Top > 用語集


世界観・キャラ用語集

Last-modified: 2019-07-20 (土) 23:47:09

※注意※

  • 性質上ストーリー等のネタバレが含まれております
    その点を留意しつつ、ご覧ください
  • こちらの用語集には主に「ゲームシナリオ・ストーリー中に登場する用語」を扱います。
  • それ以外は→システム・ゲーム用語集
  • 当然のことですが、公式設定資料集「SUMMOPEDIA」の内容は、奥付けにて『許可なく掲載禁止』と記されている為、その内容を転記してはいけません。
    • 他の媒体でライフワンダーズから公開されているもの、及び、誕生日(転光日)/身長/体重の情報を除く。


用語一覧 Edit

あ行 Edit

アウトローズ Edit

 アウトロー[outlaw] = 法の枠の外。はみ出し者。無法者。

新宿区・歌舞伎町を冠するギルド。
小規模ギルドが乱立する新宿区の中でも大規模。
勢力拡大は行っていないが、近付く者には容赦しない。
はぐれ転光生が主な構成員であり、血の気の多い者が集っている。

異界化 Edit

東京の中で、何らかの要因により異世界と重なってしまった場所のこと。時折イベントの舞台となる。
ゲートの力に繋がっていない一般人には存在すらわからないが、転光生やアプリユーザーは中に入ることが出来る。

異世界 Edit

舞台となる東京と十数年前にゲートで接続された、異なる神話体系の世界群。
23のゲートに対応した23の異世界の他にも、未知の異世界が存在すると思われる。

一覧

イベントモブ Edit

期間限定イベント毎に趣を変えつつ登場する、イベントに似合ったモブ達。
その姿はスライムエビルなど通常のクエストに登場する雑魚の改変だが、各種イベントを盛り上げる様々な能力を引っ提げて、戦闘の彩りとなっている。
2019年4月現在、カードとして入手したり☆1・2カードのスキンを変更したりして外見を再現することは出来ない。

各種詳細

エビル
スライム
フェンサー&メイジ&ウルフ
エンジェル
マーマン&マーメイド
ガヴァナー
オニ
黒服
ランタン
テンジン

インベイダーズ Edit

 インベイダー[invader] = 侵略者、侵入者。

東京の南にある侵略者、征服者、革命家が集うギルド。

飢野学園(うえのがくえん) Edit

台東区・上野に存在する教育機関。医学・自然科学・生体情報工学の教育および研究で知られる。
(ゲート)開通当初から主に獣人型の「転光生」を積極的に受け入れており、その生体を解き明かす研究機関でもある。
研究所に「飢野学園研究所」、学生寮として「飢野獣人荘」が存在する。

ウォーモンガーズ Edit

 ウォーモンガ[warmonger] = 戦争屋、開戦論者。

東京の西にあるギルド。主人公と永遠に戦い続けることを願っている。

得真道学園(うまみちがくえん) Edit

浅草に存在する教育機関。三部制で、単位認定制度を採用している。
「悟り」に近づくための修行を授業内容として認めている。
モデルは浅草の旧町名の馬道か。現在は住居表示により消滅した町名だが、馬道通りや馬道交差点などの名称として面影を残す。

エージェンツ Edit

 エージェント[agent] = 諜報員。スパイ。
 
2017年3月のキャラクエスト解放記念キャンペーン内高難易度クエスト「遭遇?エージェンツ」で名前が初登場した、港区・赤坂の名を冠するギルド。
コタロウを頭領とする工作員(エージェント)である忍者たちや諜報員などによって構成されている。
現在は契約の下、六本木ギルドに協力している。

第7章&第8章ネタバレ

例外処理(エクセプション) Edit

矛盾する権能(ルール)同士がぶつかる事によりアプリが正常な処理を継続できなくなり発生する現象。
シュウイチ曰く「神器から溢れ出してしまった権能(ルール)そのもの。」
その時に使用された神器に相応する存在=領域支配者(エリア・マスター)が、空間を割り顕現する。
通常であればアプリを終了すればその影響は元通りになるが、正常な処理が停止してしまっている為、
例外処理(エクセプション)発生後はアプリを終了しても元に戻る保障はない。

