不破湊/詳しく知りたい

Last-modified: 2021-12-04 (土) 04:19:09

本人に関するエピソード

  • 2019年11月、白雪巴グウェル・オス・ガールと共にデビュー。3人で「夜王国(ナイトキングダム)」を名乗る。デビュー時、Twitter位置情報が「病み村」に設定されていた。(これは鬼畜系ゲームが趣味だということから設定したようだ。)*1
    • 後に、にじさんじオーディションで面接官に「同期が男だったらそいつを◯します!」と言うと「分かった!同期の男は君に任せよう!」と言われた結果、夜王国が誕生したことが語られた
      • その他オーディション話についてはこちらまで。
  • ホストだがお酒は飲めない*2
    • 昔は飲めていたが肝臓をやらかしてしまったため、当分は飲めないとのこと。
    • 飲んでいた頃について何度か言及した
      :『酒に溺れるってことは何か忘れたいこと、考えたくないことがある人が多いと思うんですよ。私も一時、そういう時代があったのかなと思います』
      • 大学時代ゼミの様な男女混合の旅行でお酒を飲みすぎてしまい、女子の部屋で吐いた過去の失敗エピソードがある。
    • デビューから1年が経ち、お酒が解禁された

      飲酒配信一覧

  • 髪に赤いメッシュと青(紫)のインナーカラーを入れているため三枝と黛の弟ではないかとツイートしたところ、黛から「俺と明那の子だよ。」という驚愕の回答があった。
    • :「母さん!? ずっと探してました、、」
      :「それはちょっと含みがありすぎる。」
      :「ママ!👨🏼‍🦰今月のお小遣いが欲しいのですが👨🏼‍🦰」
      :「ぼ、ぼくも、、(失礼)」
      :「しょうがないなあ。はい。(和同開珎)」
    • また、上記のツイートは不破のTwitterデビュー日にされたツイートであり、三枝・黛との初絡みとなった。
  • ピアスは昔開いていたが今は閉じてしまった
    • 両方に開けるのではなく片耳に集中して6個ほど開けていた
      • 陰キャなので病院でちゃんと開けた。
    • その後、スーツ衣装でピアスの存在が確認された。
  • あまりテレビを見ないエピソードを披露したが、何故かNHKの集金業者に対してのアタリが強かった。
    • その後、テレビを見ないのは過去にNHK業者が集金に来た際にキレて目の前でテレビを捨てたため見れないと発覚
      :『皆様もテレビ見ないのであれば捨てたほうがイイっすね』
  • 当時、コメント検索サイトで「喘ぐな」という単語を検索するとコメント総数上位5本の動画が彼の動画であったため、喘ぐなランキング1位の男と呼ばれた事について「名誉がある」と発言。
    • 現在では上位13本の動画が彼の動画である。*4
  • アイドルマスターシンデレラガールズをプレイしたことがあり元双葉杏Pであると告白。
    • さらにロリコンであると発言。
    • しかし、後の三枝明那とのARK配信にてロリコンなのか問われた際に否定した。と、思われたが…
      • :『あれだよね、姪っ子が可愛いみたいな…』
        :『いや、ロリも好き』
        :『あっ…スッーーー』
    • 童顔の子(ロリ系)も好きと言う意味らしく決して実年齢を指しているわけではないとの事。
      また、「お姉さん系もめちゃくちゃ好き」と発言していたりと、ロリに限らず単にストライクゾーンが広いようだ
      • :『じゃあ(女性のタイプは)全部好きってことで?』
        :『全部好き!嫌いがない!』
        :『ふわこだから許されるなぁ...w』
  • 幼少期はかなりのやんちゃっ子であった。
    • 家に来た兄の家庭教師を「いかに笑かすか」という遊びをしていた。
      • 「俺は家庭教師が家に来るのを認めないからな」という思いで、情報を仕入れるために食べ物をあげに行ったり、兄と家庭教師が机で勉強している裏ででんぐり返しをし、壁にぶつかって恥ずかしい思いをしたりした。
    • 兄の携帯の着信音を勝手にホラー映画『着信アリ』のBGMに変え、兄をビビらせた。
    • 中学生の頃、学校をサボって朝牛丼を食べに行っていた
      • が、バレて電話がかかってきたため数回で止めた。
  • 初めてプレイしたゲームは『ゲゲゲの鬼太郎 復活! 天魔大王』。2人プレイもできるため、兄の影響で一緒に遊んでいた。
    • その影響か、公園で砂を被り頭をカリカリするという、妖怪のような遊びにハマっていた。
  • 幼い頃、習い事で書道をしていた。そのため普段の字より書道の字のほうがキレイ。*5

配信に関するエピソード

2019年

  • 【初配信】はじめまして!バーチャルホストの不破湊です!【にじさんじ】
    初手でホストの代名詞ともいえる歌「LOVEドッきゅん/CLUB PRINCE」*6を歌いだす。
    • 更に2回目の配信でもCMとして披露、と思いきや名乗り口上の途中でキャンセルする流れを作る。通称よろキャン
      • この「よろキャン」はその後もほぼ毎回OPとして使われていたが、最近ではOPは完全に不破の気分でキャンセルされる部分が決まるようになった。
      • 初配信から約1年半後、LOVEドッきゅんを単体動画として投稿したところ、LOVEドッ」「お前らの事好き」「俺ホスト」「不破湊/CLUB PRINCE/にじさん」でTwitterトレンド入りを果たした。
      • その後配信内で「実はオケは2番まで作ってある」「歌と動画が間に合わなかっただけでいつかフルが見れるかもね」と話した。(伏線...?)
    • その歌唱力とは裏腹に、ふわふわしたトークで天然ぶりを発揮した。
      • 初配信ではモンスターエナジーで乾杯した。以降の配信でもよく飲んでいる。どのみち肝臓によくないのでは……?
    • ナイトキングダム(夜王国)ナイトミュージアムと言い間違え、後にダークナイトと間違えた。
    • チャンネル登録者数の目標は1000万人
      • チャンネル登録者数10万人で貰える『銀の盾』を100個家に飾った写真を皆様へお見せするまでライバーとしてやっていきたいとの事。
    • 次回配信の告知をしようとした瞬間に配信が落ちた。リスナーからはチェンジされたと言われ続けた。
  • 視聴者参加型負けたら即終了スマブラ配信
    を行ったものの、一戦目でガノンドロフに敗北し15分弱で配信を終えた。使用キャラはポケモントレーナー(リザ単騎)。このアーカイブは闇に消えた。

その後...

第2回マリカ杯本選


2020年

  • 孤独のスプラ
    初のスプラ配信。当初AM1時に終了予定だったが、何故か5時まで配信。時間が経つにつれて支離滅裂な発言が増え幼児化したりさかな君になったりオタクくんに変化していった。結果、6時間の長時間配信となった。また、不破を象徴とする脳死はこの配信から生まれた。
    • 基本的にオールラウンダーだが主にスプラシューター、.96ガロン、.52ガロン、デュアルスイーパー、シャープマーカー、バケツを使っている。
    • スプラのウデマエはエリア、ヤグラ、ホコ、アサリ全て最高ランクのX(上位1%)の実力者。
    • 初代スプラトゥーンのプレイ時間は4桁。当時はジャイロオフの期間がありチャージャーメインだった。

主な内容

さんばか城にて作業中の椎名唯華がクモの捕獲に成功し、ペットにするべく名札を欲していた際たまたまログインしていた不破湊天宮こころに名札の配達を頼んだ。
:『Uber eats@1』『名札頼みたいんですけどぉ』
:『Uber eatsです』
:『名札はこちらにあるのでUber eatsさんとりにきていただければ^^』

  • 注文キャンセル*8(クレーム)が入ったりとハプニングもあったが、無事Fu-wa-Eatsとしての仕事を完了させ椎名唯華から配達の報酬としてエンチャント弓を貰う。
    • が、誤ってその弓で椎名唯華をまさかの誤射。
      :『ほんと申し訳ありません!!!!!!』
      :『もういい;;家から出えへん;;
  • その後、地下の採掘中にダイヤを見つけた不破は、椎名唯華天宮こころに先程の詫び/お礼ダイヤとポピーの花を届けるためにさんばか城と天宮宅に向かうことに。
    • が、さんばか城から天宮宅に向かう途中椎名唯華にトロッコ衝突。
      :『なにすんねん!!!!!!!!』
      :『ごめんなさい違うんです!!』
      :『逆や逆ううううう』
    • 天宮宅から帰る途中、またもや椎名唯華とトロッコ衝突。
      :『おい』
      :『本当に申し訳ありません、、』
  • 配達された名札で「ふわみなと」と名付けた襲撃者を監禁していた椎名唯華だったが、全ロスをしたことで改心し、「ふわみなと(襲撃者)」を自由の身にした。
    • しかし、詫びダイヤとポピーに気づいた直後に「ふわみなと」によって椎名唯華が射抜かれ死亡してしまう。
    • 「siinayuikaはふわみなとに射抜かれた」というキルログを見た不破はキルログだと気づかず、詫びダイヤとポピーを送るという行為をした不破に(ハートを)射抜かれたと椎名唯華が自分でチャットを送ったと勘違いし「僕の想いです 大事にしてね」と送った。
  • 最終的には不破も全ロスをし、本来の目的である整地をほとんどせずに配信は終了となった。

案件後の話

案件オフコラボ後、4人で食事に行ったが「もうここ飽きたなぁ!次んとこ行こうぜ!」と店をハシゴ(夢追は途中で離脱)した結果、終電を逃しカラオケで朝までオールした

  • 【UNDERTALE】Gルート完全初見配信【にじさんじ】
    Undertaleは公式ページに「このRPGでは、あなたは誰も殺さなくても良い」と書かれており敵を倒さなくてもクリアできるがGルートはこの趣旨に反して全ての敵を虐殺しなければ発生せず、他ルート(N,Pルート)と比べ圧倒的に難易度が高い。
    この配信は以下のネタバレを見ずに配信を見ることを推奨。

以下配信のネタバレ

  • Gルート最初の関門である不死身のアンダイン戦をわずか2回目でクリア。攻略時間はたったの8分17秒。
  • 最大の難所であるサンズ戦の25戦目にて、Undertale内で最強の回復アイテムとされるバタースコッチパイ(HP全回復)をまさかの誤食するも、そのまま攻撃をしのぎ切りサンズ戦をクリア。
    • しかし、コメントのネタバレ無しで自力でエンディングまで辿り着こうとした結果ドキドキ文芸部*9の影響でリセットしてしまう。無情にも再戦となった。
    • 再戦となった26戦目にて、バタースコッチパイをまたもや誤食。しかしサンズのスペシャル攻撃を再びしのぎ切りサンズ戦を2連続突破した。
  • 結果的に、完全初見でありながら驚異のスピードである5時間半でGルートを攻略した
  • クリア後のエンディング分岐で本命択を選ぶことが出来ず、再度エンディングを見るには10分放置しなければならなかった為、暗黒画面の中雑談を行なう。
    • しかし、10分後再び択をミス。その結果、真っ暗な画面で30分雑談を行なうという何ともシュールな絵面となった。

後日談

最強雀士決定戦準決勝~

  • 第1回 大乱闘スマブラ SPにじさんじ杯【#にじさんじ大乱闘】
    共同主催ではあるが、自身が主催した初の大型企画。(個別ページ)
    総勢40名のライバーが参戦し大きな盛り上がりを見せた本大会では、共同主催者の本間ひまわりとともに実況解説を行った。
    • ルール決めに際して、「僕に任せてください」「事故ったら責任取ります」という言葉があったから安心して任せられた、かっこよかったとひまわりから評価されている
      • 大会5日前に行われた抽選会の時点ではルールはまだ定まっておらず、ギリギリまで調整していた。
    • 大会での解説のためにアイテムはもちろんのこと、アシストフィギュアやポケモンの勉強も行っており、多くのリスナーから賞賛の声が送られた。
  • 【 #不破湊新衣装 】僕の本当の姿、お見せします【にじさんじ】
    Twitterで産声をあげてから丸1年が経過して行われた、初の新衣装お披露目配信。告知後すぐに「#不破湊新衣装」がTwitterトレンド入りし(なぜか「GANTZスーツ」*11が合わせてトレンド入りした)示した。

