編成・強化/スキル強化

Last-modified: 2021-05-13 (木) 10:27:12

基本スキルの強化

  • ver.4.11.0から仕様が大きく変更された。
  • スキルレベルの成長率・必要コイン数は、成長素材5個ごとに計算される。
  • 素材一個あたりの成長率計算式
     基礎成長率×タイプ一致補正×5個ごとの減衰率
  • 素材一個あたりの基礎成長率
    魂のサイズ 小 中 大 超
    基礎成長率20100200300
  • タイプ一致補正
     キャラカードの武器タイプと一致している魂を与えると上昇率が2倍になる。
    全武の魂はどのキャラとも武器タイプが一致しているものとして扱う。
  • 減衰率
     素材5個ごとの成長前のスキルLv10につき、成長率は10%減衰する。
    (例として、スキルlv9のキャラに全武の魂・超を15個使うと、最初の5個は減衰率0%(lv9)、
    次の5個は減衰率30%(lv39)、
    最後の5個は減衰率60%(lv60)となり、
    全体の成長率は
     300%×2×1.0×5 +
    300%×2×(1.0-0.3)×5 +
    300%×2×(1.0-0.6)×5 = 6300% となる。)

減衰を考慮した素材一個あたりの成長率

武器タイプ一致/全武の魂は上昇率が2倍

魂のサイズ 小 中 大 超




SLv
0~920
40
100
200
200
400
300
600
10~1918
36
90
180
180
360
270
540
20~2916
32
80
160
160
320
240
480
30~3914
28
70
140
140
280
210
420
40~4912
24
60
120
120
240
180
360
50~5910
20
50
100
100
200
150
300
60~698
16
40
80
80
160
120
240
70~796
12
30
60
60
120
90
180
80~894
8
20
40
40
80
60
120
90~992
4
10
20
20
40
30
60
  • 強化実行時に成長率が100%毎に確実にスキルLvが+1、100%未満の端数はその確率だけ更に1上がる可能性がある。
    (例として、強化実行時に成長率が520%ならば確実にスキルLvが+5、20%の確率で更に+1される)
    逆に100%を超えていない場合、失敗する可能性もある。
  • コイン必要量
    (100+☆数x(素材5個ごとのスキルLv)^2)x素材の個数
    素材のサイズではなく、素材5個ごとの成長前のスキルLvに依存した式となっている為、
    小さい素材でちまちま上げるより大きい素材で一気に上げた方が時間・回数だけでなくコインも節約できる。
    この為小さい素材を使う意味はあまりない。端数調整に使うぐらいである。
  • スキル育成最高効率
    育成素材のMAX賭け機能付加により、強化1回に付き素材を20個一度に使用できるようになり、手間が省けて便利になった反面、ちょっとしたが仕掛けられているので注意しよう。
    SLv1でMAX賭け(20個)すると加算レベルが78と表示され、実行するとSLv79になるため、一見最節約ルートに乗っていると思わせて、そこからSLv100まで上げるときに、超素材が20必要で、計40個が消費されてしまう。
    最短ルートは武器タイプの一致した魂か全武の魂の超サイズ4個合成→20個合成→15個合成 or 4個合成→15個合成→20個合成の魂・超 39個 強化3回 である。
    このルートから外れた時は、出来るだけ早い段階でこのルートに戻るとよい。
    SLv12588100
    素材
    x4

    x20

    x15
    or
    SLv12579100
    素材
    x4

    x15

    x20

このルートで必要な総コインは下記の通りである。

☆1☆2☆3☆4☆5
202,629401,358600,087798,816997,545
  • 武器タイプ一致/全武の魂・大の効率の良い利用例
    イベントで結構大量に入手できる全武の魂の大サイズ。有効な使用法がある(武器タイプの一致した魂「大」でも可)。
    SLv1525
    素材
    x1

    x5
    とすることで効率よく消費できる。更に多く消費したい場合は
    SLv11749
    素材
    x4

    x10
    とできる。
    多少コインはロスするものの、「超」サイズ節約になる。あとはスキル育成最高効率に従って育成しよう。
  • 武器タイプ不一致の魂・超の効率の良い利用例
    イベントで伝説級が解放される前に周回すると獲得せざるを得ない、特定武器の魂・超。
    横一文字や狙撃の魂などは一致するキャラが少なく、特に使いにくい。
    利用例として以下のような例がある。

    クリックで展開

    SLv142849
    不一致
    素材

    x1

    x7

    x10
    一致
    素材

    x1

種によるパラメータ強化

希少なアイテムを使用して更にキャラクターを強化することができる。
種の効果は同一キャラクター全てのレアリティに影響する。
例えば☆3【総合格闘家】ケンゴに種を合成すると、☆5【疾雷の蹴撃】などすべてのケンゴのステータスが上昇する。
ただし☆2以下のキャラは属性ごとに名前が異なる=同一キャラとして扱わないため、同系統他属性のカードは強化されない。


スキルの種

  • キャラクターが持つ基本スキルの発動率を1%上昇させることができる。上昇するのは発動率そのものであり、発動率の基本値が上昇するわけではない。
  • 種の合成はスキルLv100のカードに対してのみ可能
    • 同じキャラクターであれば、スキルLv100でないカードに対しても効果がある。その際もそのスキルLvでの発動率に種の分が上乗せされる形になる。
  • 上昇するのは発動率であり、スキルLvではない。
    よって、バフ・デバフ・回復やダメージの効果・数値には影響しない。つまり、ダメージ倍率や回復量は増えない
  • 上限は「+10%」だが、スキル発動率が100を越えることは無い。よって、発動率が91~100のスキルに対しては、超過分の効果は得られない。
    (つまり、全てのスキルが100%まで到るキャラには使う意味が無いということ)
  • 必要コインは、「500000+強化1回毎に500000アップ」である。
    (初回で500000、二回目で1000000、以降500000ずつ増加、+10まで合成するのに合計2750万コインかかる)

チャージスキルの強化

神器レベルに依存する、転光召喚等でキャラクターカードを入手することでのみ強化される。
イベント配布の☆4/☆3、一部の☆3以下のキャラはドロップでも神器レベルを上げることが可能。

コメント