Top > ブキ > プロモデラーMG


プロモデラーMG

Last-modified: 2017-04-16 (日) 21:49:38

基本性能 Edit

プロモデラーMG連射間隔4F
ダメージ24.5~12.25
キルタイム0.283s/kill
拡散値(ジャンプ中)12°(12°)*1
インク消費0.5%
移動速度0.72
その他補正なし

弾が大きく拡散し、連射力が最高で、インク効率も良い。このため、強力な塗り性能を持つ。
前線に切り込めるチェイスボム、遠く離れた敵を撃てるスーパーショットのセット。
スペシャルを溜めつつ前線を荒らす、遊撃型の立ち回りが求められるブキ

 

マイナーチェンジ版の【プロモデラーRG】、
ブキチセレクション版の【プロモデラーPG】が存在する。

 

セット情報 Edit

プロモデラーMGサブウェポンチェイスボム
スペシャルウェポンスーパーショット
スペシャル減少量小(40%)
射程32
攻撃力20
連射力100
開放条件ランク7
備考ヒーローモードボス3クリア報酬

ブキ指南動画「プロモデラーMG」

 

ゲーム内紹介 Edit

設計図をヒントに、ブキチが開発したブキ
弾の連射速度を極限まで高めている。
一発の弾の攻撃力は低いが
弾数の多さで相手を圧倒できる。

 

ブキチ解説 Edit

メインウェポンの プロモデラーMG
おじいちゃまの設計図を参考に
ボクが イチから作ったシューターでし!

飛距離と精度は それなりでしが、
連射速度が すさまじく速いでし!
さすが おじいちゃまでし…

チェイスボムと スーパーショット
使いやすいので、ぜひぜひ手に取って
かわいがって欲しいでし!

 

運用 Edit

塗り性能の高さを軸とした前線の押し上げや、前線維持の両方をこなせるメインウェポンを持つ。前方扇状にムラなく塗ることができるためスペシャルの溜まりも早い。
対人に関しては、短い射程と集弾率の低さで敵と正面からやりあうのは向かない。
ただししっかり近づければその連射力で圧倒できる為、いかに相手の背後をとれるかがカギになる。
ゆえに対人では、的確な判断力と素早いAIM力が求められる。

 

対人をこなさなくても塗りだけで活躍できるので、スプラトゥーンをプレイして日が浅い人でも扱いやすい。しかしそれだけでは相手や味方、その場の状況に左右されやすくなる。
そのため塗ることだけでなく相手を背後や側面から攻撃しつつ、サブ・スペシャルウェポンを使い前線を維持する立ち回りを主にしていきたい。

 

チェイスボム Edit

チェイスボムはインク消費量が多く隙ができるため、なるべく周囲に相手がいないときに使いたい。主にけん制や航行跡にできる道を利用する目的で使おう。
発生が遅いように感じるが、実は準備が遅いだけ。R長押し(少し待って)から発射すると使いやすいだろう。
最も隙を見せる行動はインクが足りないのに使おうとすること。移動速度低下+射撃不可時間のペナルティがある。

 

道として利用するときは航行跡をイカセンプクで潜りなら進み、インク残量を半分以上回復してから顔を出したい。道の役割は主に二つあり、相手インクを塗り潰したいときと相手に強襲したいときだ。移動するときはチェイスボムで、くらいの意識で積極的に使っていこう。
けん制としては相手に追われたらできるだけ遠くに離れつつ、相手に向かってチェイスボムを飛ばそう。このとき相手に当てる必要はなく、相手の動きを遅らせるだけで十分だ。
いずれもプロモデラーの機動力を補えるので、上述の注意を守りつつ絶えず投げていきたい。

 

スーパーショット Edit

初出時に比べ性能の弱体化が入り、入り組んだステージの増加で相対的に弾が通りにくくなったものの依然崩し手段として優秀。
またスーパーショットの軌跡も利用できることを覚えておきたい。スーパーショットを見て壁に隠れる人は多いので、一気に相手に近づいて倒す戦法が狙える。
ほかスーパーショット発動中や直前にチェイスボムを出して相手の動きを誘導しつつ、相手が避けた方向にスーパーショットの連携も強力だ。
さらにジャンプしながら撃つと若干射程が伸びるので、遠くにいる相手を狙うときはジャンプして撃ちたい。

 

ガチマッチ Edit

連射力があるものの確定5発のため対人戦の比重が大きいガチマッチは少し苦手。しかしガチマッチでは塗りよりもキルを優先した装備が多くなるため、そんな中安定して自陣を確保してくれる役がいれば戦闘で有利になれるだろう。
とはいったものの、野良では編成がランダムのため安定した勝率を保つことは難しいかもしれない。間違っても「塗りを差し置いてキル狙い」や「塗りだけしかせず味方の負担を大きくする」といった立ち回りをしてはいけない。
常に、味方がどのブキか?どういった動きをしているか?を見て置き、その時に応じて適宜行動を変えていこう。