    • 謎の黒い球体によって、別世界に転送されハードスーツに身を包んだ状態で登場。気に入らないコメントが流れるとビームを発射し始める。最終的に大量のビームを放出し、画面はブラックアウト。
    • 唐突に「シャンパンゴールド/伊弉冉一二三(ヒプノシスマイク)」をカバーした歌動画が流れる。
      • 合いの手は星川サラ、イラストは竜胆尊が担当している。
      • この瞬間、登録者数が200,000人を突破。
    • 歌が終わると新衣装であるスーツに着替えた状態で登場。肝臓が回復したと報告した上で、リスナーとシャンパンで乾杯した。
    • 差分の紹介やスクショタイムを挟み、1年間応援してくれたリスナーや支えてくれたライバーに感謝を示した。

第3回マリカ杯準決勝~

【マリオカート8DX】#マリカにじさんじ杯 準決勝and決勝戦【にじさんじ】

  • 準決勝では、前回大会1位と2位のChroNoiRや第1回優勝者の成瀬鳴といった強豪揃いのグループAで3連続1位をもぎ取り、圧倒的な実力を見せつけて1位通過を果たした。
  • 決勝では安定して上位を取り続け、4レース目を終えた時点では総合1位であった。ところが、5レース目のコース「べビィパーク」*13で波乱が起こり、最終順位は総合2位、惜しくも準優勝となった。

●【スプラトゥーン2】2434キル耐久配信

リバイバル開催されたフェスを受けての企画配信。
にじさんじをもじって、合計2434キルするまで終わらないと銘打って行われた。

配信内容

  • 【スプラトゥーン2】超耐久!!2434キルするまで終われない復活フェス配信!!【にじさんじ】LAST

    耐久配信の結果

    • 開始から29時間以上、一睡もせず346マッチをプレイした末に目標の2434キルを達成。
    • 食事はおにぎり2個と柿ピーのみ。
    • 「スプラフェス2434キルまつり」がTwitter上でトレンドに浮上。多くのリスナーに見守られながら最終戦を勝利で飾り、華々しく完走の瞬間を迎えた。
    • 最後まで疲れを感じさせない軽快な脳死トークを繰り広げ、長時間配信ながら「楽しかった」と笑顔で締め括った。



●【APEX】ダイヤになれなかったら引退シリーズ

第2回CRカップに急遽出場することになり、強くなるため自分を追い込むことに。当初はいつもの引退芸だったのだが、多くの仲間が駆けつけた。不破の成長と人望の厚さが窺える配信となっている。

配信内容

最終結果

無事ダイアモンドⅣに到達。
Twitterのトレンドには「ふわっちダイヤ」が浮上し、数々の有名配信者やリスナーからお祝いのリプライが届いた



2021年

麻雀杯2021準決勝~

  • 【帰ってきた魔界村】最高難易度『伝説の騎士』クリア耐久配信 1周目【にじさんじ】(2枠目)
    カプコン様のご好意により、リリース前夜に先行プレイさせてもらえることとなった新作魔界村の耐久配信。過去作で培ってきた技術と類稀なるゲームセンスを駆使し、超鬼畜モードである『伝説の騎士』を16時間でクリアした。
    • リリース開始3時間前からプレイしていたこともあり、この配信が『伝説の騎士』配信者最速クリアとなった。
    • 2枠目のタイトルが2周目となっているが、1周目なので注意。
  • 【#不破湊3D】夢は叶います【にじさんじ】
    デビュー1.5周年日に告知された待望の3Dお披露目配信。
    • 新衣装配信に引き続き、なにやら怪しさが光るサムネイルとなっているが、実は背景にもこだわっている
    • お披露目前日には緊張のあまり逃亡したりもしたが、翌日の正午、宣伝のためYouTubeの全体コミュニティに初投稿をした。
      この配信は以下のネタバレを見ずに初見で視聴することを推奨。

      配信内容

      • カウントダウンが終わると、NHKの某ドキュメンタリー番組のオマージュが始まった。
        • 番組のナレーターは何故それほどまでに人気があるのか不破湊キッズ代表に直接話を聞くことに成功し、スガシカオの名曲のカバーに乗せて配信風景を取材、その秘密に迫った。
      • 眠れない街「バーチャル東京」の夜、不破はとあるバーでとある女性と待ち合わせをしていた。
        • 不破が初めてサシでコラボした相手である女性、星川サラに3Dお披露目のことを相談し、激励を受ける。さらに、「星川が投げるボールをキャッチ出来たらお披露目は成功する」というおまじないを実行。そして失敗。彼は夜王国共々、遺影(絵:轟京子)となって燃やされたのであった。というか燃やされたのは主にこの男である。
        • なぜか最後はナレーターが交代しており、BGMは弦月藤士郎によるオリジナル仕様となっている。
      • 映像パートが終わり、LIVEパートが開始。
        • 1曲目は配信恒例のOP曲、LOVEドッきゅんでスタートを切った。2番から先を解禁したのは今回が初となる。
        • 間奏では、一時期彼がハマっていた挨拶である「おりゃあああああ!!」が使われた。
      • 曲と挨拶が終わるとスパチャタイムに突入。
        • スーパーチャットが送られるとシャンパングラスが徐々にニョッキしせり上がり、シャンパンタワーが立派なお花になる出来上がるという斬新なシステムで配信を賑わせた。
      • スパチャタイムが終わるとゲストとのデュオライブが開始。
      • 1人目のゲストはメッシャーズを初めとし多くのコラボを重ね、不破の最多タイマンコラボ回数相手であり、共に「怪物」をカバーした仲である三枝明那が登場。
      • 2人目のゲストはAXFのボスであり、多くの戦場で仲間・ライバルとなり、特にAPEXやARKで非常にお世話になった葛葉が登場。
        • ラップ曲である「ココロオドル」でラップバトルを行った。
          :『ラップバトルしようぜ!!』
          :『お手並み拝見~^^』
      • ラップバトルが終わり2人でつかの間の談笑を楽しむも、不破は謎の空間に転送されてしまう
        • 謎の空間の謎の球体から謎の音楽とともに加賀美ハヤトを倒せ」という司令を受け、荒廃した街へと転移した不破。そこで魔武天で仲間として共に戦った加賀美との邂逅を果たし、戦闘になる。
        • 早瀬走による「空色デイズ」のカバーをBGMにGANTZスーツのようなものを身に纏った2人はスマブラのような画面とSEが流れる中対戦し、1勝1敗で引き分け、戦いはライブへと持ち越された。
        • また、この荒廃した街は加賀美の3Dお披露目配信でボルメテウス・ホワイト・ドラゴンを召喚した思い出の地である。
      • 茶番を終え(本人は記憶を喪失)、加賀美とのライブパートでは「金色グラフティー」を歌唱。
        • :『『お前の見てる世界は』』
          :『金色グラフティー!!!!!』
      • 他にもお世話になった人、好きなライバー、呼びたいライバーは沢山いたが、尺の都合でコラボパートはここまでとなった。
        • 「一人じゃ絶対に立てていない。にじさんじのライバー、皆様のお陰でこのステージに立てている」と感謝を述べた。
      • 〆のトークの後、落ち込んだ時に元気になれる曲として昔から好きな「ハルカヒカリ」を歌唱。最後には今まで出会ってくれた全員に感謝を述べ直筆のエンドメッセージを残してお披露目配信は幕を閉じた。

      • 「#不破湊3D」は日本のトレンド1位に輝き、その他「ふわっち3D」や「グウェル・オス・ガール」、「シャンパンタワー」、「アッキーナ」、「ココロオドル」、「GANTZ」、「グレンラガン」などもTwitterのトレンドに浮上するなど、非常に大きな盛り上がりを見せていたことがわかる。

      • 『見ている人たちが休憩する間もない、ジェットコースターのような1時間にしたい』、『ライブがしたい』をコンセプトにお披露目内容を構成していったと後日語られた。
        • また、自分一人の力で3Dお披露目という場に立てたわけではないため、ライブに関してはソロでライブを行うのではなく、お世話になった方々を呼びたいという思いがあった。
        • その他裏話についてはこちらまで。
  • 【レバガチャダイパン杯 】決 戦【にじさんじ秋のスマブラ大運動会2021】
    レガバチャ爆ヶ原に次ぐレバガチャ主催のお祭り企画。不破は社築率いる白組として参加。
    • 初戦の相手はにじさんじ大乱闘でも上位に残った弦月藤士郎。上Bで復帰しようとするゼルダを「まほうのツボ」で阻止して1ストック削り、「アシストフィギュア」のリオレイスを早々に討伐。ここまでの流れはよかったが、チャージ切り札を外してしまい逆に相手のチャージ切り札で1ストック持っていかれてしまう。さらに「カプセル爆弾」で低ダメージのままバーストされ、一気にピンチに追い込まれる。それでもなんとか意地を見せ、ギリギリの戦いを制した。が、なんとこの試合、畳であった

      2戦目以降

      • 2戦目の相手は葛葉。以前対戦した際は初見だったセフィロスに苦しめられたが、今回はアイクを使用していた。ストック持ち込み制のため不破は1ストック、葛葉は2ストックからの勝負となるのだが、なんと葛葉は自ら落ちることで1ストック同士の真剣勝負を所望。不破は叫びながらも落ち着いたプレイであっという間に追い込み、漢気を見せた葛葉に感化されたのか、リドリーの空下技「ふわふわデストロイ」で魅せプレイをしようと嬉々として追撃。が、狙ったかのようにアイクの上B技に巻き込まれ、まさかの敗北神視点では全員が困惑する中、本人らは互いの友情を確かめあった。
      • :「お前すげえよ!」
        :「お前強えよほんとに」
  • 【APEX】第7回CRカップ本番 #魔王と弟子WIN 【不破湊/葛葉/Ras/にじさんじ】
    第7回CRカップに葛葉Rasと共にチーム「魔王と弟子」として出場。
    • 不破は過去に2度CRカップに出場しているが、今回は久々の参戦となる。評議会により自身のポイントが4ptに下げられており、最強の4ptを目指してカスタム期間に研鑽を重ねた。
    • 2戦目で惜しくも2位となり、悔しさを滲ませた後の3戦目。非常に辛い物資状況からのスタートとなったが、葛葉が1キルを取ったことで状況が一変する。激戦の中、魔王Rasがダウンを取られるシーンもあったが、フィジカルを鍛え抜いた弟子の2人で部隊を壊滅、さらにウルトによるカバーで完全に戦線を立て直した。不破はロングボウやグレネードで周囲の敵を牽制しつつ、多くの敵をキルしてラスト2部隊に。味方が体力を削った敵にスピットファイアでトドメを刺し、見事チャンピオンに輝いた
    • 総合結果は5位と、過去最高の順位で幕を閉じた。
    • 二次会ではチームメイトの葛葉Rasのほか、チーム「ドーム公演」の渋谷ハル山田涼介、コーチのあれるに加え、元競技勢(当時)のMondoという超豪華メンバーでパーティーゲームを行った。
  • 【#にじスプラ大会】あぐらWIN 本番【不破湊/にじさんじ 】
    二つ名:無冠の帝王
    第3回にじさんじスプラトゥーン大会に、チーム「あぐらWIN」として樋口楓星川サラ北小路ヒスイとともに出場。
    • 過去2回では、不破は優勝候補と目されながら1勝することもできず、初戦敗退を敢え無くされていた。今大会では練習期間が長かったこともあってチーム練、対抗戦をいくつも重ねており、チームとしての仕上がりも別格となっている。
    • 過去の戦績から本番に弱いと言われがちな不破であったが、この日は絶好調。1試合目は1デスもすることなく相手チームを圧倒し、その勢いのまま1度もマッチを取られずに準決勝に進出した。その姿は無敗の帝王と例えるに相応しい。

