Top > オトモ > オトモ装備
HTML convert time to 0.017 sec.


オトモ/オトモ装備

Last-modified: 2017-07-01 (土) 21:34:46

オトモアイルーのために特別に作られた装備のこと。

概要 Edit

  • 初登場はMHP3。武器、頭、胴の3部位しかない。
  • MHP2Gでも一応オトモの見た目を変えることは出来たが、
    見た目だけであり性能そのものにはなんら影響しなかった。
    MHP3以降は装備を変えることでオトモ自体の能力が変動するようになっている。
    • このシステム変更には、着せ替えや装備コレクションといったお楽しみ要素だけでなく、
      MHP2Gにおける悪魔アイルーの氾濫も影響していると思われる。
      配信オトモには装備を付けることが出来ず、攻撃力/防御力は装備に依存するシステムだからである。
  • 生産には主に端材という特殊な素材を用いる。
    作品によって入手手段が異なる。詳細はリンク先参照。
    これも作品によるが、端材のみではなく角などの素材や証などのチケットを併せて要求されることもある。

派生形式 Edit

  • MHP3以降のオトモ装備では、ハンターの防具と同じように派生が存在する。
    派生がある場合は基本的に元のシリーズ名+アルファベット(漢字)で記載される。
    アルファベット(漢字)の命名法則はハンター用とほぼ同様である。
    • ハンター用の武器の見た目や名前をもじっている武器の場合、
      派生した武器もアルファベット(漢字)が付かず、より上位の武器名をもじった名前になることが多い。
      例えば、リオレウス素材の大剣「レッドウィング」を模した「レウスネコブレイド」は、
      上位派生になるとハンター用の「炎剣リオレウス」に合わせて「炎剣ネコブレイド」という銘になる。
    • 獰猛化素材を使用した装備は、無印版の名前の前に「猛」または「獰」が付く。
    • 二つ名素材を使用した装備はクエストのレベルに応じて無印・S・X・XXの4種類に派生する。
  • 近年のハンター用の武具と違い、オトモ装備には武器・防具ともに強化の概念はない。
    下位なら下位の端材で、上位なら上位の端材で…というようにすべて一発生産方式である。
    上述したレウス武器を例に挙げると、下位で生産した「レウスネコブレイド」は
    上位の「炎剣ネコブレイド」に強化することはできず、上位の端材を用いて新たに生産する必要がある。
オトモ装備の派生一覧
素材基本素材獰猛系二つ名系
ランク下位上位G級上位G級Lv1Lv9Lv11Lv14
MHP3S
MH4
MH4GS
MHXSS
MHXXSXSXXX

※無=アルファベットがつかない

武器 Edit

  • アイルー用の小型の武器。内包パラメーターはシリーズごとでやや変化している。
    ハンターのものとは近接と遠隔が分かれているくらいで根本的には似ている。
攻撃力、属性値、会心率
  • オトモ装備の攻撃力は、近接攻撃力と遠隔攻撃力の二つが存在する。
    属性と会心率も存在するが、シリーズによって形態が異なる。
    • MHP3、MHX(X)では近接・遠隔それぞれの数値が別のページに記載される。
      属性値・会心率も同様にページごとに表記されている。
      MHP3では記載されている近接と遠隔で攻撃力に大きく差があったが、
      MHX(X)ではニャンターモードの実装に伴い、近接と遠隔の値が同程度になり、
      バランス型、近接特化型、ブーメラン特化型というタイプ区分が追加され、
      それに応じて近接と遠隔の差が大きく変化している。
      基本的に近接の方が数値が高いがブーメラン特化型の場合遠隔攻撃力の方が高くなる。
    • MH4(G)ではパラメーターが一つのページに纏められており、
      属性値と会心率が近接・遠隔で分かれていない。
    • MH4G以前は状態異常属性が付かず、麻痺属性だけを扱うラングロトラの武器が
      火属性になっているなど、ちぐはぐなこともあった。
      MH4G以前でオトモに状態異常を持たせたい場合は、オトモスキルで属性を付与させる形態をとる。
攻撃系統
  • 武器ごとに斬撃か打撃かに攻撃系統が分かれている。
    斬撃では尻尾等の切断が可能で、打撃では蓄積値が低いもののスタンや減気効果が狙える。
    攻撃系統は近接攻撃だけでなくブーメランにも反映される。
  • MHX(X)では投げるブーメランの形が攻撃系統によって変化する。
    切断ならくの字型だが、打撃なら十字の形をしている。
斬れ味
  • MHP3、MHX(X)に存在するパラメーター。
    ハンター用の近接武器と同様に、色によって攻撃の補正倍率や弾かれやすさが決まる。
    近接・遠隔の両ページに記載されているものの、差異が見られることはない。
  • ハンターのそれとは違い斬れ味が低下することはなく、
    斬れ味ゲージに相当する部分には単一色の長方形が表示されている。
武器の見た目・形態について
  • 如何なる見た目であってもブーメランを投げるときはどの武器も同じ形になる。
    MHX(X)では武器によって色が変化し、上述のように形も攻撃系統によって変化する。