  • 例外処理が発生した理由(ネタバレ注意)
    第2章
    第3章
    第4章
    第6章
解決法

領域支配者(エリア・マスター) Edit

例外処理(エクセプション)が発生した場合に出現する、超常の存在。
少なくともその名前から、24の神話に類する異世界の神に等しい存在であると推測される。
その存在の有する力は計り知れないほど強く、易々と"東京"を破壊する。
感情や意思などは存在せず、呼びかけに応じることもないままただ力のままに全てを破壊する。

  • 各章に出現した領域支配者(ネタバレ注意)
    第2章ネタバレ
    第3章ネタバレ
    第4章ネタバレ
    第6章ネタバレ
    第8章ネタバレ

エンタティナーズ Edit

 エンターテイナー[entertainer] = 特技・演芸・歌唱などで観客を楽しませる者。

第4章最終盤で初登場した千代田区・有楽町の名を冠するギルド。第6章で名前が判明した。
アリス曰く『ゲームを盛り上げる「役割」のひとたち』と言うが……?

召喚紋(エンブレム) Edit

「召喚したモノ」と「召喚されたモノ」を繋ぐもの。魂と魂の契約。
唯一無二のものであり、同じ形のものは召喚相手以外存在しない。
また、これを見ることでどの属性を身に宿しているかが判別出来る。
主人公は手の甲にこれが刻まれている。

か行 Edit

学校 Edit

通常の教育機関としての機能に加え、転光生の身分を保証するための役割を持つ施設。
身元を引き受けるためか、いくつかの学校は学生寮を備えている。
多様な寿命を持つ異種族の流入に合わせ、年齢によって学年が決まるルールは撤廃されている。
転光生本人が希望し、試験に合格すれば教員になることもできる。
武玄学園や代神山学園のように、一部の学校は所在地を本拠地とするギルドと密接な関わりを持っている。
現在に至るまで理由は明かされていないが、鬼王などの例外を除いて学園が冠している地名は本来のものとは異なる当て字になっている。

正式な名前が判明している学校・教育機関の一覧
正式な名前が判明していない学校の一覧

窯多(かまた)工業高等専門学校 Edit

クロガネが籍を置いている高等専門学校。大田区・蒲田に存在する。

鬼王(きおう)警察学校 Edit

タヂカラオが通う警察学校。新宿区に存在する。
モデルとなったのは稲荷鬼王神社と推測される。御祭神は宇賀能御魂命(ウカノミタマ)・鬼王権現
(月夜見命(ツクヨミ)大物主命(オオモノヌシ)天手力男命(タヂカラオ))とのこと。

偽装展開 Edit

 いっきますよーーーーーっ!
 「偽装展開」開始――

神器を召喚する際にアプリに出る表示。
神器の能力発動を示唆するもののようだが詳細は不明。

ギルド Edit

東京に溢れるアプリを用いし者達の集い。
大小様々な100を超えるギルドが東京に存在し、各ギルドはそれぞれ少なくとも1つの拠点とギルドマスターを要している。
この拠点が制圧され、ギルドマスターが敗北することでギルドは消滅する。
ギルドを正式発足するためには「ギルドマスター」「アプリバトルが可能な構成員(メンバー)を最低4人」「拠点」の3つが必要となる。
ギルドの全ての機能を利用するためにはさらにもう1人、合計5人の構成員が必要。

本編ネタバレ

ギルドマスター Edit

ギルドを束ねるリーダーのようなもの。
GMとのやり取りを行う権利がある。

クラフターズ Edit

 クラフター[crafter] = 手芸・工芸・民芸などの作家。製作者。

大田区・蒲田のギルド。
各異世界から腕に自信のある職人・技術者が集結した、東京23区内でも特異なギルドとして知られている。
ここのギルドだけは他ギルドも襲わないことになっているが……。