第3回スプラ大会準決勝~

  • 【#にじスプラ大会】あぐらWIN 本番 2日目【不破湊/にじさんじ 】
    第3回にじさんじスプラトゥーン大会のDay2。Day2は3本先取、ナワバリバトルが追加と、Day1と若干ルールが異なる。
    • 前日の勢いそのまま、準決勝で対戦したバランス型チーム「四天王」を相手に3連続で勝利し、決勝に駒を進めた。
    • 決勝の相手はエクス・アルビオ率いるチーム「世界取りに来ました」。試合前インタビューでは葛葉とバチバチにやり合い(最早恒例となりつつある)、準備は万端。
    • 1試合目、2試合目はDay2で追加されたナワバリバトルが選ばれた。試合の前半~中盤にかけて不破が相手陣地を荒らして、終盤にヒスイと交代して自陣を守る作戦を決行し、なんと2連勝。自陣を守っていた樋口と星川のキルも大きく試合を左右した。
    • 3試合目、マンタマリア号のガチホコバトル。一進一退の攻防が繰り広げられ、不破の決死のカウントリードにより防衛戦に移行。ラスト10秒というタイミングで、敵のマルチミサイルが味方のホコを割る手を止めてしまい、そのままガチホコの爆発に巻き込まれて3落ちしてしまう。最後に残った樋口の奮闘虚しく、カウントリードされ3試合目を落としてしまった。
    • 4,5試合目もアツい展開が続いたが、3試合目を逆転して掴んだ勢いそのままに相手チームが連取し、準優勝で幕を閉じた



仲間との出会いや戦争を通じ、大きく成長していく物語。

ARK: The Island(アイランド)

戦国ARK第1章

  • 第1章では戦争には不参加。
    むしろワンピースのコビー的立ち位置で、戦争を止めたかったと後に語った。

  • 【ARK】イチから始める恐竜にじ鯖生活
    初のARK配信の裏でイブラヒム誘拐事件が起きていた。
    初めてテイムした恐竜の名前は『モスコミュール』
  • 【にじARK大討論】大戦争!!勝つのはどっち!?
    男心専門家として出演。
    戦争では「個々の戦闘技術高 ドンが手段を選ばなさそう」という理由から、ASKが勝利すると予想。男心としては「焼肉」が大事という説を唱えた。
    最終的にはヨルミナティが勝利すると予想。(手の平返し)

戦国ARK第2章

 当時、本間ひまわりのトライブに所属していたラトナ・プティに「共に四皇*15の座を取らないか」と持ちかけられ、これに乗った葛葉は経験を積むため戦国ARK第1章にて勃発した戦争(ASKvsヨルミナティ)に傭兵としてヨルミナティ側に参加。しかし負けを喫する。
この戦争に参加したことで『四皇を倒すためには仲間が足りない』『俺ら(葛葉とプティの2人)だけでは四皇を倒せない』と感じ仲間を探す葛葉であったが、既にトライブに加入している者がほとんどであった。
そんな中、葛葉はどのトライブにも属さず1人でいた不破と三枝に目をつけ、それぞれの家に手紙を置き、その手紙を不破が発見したことから不破のARK第2章は始まった。
当時の不破はまだLv73、三枝はLv86で二人共ほぼARK初心者であった。*16


  • 【ARK】戦争を止める事ができなかった男が向かう先は
    葛葉から『最後のルーキー』として勧誘を受けた不破は葛葉の家に訪れ、VC有りの面接が行われた。しかしお互いに単独ドライブだったためか、コミュ障同士の会話が繰り広げられる。リスナーからは蕎麦すすり大会と呼ばれたが、無事葛葉のトライブ『Lagusafamily』に参加。血の契約を交わした。
    その後、三枝明那の面接に面接官として参加。三枝も加入し、三銃士が結成される。
    リスナーからは“バカ三銃士”または“モラル三銃士”と言われている。
    第1章では武器商人としてASK側で活躍していたアルス・アルマルが偶然不破の家の近くを通り異変に気づき、偵察に訪問。不破のプテラを殺害&燻製器破壊を理由に戦争に参加する事を提案し、不破の代筆により参加することが決定。同盟を結んだ。
  • 【ARK】戦争本番!!全力で勝ちに行きます
    • ラトナ・プティと共に猟友会の拠点の壁を破壊。
    • 単独で30分ほど斥候しチームに貢献。
    • その後、渋谷ハジメの家を拠点と間違えC4で爆破するというプレミをしたが、何故かお互いの士気が上がるという謎現象が起きた。
    • レックスを1人で処理する冷静さや、安定したエイム力で多くの敵をスナイプした。
      • 以前はFPSはやらないと豪語していた不破であるが、この戦争を機にAPEXを始めることになる。
    • 代表者の殴り合いの結果、猟友会の勝利となり「AlleXceed Familia」は解散した。
      余談だがこの日の明朝TwitterトレンドがにじさんじARK戦争関連で埋まる中、「不破湊最強」が日本のトレンド10位に浮上するという珍事が起きた。

ARK: Ragnarok(ラグナロク)

ARK: Aberration(アベレーション)

当時喉を痛めていたため発言こそ多くはないものの、画面上での撮れ高が多すぎるシリーズ。

ARK: Extinction(エクスティンクション)

第一章 ~生誕編~

第一幕

幕間

第二幕

第三幕

  • 【#にじARK 】自 己 防 衛 第三幕【にじさんじ】
    • アルゲンダヴィスを探しに雪山へ向かう途中、夜見れな天宮こころ遭遇。夜見らは死体を集めているシェリン・バーガンディから報酬を受け取るため、死体を引き渡すよう要求(襲撃)する。アルゲンをもらえるのなら、という不破の条件を呑んでもらうが、肝心のシェリンが不在。代わりに天宮から、今後一切逆らわないことを条件にアルゲンの卵を貰う。
      • 夜見らは不破とシェリンのそれぞれに恩を売る形となった。
    • アルゲンは貰ったが、シェリンに死体を渡さなければならない。そこで誰かの死体を身代わりにしようと考え、舞元の拠点へと赴く
      舞元の寝込みを襲って身ぐるみを剥ぎ、自分の拠点へ拉致し、手足を拘束しようとしたところでシェリンからアルゲンをテイムしたと連絡が入る。シェリンとともに舞元を殺害するが、誤って遺体を消滅させてしまったため、シェリンの提案で自死の道を選ぶ。
      • 舞元は完全に無駄死にである。ドンマイ。
    • 新拠点を構えるため、雪山へ視察に出発。偶然三枝に遭遇し、協力して雪フクロウをテイムすることに。無事テイムした雪フクロウに「アキナいずゴッド不破」という名前を付けた。
      • 三枝は去り際、自分の拠点にワープする時は十分に気をつけろ、と何度も言い残して去っていった。
    • 新拠点の視察で砂漠へ出向こうとした途端、三枝から至急拠点へ戻れとの連絡が入る。拠点へ戻ると三枝が不破の恐竜を回復させており、曰く野生の恐竜に襲われていたらしい。お礼として御守り代わりのガチャクリスタルを授けた。

第四幕

幕間

第五幕

幕間

第二章 ~結託編~

第六幕

  • 【#にじARK 】恐竜が行方不明になりました 第六幕【にじさんじ】
    • 昨日、恐竜が数体行方不明に。トライブログにより、新しくテイムしていたプテラ、フクロウの双子の片割れ、ステゴの3体はすでに死亡していることが明らかに。その後のコメントにより、しろまんたとティラノも死亡していることがわかった。
    • 拠点に戻ると甲斐田晴が待っていた。先日増設した会議室に招き入れ、以前拠点を掻き乱してしまったことで罪悪感を覚えてしまっていることを出しに、いつでも扱き使えるよう同盟を組むことを企てる。
    • ところが、事故で同盟ではなくトライブを組んでしまう。これがトライブ「アニキとコブン」誕生の瞬間である。。。
      そして帰宅する甲斐田の頭をライフルで撃ち抜いた
    • 自拠点周辺を散策中、ひまわりと邂逅。手に入れたばかりの甲斐田の剥製をプレゼントし、ご近所同士仲を深めた。
    • ギガノトを探しに行く途中で森中花咲邂逅。『誰ぇ?』と問われたため『甲斐田晴ですぅ』と回答し、甲斐田のフリをし続けた。『ガチでバレていないぞ』とニッコニコの不破であった。
    • 全体チャットで森中が助けを求めていたため、『甲斐田助けに行ったれ』というコメントもあり助けに行くことに。森中の元へ辿り着くと、夜見れな天宮こころが既に到着していた。聞けば、雪フクロウから誤って落下死してしまったらしい。
      森中の雪フクロウを探していると、ひまわりに遭遇。落ち込んでいる森中を励ますため、みんなでVtLを歌った
      :「俺何やってんだろ......」
    • 森中をアルゲンで掴みながら雪フクロウを探していると、夜見から見つけたと連絡が入る。天宮の案内でその場所へ向かい、『あった!』と喜ぶ森中。その瞬間を狙ったかのように不破の手が滑り、森中が川に落下した。そんなアクシデントがありつつも、無事にフクロウの元に辿り着いた一行であった。
    • ギガノトを探していると、洞窟に入ってしまい強制騎乗解除により死亡。死体を回収するため、命のリレーを開始。フクロウの双子のもう片割れと、天宮からもらったアルゲンを失いながらも、なんとか自力で回収することに成功した。
    • 失った恐竜を補填するため、甲斐田拠点で交配を開始。モンボを作る場所を尋ねに来たひまわりに甲斐田のフリをして対応していると、不破のフリをした甲斐田が現れる。解消された同盟についての話し合いになるが、雪山の王を目指す不破とひまわりの間で対立が生じたため、日を改めることとなった。
    • ブリーディング中にアルス・アルマルやってきたため、お土産として護身用の手錠を授けた。

第七幕

  • 【#にじARK 】波 乱 万 丈 第七幕【にじさんじ】
    • ナダルカンナマナガルム用の罠を使わせてもらうため、ひまわりと交渉を開始。雪フクロウの卵を交換条件に罠をアンロックしてもらった。
    • さっそくマナガルムをテイム。テイム後すぐ甲斐田拠点へ向かい、甲斐田のマナガルムと勝手に交配した。
    • ギガノトを探しつつマナガルムのレベリングをしていると、天宮と夜見に遭遇。以前もらったアルゲンの様子を尋ねられ、『笑顔です』と嘘をついた。
    • マナガルムの回復中、加賀美ハヤトのマナガルムからブレス攻撃を喰らう
      :「マジで間違えました......」
      :「要警戒やな」
    • 再び天宮らと邂逅し、低レベルギガノトの間引きに協力することに。無事ギガノトを倒し、『今度高レベルを見つけたら早い者勝ちですよ』と言ったところ、圧をかけられた。(前述の約束もあり)もちろん逆らえなかった。
    • 引き続き強い恐竜を探していると、ひまわりから連絡が入る。ひまわりのイタズラにより拠点に閉じ込められそうになるが、偶然開いているドアがあったため脱出。その後、本来の目的であるお礼の雪フクロウの卵を渡した。
    • 自拠点に戻ると、エクス・アルビオ訪ねてきていた。怪しい動きを見せていたため麻酔銃で昏睡させると、インベントリには鉄が300個入っていた(窃盗)。見学のお礼として(重くて動けないため)エクスが持っていた鉄を全て返してもらった。
      :「ありがとね、ごめんねなんか」
      :「背後に気をつけてね」
    • OSD攻略に乗り出す。甲斐田、渋谷ハジメシェリン・バーガンディの3人が協力してくれることになったが、発見していた黄OSDはハジメが合流した頃には消滅してしまっていた。シェリンが合流した後、無事に他の黄OSDを発見。シェリン(と森中)の同盟「自警団員」に加入して黄OSDを2回クリアした。