防具 Edit

  • 防具には頭防具と胴防具の二つがあり、武器同様シリーズによって違いがある。
  • シリーズを通して、防御力と各種耐性がありスキルポイント等が無いことは共通している。
    • MH4、MH4Gにのみ体力ボーナス、頭防具のみにターゲットのパラメーターが存在する。
      • ターゲットは小型一筋、小型優先、バランス、大型優先、大型一筋の5系統。
  • オトモ装備をどのような基準で選ぶのかは、結構個人の趣味が分かれる部分である。
    ガチガチに固めて最強のオトモを作る人もいれば、見た目重視でロマンに走る人もいる。
    ハンター自身の装備と違って、ネタ装備でもそこまで戦局に影響がないのが大きい。
    • MHP3、MH4、MHXでは、メインオトモは集会所(MHP3は集会浴場)までついてくる*1
      しかし3人以上のパーティーならオトモは狩りにはやってこないので、
      完全なネタ装備にしてもなんの問題もないことになる。
      このため、パーティー用に趣味装備のオトモにしている人も多い。
  • これまではそこまで重要視されてこなかったが、MHXでのニャンターモードの実装により、
    プレイヤーがニャンターになる場合にプレイヤーの防御力を決める重要な要素となった。
    スキルポイント等は無いものの、耐性の観点から選択肢は少なめ。
    終盤の装備はセットで耐性が+15を超えるものが登場し、
    食事込みで属性やられを完全に無効化できるようになる。
    ステップしかできずやられ状態の解除に時間がかかるニャンターにはかなり重要。
    • 防御重視・耐性重視・見た目重視と大きく3タイプに分けられるが、基本的に個人の好みで選んで問題無い。
      ただし見た目を重視する余り防御力がおろそかになっては元も子もないので、そこだけは注意したい。
      幸い、ハンターの防具と違い少ない端材で作ることが出来るので、使い分けも容易である。
  • 胴装備にはゴアネコシリーズなど足が消えるものもある。
  • コラボ装備になりきり○○○というものがある。これは胴装備だけの防具で、
    装備するとアイルーがそのキャラクターそのものになり、ものによって体のバランスも完全に変わる。
    頭防具は完全に見えなくなるが、性能は反映される。
  • オトモ防具は長らく着彩設定に対応していなかったが、
    MHXXにてようやくオトモ防具も着彩設定が可能となり、色彩を変更できるようになった
    色を変えられる部分の多くはハンター用のものと似通っているが、
    中にはハンター用とは着彩できる部分が異なるものも存在する。

パートニャー装備 Edit

  • MHFに登場するパートニャーも、武器・頭・胴のいわゆるオトモ装備が存在する。
    本家シリーズに登場したオトモ装備のデザインはそのまま使用されており、
    その他にもMHFオリジナルのものや、本家には無い亜種防具も存在する。
  • 武器のパラメーターはMHP3のそれに近く、斬撃と打撃が分かれており、
    攻撃力(近接)に比べてブーメラン攻撃力はかなり低く表記されている。
    会心率もあり、状態異常属性はなく、斬れ味の代わりに「するどさ」というパラメーターがある。
  • オリジナルの要素として装備ごとに最大三つのスロットがあり、
    そこに「ネコの装飾品」というアイテムをつけることでスキルポイントのように
    パートニャーにスキルを覚えさせる事ができる。
  • こちらはハンター装備同様にモンスター素材を(主に)使って作成することとなる。

余談 Edit

  • 装備品の説明も、ハンターの武具に比べれば
    「殴られるとタンコブができる」だのと言ったほのぼのとしたものが多い。
    しかし強大な大型モンスターの素材(端材)から作成された装備などは
    「一振りで雷を巻き起こす」等とハンター武具と比べても遜色ない大げさな説明がされているものもある。
    後発の武具ほどほのぼの…というかネタに走った説明文が増えているのは多分気のせいではない。

