅威と化した。
  • ゆえに即死耐性が重宝する。ラグナロックを手に入れた場合はセーフティビットの量産を勧める。

ヒットした場合、メッセージが出る。
FF5では「レベルが半分になった!」
FF6では「レベルが半分にダウン」
が、ストラゴスが青魔法として使い、敵にヒットした場合はメッセージが出ない。


FF6では「ぬすむ」の成否にレベルが影響するため意外と役に立つ魔法。


レベルが奇数の相手に使った場合、
FF5の黒の衝撃は端数切り捨てだったのに対し
こっちは端数切り上げになる。
レベル系魔法を使う場合は要注意。

  • つまり最強育成をしてレベル99になったと浮かれていると、
    怪音波でLv50→レベル5デスのコンボでウボァーしてしまうことがある。
    瓦礫の塔のデスマシーンメタルヒットマンのパーティーには要注意。

あばれる」では、ガンマ・フィガロリザード・メタルヒットマンの指定で使用可能。

FFTA2 Edit

青魔道士の『青魔法』。モルボルが使ってくる技で、単体にデスペルの効果。今作はラーニング可能。


全体範囲のデスペルである咆哮があるせいか、非常に影が薄い。
対象が選べるので使える部類ではあるはずなのだが。


サンクルールと戦うときに覚えておくと便利。
それでなくとも咆哮と共に青魔法なので、状況に応じて使い分けるとよい。