第八幕

第九幕

  • 【#にじARK 】フォレストタイタン討伐チャレンジ 第九幕【にじさんじ】
    またの名を「劇場版アニキとコブン」。
    • ボス「フォレストタイタン」討伐のため、配信外でギガノトをブリーディング。甲斐田と合流し、供物となる素材集めに入る。落下ダメージを受け瀕死になったギガノトをダエオドンで回復させる際、間違えて大量の生肉を食べた。
    • フォレストタイタン討伐戦を開始。ギガノトでゴリ押しし残りHP半分以下まで削るが、騎乗解除や緑の木に苦しめられ、さらにはHPも全回復されてしまう。その後時間稼ぎをしながら戦力を補給したが、あえなく敗北。
    • 自らが敗北したことを認めたくない不破だったが、このまま野放しにしておくわけにもいかず招集をかけることに
      :「フォレストタイタン余ってます」
    • ハジメ、夜見、天宮、エクス、レヴィ・エリファの5名が救援に来てくれることになった。最後の一撃は自分が入れるという固い意志のもと(盛大なフラグ)、同盟「忘れるな」にエクスとレヴィが加入し7人での討伐リベンジ戦へと移行。激しい戦いの中で設置していた寝袋を使い切り、拠点にリスポーンして装備を整えていたが、同時刻の戦地ではギガノト&MEKによる総力戦が行われ、HPを一気に削り取ってフォレストタイタンを討伐していた。
      • 不破は拠点で『ベッドねぇー!!!!!』と叫びながら自害。1人だけエングラムを取得できなかった。

        :「ちょっとこっちへ来てくれ」
        :「あ、アニキまさか!」
        (崖際に2人並んで立つ)
        :「俺は他の奴に弱いところは見せられないんだ」
        「今回のフォレストタイタン...正直手強かったな...」
        「数々の恐竜や俺たちが死んだ...悔しいか?」
        :「そうっすね...悔しいっす!!」
        :「俺もだ...」
        :「強くなろう...!アニキ...!!」
        :「何が一番悔しいって...」
        「俺だけエングラム取れなかった。」
        :(爆笑)


        (中略)


        :「助けてくれたみんなには感謝だな...」
        :「アニキやっぱり...例の作戦を実行すべきなんじゃないですか?」(続編への伏線)
        :「そうだな...タイタンはリベンジしよう」
        :「必ず...!」
        :「俺たちは止まる訳にはいかない...やらなきゃいけないことがあるんだ」
        :「そうっすね...」
        :「今日取った物資......」
        俺たちが取っていい代物ではない!!!!!
        (崖から戦利品を全て捨てる)
        :「うおおおおおおおお!!!かっけぇ!アニキ!!」

第三章 ~紛争編~

第十幕

  • 【#にじARK】交渉 第十幕【にじさんじ】
    • 下半身モザイクにパーティーグッズを構えて登場したアニキとコブンの2人。ギガノトサウルスの交配交渉に用いる移動手段として、タレット搭載「空中要塞デヌトロイヤー」をお披露目する。甲斐田晴がパーティーグッズ、もといロケットランチャーを『ドッキリ、大成功~!』と言いながらダエオドン(テイム済み)に向かって放ち、瀕死になったところを不破が豆鉄砲(ライフル)で仕留めた。
    • 以前甲斐田を可愛がってくれたトライブ「アーカーシャの剣」の元へご丁寧なご挨拶に行くことに。名刺を渡す練習として、野生動物をタレットで蜂の巣にした。
    • 敵拠点に到着し、イブラヒムにアポを取って接触。以前甲斐田にイタズラをした代わりにタダでギガノトをくれと強請るが断られ、甲斐田がイブラヒムに撃たれたためプランBに移行することに。
    • のろしをあげてパラシュートで降下し、ガスで眠らせて手錠で捕獲するプランBを決行するが、失敗に終わる。お詫びも兼ねて、空の旅付きで拠点まで招待するプランCに移行。が、イブラヒムが落下したためこれも失敗に終わった。
    • アルゲンに乗り換えてプランDを開始。自拠点へイブラヒムを持ち帰り、ガスで眠らせて檻に捕らえることに成功。イブラヒムを人質に、加賀美ハヤトにギガノトを持ってくるよう要求する。数十分後加賀美が到着。拠点の3階に立てこもるアニキとコブンを前に、加賀美は大量のC4を設置し、不破の拠点を爆破した
      :「甲斐田さん、まだやりますか!?」
      :「バズーカをよこせイブラヒム!!!」
      :「俺の家があぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
      :「インベントリ開けねえって!」
    • 加賀美に買収された舞元啓介と、そのトライブメンバーだがイブラヒムに個人的な恨みを持つ鷹宮リオン(トライブ内で標的が異なる時点ですでにおかしい)が不破の拠点(半壊)に到着。ここから先の流れは以下の通り。

      未曾有のカオス

      拠点が壊されたことを鷹宮に訴える甲斐田→その鷹宮を撃つ不破→鷹宮のマナガルムに殺される甲斐田→買収していた舞元に報酬を渡す加賀美→舞元が敵だと認識し発砲する不破→甲斐田に責任を押し付ける不破→甲斐田のフリをして謝る不破→イブラヒムを恨んでいる理由を話す鷹宮/甲斐田にC4を貼り付ける不破→ロケランでイブラヒムを殺す舞元→戸惑いながら舞元に連れていかれる鷹宮→爆破対象に逃げられ加賀美の前で爆散する甲斐田/各所に産まれた死体から剥製を採るルイス・キャミー→加賀美に今死ねるか尋ねるルイス→加賀美を撃ち殺す不破→加賀美のマナガルムに殺される不破

      :「杞憂民もこれは腹を抱えて大爆笑よ」
    • ほとんどの人間がデスリスポーンしたため、この状況も1度は落ち着きをみせた。と思った矢先にルイスが不破に鷹宮の殺害を依頼。しかし鷹宮が舞元を探しに向かったため、事なきを得た。ここで、1度話を整理するため、見晴らしのよくなった会議室でトライブ会議を行った
    • 舞元と鷹宮が帰還。同盟を組むかどうかについて話し合いを行っていると、背後にルイスが現れて鷹宮を殺すよう唆してきた(なおルイスと鷹宮は同じトライブに所属していることに注意)。これが鷹宮と舞元にバレ、ルイスに制裁を下されようとしているところに甲斐田が止めに入る。ところが、頭が混乱している甲斐田は3人の前でパニックに陥り、逆にルイスを責め立てる側に回った。
    • ここにさらにアーカーシャの剣が乱入*17ギガノトやロケランによる侵攻により、不破の拠点のさらなる崩壊と混乱を招いた。この事態を受け、甲斐田がアーカーシャの剣に宣戦布告。加賀美がこれを受けたことにより、臨戦態勢に入った。
    • 無事だった会議室で再び会議を行っていると、モデルルームこと不破拠点の前で鷹宮、ルイス、シェリン・バーガンディにより井戸端会議が行われる。盗み聞きしていた話の内容から、加賀美の死体から真皮を剥ぎ取り、それをシェリンに渡すことでギガノトをもらえるのでは?と考えた。
    • 不破拠点に残っていた舞元と今日の出来事を振り返る 。2度目のアーカーシャの襲撃は舞元も知らなかったことであり、裏切られたことで復讐することを誓っていた。アニキとコブンはアーカーシャに自分達だけで復讐することを決めたが、もし決着がつかなかった時に参入してもらうため舞元のトライブ「CLASS:BERSERKER」と同盟「やさしきものたち」を結成した。

幕間

第十一幕

幕間

  • 敵対トライブ「アーカーシャの剣」が地下の王・三枝明那トライブを吸収。新たなトライブ「DesertEagle」として着実に勢力を拡大していった。

第十二幕

第十三幕

  • 【 にじARK 】タイタンリベンジ 第十三幕【にじさんじ】
    • 甲斐田が捕獲した、不破湊カラーのガスバッグに初騎乗。
    • 初の赤OSD攻略を開始。Wave1にして速攻でTEKシールドが破壊されてしまうものの、横移動により自身が壁となることで恐竜の侵攻を阻み、なんとかWave5までOSDを守りきることに成功した。
    • 元々はフォレストタイタンのリベンジ討伐を目的としていたが、他ライバーが既に出現させてしまっていたため標的をアイスタイタンに変更する。デスリスポーンを繰り返した思い出の洞窟を攻略し、タイタンのスポーン地点に大量のギガノトを配置して速攻で勝負を決めるNumbers出待ち作戦を決行。タイタンを圧倒し、ものの2分半で討伐に成功した。

ARK: Crystal Isles(クリスタルアイルズ)



●ポケットモンスターシリーズまとめ

幼少時代に友達に『ルビー』と『サファイア』をゲームボーイアドバンスごとパクられ、以降やっていないため全シリーズ完全初見である。

『ソウルシルバー』(ジョウト編)

第1回

  • 【ポケモン ソウルシルバー】完 全 初 見【にじさんじ】
    1, 2個目のジムバッジ獲得回。
    • ゲーム開始直後、自分がオーキド博士であると錯覚。次に登場したウツギ博士をウヅキ博士だと思い込む。
    • 御三家ではワニノコを選択。ニックネーム決めで悩み、ワニノコの最終進化系であるオーダイルがオスガールと似ていることに気づいてワニガールと名付ける。
    • ライバルである赤髪の少年の名前をあばだんごにし(無断)*18、登場する度に若干セリフを変えてアテレコをするというルーティーンを形成。
    • ジムリーダー1戦目 VSハヤト
      ひこうタイプのジムリーダー、ハヤト。ワニガールでポッポをあっさり倒すが、レベル10を超えるピジョンに苦戦する。最終的には「かみつく」のひるみ効果を利用し、初めてのジムバッジをゲットした。
      :「おいやろうぜダイゴ!...ハヤト!」
    • 次の街へ向かう途中で「ツボミ」(マダツボミ)、「イワナガ」(イワーク)、クロボーイ(ズバット)をゲットし、ワニガールアリゲイツに進化
    • ジムリーダー2戦目 VSツクシ
      むしタイプのジムリーダー、ツクシ。1体目、主戦力のストライクをワニガールの「こおりのキバ」で倒し、その後コクーン相手にクロボーイが奮闘した。
    • ポケモンセンターに戻る途中、持っていたたまごが孵化した。誕生したトゲピーをミニガールと命名。
      これによりグウェル統一パという未知のパーティが誕生した。

第2回

  • 【ポケモン ソウルシルバー】完 全 初 見 2【にじさんじ】
    3個目のジムバッジ獲得&コガネシティ観光回。
    • DS本体の時計を設定し直すことで、夜にしか出現しないゴースを入手しゲンガールと名付ける。
    • アクセサリーくじでまっくろメガネを入手し、ツボミをドレスアップして撮影。飾られた写真にラジオというタイトルをつけ、ご満悦。
    • ジムトレーナーとの対戦中、ゴーストタイプであるゲンガールを先頭に出し嬉々として「ナイトヘッド」を放つも、ノーマルタイプのオタチ相手に効果はなかった。
    • ジムリーダー3戦目 VSアカネ
      みんなのトラウマ、ノーマルタイプのジムリーダー、アカネ。*19ミルタンクに対し、所持しているポケモンを総動員して応戦。ゲンガールの「のろい」*20がガン刺さったほか、ミルタンクが「ミルクのみ」を発動しないなど偶然が重なってジムバッジをゲットすることができた。
      :「え、こんな熱いの!?ポケモンバトル熱いなあ!!!」

