【エルフ】

Last-modified: 2021-02-10 (水) 11:02:37
『風の民 エルフ』
自然を愛し 森と共に生きる
背に小さな羽を持った かれんな姿の者たち。
伝統と格式を重んじる彼らは
世界の理を 深く学び
多くの優れた呪文の使い手を 世に送り出した。

概要

【エルトナ大陸】を中心に栄える種族で、ゲーム開始時に選ぶことができる【種族】の一つ。
背中に生えた小さな羽と、尖った耳を持つ。肌の色はキャラメイキングである程度変更出来るのだが、真っ白なものから赤紫色のものがある。
 
紹介文の通り、男女問わず所謂凛々しい風貌のキャラが造りやすい。街中で思わず見とれてしまうような出で立ちのキャラは大抵ウェディかエルフである。だからなのかは不明だが、6種族中唯一、女性の方が比率が高い。
片手剣装備時のモーションスタイルは和風だからか流麗で、必見。また背中の羽は飾りではなく、椅子に座ったりする時などに フワッと空気を和らげている。
 
NPCには日本語の自然にちなんだ名前が付けられることが多い。例えば「バショウ」や「バショオ」。エルフを選ぶ場合は意識してみるのもいいだろう。
【偽りのレンダーシア】など一部の例外を除き、郵便局の便せん屋の【便せん娘】はどの大陸でもエルフの女性が勤めている。
エルフは他作品でもファンタジーでは定番の種族である(今作のように大きな国を作っていることは稀だが)。本家大辞典も参照。他作品では完全に草食なイメージがあるが和風の要素が大きい今作のエルフは白米のほかに魚なども食卓に並んでいる。
 
ちなみにVer.4ではアストルティアの様々な時代にタイムスリップするメインストーリーが展開され、同時進行で各キャラクターの現在を掘り下げる【アストルティアキャラクターズファイル】も配信されたが、エルフはそのどちらでもあまりピックアップされなかった。
その代わりエンドコンテンツと期間限定イベントにおいて、エルトナ大陸の初期村・小国・大国全てが舞台となった。

種族差(Ver.3.1まで)

種族差がなくなるまでは、他の種族に比べて【かいふく魔力】などが高く、風耐性があるのが特徴だった。

エルフのキャラクター

種族神

メインストーリー

クエスト

職人ギルド

季節イベント

その他

【便せん娘】

関連ページ