クリエイターズ Edit

 クリエイター[creator] = 表現者、創作者、造物主。

秋葉原のギルド。
クラフターズ同様にモノを作り出すギルドのようだが、
あちらが職人ならばこちらは芸術家といった様子。

(ゲート) Edit

夜でも煌々と光る巨大な柱。異界と異界を結ぶ、開き続ける巨大な門。このゲームのタイトル画面の背景にもなっている。
新宿区中央公園など、東京各地の23か所に突如として出現したと言われている。
その周囲は特別保護封鎖区域となっているが、厳密に塞がれてはおらず出入りは自己責任。
転光生が通り、この世界にやってくる際には光が強くなる。

GAME MASTER(ゲームマスター) Edit

略してGMと表記される、アプリのゲームを運営する組織。
ギルドマスターがアプリを介してのみ連絡を取ることができる。
その正体を知る者は誰もいない。

本編ネタバレ

ゲームマスターズ Edit

 ゲームマスター[gamemaster] = ゲームの進行を執り仕切る者。

第6章で初登場した墨田区・押上の名を冠するギルド。
上記の「ゲームマスター」と関係があるらしいが…。

本編ネタバレ

さ行 Edit

サモナーズ Edit

 サモナー[summoner] = 召喚者。召喚術師。

主人公とそれに集う者達が所属する(している)ギルド。新宿区・西新宿を拠点とする。

SUMMONS(サモンズ) Edit

学生達を中心に利用者が増えてきている、無料通話・メッセージ・チャットを含む多機能アプリ。
単純に『アプリ』と呼称される事が多い。起動した画面には魔法陣が描かれている様子。
一見普通の携帯端末用アプリだが、これを使って閉鎖領域(バトルエリア)を作り出し、主人公達は戦闘を行っている。
機能の中に『ギルド』関連のものも存在し、同じギルドに所属しているメンバーの強化や戦闘の検知、各人の役割(ロール)権能(ルール)の閲覧ができる。

本編ネタバレ

サロモンくん Edit

 さっすがボクの主様ー! やっちゃいましたー! バッチグーです!

ゲームの初期の案内役兼、ゲーム自体のマスコットキャラ。CV:山口勝平
東京へと転移してきた主人公のスマホにいつの間にかついていた使い魔(悪魔)。
その姿は、主人公以外には見えていない……。
(例外はジェド。一度捕らえられた事あり。さらにジェドからは恐ろしい使い魔と言われている。)
執事検定3級、1年生用使い魔教科書など数多くの資格や参考書を持っている。本当かは謎。
主人公の元に、どこからか"着任"してきた様子だが……?
選択肢によってはファーストもふもふを主人公に捧げる事となる。

セリフ一覧
第8章ネタバレ

ジェノサイダーズ Edit

 ジェノサイド[genocide] = その共同社会や民族を滅ぼすほどの大量殺害。集団殺戮(さつりく)

第6章最後に初登場した、千代田区・大手町の名を冠するギルド。

第6章ネタバレ

神器(じんぎ) Edit

 世界を騙し、世界に割り込み、
 偽りの名を以て、閉鎖領域(ここ)に顕現すべし!

持つべき役割(ロール)を持った者にのみ、振るうことが許される神の器。
これにより、特定の権能(ルール)を世界に押し付けて物理法則を書き換え、
通常では有り得ない現象を引き起こすことができる。
東京には23の異世界、24の神話からなる「神器」が溢れており、
主人公は剣、シロウは本など物品の形を取るものの他、バティムの尾やシトリーの翼のように身体の一部が神器となっていたりと、様々な形態の物が存在する。
また、神器を召喚する為には対応した役割(ロール)権能(ルール)を宣言しなければならない。
公式な英語表記は『Sacred Artifact(神聖な遺物)』。

考察

信仰 Edit

閉鎖空間で過半数を集めた信仰はチカラを持つ。それがこのゲームのルールとのこと。

神宿学園(しんじゅくがくえん) Edit

主人公達が通う学校。新宿区に存在する。
指定制服はバリエーションが豊富であり、自分で用意してもいいほどに自由。

隠れ家(セーフハウス) Edit

ギルドメンバーが屯するための場所。いわゆる安全地帯となっていて、他ギルドメンバーは任意の制約を課せられる。
マイギルド機能を使ってアプリに登録した場所がセーフハウスとなる。