第3回

第4回

  • 【ポケモン ソウルシルバー】完 全 初 見 4【にじさんじ】
    5, 6個目のジムバッジ獲得回。
    • ジムリーダー5戦目 VSシジマ
      かくとうタイプのジムリーダー、シジマ。オコリザルの「かげぶんしん」に翻弄され、クロボーイがあと少しのところで倒されてしまう。ワニガールはニョロボンに苦戦するも、復活させたクロボーイが戦況をひっくり返した。
    • 秘伝技マシン「そらをとぶ」*21を入手。
    • レベル23のブラッフィを先頭にし、スプレー*22を使ってハガネールを出現させる作戦に1発で成功。無事入手したハガネールはソロダイヤと名付けられ、次のジム戦に貢献した。
    • ジムリーダー6戦目 VSミカン
      ゲットしたばかりのソロダイヤを先頭に選出。4倍弱点を突けるコイルを一撃で落とし、こちらよりレベルが10上のハガネールとミラー対面になる。回復を使わせるなど粘り強く戦い、最終的にワニガールに交代してハガネールを倒した。
    • ブラッフィのレベリングの合間にサファリゾーンへ赴き、数体のポケモンを入手。

第5回

  • 【ポケモン ソウルシルバー】完 全 初 見 5【にじさんじ】
    7, 8個目のジムバッジ獲得&ロケット団殲滅回。
    • ブラッフィがついにエーフィに進化。固定シンボルエンカウントである赤いギャラドスを入手し、「アカスパ」と名付けたところ多くの赤スパが飛び交った。
    • ジムリーダー7戦目 VSヤナギ
      こおりタイプのジムリーダー、ヤナギ。イノムーの「どろばくだん」や「ふぶき」に苦しめられるも、こおりタイプに強いワニガールが状況を打破。ジュゴンには「かみくだく」を急所に当てて押し切った。
    • ロケット団幹部 VSアポロ
      今作最強のロケット団幹部、アポロ。素早いヘルガーを相手にワニガールが倒されてしまうが、弱点技の「ほのおのキバ」に耐えるなどソロダイヤが大健闘。
    • ジムリーダー8戦目 VSイブキ
      ドラゴンタイプのジムリーダー、イブキ。ギャラドス相手に苦しむが、ソロダイヤの「がんせきふうじ」でなんとか倒した。キングドラの猛攻にあわや壊滅状態へ追い込まれるが、素早いクロボーイが状況を打破。終盤のハクリューはワニガールが「こおりのキバ」で弱点を突き、激戦の末勝利。

最終回

  • 【ポケモン ソウルシルバー】完 全 初 見 最終回【にじさんじ】
    ルギア捕獲&チャンピオンリーグ挑戦回。
    • ゲンガールゲンガーに進化させるため、配信開始前に『プラチナ』ともう1台DSを購入。
    • イブキの祖父である長老からミニリュウをもらい、カイリューになる想定で「カイリキー」と名付けた。
    • 伝説のポケモン VSルギア
      モンスターボールでなんとしても捕まえたいという思いから50個のモンスターボールを購入。ワニガールの「こおりのキバ」でルギアが「こおり」状態になり、絶好のゲットチャンスだと思われたものの、もう少しのところでこおりが解けてしまう。
      その後数十分間ソロダイヤを回復しながらボールを投げ続け、「最後までモンスターボールを投げ続けて、なくなったらリセットしてもう一度挑戦する」ことを決めた直後にルギアの「わるあがき」*23が発動。瀕死だったルギアが倒れるや否や、即座にリセットしマスターボールを投げてゲットした。そしてルギアにモンボと名付けた。
    • 「ふしぎなアメ」*24を誰にあげるか考えていたところ、指示厨から[回復買えや]とコメントされブチ切れた
    • 四天王1戦目 VSイツキ
      エスパータイプの四天王、イツキ。ネイティオとヤドランにはブラッフィの「シャドーボール」、ナッシーにはモンボの「エアロブラスト」、ルージュラにはソロダイヤの「アイアンテール」で弱点をつき、勝利をおさめた。
    • 四天王2戦目 VSキョウ
      どくタイプの四天王、キョウ。戦闘前、フィールドの雰囲気からくさタイプ使いだと予想した不破はクロボーイを先頭に選出。偶然にも1体目がむしタイプのアリアドスだったため、「そらをとぶ」で落とすことに成功。ところが、3体目に繰り出されたはがね・むしタイプのフォレトスに大苦戦。いわタイプやエスパータイプだと予想するも尽く外れ、不破湊は混乱した。さらに、「かげぶんしん」や「ちいさくなる」で回避率の上がった敵に再び苦戦を強いられることに。
    • 四天王3戦目 VSシバ
      かくとうタイプの四天王、シバ。カポエラー、エビワラー、サワムラーはブラッフィがあっさり倒し、なぜか紛れ込んでいたいわ・じめんタイプのイワークをワニガールの「ハイドロカノン」でオーバーキルした。大将のカイリキーにはゲンガールワニガールのコンビプレーが炸裂。
    • 四天王4戦目 VSカリン
      あくタイプの四天王、カリン。耐久力の高いブラッキーに対し、ゲンガールソロダイヤで対応。交代で登場したヘルガーに「あなをほる」が直撃し、瀕死へ追い込んだ。ラフレシアにはクロボーイの「そらをとぶ」、ヤミカラスにはソロダイヤの「がんせきふうじ」、ゲンガーにはブラッフィの「シャドーボール」がそれぞれ命中し、敵を全滅。
    • チャンピオン VSワタル
      ドラゴン使いのチャンピオン、ワタル。ゲンガールの「かみなり」でギャラドスを、ソロダイヤの「アイアンテール」でプテラを撃破。ワニガールの「ハイドロカノン」でリザードンをミリまで追い込むが、カイリューに交代されてしまう。その後なぜかカイリューがリザードンに交代し、ソロダイヤが放った「がんせきふうじ」がリザードンに直撃。4倍弱点ダメージでリザードンを倒し、残りはカイリュー3体に。カイリューに対して4倍のダメージを与えられるワニガールの「こおりのキバ」も、カイリューの高い耐久力の前には歯が立たず、幅広いタイプの技を使うカイリューを前に全滅寸前まで追い込まれてしまう
      しかし、リスナーから散々要らないと言われてきたゲンガール「のろい」が起点となり、カイリューを次々と呪殺することに成功。自分の信じたポケモンと技が勝因となり、レベル差をものともせず見事ポケモンリーグを制覇した

    • 殿堂入り時の手持ちポケモン
ポケモンレベルタイプわざ
ワニガール(オーダイル♂)42みずこおりのキバかみくだく
たきのぼりハイドロカノン
ソロダイヤ(ハガネール♂)40はがねアイアンテールあなをほる
じめんがんせきふうじじしん
ブラッフィ(エーフィ♂)41エスパーサイケこうせんシャドーボール
でんこうせっかスピードスター
クロボーイ(クロバット♂)40どくそらをとぶどくどくのキバ
ひこうあやしいひかりかみつく
ゲンガール(ゲンガー♀)40ゴーストあくのはどうかみなり
どくのろいシャドーボール
モンボ(ルギア)45エスパーじんつうりきなみのり
ひこうりゅうのはどうエアロブラスト

『ソウルシルバー』(カントー編)

第1回

  • 【ポケモン ソウルシルバー】シリーズ最強" レッド "討伐物語 - カントー地方編 -【にじさんじ】
    いざ、カントー地方へ。 1, 2個目のジムバッジ獲得回。
    • ウヅキウツギ博士から船のチケットを受け取り、アサギシティの港からカントー地方へ出港。船上イベントをクリアしてクチバシティに到着した。早速、ジム戦に挑むことに。
    • ジムリーダー1戦目 VSマチス
      でんきタイプのジムリーダー、マチス。じめんタイプのソロダイヤを先頭にし完全有利かと思われたが、ライチュウの「かげぶんしん」に翻弄されPPを枯らされた。ゲンガールを繰り出して「のろい」でライチュウを倒したが、次のマルマイン、レアコイルも「かげぶんしん」の使い手であった.....
      :「熱い想いをぶつけるんじゃなくて、呪うか呪わないか否か」
    • ジムリーダー2戦目 VSナツメ
      エスパータイプのジムリーダー、ナツメ。ゴースト技「シャドーボール」が使えるブラッフィに「こだわりメガネ」*25を持たせ、先頭に選出。ところがいきなりエーフィのミラー対面となり、レベル差から一撃で倒されてしまう。「めいそう」を積んだエーフィに為す術もないかと思われたが、ソロダイヤの「がんせきふうじ」ですばやさを下げたことにより他のポケモンで先制を取る事に成功。
      :「噛み砕くぞお前のタマタマ!」※ポケモンバトルの話です。

第2回

  • 【ポケモン ソウルシルバー】シリーズ最強" レッド "討伐物語2 - カントー地方編 -【にじさんじ】
    3, 4, 5個目のジムバッジ獲得回。
    • レベリングのため、配信外でチャンピオンを3回倒した。
    • ハナダジムに挑戦するため発電所イベントをクリアするが、紆余曲折ありここまで1時間30分を要した。
    • ジムリーダー3戦目 VSカスミ
      みずタイプのジムリーダー、カスミ。カスミの繰り出すスターミーに対しブラッフィが「サイコキネシス」を放つも、エスパータイプを兼ねるスターミーにはほとんど効かなかった。ゲンガールに交代しスターミーを突破するが、じめんタイプ持ちのヌオーに「かみなり」を打ってしまいカウンターパンチを喰らってしまう。ワニガールに交代して泥試合の末ヌオーを撃破するも、最後に残ったラプラスに3体落とされてしまう......
    • ゲームコーナーでフィーバータイムに愛され、スロット沼に溺れかけた。
    • ジムリーダー4戦目 VSエリカ
      くさタイプのジムリーダー、エリカ。「いあいぎり」必須ジムのためツボミを手持ちに加えての戦闘となった。どく・ひこうタイプで圧倒的に有利なクロボーイを起点にしようとするが、「やどりぎのタネ」や「ねむりごな」などの特殊効果技に翻弄され、モンジャラに倒されてしまう。エースのウツボットをブラッフィが倒すが、キレイハナの「ギガドレイン」や「こうごうせい」で「のろい」のダメージを回復され、再び苦戦を強いられることに。
    • ジムリーダー5戦目 VSアンズ
      どくタイプのジムリーダー、アンズ。四天王のキョウの娘であり、所持しているポケモンはほとんど同じである。四天王と何度も戦った成果か、「ちょうおんぱ」で混乱させてくるクロバット相手に1歩も動じず、残る4体のポケモンもあっさり壊滅させてしまった。