 

ガチでもよく見られる短射程ブキわかばシューター」「ボールドマーカー」系の存在も気がかり。
前者はおすそ分けが強力なバリア持ち、後者はメインウェポンの性能が確定3発でこちらより対人性能がある。
近寄られてヤバくなったらチェイスボムか、スーパーショットの威嚇で牽制するか、即座に逃げよう。
どうしても彼らと正面きって戦いたい場合は、防御力アップギアパワーを積むといい(後述参照)。

 

オススメギアパワー Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

 

優先度:高

  • イカダッシュ速度アップ
    射程と精度に難があるので他のシューターの相手に比べ正面での対人戦が辛いが、プロモデラーは連射力が非常に高く、すなわち動ける場所が即座に取りやすいという利点がある。密着時の戦闘では即座に相手のウラに回ることが得意であるため、これを素早く行えるのに役立つ。
    素早くインクを進めば相手に接近しやすくなりキルを取れるため、メインに一つ(サブに三つ)は最低でも欲しいところ。
    ただし、積みすぎるとチェイスボムの後ろを泳ぐ際に、チェイスボムからうっかり顔を出してしまいがちになる。
    イカニンジャと合わせるとさらに前線切って戦いやすくなる。
  • イカニンジャ
    一気に踏み込んで強襲することで、連射力で圧倒できるブキがプロモデラー。近接戦闘がやりやすくなり、対人戦で暴れまわりたい使い手にオススメ。
    さらにチェイスボムの後ろを泳いでいるかどうかを目視で判断されなくなり、チャージャー対策にも一役買って出られる。
    ただしイカ速度が減少してしまうため、イカ速度アップを積んで相殺をしておきたい。
     

優先度:中

  • スペシャル増加量アップ
    わずかな動きで大きくスペシャルゲージを溜めることができるようになるため、スーパーショットの回転率の上昇が期待できる。
    後衛で塗ったりチェイスボムを飛ばして味方の補助を行い、スペシャル発動で前線に立って攻めまくる切り替え戦法がやりやすくなる。
     
  • マーキングガード
    工作兵のような仕事をこなせるプロモデラーにはオススメのギア
    特に、チェイスボムの隠密行動においてはこれが非常に有効。
    敵の進路を塗りつぶして足止めしたり、背後や死角からスーパーショットで敵の意表を突いた攻撃を行いやすくなる。特にスパセン持ちのリッター3Kに対し役立つ。
     
  • インク効率アップ(サブ)
    チェイスボムのインク消費量が80%と多い。そのため軽減率が高くお得感がある。
    メインに1つで74%と6%軽減される。
    チェイスボムにつられて敵が飛び出しチャンスを掴んだものの、メインショットを撃つインクが残っていなかった、では話にならない。
    また、戦闘時にとっさに捻出できるかどうかが大きな強み。
    下記のインク回復との違いを考慮しつつ選びたい。
     
  • インク回復力アップ
    チェイス追撃時に潜っているときの相乗効果がある。
    インク回復力アップが無くとも3秒で空から満タンまで回復するので、長い直線でチェイスが起爆するまでずっと潜っていると回復量が過剰になりがちだが、プロモデラーは機敏な仕事を求められる。
    すなわち、小まめに短時間潜伏する時に効果が高くなる。より多くの仕事がこなせるようになるので効果は高いと言えるだろう。
    インク効率アップ(サブ)とは違い、回復する時間がかかるものの、メインで消費したインクの回復も早くなるため、万能性が高い。
     
 
 

補足

  • 攻撃力アップ
    サブ一つで24.9でカンストする上、攻撃力なしでも相手の防御力アップで確6にはならない*2
    距離減衰の緩和もこの射程では焼け石に水。
    一応24.9でインク踏みスリップダメージが入った相手には擬似確4になるので、「攻撃サブ1が混ざっていても厳選のし直しはしなくていいか」程度。
    ガチホコのバリアに与えるダメージもちょっと増す。こちらはカンストしないので確定数がずれる。

情報/その他 Edit

プロモデラーの元ネタがプラモデル制作などに使用するエアブラシであることから、「MG」はバンダイのプラモデルブランド「マスターグレード」が元になっているという説が有力。

 

 

コメント Edit


旧コメント欄

最終更新日時:2017-04-16 (日) 21:49:38






*1 ジャンプ中の値はVer.2.8.0で18°から上方修正
*2 防御57でダメージ倍率は83.33...%。ダメージは24.5から約20.4になり、ギリギリ確5を維持している。