世界代行者 Edit

東京と繋がる23の世界の「勝利者たち」。

世界柱 Edit

世界を巻き戻す時の大逆流(さかしま)に耐え、留まるものの象徴。ループを超えて記憶を留めることが出来る。

た行 Edit

代神山学園(だいかんやまスクール) Edit

渋谷区にある、インターナショナル・スクールとして有名な学校。
初等部から大学部までが存在する一貫教育校。
封鎖された東京で、国外の文化・催しを生徒に教えることを目標としている。
敷地内に礼拝堂があり、行事の一環としてボランティア活動を行うなどのミッションスクールを連想させる特徴を持つ。
空中庭園を有したり、アイドル歌手が在籍する芸能科が存在するなど少々変わった所もある。
礼拝堂はミッショネルズの本拠地になっていて、学園の生徒がギルドの構成員を兼ねていることも少なくない。
バーサーカーズ構成員の受け皿として存在している武玄学園とは異なり、ギルドに所属していなければ入学できないというわけではない。
2月にバレンタインをテーマにした学園祭・通称『代神山チョコレートフェスタ』が、10月にハロウィンイベントが開催される。
2017年2月のイベント『バレンタインパニック!』の終盤と2017年10月のイベント『ハロウィンなんてこわくない!』にて舞台となった。

大君(タイクーンズ) Edit

 タイクーン[大君/tycoon] = 実力者。大物。巨頭。将軍。

港区・六本木に存在するギルド。形式上ではあるがリヒトがリーダーを務めている。
構成メンバーのいずれもが各異世界で頂点を極めた支配者たちで固められているため、組織としてのまとまりは存在していない。

タオシーズ Edit

 タオシー[道士/Taoist priest] = 道教を信奉し、道教の教義にしたがった活動を職業とするもの。

台東区・浅草に存在するギルド。第9章後半にて登場。歌舞伎町のアウトローズとも違う形で他との不可侵・不干渉の方針を取っている。

多数決 Edit

集中

チョコショゴス Edit

 テケリ・リ―――――ッ!!

バレンタインイベントにて大量に登場する、見た目はリボンが付いたチョコ色のスライム。
その実態はチョコで出来た名状しがたき何か(ショゴス)という危険物。はい、SANチェックです
シロウの持つ神器(ネクロノミコン)に書かれたレシピ(ショコラと見間違えた物)を元に彼が製作。
そこに使い魔であるエビル達が鍋を囲み"おいしくなーれ"と踊って願いを込め、更にシトリーの羽根により魔力が加えられた結果発生してしまった。
食べた場合はシトリーの羽根に触れた場合と同じく登録された相手を愛するようになってしまう。
同イベントの敵モブの多くに共通する [被ダメージ時]自身に暴走付与 を持ち、
更に [被ダメージ時]相手のCP減少 という固有スキルも所持している。
2018年のバレンタイン・ジェイル!では属性・武器・追加スキルが異なるバリエーションを揃えて再登場した。

転光生 Edit

東京の各地にある異界へつながる「ゲート」、そこから訪れた人に似て人ならざる者の総称。
一般的に牙や角、羽など「一見して人ではないと分かる風貌」をしているとされており、それらの特徴を隠す事は法律で禁じられている。
基本的に異界からの留学生として法律により身分が保証されており、東京内のいずれかの学校に所属し生徒や教師といった立場をもって暮らしている。
しかし、法律の成立以前に現れた者や召喚主がすでに存在しない者、裏社会に雇われる者などもおり、人を無差別に襲う「はぐれ転光生」と化している者もいる。

東京カジノ Edit

カジノの他にエステサロンなども含む、六本木に存在する複合エンターテイメント施設。オーナーはハクメン。
地下に「いろはにほへと」の47階層からなる23の異世界を再現した街がある。
第5章最終盤に崩壊してしまうも、ハクメンは再建をあきらめてはいない。なぜなら……

