Top > 【レンダーシア】
HTML convert time to 0.014 sec.


【レンダーシア】

Last-modified: 2018-03-13 (火) 20:59:52

概要 Edit

世界の中心にある、【人間】たちの住む世界。
2.0から一時期は「レンダーシア『大陸』」と付いていたが、現在はほぼ元のレンダーシアだけ呼称されている。
 
1stの時点ではゲーム起動直後のタイトルロゴが出るシーンで【魔瘴】によるモヤがかかっていたが、2ndディスクではそれらが取り払われ、地図上でもレンダーシア大陸を見る事ができるようになった。
 
主人公の故郷がある【エテーネの島】は内海にあるが、大陸マップは別になっている。
 
【港町レンドア】【娯楽島ラッカラン】はレンダーシアの一部に属しており、【旅人バザー】も統合前はレンダーシアのバザー扱いだった。

1stシリーズ Edit

【冥王ネルゲル】のエテーネの村への襲撃により発生した【魔瘴】にレンダーシアのほぼ全体が包まれてしまう。
【ウェナ諸島】【ケラコーナ原生林】【オーグリード大陸】【ギルザッド地方】と地続きである事がわかるが、高い山々に囲まれていて徒歩で行く事はできないという情報を得られる。
 
ネルゲルを倒した後は魔瘴は薄れつつあるものの、港町レンドアとレンダーシアを繋ぐ定期船【グランドタイタス号】が故障するなどして、レンダーシアに行く事はできない。
他の国との国交がないのか【大陸間鉄道】も通ってなければ、【神話篇】で各国の代表が集まる場に人間の代表がいないことを誰も気にする様子がなかった。
 
ちなみに魔瘴に包まれて全容は把握できない…ように見えるが、実は【タイトルムービー】に魔瘴に包まれる前の大陸全体が映像として表れている。

2ndシリーズ Edit

Ver.2.0 Edit

グランドタイタス号の修理が終了。レンダーシアは相変わらず【迷いの霧】こと魔瘴に包まれたままであるが、魔瘴の影響を受けない【魔法の羅針盤】が完成し、遂にレンダーシアへの道が開かれる。
しかし、オープニングで魔瘴に包まれる寸前に見られた大地がないこと、地続きでなくなっていること等不審な点も多い。「開発段階で変わったのだ」などと説が出たが、その真実は…
 
大陸に渡るのにはセカンドディスクの購入、キーエンブレム6つの入手、冥王ネルゲルの討伐が必要になってくる関係で、一度BANされるとレンダーシアへいけるキャラクターを作り直すのに膨大な時間がかかるため、BANの危険と隣り合わせのRMT業者の毒牙にかかっていない。

Ver.2.1 Edit

ストーリーで【ブレイブストーン】を入手することで【真のレンダーシア】へ行けるようになる。
しかしまだ迷いの霧が晴れたわけではないので鉄道などで見られる全体マップには霧がかかったままとなっている。
また、当初五大陸と地続きになっている箇所があったが2.0で行けた偽りのレンダーシアには地続きの場所がなく、これは創られた世界だからだ、という考察もあったが、2.1で解放された真のレンダーシアなどにある地図などを見るに、なかったことになったようである。
地形や人々の記憶も偽りの世界に侵食されているのだという好意的な考察もないわけではないが。

Ver.2.2 Edit

【五大陸】にも行き先が封鎖されてる箇所はいくつか散見されていたが、そちらに先駆けて真のレンダーシアの【モンセロ温泉峡】【ソーラリア峡谷】の2つが開放された。
開放されたマップは行くだけならストーリーを真まで進めておけば、進行具合には関係なく入れる。

Ver.2.3 Edit

新たにマップ追加された【ドラクロン山地】でのクエストで、真のレンダーシアでは【飛竜】に乗っての移動が可能となり、内海にある島などいままで行けなかったところに行けるようになった。
レンダーシアの外側まで行くと【魔瘴】の壁に阻まれ、いまだにレンダーシアが魔瘴によって封印されていることがよくわかる。

3rdシリーズ Edit

Ver.3.4 Edit

ストーリーを進めると【謎の島】が追加される。

Ver.3.5 Edit

イベントにて【ふくびきランド】という王国があることが明かされる。

4thシリーズ Edit

Ver.4.0 Edit

ストーリー中に、【エテーネルキューブ】を用いて5000年前のレンダーシアへと行くことになり、そこが今シリーズの物語の舞台となる。
またその中で、PVにもあった何らかの原因で崩壊したグランゼドーラの姿を見ることになる。
これは【キュルル】によれば「このままでいるといずれ迎える少し未来の世界」とのことで、【賢者ルシェンダ】などからそれを避けるためという使命も帯びて冒険することになる。

Ver.4.1 Edit

外海であるアラハギーロ東沖に【謎の遺跡島】?が出現し、【いにしえのゼルメア】の舞台となる。
メインストーリーではエテーネルキューブを用いて1000年前のレンダーシアも訪れることになる。
ただし訪問可能なのはグランゼドーラ周辺の北部エリアのみとなっている。

国・町・村 Edit

2ndシリーズより登場する場所については、DQ9で天界に関連したキャラクター(グランゼニス・セレシア・アギロ・サンディ)との関連が指摘されている。

フィールド Edit

最初は真の世界にソーラリア峡谷&古き神の遺跡があり、偽りの世界の同じ場所にねじれたる異形の大地(当初は入れない)があるが、シナリオ進行によってその配置が逆転する。

ダンジョン Edit

その他関連項目 Edit