鬼火

Last-modified: 2020-11-23 (月) 10:08:01
鬼火
oni.pngonip.png

カード考察

  • 手札を全て廃棄し、廃棄枚数に乗算したダメージを出力するアタックカード。使用後はこのカードも廃棄される。
  • 2枚以上廃棄すれば多段攻撃になり、筋力バフの効果も乗算で掛かる。攻撃回数に応じたリアクションを取られる棘や鍛錬を持つ敵に対しては、回数が増えるほどリスクが高まる。
  • 手札が増えるほど効果が上がるので、バトルトランススネッコアイの様なドローカード・レリック、負傷で手札を水増しするやせ我慢進化と相性が良い。
  • Xコストカードの旋風刃串刺しと異なり、ネクロノミコンやダブルタップで複製した場合、闇の抱擁状態か古木の枝レリックを持ってない限り二度目の鬼火のダメージは0である。
    • 闇の抱擁状態で使用する場合、廃棄したくないカードを意図せず廃棄してしまう可能性があることに注意。
  • すべての種類のカードをまとめて廃棄出来るので、やせ我慢+セカンドウィンドのブロックデッキ、堕落古木の枝軸デッキで邪魔になりがちなアタックカードの圧縮枠兼、ダメージ源として非常に優秀。
  • レリックのルーニックピラミッドがあれば、燃料を貯め込みつつベストな使用タイミングまで温存しておける。トドメに使うなら廃棄カードを厳選する必要もない。
  • 1コストあたりのダメージは低いが、手札の水増し、筋力バフ、敵への弱体付与など、比較的ゆるい諸条件と組み合わせることで爆発的に火力が上がり、強敵も強引に沈めてしまえる。

コメント

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • ダメージ量的にもスターターの比率的にも一層だと激強だけど、二層三層と進むにつれ難しくなっていくカードという印象。 -- 2020-09-25 (金) 15:37:49
  • 大量廃棄カードとして気軽に使った方が強い気がする。火力として当てにしすぎると痛い目見る。 -- 2020-09-25 (金) 12:20:48
  • 赤べこ+ピラミッド+闇の抱擁+複製ポーション+鬼火で気持ちよくなったが、デッキ全部廃棄されてガーディアンのおやつになった -- 2020-09-18 (金) 01:55:31
    • でも実績祓い清め取れたので満足 -- 2020-09-18 (金) 01:58:57
  • 単体攻撃版旋風刃って感じでこれも強い 単体性能は普通だけどシナジーの受けが多いって点でも似てる -- 2020-07-10 (金) 20:40:42
  • みんなが楽しめる良カード -- 2020-04-16 (木) 11:30:04
  • 当たり前だけど、ピラミッドとの相性がいい。手札溜めてから打つだけで63(90)ダメージになる。 -- 2020-02-25 (火) 19:40:33
    • あと、即席でデッキ圧縮できるから、ボス相手に鬼火でジャブ食わせて後はひたすら筋力旋風刃、みたいなことができて楽しい -- 2020-02-25 (火) 19:42:56
  • 無痛があるとブロック荒稼ぎできて楽しい それをバリケードかカリパスで持ち越せると嬉しい -- 2020-02-08 (土) 17:57:42
  • これでストライク大量に焼けると嬉しくなる -- 2020-01-15 (水) 02:01:37
  • 大量に状態異常持ってるときに引けると有り難い -- 2019-11-03 (日) 22:54:37
  • 無痛ジャガーノート鬼火コンボ楽しい -- 2019-09-07 (土) 17:00:39
  • ダブルタップで悲しいことになるのはあるある -- 2019-08-22 (木) 05:40:58
    • 今日ワクワクしながらそれやって悲しくなった -- 2020-11-14 (土) 15:06:28
  • 枝堕落で鬼火まであるとめちゃくちゃ楽しい。また鬼火が出れば連打出来るし激昂出ればエナジー回復出来る。リミブレやフレックスなら火力が倍々。運に左右されるけど強くて楽しい。もちろん枝無しの普段使いでも強カード -- 2018-12-25 (火) 04:40:07
  • 大量の手札に着火する瞬間が楽しい。弱体+筋力UPができてると200点以上叩き出せる。まさしくエンドカード。 -- 2018-10-27 (土) 00:31:46
  • アセンションレベル高くてもこれあるとエリートバンバン倒せますね -- 2018-07-14 (土) 08:12:37

最新の30件を表示しています。 コメントページを参照