TSL(東京山賊レジャーリゾート) Edit

ギュウマオウが経営し、ハクメンがオーナーを務めている復興した東京カジノに設けたリゾート施設。砂漠のオアシスをコンセプトとしているらしい。
デザート☆ジャーニーでは異界化したここ、TSLが舞台となり、主人公一行含め「西遊記」の登場人物に扮したキャラクター達が登場する。

東京サンタスクール Edit

東京へとやってきたサンタの転光生が通うサンタの養成学校。神宿学園とはわりと近いらしい。
ジェドが校長を務めており、リョウタと中学時代同級生であったヨウルが通っている。
授業にサンタ学があったりサンタ強化合宿がある以外は普通の学校とのこと。
2016年12月のイベント『見習いサンタの贈り物』と2017年12月のイベント『誕生!聖夜のNEWヒーロー?』にて舞台となった。

東京バベルタワー Edit

一切不明。第6章にて背景にそれらしいものが写っているのが確認出来る。
運営、あるいはアプリそのものに関連があるようだが……。

本編ネタバレ

な行 Edit

ニッセ Edit

 ハッピ―――――ッ!
 メリ―――――ッ!
 ジングルベ――――ッル!!

クリスマスイベント『見習いサンタの贈り物(2016年12月)』及び『誕生!聖夜のNEWヒーロー?(2017年12月)』に登場したユニークエネミー。
外見はサンタ帽をつけただけのエビル。正体は『サンタを手伝う小人たち』。
エビルとは違い、打撃や魔法など様々な攻撃範囲を持っている。
特有のスキル効果が「[攻撃時]敵に魅了付加」とかなり凶悪であり、多くの転光生を足止めすると同時に、
同イベントで特別な効果のあったスキル「幼き者」、2017年12月のイベントで新しく追加されたブーストアイテムを強調させる立役者であった。

は行 Edit

バーサーカーズ Edit

 バーサーカー[berserker] = 北欧神話の異能の戦士。ベルセルク。狂戦士。

「転光生」たちが集う地下格闘場を保有する、豊島区・池袋ギルド。リーダーはクロード。支配人はスノウ。池袋西口公園にポータルがある。
地下格闘場は紹介制であり、参加をするには既に実力が認められた強者からの招待が必須。
その上でギルド構成員と力試しを行い、実力が認められる事で中に入る事が出来る。
闘技場では参加する者にそれぞれランクが振り分けられ、試合毎に勝者にはコインが支払われている。

閉鎖領域(バトルエリア) Edit

アプリでバトルする時に展開される特殊領域。
非アプリユーザーは中で起きている事を認識できず、アプリユーザーも戦闘に参加していないと内部に干渉できない。
内部で起きた事は戦闘終了後にリセットされ、たとえ死んでも生き返るが、記憶は残る為「死の恐怖」がトラウマになる危険がある。

武玄学園(ぶくろうがくえん) Edit

池袋ギルド・バーサーカーズが運営する学校法人。
バーサーカーズのメンバーに対し、学生としての身分と生活を保証する受け皿としての役割を持つ。
学園への所属はあくまで義務ではなく権利であり、他校に通っているメンバーも存在する。

不死見学園(ふじみがくえん) Edit

かつてとある宗教法人が設立・運営していた学校。

第8章ネタバレ

ビーストテイマーズ Edit

 ビーストテイマー[beast tamer] = 猛獣使い。

飢野学園研究所を拠点にしている台東区・上野ギルド。第8章中盤で登場。

拠点(ポータル) Edit

名前の通りギルドの勢力範囲を示す拠点。
拠点を賭けたバトルの勝敗によって所有権が移動し、失った場合はギルドが消失する。
誰でもアクセスできる、公共性のある施設以外を登録することはできない。

ま行 Edit

魔属性 Edit

 どうして、お前は──
 オレと同じ姿をしているんだよォォォ?!