第3回

  • 【ポケモン ソウルシルバー】シリーズ最強" レッド "討伐物語3 - グリーン討伐編 - 【にじさんじ】
    6, 7, 8個目のジムバッジ獲得回。
    • ディグダのあなを塞ぐカビゴンを起こし、思い出に捕まえようとするが、誤ってソロダイヤで倒してしまった。
    • ジムリーダー6戦目 VSカツラ
      ほのおタイプのジムリーダー、カツラ。相手のブーバーが「あやしいひかり」でこちらを混乱させた上、「にほんばれ」と「オーバーヒート」のコンボを発動してきた。たまらずワニガールは倒され、モンボに交代してブーバーを落とすも、エースのギャロップも同様に「オーバーヒート」を搭載していた......
    • ジムリーダー7戦目 VSタケシ
      いわタイプのジムリーダー、タケシ。アニメシリーズで数々の名言を残してきた青年で、不破も戦うことを楽しみにしていたが、ワニガールで4タテしてしまう。最後に残ったオムスターに少々苦戦を強いられるも、ゲンガールに交代し「かみなり」で倒した。
    • ジムリーダー8戦目 VSグリーン
      セキエイリーグチャンピオンのグリーン。レッドに負けたことを今でも気にしている様子。ウインディに「フレアドライブ」による反動を負わせる作戦や、ギャラドスへの4倍弱点技「かみなり」など、今まで学んだ知識をふんだんに利用した戦い方で危なげなく勝利を掴み取った。
    • 強化四天王1戦目 VSイツキ
      厄介なドータクンをブラッフィで倒すが、代わりにゲンガールブラッフィを倒され不利な状況へ。ポケモンを交代させながらブラッフィを全回復し、再び送りだすことでネイティオを倒した。続くブーピッグ、ヤドラン、サーナイトの3体も火力で押し切った。
    • 強化四天王2戦目 VSキョウ
      スカタンクをクロボーイで、マルノームをブラッフィでそれぞれ突破。残りのポケモンもソロダイヤブラッフィを上手く使い、見事勝利をおさめた。
    • 強化四天王3戦目 VSシバ
      PP節約のため、「こだわりメガネ」を持たせたブラッフィの「サイケこうせん」を多用。カポエラー、ハリテヤマ、カイリキーをあっさり3タテし、ソロダイヤに交代する。ルカリオを「じしん」で倒そうとするが、「カウンター」で逆に倒されてしまう。ブラッフィでルカリオを倒し、続くサワムラーに「サイケこうせん」を放ってミリまで追い込み、混乱状態にした。そして混乱による自傷ダメージでサワムラーが倒れた......
      かと思いきや、DS本体の電池切れにより強化シバ戦は無効となった。興が削がれたため今回はここまで。



●にじさんじラジオ体操部 —にじライバー健康計画—

約1年前から夏休みに夏らしいことがしたい!と思い、夏の自由研究っぽいという理由で「夏にシーマン*26をしたい」と言っていた。ところが大人の事情配信でできなくなったため、代わりに『にじライバー健康計画』と銘打たれた凸待ち形式の毎朝ラジオ体操配信が生み出された。

  • 期間
    2021年8月2日~8月31日の30日間
    • なぜ8/1からではなく8/2開始になったかの理由はこちらまで。
  • ルール
    ①起きれなかったら即終了(慣れない内はオールかもねぇ)
    ②8月やり切ったら勝ち(8月2日~8月31日)
    ③毎朝06:30放送開始
    ④待機場は前日夜作成

1~10日目

1日目
告知ツイート終了ツイート

2日目
告知ツイート終了ツイート

3日目
告知ツイート終了ツイート

4日目
告知ツイート終了ツイート

  • 生憎にも天候に恵まれず、大雨が降る中でラジオ体操を行った。
    • また、ラジオ体操前に朝のニュースとして全国の天気予報とTwitterトレンドを発信した。
  • 同時刻に配信中だったアルス・アルマル同時視聴を行った。
    • :「大雨じゃねぇかよ!」

5日目
告知ツイート終了ツイート

  • 甲斐田晴が凸し、アニコブでラジオ体操を行った。
    • 先日同様に大雨が降っていたが甲斐田が現れると同時に雨が止み、晴天となった。
    • 音楽のお兄さんこと甲斐田による十八番曲『崖の上のポニョ』の弾き語りが行われた。
  • 家長むぎ提供のラジオ体操第1~8bit風アレンジ~音源を使用しての体操が行われた。
  • 昨日に引き続き、同時刻に配信中だったアルス・アルマルが再び同時視聴を行った。
    • :『アルス見てくれてるのか!ありがとう!』
      :「なんでバレてんだよぉ!!」
  • 8/6の鷹宮の研究結果

6日目
告知ツイート終了ツイート

  • いつもはラジオしか置かれていない机に何故かテレビが置かれていた。 
  • 第1に引き続き、弦月藤士郎作成・提供のラジオ体操第2音源&頂いた映像を使用しての体操が行われた。
    • 今回初めてラジオ体操第2が行われたが、バックに投影されたライバーたちはラジオ体操第1をしているため、混沌とした光景が繰り広げられた。
  • 連日同時視聴をしていたアルス・アルマルがついに同時視聴枠を作成しての視聴を行った
    • :「これをみないと寝れなくなった」
      ※一応、健康を促進する趣旨の元行われている企画である。

7日目
告知ツイート終了ツイート

  • 相羽は寝起きのため、いつもより声が低かった模様。
  • ラジオ体操第2には不破による副音声が追加され、体操の振りがわかりやすくなった。
  • この企画がYouTube JAPANに取り上げられ、外堀を埋められた。

8日目
告知ツイート終了ツイート

  • 天宮とレインの初絡みの場としてこの場が利用された。
  • 全員が誰か喋るだろうとお互いに牽制しあった結果、終始無言でラジオ体操をするシュールな空間が出来上がった。
  • 鈴木勝添い寝配信にてラジオ体操をリアタイしようとするも、失敗に終わった。

9日目
告知ツイート終了ツイート

10日目
告知ツイート終了ツイート

  • 椎名と夜見は新衣装の夏衣装で登場。Live2Dの背景が上手く抜けておらず、赤い線が不破の目にかかっていたためスナイパーに狙われているように見えたと話題に。

11~20日目

11日目
告知ツイート終了ツイート

  • 参加者
    不破湊(他のライバーは来ず)
  • 久々のソロ回。カブトムシのティファニーと共に、寝起きのテンションのままラジオ体操をやりきった。

12日目
告知ツイート終了ツイート

  • 不破とメリッサはコラボ経験はあるが1年振りのコラボであり、オリバーとは2人とも初対面であった。
  • 体操前にオリバーによる英語講座が始まり、ラジオ体操中も運動内容が逐一英訳された。
  • 鷹宮の朝活で久々に自由研究が行われた。

13日目
告知ツイート終了ツイート

  • 参加者
    不破湊(他のライバーは来ず)
  • 公園に持参したホワイトボードを用いて、天気予報やアイコンの作成を行った。

16日目
告知ツイート終了ツイート

  • 折り返しを迎え、初めて外部からの参加が実現。桁違いのポリゴン数を誇る3D体で登場したあばだんごが、ラジオ体操のお手本を披露した。
    • ラジオ体操第1&第2を両方行ったのは今回が初となる。

18日目
告知ツイート終了ツイート

  • クレアとの初タイマンコラボ。不破を可愛いと言うクレアと、終始緊張し照れ照れの不破による癒し空間が広がった。
    • 会話に全てのリソースを割いた結果、不破は体操中ずっと腕を回していた。が、ジャンプだけはちゃんとやった。

20日目
告知ツイート終了ツイート

  • 参加者
    不破湊(他のライバーは来ず)
  • ソロ体操回。過去回のサムネを紹介し、紹介された不破湊は寂しくないよう左右に並べられた。

21~30日目

21日目
告知ツイート終了ツイート

  • 童田とは不破、エリーの両者共に初絡みであった。
    • 童田が参加した理由は、Rain Dropsメンバーの三枝明那から行ってあげてほしいと頼まれたことが一因にあるとのこと。
  • ラジオ体操ではエリーの分身体がフルートの演奏を披露した。

22日目
告知ツイート終了ツイート

23日目
告知ツイート終了ツイート

  • レオスの参加により、エデン組全員とのコラボが実現した。
  • 帰ってきた魔界村耐久の話で盛り上がり、初対面にも関わらず2周目の耐久コラボの約束を交わす。*30
  • 会話にリソースを割いた結果、大好きなジャンプを初めて逃してしまった。
  • なぜか「健康計画終了」でトレンド入りした。

24日目
告知ツイート終了ツイート

26日目
告知ツイート終了ツイート

  • チーム「なんもしてねぇ」からプティとイブラヒムが参加。もう1人参加予定だったようだが、ほんとに限界*31で断念した。
  • 久々に全員がにじ3Dの回ということで、小学生時代に誰しもが通る懐かしの手遊びを楽しんだ。
  • 本題のラジオ体操では、プティ主導で超フリースタイル型の体操が行われた。

27日目
告知ツイート終了ツイート

  • 参加者
    不破湊(他のライバーは来ず)
  • 今回が最後と思われていたソロ体操回。残り4日にして、りっくん*32に来てほしい欲が湧いた。が、マネージャーに聞いたところさすがに急すぎると言われた。

28日目
告知ツイート終了ツイート

  • 序盤から支えてくれていた鷹宮と三枝が登場。鷹宮は生身での参加が初となる。
  • 最終日が近いこともあってなんだかエモい雰囲気になり、ラジオ体操は第2まで行われた。
  • 鷹宮は久々に朝活で自由研究を行った。

29日目
告知ツイート終了ツイート

  • 参加者
    不破湊(他のライバーは来ず)
  • 最後のソロ体操回。最終回前日ということもあり、総括が行われた。

30日目
告知ツイート終了ツイート

  • ラジオ体操最終日。不破を含め総勢23名のライバーが不破湊公園に集結し、最後のラジオ体操を行って大団円を迎えた。ラジオ体操後には、今までのラジオ体操を振り返る動画が流された。
  • 最終日ということもあって非常に大きな盛り上がりを見せ、Twitterでは「#にじさんじラジオ体操部」をはじめ「健康計画終了」、「ふわっち完走」、「ふわっち1ヶ月」、「不破くん」、「最高の夏」、「不破湊公園」、「ふわっちの勝ち」、「ラジオ体操」、「ラジオ体操最終日」、「ふわっちのラジオ体操」など多数の関連ワードがトレンド入りした。
  • 鷹宮の最後の自由研究では、最後まで温め続けていたベートーヴェンの第九に合わせてマエストロ不破の勇姿が讃えられた。

後日談

最終日の翌日に振り返りの雑談が行われた。最終日に駆け付けてくれた22名のライバーの名前を読み上げ、ライバーと視聴者へ向けて改めて感謝の気持ちを述べた。最終日は仕事の都合により自宅から配信が出来なかったため、普段と違う環境下での配信となったのだが、そこで起きたアクシデント裏話も語られた。最後にこの企画を通してまたにじさんじが好きになったと締めくくった。


部員一覧

部長:不破湊
特別顧問:あばだんご


歌に関するエピソード

……1st cover song……
Congratulations on 7,500,000 views!
金も時間も肝臓も
なぁ何でもやるからさ
原曲:コールボーイ / 初音ミク
曲:syudou
歌:不破湊
MIX:YAB
動画:ぬヴェントス
絵:エイゴニ
  • コールボーイ / 不破湊 Cover
    初配信での「LOVEドッきゅん」以来、初となる歌動画。
    • デビューから約7ヶ月後に投稿された、リスナー待望の歌動画である。

