【真のレンダーシア】

Last-modified: 2020-01-12 (日) 10:37:39

概要

Ver.2.0のストーリー終盤で明らかになる存在。
グランドタイタス号の乗員には違和感を覚える者もいたのだが、それもそのはず。当初降り立ったレンダーシアは【偽りのレンダーシア】だったからである。
偽りのレンダーシアのくすんだ空とは違い、綺麗な青空に景色、そして更に強い魔物が生息している。
基本的な構造は偽のレンダーシアとほぼ同じなのだが、所々で通れるようになった場所、通れなくなった場所が所々にある。
魔王の影響か、各マップの奥地にはVer.2.1実装当時の最高レベル80でも追っかけられるモンスターがゴロゴロいる危険地帯。
即死級の範囲攻撃を持ってる敵も多く、下手に手を出すと全滅する危険性もかなり高いので探索には十分注意したい。
 
フィールドBGMも新規の【晴れわたる世界】に変わり、戦闘曲はDQ5の【戦火を交えて】になる。
 
また、真レンダーシアに踏み込むと移動中の画面左上やフレンドリスト、仲間リスト上、及び地図では偽の世界にも真の世界にも同名の地名が存在する場合は、偽レンダーシアでは「偽~」または「偽りの~」と地名の前につくようになり、真のレンダーシアでは「真~」または「真の~」とつくようになる。
 
文字制限の都合か、地名によって微妙に表記が異なる。
【目覚めし冒険者の広場】で閲覧できる冒険日誌では真レンダーシアの新しいエリアに入っても「真の~」とはつかず「はじめてロヴォス高地に入った!」といった風に表記される上、回線の状況にもよるがエリア移動中に仲間やフレンドリストで真(偽)にいる人を見ると一瞬だけ真(偽)の表示が外れた地名が表示される。内部的には元の地名で判断しているようで、真の~といった表記は演出上、および区別をつけるためのもののようだ。
また、真レンダーシアに踏み込んだ事がない人からは真レンダーシアにいる人は「????」と表記されるが、上記と同じタイミングでこれまた一瞬だけ「????」と表記される事がある。