通常の、火・水・木・天・冥の五属性に対し優位であると同時に弱点(1.5倍のダメージを与える)ともなる特殊な属性。主人公の全属性とは互いに等倍のダメージを与え、英雄属性からは2倍のダメージを受け、世界属性に2倍のダメージを与える。
冥属性よりも昏い、黒いオーラをまとっている。また、関連する人物と「鏡映しにしたように」そっくりの見た目を持つ。
設定上、元となったキャラクターに関連した存在を組み合わせたキメラとなる。

考察(ネタバレ注意)

MISSONARIES(ミッショネルズ) Edit

 ミッショネリー[missionary] = 伝道師。宣教師。使節団。主義の宣伝者。

代神山学園敷地内の礼拝堂を拠点にしている、港区・青山ギルド。
渋谷区から港区にかけて、大きく構成員を抱えている。
元々はボランティア団体が母体となって自然発生したギルドであり、地元自治体からもNPO認可を得ている。
現在は東京の東側へ出かけたギルドマスターが不在のため、マリアがギルドマスター代行を務めている。

や行 Edit

依々祇学園(よよぎがくえん) Edit

中高大一貫・授業料&寮費完全免除の東京屈指のスポーツ名門校。厳しいトレーニングで知られる。
しかし、学園生活の全てを練習に捧げているため、同校の生徒たちはいまいち世間の流行に疎い傾向がある。
ドゥルガーの登場で共学だったことが明らかになった。生徒のむさ苦しさから男子校だと思い込んでいたプレイヤーは少なくないはず……。
上野もふもふ夢王国!』にて、大会や合宿などで一般教科の「成績」や「出席日数」が足りない場合、「必修科目」については早朝の補講か課題で補填、音楽や美術などの「選択科目」の出席数は外部セミナーやワークショップでも補填可能となっている。

ら行 Edit

ランタン Edit

 トリック・オア・トリーック!

2017年ハロウィンイベント『ハロウィンなんてこわくない!』にて初登場のエネミー。
外見はカボチャの被り物をした子供たち。属性によってキャラが異なり、冥属性担当は女の子。女の子の表情がポプテ○ピックのポ○子っぽいと一部で話題になった。
スキル「霊体」によりフィールドを縦横無尽に動き回り、憑依付与攻撃でこちらの攻撃範囲を反転するという凶悪な性能を持っていた。

竜蛇 Edit

集中

権能(ルール) Edit

 汝、この世に在るべき名を持たねど、
 汝、この世を支配する権能(ルール)にあらねど――

神器より溢れる「神の力」の一端。神器を召喚する際に宣言する。
神器の持つ能力、その「神の力」の性質を表している。
様々な権能(ルール)があり、同じものを持つ者も確認されているが、
役割(ロール)との組み合わせまで被るものは確認されていない。
 
権能(ルール)の種類は数多くあるが、同じような効果を持つ場合には、例え別の権能(ルール)であろうとも同一対象に対し重ねがける(上書きする)事は出来ない。
また、全く逆の効果を持ち、矛盾を引き起こすような権能(ルール)かち合った場合には……。
「どのように生きるか」(出典:第9章)

一覧

役割(ロール) Edit

神器使いが神器を持つ事を許されている事を示す資格。神器を召喚する際に権能(ルール)と共に宣言する。
権能(ルール)同様同じものを持つ者が確認されている。
権能(ルール)を扱うための代償であるとの言及がある(出典:Go Go! 秘島探検隊)。
「どのように死ぬか」(出典:第9章)

一覧

六本城学園(ろっぽんぎがくえん) Edit

東京23区の政財界の支配者が集まる名門校。
六本城学園に通う生徒はそれぞれメイドやSPなどの従者を連れており、前者と後者で授業内容が異なる。
2018年2月のイベント『バレンタイン・ジェイル!』では、校内を改造した牢獄が舞台になった。

