Top > 【ルビー】


【ルビー】

Last-modified: 2019-09-18 (水) 23:09:21

概要 Edit

クエストシリーズ【吼えろ トビアス!】に登場する竜族の少女。
【ガイオス古海】の深海のほこらで【暴魔アリゲーラ】に襲われており、【トビアス】と主人公たちに助けられる。
 
記憶を失っており何者かは不明。トビアスは身に覚えがないと言うが、彼のことを「父ちゃん」と呼び一方的になつく。
結局なし崩し的にトビアスが預かることになり、瞳がルビーのように赤いことから「ルビー」と名付けられる。
 
ストレートロングの髪にシンプルな白いワンピースといういかにも「清楚」な出で立ちの少女であるが、実際に話すと生意気な男子口調かつ図々しく悪戯好きという性格。見た目から来るイメージを木端微塵に破壊してくれた。
前述の爆弾発言もあり、全アストルティア住民を唖然とさせると共にトビアスに隠し子疑惑を植え付けた。
その後は【聖都エジャルナ】大神殿のトビアスの私室に滞在する。
食い意地が張っており盗み食いをするなど騒動を起こしているようだが、話が進むと体調を崩しているらしいという話が聞ける。
 
第3話【竜神の遺産】で、その正体が【ナドラガ】神の眷属であり、魔瘴を浄化する力と使命を持つ【神獣プリフィー】であることが判明する。
神獣としての詳細は当該項目を参照。
 
最終的に、【魔瘴魂ナドラグル】を倒すと共にナドラガンドに流出した全ての魔瘴を体内に吸収・封印することに成功するが、それを完全に無害化するには長き眠りが必要だという。
(本人曰く何十年、何百年かかるかわからないそうだ。また、前述の体調不良も魔瘴の無害化が終わっていないためである)
ルビーは親子の愛情で結ばれたトビアスとの別れを悲しみ、そして再び目覚めた時には平和になったナドラガンドを自由に旅することを約束して眠りについていった。
 
トビアス以外の対人関係としては大神殿内のサナヒやブモウが気にかけている他、【リルチェラ】とは一緒に遊んで友達になった。遊んでいる途中結構な奇行をとったらしいが、理由は後のストーリーから察することができる。
各領界の長は普通にトビアスの子であると思っており、事情を正確に把握しているのは初対面時に立ち会った水の領界の面々だけである。