関連項目 Edit

オトモ/オトモアイルー
オトモ/パートニャー
システム/ニャンターモード

武器防具両記載 Edit

独立記事 Edit

オトモ/アプトネコシリーズ
オトモ/エルドラネコシリーズ
オトモ/オルタネコシリーズ
オトモ/ガーグァネコシリーズ
オトモ/ぐでたまっぽい服
オトモ/グルメネコシリーズ
オトモ/なりきりシリーズ
オトモ/ニャン次郎シリーズ
オトモ/猫獣人シリーズ
オトモ/プリティネコシリーズ
オトモ/マリオネコシリーズ
オトモ/ヤツホシネコシリーズ
オトモ/メロディネコシリーズ
オトモ/リンクネコシリーズ
オトモ/ロックマンシリーズ
オトモ/MHBネコシリーズ

あ行 Edit

防具/アーク・フィリアシリーズ アンヘルネコシリーズについての記述あり。
防具/アカムトシリーズ アカムネコシリーズについての記述あり。
防具/暁丸・凛シリーズ 凛猫シリーズについての記載あり。
防具/アグナシリーズ アグナネコシリーズについての記述あり。
防具/アシラシリーズ アシラネコシリーズについての記述あり。
防具/アスリスタシリーズ アスリスネコシリーズについての記載あり。
防具/アロイシリーズ アロイネコシリーズについての記載あり。
防具/異形シリーズ 異形ネコシリーズについての記載あり。
防具/ウカムルシリーズ ウカムネコシリーズについての記載あり。
防具/ウルクシリーズ ウルクネコシリーズについての記載あり。
防具/エーデルシリーズ エーデルネコシリーズについての記載あり。
防具/エスカドラシリーズ エスカドネコシリーズについての記載あり。

か行 Edit

防具/カイザーシリーズ カイザーネコシリーズについての記載あり。
防具/骸装甲・屍装甲シリーズ 骸装甲ネコシリーズについての記載あり。
防具/海賊Jシリーズ ジャンプコラボのオトモ装備4種についての記載あり。
防具/ガノスシリーズ ガノスネコシリーズについての記載あり。
防具/カブラシリーズ カブラネコシリーズについての記載あり。
防具/ガムートシリーズ ガムートネコシリーズ、銀嶺ネコシリーズについての記載あり。
防具/ガララシリーズ ガララネコシリーズについての記載あり。
防具/ガルルガシリーズ ガルルガネコシリーズ、隻眼ネコシリーズについての記載あり。
防具/ガレオスシリーズ ガレオスネコシリーズについての記載あり。
防具/ガンキンシリーズ ガンキンネコシリーズ、宝纏ネコシリーズについての記載あり。
防具/ギザミシリーズ ギザミネコシリーズ、鎧裂ネコシリーズについての記載あり。
防具/キリンシリーズ キリンネコシリーズについての記載あり。
防具/クシャナシリーズ クシャナネコシリーズについての記載あり。
防具/クックシリーズ クックネコシリーズについての記載あり。
防具/グラビドシリーズ グラビネコシリーズについての記載あり。
防具/ケチャシリーズ ケチャネコシリーズについての記載あり。
防具/ゲリョスシリーズ ゲリョスネコシリーズについての記載あり。
防具/ゴアシリーズ ゴアネコシリーズ、ケイオスネコシリーズについての記載あり。
防具/荒天・蒼天シリーズ ニャン天シリーズについての記載あり。
防具/ゴグ・マゴグシリーズ ニャゴグシリーズについての記載あり。
防具/コンガシリーズ コンガネコシリーズについての記載あり。
防具/金色・黒子シリーズ 黒子ネコノシリーズについての記載あり。
防具/混沌のパオ 混沌ネコシリーズについての記載あり。

さ行 Edit

防具/サージュシリーズ サージュネコシリーズについての記載あり。
防具/ザザミシリーズ ザザミネコシリーズ、矛砕ネコシリーズについての記載あり。
防具/ザボアシリーズ ザボアネコシリーズについての記載あり。
防具/残陽・常磐シリーズ 剣豪ネコシリーズについての記載あり。
防具/ジャギィシリーズ ジャギィネコシリーズについての記載あり。
防具/ジンオウシリーズ ジンオウネコシリーズについての記載あり。
防具/スカルダ・スパイオシリーズ ベノビーネコシリーズについての記載あり。
防具/スキュラシリーズ スキュラネコシリーズについての記載あり。
防具/ズワロシリーズ ズワロネコシリーズについての記載あり。
防具/ゼクスシリーズ ゼクスネコシリーズについての記載あり。
防具/セルタスシリーズ セルタスネコシリーズについての記載あり。