      コールボーイ投稿に至るまでエピソード

      • 2019/11/30
        初配信開幕一発目から「LOVEドッきゅん」を披露し、ゲーム以外に今後やりたい事として『歌いたい』と公言した。
      • 2020/01/01
        チャンネル登録者数10万人を達成したら歌うと宣言。この時の登録者数は約6万であった。
      • 2020/02/17
        「視聴者に色んな歌を教えてもらいたい」と発言したところリスナー側から「コールボーイ」の名前が挙がり、不破はきちんとコールボーイを聴いたことがなかったため「聴いてみたいと思います」と返答した。
      • 2020/03/05 2020/03/10
        コールボーイをちゃんと聴き「俺の歌だ」と思ったと感想を述べ、後日コールボーイが再び話題に上がった際には「いつか歌いたい」と語った。また、知り合いライバーに歌投稿に関して色々と質問をし、歌投稿のために一歩踏み出したと語る。
      • 2020/03/29/5時29分頃
        チャンネル登録者数10万人達成
        この時Twitterのトレンドに「ふわっち10万人」の文字が躍った。
      • 2020/05/06
        突如、なんの前触れもなく「録れた っぱねーと思う ヤットダ」というツイートをする。
        この段階では“何が”録れたのかについては明確に説明されることはなかった。
      • 2020/05/11
        深夜の長時間APEX配信中にコールボーイを口ずさむ。
        基本的に配信中に歌を歌うときはメロディー&歌詞が曖昧なことが多く、きちんとしたメロディーと歌詞で口ずさむことは少ない。さらに以前からコールボーイが話題に上がっていたり数日前の例のツイートから一部リスナーの間では、「録った歌はコールボーイなのでは?」という疑惑がこのとき持ち上がった。
      • 2020/05/20
        初めて歌に関する明確な言及。ちゃんと歌まわりを進めてると報告すると共に、おそらく一ヶ月後には形にできるであろうという趣旨の発言がされた。
    • 後日、裏話として公開1・2時間前まで動画師様とやり取りを繰り返し、動画を手直しして頂いたため滑り込み投稿であったことが明かされた
      • また、6/28に滑り込み投稿したことにより夜王国が歌動画をリレー式に1日1本投稿する『夜王国week』が突如発生した
      • 『夜王国week』の詳細については夜王国のエピソード欄を参照。
    • 2021/09/27に700万再生を突破した。男性ライバーソロの歌動画が700万再生を突破するのは、葛葉に次いで史上2人目

      記録まとめ

      • 2020/06/28 動画投稿
      • 2020/07/03 50万再生突破
      • 2020/07/27 100万再生突破
      • 2020/09/05 150万再生突破
      • 2020/10/29 200万再生突破
      • 2020/12/05 250万再生突破
      • 2021/01/03 300万再生突破
      • 2021/01/29 350万再生突破
      • 2021/02/23 400万再生突破
      • 2021/03/23 450万再生突破
      • 2021/04/18 500万再生突破
      • 2021/05/22 550万再生突破
      • 2021/07/02 600万再生突破
      • 2021/08/17 650万再生突破
      • 2021/09/27 700万再生突破
      • 2021/11/14 750万再生突破
……2nd cover song……
Congratulations on 2,500,000 views!
また偽りのイメージで媚び売んの
もうやだって 愛さないで
信仰の様な暮らしから抜け出したい
本家:煮ル果実
MIX:YAB
MV Direction. Composition:はなけん
3DCG:CoLeo.
絵:瀬都
歌唱:不破湊
  • ヲズワルド / 不破湊 Cover
    ソロ歌ってみた動画の第2弾。
    • メリハリの激しい難しい曲で、後半の盛り上がりを表現するために最初はあえて優しめに歌った。終盤のシャウトで綺麗な高音が出て気持ちよく歌えた、と後日語られた
    • この曲を納得いく形で投稿できたことが自信になった模様。
    • またコールボーイ投稿時と同じく、なぜか新年早々『夜王国Week』が再び発生した

      記録まとめ

      • 2021/01/02 動画投稿
      • 2021/01/14 50万再生突破
      • 2021/02/14 100万再生突破
      • 2021/03/31 150万再生突破
      • 2021/05/31 200万再生突破
      • 2021/08/23 250万再生突破
……1st original song……
Congratulations on 1,500,000 views!
に捧ぐ ラストソング————
———また酔いが回る フリをした—
Vocal:不破湊
Music&Lyrics&Mix:まふまふ
Movie:お菊
Illust:瀬都
  • 【MV】ラストソング / 不破湊
    まふまふ提供による初のオリジナルソング。ハモリにはまふまふも参加している
    • 初コラボにて、「敗者は勝者の言うことを何でもひとつだけ聞かなくてはならない」という罰ゲームを賭けたスマブラ対決にまふまふが勝利。
      その際に、『ふわっちに曲を書くんで歌って下さい』という罰ゲーム(?)が提案されたことがキッカケで製作が始まった。
    • MIXのため生歌をまふまふに送る必要があったが、「リテイクするから何でも言って!」と非常に緊張していた様子。しかし不破は配信者であるにも関わらず、提出された音源は声質とリズム、音程が全くブレていないと高く評価された。特にミックスボイスが上手いと褒められている。
      • その他制作秘話はこちらまで。

        記録まとめ

        • 2021/04/18 動画投稿
        • 2021/04/22 50万再生突破
        • 2021/05/29 100万再生突破
        • 2021/09/29 150万再生突破
……3rd cover song……
Congratulations on 4,000,000 views!
総ては嘘で出来ている
嘘に絡まっている あたしは
フォニイ
本家:ツミキ
絵&動画:△○□×
Mix:YAB
inst:なと、Eve / YAB Studio
歌唱:不破湊
  • フォニイ / 不破湊 Cover
    ソロ歌ってみた動画の第3弾。
    • 原曲投稿後まもない楽曲であり、聴いた瞬間すぐに録ろうと思い立って取り急ぎの投稿となった。
    • キーは+5。キーを上げると迫力が落ちてしまうことも多いが、不破の要望で素晴らしい音源に仕立ててもらった。難しい曲だが、二面性をイメージして歌い上げている
    • 告知せずいきなり投稿しようとも思ったが、視聴者が暴徒化するのを恐れ思いとどまった模様。

      記録まとめ

      • 2021/07/16 動画投稿
      • 2021/07/21 50万再生突破
      • 2021/08/01 100万再生突破
      • 2021/08/14 150万再生突破
      • 2021/08/29 200万再生突破
      • 2021/09/13 250万再生突破
      • 2021/10/01 300万再生突破
      • 2021/10/21 350万再生突破
      • 2021/11/13 400万再生突破
……4th cover song……
Congratulations on 1,500,000 views!
 。*✧⋆⸜\ 宣 誓 !/⸝⋆✧*。
本家:P丸様。
ボカロVer:ナナホシ管弦楽団
絵:双葉陽
動画:てる
Mix:快晴P
友情出演(イラスト):三枝明那、黛灰
歌唱:不破湊

オススメの曲

  • 「にじさんじ×SHIBUYA TSUTAYA」コラボで選曲した"本気ぶち上げセットリスト10選"
    • A crowd of rebellion / 「Xanthium」
    • coldrain / 「Final Destination」
    • Pay money To my Pain / 「gene」
    • FACT / 「FACT」
    • SiM / 「SEEDS OF HOPE」
    • マキシマムザホルモン / 「ぶっ生き返す」
    • Crossfaith / 「ZION EP」
    • tricot / 「T H E」
    • PENGUIN RESEARCH / 「敗者復活戦自由形」
    • UVERworld / 「BUGRIGHT」


グウェルに関するエピソード

同期のグウェル・オス・ガールに対しては謎の同担拒否過激派厄介古参オタクムーヴ
面倒臭いオタクRPを基本としており、リスナーやライバーが話題に出すだけで厄介化しリスナーが「グウェル」とコメントするだけで拒否反応を示しブロック(アズガバン行き)される。謝れば許してもらえる。(あくまで本人の悪ノリ)
毎配信で「グウェルノルマ」「今日のグウェル」というタイムスタンプが押されている時期もあったほど。
同期の白雪巴が「思っていたのと違う…私も入れてよ!」と発言しているが本人曰く「夜王国の3人の関係が好きだからコラボはずっと3人が良い」と言っている。

  • ことの始まり
    • 面白くなってきているグウェルに対して「厄介をこじらせる」「俺、グウェルさんの古参なんだよね!」と発言。
      当初は本人の冗談とリスナーの悪ふざけで終わると思われた。
  • フミとのコラボについて同期よりコラボ回数が多いことに白雪巴と共に言及。
    • :『だってフミ殿とのコラボ楽しいんだもん…』
      :『何?NTR?』
      :『聞き捨てならねぇなァ!サングラスよォ!おめェよォ!』
         『青春か?青春やなぁ(自己解決)』
  • 謝罪配信にて既婚であると発表しTwitterで心配する。
    • その後麻雀配信にて事実を聞かされる。
      (尚デビュー前には知っていた模様)
  • 誕生日プレゼントとしてリスナーから「グウェルさんベッド下いって」「グウェルさんこっちみて」と描かれたグウェルうちわ、グウェルなりきりセット(サングラスとマイク)が送られた。

口癖

  • 「一旦ステイで」
    • 後回しする時や、一瞬止まって欲しい時に使う。
  • 「取り急ぎ」「調整に調整を重ねて」
    • 主に進捗報告などで使う。
  • 「アルトゥース!!!」
    • おそらく“ありがとうございます”の意。
  • 「クソミートパイ」
    • 敵にやられたりミスった際に出る発言。
    • 「あえて」や「一旦」で誤魔化したりすることも多い。
  • 「諸説ある」
    • 何らかの事柄(主に配信)の可能性を示唆する際に使われる。
    • 似たような意味合いで「予想」という言葉が倒置的に使われることも多い。
  • 「あぇ~」
    • "へぇー"の代わりに相槌等で用いられる。
      文章に目を通したあとに発することが多い。
    • にじさんじには「ぇあ~」の使い手もいる。
  • 「ソーリーメン」
    • "ごめんなさい"の意。コラボで多用される。
  • 「なんちゃらかんちゃら」「ほぼ〇〇」
    • お茶を濁すときに使う。
      • なんなら「お茶を濁す」もよく使う。
  • 「具だくさん」「多勢に無勢」「四方八方」
    • それぞれ、主にAPEXプレイ中に複数の部隊を発見した場合、交戦した場合に使われる。
    • なおキツい場面に遭遇すると「キチメンテウス」が使われる。
  • 「〇〇杉内」
    • 「~すぎる」場合に使われる。 ex)「いた杉内」
  • 「冷静に考えて」「さすがに」
    • 「~じゃない?」というリスナーへの問いかけに続けて使われることが多い。
  • 「択」
    • 何かを決める時、悩んでいる時に頻繁に用いられる。
  • 「ニュアンス」
    • 何らかの紹介や解説でよく使われる。
  • 「蓋を開けたら」
    • 結果を示す意味合いの言葉ではあるが、突拍子のないタイミングで発することも。
  • 「言うなれば」
    • このあとには大体適当な発言が続く。
  • 「こういう世界線もあるのかなみたいな」
    • ゲーム中などの予想と違うときに使う。
  • 「みたいな感じかな」
    • 予定を話し終えた場面など、配信終了間際に多い。
  • 「一当て二鷹三茄子」「一殺り二鷹三茄子」
    • スプラトゥーンで1人に弾を当てたor倒した際に頻用。三茄子まで言わないこともある。
  • 不死川(しなずがわ)
    • スプラトゥーンで「死なない立ち回りをしよう」と言いたいときに使う。
    • 「不死川玄弥」「不死川実弥」が使われることも。

不破湊検定

  • 不破湊検定
    Twitterで不定期に行われる、不破湊をいかに理解しているかが問われる検定。
    現時点で4級2級1級が検定された。

名言集

基本的に「脳死」に加え「天然」「適当」であるため全ての発言が迷言。そのため、ここに記載しているのはほんの一部である
また、彼が何を喋っているのかリスナーも正直分からないことが多い。

~ソロ編~

  • 「#不破不破タイム」
    • 初配信前から名案だと言い切った配信用ハッシュタグ。
    • ……だったのだが、他の方と混同をしてしまうようなので後日改めて考えることになった。
  • 「上原〇衣?
    • OUTLASTにて敵とチェイスをしている際にリスナーがコメントした発言(拾うな)。
      おそらく元ネタは企画モノA〇の鬼ごっこ。
  • 💬:『右に90度!』
    :「90度ってわからん90!分度器のどの辺?90度って?
    • マイクラで1人スイカ割りをするため、コメントで指示をもらっていた際の発言。