わ行 Edit

ワイズメン Edit

 ワイズメン[wisemen] = 賢者。魔法使い。

叡智を奉ずる文京区・本郷ギルド。
デュオ、シュウイチの兄弟がマスターと副マスター。

コメント Edit

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 今更なんだけど、サロモン君みたいな使い魔って主人公のスマホにだけいるのかな?それとも他のアプリユーザーにもサロモン君ではないにしろ似たようなのいるのかね? -- 2017-08-20 (日) 19:39:38
  • 基本的にはいないんじゃないかな?じゃなかったらサロモン君と話してる様子をあんな風に言われないだろうから -- 2017-08-25 (金) 17:43:39
  • 依々祇学園がサ行とヤ行に2つある。ヨヨギだとは思うけど公式には読み方不明。 -- 2017-08-25 (金) 18:06:55
  • 第○限界突破だけストーリー用語ではなくシステム用語なんだけどこのページに要るかな? 専用ページあるし消してもいいのでは? -- 2017-08-25 (金) 18:08:39
    • 一応このページ自体と『第〇限界突破』の欄も作った者だが、自分はストーリー用語だけじゃなく色んな用語が載ってていいのではと思っている。もちろん、放サモに関係する用語のみというのは当たり前だけど -- 2017-08-25 (金) 18:33:04
  • 『依々祇学園』、今サ行に入っているけれども、これもしかしたらヤ行かもしれんね -- 2017-08-25 (金) 18:40:31
    • と思ったらヤ行にも入っていた。『依』の字は イ・エ と よる が読みだしヤ行でいいかもですかな -- 2017-08-25 (金) 18:43:26
  • ヨヨギと判明しましたね -- 2017-08-27 (日) 01:05:12
  • まだ名前が出てないけど恐らく実装済キャラの故郷として存在する異世界として、中国・インド・チベット・北欧・ペルシャの神話体系がありそう。カルキはインドとチベットどっちの所属か不明で面白い -- 2017-11-18 (土) 03:32:09
  • ちょいちょい書き足しました。知ってることあったら追記して下さい -- 2017-12-01 (金) 11:31:17
  • サロモンくんチケットの項、霊符→召喚符に直されてたがアイテム説明で霊符と書かれているから間違いじゃない所なんだよな……編集者は気になったんだろうが -- 2017-12-10 (日) 17:00:14
    • そもそもこのページに載せる必要のある用語ではないと思う -- 2017-12-10 (日) 20:42:27
      • だったら消せばいいよ -- 2017-12-11 (月) 01:11:53
      • 誰かがあっていいと思って書いたものだし、無くていいと思うなら消せばいいと思うよ。 -- 2017-12-11 (月) 01:13:25
      • ストーリー用語とゲーム用語が混じってるのが良くないんだろうと思って分けてみました。本当はこのページも「ストーリー用語集」にリネームしたかったけど管理者権限が必要みたいだったんでいじりませんでした。必要無ければ戻して下さい。 -- 2017-12-11 (月) 17:42:53
  • ルミア・カナロアやカナーンの設定からかつて東京に接続したのが23なだけで異世界の数自体は更に多い模様 -- 2017-12-24 (日) 01:32:43
  • 依々祇って男子校かな? -- 2018-01-20 (土) 01:59:50
  • ギルド一覧ってどっかにあります? -- 2018-02-07 (水) 07:50:28
    • メニューの仲間一覧に『ギルド別』 -- 2018-02-07 (水) 12:09:26
      • ありがとうございます。 -- 2018-02-09 (金) 18:16:14
  • 作中に情報が全然出てこないアリスのギルド『ワンダーランド』はこのまま無かった事にされるのか、伏せんなのか・・・ -- 2018-05-21 (月) 14:43:26
  • セト(エジプト神話)とハヌマン(インド神話)の世界の名前がでたね -- 2018-09-12 (水) 22:24:59
  • 世界柱って人物というよりは神器みたいですね。また完全な記憶を保持する真の世界柱と、部分的な力しかない柱とがあるようで。前者はアザトースの玉座、コロポックルのフキなど。後者はオピオーンの牙、オニワカの角、スルトの兜など。 -- 2019-06-03 (月) 19:15:47
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White