た行・な行 Edit

防具/ディアブロシリーズ ディアネコシリーズについての記載あり。
防具/ディノシリーズ ディノネコシリーズ、燼滅刃ネコシリーズについての記載あり。
防具/デスギアシリーズ デスギアネコシリーズについての記載あり。
防具/ドボルシリーズ ドボルネコシリーズについての記載あり。
防具/ドラゴンシリーズ ドラゴンネコシリーズについての記載あり。
防具/撫子・桔梗シリーズ ニャでしこシリーズについての記載あり。
防具/ナルガシリーズ ナルガネコシリーズ、白疾風ネコシリーズについての記載あり。
防具/ネセトシリーズ ネセトネコシリーズについての記載あり。
防具/ネブラシリーズ ネブラネコシリーズについての記載あり。

は行 Edit

防具/バサルシリーズ バサルネコシリーズについての記載あり。
防具/ハプルシリーズ ハプルネコシリーズについての記載あり。
防具/バルクシリーズ バルクネコシリーズについての記載あり。
防具/ハントシリーズ ハントネコシリーズについての記載あり。
防具/バンギスシリーズ バンギスネコシリーズについての記載あり。
防具/ファンゴシリーズ ファンゴネコシリーズについての記載あり。
防具/ブナハシリーズ ブナハネコシリーズについての記載あり。
防具/ブラキシリーズ ブラキネコシリーズについての記載あり。
防具/ブランゴシリーズ ブランゴネコシリーズについての記載あり。
防具/フルフルシリーズ フルフルネコシリーズについての記載あり。
防具/ブレイブシリーズ ブレイブネコシリーズについての記載あり。
防具/フロギィシリーズ フロギィネコシリーズについての記載あり。
防具/ペッコシリーズ ペッコネコシリーズについての記載あり。
防具/ベリオシリーズ べリオネコシリーズについての記載あり。
防具/ベルダーシリーズ ベルダーネコシリーズについての記載あり。
防具/ボーンシリーズ ボーンネコシリーズについての記載あり。
防具/ボロスシリーズ ボロスネコシリーズについての記載あり。
防具/ホロロシリーズ ホロロネコシリーズについての記載あり。

ま行 Edit

防具/マギュルシリーズ マギュルネコシリーズについての記載あり。
防具/マスターシリーズ マスターネコシリーズについての記載あり。
防具/マッカォシリーズ マッカォネコシリーズについての記載あり。
防具/ミツネシリーズ ミツネネコシリーズについての記載あり。
防具/ミヅハ・トヨタマシリーズ マジンネコシリーズについての記載あり。
防具/モノブロスシリーズ モノブロネコシリーズについての記載あり。

や行・ら行・英数字 Edit

防具/大和・日向シリーズ 旗本ネコシリーズについての記載あり。
防具/ユニクロシリーズ ユニクロネコシリーズ、モンクロネコシリーズについての記載あり。
防具/ユクモノシリーズ ユクモノネコシリーズについての記載あり。
防具/ラヴァシリーズ ラヴァネコシリーズについての記載あり。
防具/ラギアシリーズ ラギアネコシリーズについての記載あり。
防具/ラングロシリーズ ラングロネコシリーズについての記載あり。
防具/ランポスシリーズ ランポスネコシリーズについての記載あり。
防具/リノプロシリーズ リノプロネコシリーズについての記載あり。
防具/リベリオン・ライオットシリーズ スパルタンネコシリーズ、オリンポスネコシリーズについての記載あり。
防具/ルドロスシリーズ ルドロスネコシリーズについての記載あり。
防具/レイアシリーズ レイアネコシリーズ、紫毒姫ネコシリーズについての記載あり。
防具/レウスシリーズ レウスネコシリーズ、黒炎王ネコシリーズについての記載あり。
防具/レギオスシリーズ レギオスネコシリーズについての記載あり。
防具/レックスシリーズ レックスネコシリーズについての記載あり。
防具/USJシリーズ スターネコシリーズ、マジカルネコシリーズについての記載あり。

武器 Edit

オトモ/でんぢゃらすなアレ
オトモ/ピック
武器/アマツ武器 オトモ武器についての記述あり。
武器/アマデュラ武器 オトモ武器についての記述あり。
武器/覇王剣 ネコ魔王剣についての記述あり。

防具 Edit

オトモ/クルーンネコシリーズ
オトモ/タルネコボディ
オトモ/探偵ネコシリーズ
オトモ/ぽかぽかシリーズ
オトモ/武者ネコシリーズ
オトモ/メイラーネコシリーズ
防具/アーティアシリーズ アーティアネコシリーズについての記載あり。
防具/セイラーシリーズ セイラーネコシリーズについての記載あり。
防具/どんぐりシリーズ どんぐりネコシリーズについての記載あり。
防具/マフモフシリーズ マフモフネコシリーズについての記載あり。
防具/レックスシリーズ ベビティガネコシリーズについての記載あり。






*1 MHP3、MHXでは「オトモ1」に設定したオトモ。