~コラボ編~

  • :「不破くんは?」
    「俺は~...女っすね」
    • 葛葉と飼っているペットの話をしていた時の、自称クリーンなホストによる発言。
      :「僕は人間を数匹...」
      :「あっ、匹で数えてるんだ...」
  • :「じゃんけんする?最初はグー」
    :「じゃんけん」:「いんじゃん」
    :「パー!」6!!
    • 本人はRock(英語のグー)のつもり。
      :「パーは5だからお前の勝ちね!」

失言集

脳死しているが故に名言の多い不破だが、失言(というより下ネタ発言)してしまうことも珍しくない。

~失言集~


【鉢合わせシリーズ】
たまたま女性ライバーが配信に訪れ、応援コメントをくれたタイミングと、失言がバッチリ重なってしまうことが何故か多い。
ある意味、運が良いのかもしれない。

【プレミ集】
ホストだがプレミが多い。掲載分はほんの一部である。

  • #11 【ゲスト 不破湊】カレー+〇〇=無限大!!全てはガチャ次第!幸多カレーちょい足しに挑戦【#いい部屋にじさんじ】にて、質問コーナーでの一幕。*42
    • シェリン・バーガンディ:「(ラジオネーム)さんから頂いております」「17歳の女性ですね」
      :「あー、ガキっすね
      静凛(17):「し...ずりんに対する言葉ってことかな......?(震え声)」

【聞き間違え集】
脳死している上に難聴でもある不破は非常に聞き間違えが多く、適当に返した結果プレミすることも。


雑モノマネ集

【キャラクター編】

  • 【大蛇丸】
  • 【リヴァイ】
    • マルコ(ワンピース)の影響を受け始めたモンハンをしている時のリヴァイ
  • 【ペガサス・J・クロフォード】
  • 【戸愚呂弟】
    • にじさんじデビューが目と鼻の先の戸愚呂弟
  • 【ムスカ】

【人物編】

  • 【メンタリストDaiGo】
    • メタグロス使いのDaiGo
  • 【マツコ・デラックス】
    • マツコ会議で不破湊が紹介された世界線のマツコ
  • 【二宮和也】
    • YouTubeを始めて自己紹介するニノ

【ライバー編】


名挨拶集

初手からボケることの多い不破の口上は、ソロ、コラボを問わずインパクトの強いものが多い。その中でも特に印象に残りやすいものをまとめている。

主な関連人物

【にじさんじライバー】

同期

白雪巴
同期の夜王国(ナイトキングダム)の一員。
「湊ちゃん」「巴さん」
脳死による失言や、プレミをした不破をよく叱る苦労人。

  • 一方で、夜王国コラボ配信の集合時間には、毎度不破とともに遅刻するなどの共通点も。
    • ただし両名とも配信開始時間までには必ず集合する。
  • にじさんじスプラ大会では同チームとなった。白雪は、不破がチームの中心となってメンバーをまとめている姿から、夜王国の時は見せない不破の面倒見の良い一面を見ることができたと語った。
    • 敗退した日の夜、「不破湊を勝たせることができなかった」と悔し泣きしたことは白雪とリスナーだけの秘密。
  • 不破の歌を評価しており、歌声はもちろん歌動画のMVも含めて好きだと語っている
    湊ちゃんは歌に関してはすごく上手いし、好き

グウェル・オス・ガール
同期の夜王国(ナイトキングダム)の一員。
「不破殿」「グウェルさん」「メスボーイさん」

詳細:グウェルに関するエピソード

  • 夜王国の初コラボの配信(炎上翌日)の概要欄に「グウェル(炎上中)」と書き、一番最初に炎上をイジった。しかも、この初コラボの前に「炎上については触れないようにしておこう」と3人で決定した上で書いた。なんなら配信内でも触れた。
  • 自称グウェル同担拒否厄介古参オタク。最近面白くなりつつあるグウェルに複雑な感情を抱いているらしい。
  • 配信でグウェルの名をNGワードに入れたいくらい、グウェルが面白い。
2期生出身

剣持刀也
デビュー当初の恩人。ROF-MAOメンバー。
「不破くん」刀屋さん」「もちさん」

  • 剣持主催マリカにじさんじ杯への滑り込み参加を快く受け入れてくれた。これ以来、自分を救ってくれた恩人として慕っている。
  • 剣持のバーチャルラップバトルが好きでよく見ており、いつか不破もやってみたいらしい。
  • 剣持が出演者として出演した『京と秋のにじさんじ』の現地リポーターを不破が務めた。
    • 不破の面白さは剣持のツボをつくようで、後に不破のことを「京まふで一番収穫だった」とまで語った。また、不破の面白さの真髄は配信外での顔芸であるとも語った。
    • 剣持は不破の裏でもイカれている所をリスペクトしているらしく、そういったところが剣持のツボをつく人物とのこと。
  • ホストクラブ「陰王」ではNo.1ホストとして不破を指名したが、APEXプレイ中のため別のホストが対応した。(茶番)
  • しゃぷらじの提供にラジオ体操サークルふわふわの文字が。宣伝してくれているのだろうか...?不破がこれを知るのは2週間後のことであった。
ゲーマーズ出身


京まふイベントを機にマブになった先輩。
「ふわっち」「不破くん」「かなかな」
通称「メンヘラとホスト」

本間ひまわり
明るく元気なスマブラ仲間。
「ふわっち」「不破くん」「ひまちゃん」「ぽんぴまん」

葛葉
漢同士のアツい展開になりがちな先輩。
「ふわっち」「わっち」「葛葉」「ずは」

  • 当初はふわっちを「ふやっち」と読み間違え、ふやさんと呼んでいた。
  • ARKにて仲間を集めていた葛葉から『最後のルーキー』として勧誘を受け、トライブに加入。共に戦争に参加することになった。
  • コールボーイを聴いたことや、スプラ杯のMCを務めていたことを話題に挙げている。
  • APEXの引退をかけたダイヤランクへの耐久配信では、「プラ4に落として引退させる」などと発言しながらも、最後まで協力してくれた。
  • エクス・アルビオと共にチーム「英吸不滅」として、第2回VTuber最協決定戦に臨んだ。
  • 不破の3Dお披露目配信に登場し、ラップバトルを披露した。
  • にじさんじ甲子園2021では葛葉監督率いる神速高校にドラフト1位指名で入学。立派なピッチャーに成長した不破は本番でも好投した。
    • 7位決定戦では7回無四球6安打で勝利投手となったほか、送りバントで得点に貢献するなど大活躍した。
  • Rasとともに第7回CRカップに出場し、カスタム練習では最多の4チャンピオン、本番でも20Killチャンピオンとしっかり爪痕を残した。

椎名唯華
イマイチ信用できない先輩。
「不破」「しぃしぃ」

  • マリオカートやスプラ、月下の桜など大人数コラボで一緒になることが多い。
    • その際、椎名から不破への当たりが強くなりがちなのがお決まり。
  • 特に多いコラボがDeceitやAmong Usなどのいわゆる人狼系ゲーム。
    • Among Usで共に人狼になった際、絶妙なコンビネーションでストレート勝ちする場面も。実は相性がいいのかもしれない。
    • そんな2人のコンビ名は「暗殺一家」である。
  • 椎名のDMMスクラッチ配信では、いつもの運ゲーマーズぶりを発揮し、1万円以内で不破の景品を全て揃えた。そして不破を安いホストといじった
  • 椎名が喧嘩凸待ちに不破が参戦
    • 序盤に不破ラップによるdisりを決め、不破が優勢かと思われたが、最後は椎名に泣かされた。
    • しかし、しぃらじにて行われた『初デートするなら?水族館VS動物園』というお題で行われたディベート対決では不破が椎名を論破しまくり、最終的に今度は椎名が泣かされる立場となった。
  • 誕生日は4月17日で、18日の不破と1日違いのため、月下の桜オフコラボでは一緒に祝われた。その際、不破は顔がデカい椎名に小顔ローラーをプレゼントした。
統合後2019年組
1-3月デビュー

夢月ロア
スプラトゥーンでの弟子・エナドリ仲間。
「ししょー」「ロアちゃん」

  • コラボ配信では彼女の独特なイントネーションと不破の聞き間違いによる会話が反響を呼んだ。
  • スプラ配信で失言を聞かれ「ししょーは何を言ってるのだ。」とTwitterで呟かれた。
  • ホラーゲームをプレイするも、1人では最後まで出来なかった彼女に秘密兵器としてお呼ばれした。
  • 彼女の3D配信に呼ばれモテ仕草を伝授。他のライバーの評価は良くなかったが、ロア本人には「さすがししょーでよ」と好評。さらにリスナーから有能監督の称号を得た。

御伽原江良
「不破くん」「ギバラさん」
一度話してみたかった先輩。

  • 絡んだことのない人を呼びたいという思いでだいさんじらじおのゲストに呼び、エナドリ談義で盛り上がった。
  • にじFesのレバガチャステージで再度共演。御伽原の引退によりこれが最後のコラボとなってしまったが、以降の不破の配信でもちょくちょく名前が挙がる。
4-6月デビュー

三枝明那
メッシャーズのメンバーの1人。コンビ名はふわぐさ
「ふわっち」「アキナ」

鈴原るる
デビュー当初より尊敬していた先輩。
「不破さん」「るるちゃん」「るる様」

エクス・アルビオ
スプラキッズの先輩。
「ふわっち」「エクス」「ABO」

  • マリオカート練習コラボが初コラボであるが、ちゃんと話したのはUNOコラボが最初。
  • スプラトゥーンでは同じチームでオンライン大会に出場。
    • にじさんじ内の大会の練習で敵として対面した際、英雄であるエクスに対し不破は災害と揶揄され、熱い闘いを繰り広げた。
  • APEXの大会には2出場し、ともに成長してきた。
  • はつめとのコラボでエクスを闇堕ちさせたいという話で盛り上がり、後日何も知らない英雄がコラボに誘われた。
7-9月デビュー

加賀美ハヤト
誰もが羨む歌声と抑えきれない少年心を持つ先輩。ROF-MAOメンバー。
「不破さん」「社長」

黛灰
メッシャーズのメンバーの1人。
「不破くん」「まゆ」「ま~ゆ」

10-12月デビュー

星川サラ
先輩で初のタイマンコラボ相手。(2人コラボ個別ページ)
「ふわこ」「ふわっち」「サラちゃん」「サラパイ」

  • 実は星川から見ても、初めてコラボした後輩が不破である。
  • マリオカートコラボでは罰ゲームとして2人で嘔吐ボイスを披露という地獄絵図となった。
    • コラボ前に裏で「いじってくれていいよ」と言ってくれた優しい先輩。
    • なおクリスマスに2人でマリカコラボをすることが恒例になっている。
  • 星川の9万人記念逆凸に応じる。動物タワーバトルで負けた方が罰ゲームを受けることになり、勝負に負けた不破は「限界おっさんオタクになりきって星川について全力甘々ツイート」という罰ゲームの元、これをツイートした。
    (なお本人は捨て台詞を吐いて通話を切った。)
  • YouTubeのバグでグウェル・オス・ガールの「星川サラ」リストが晒された際「グウェルは既婚者だから安心して」とフォローした。
  • コラボ雑談までの半年間、お互いに避けられていると思い込んでいたことが発覚。
  • 不破の新MV「シャンパンゴールド」の合いの手を担当
  • 不破の3D配信の茶番にお呼ばれし、棒読み演技と豪速球を披露
  • 社築と共に3人の香水が発売された。自分たちの香水を宣伝する案件配信を行い、お互いの香水にまつわるエピソードや過去の恋愛トークに花を咲かせた。
    なお、二人の撮影や収録以外のオフコラボ配信はこれが初であったと星川の口から明かされた。

ましろ
一つ下の後輩。
「ふわっち」「ましろちゃん」
とある事件をきっかけに、カモとヒモの関係となってしまう。詳しくはアーカイブ