Top > 【追憶との決別】


【追憶との決別】

Last-modified: 2017-07-09 (日) 17:58:12

【追憶の武器鍛冶職人】

【武器鍛冶職人の道】-【一人前の武器鍛冶職人】-【武器鍛冶職人の挑戦】-【マスター・ラセドの依頼】-【武器鍛冶職人の必殺技】-【マスター・ラセドの決意】- 【幸福な日々】-【追憶との決別】





概要 Edit

【武器鍛冶】職人レベルの上限が60まで解放される。

クエストNo.457
条件武器鍛冶職人レベル54以上
受注場所【グレン城】
依頼者【マスター・ラセド】
初回報酬Lv56以上武器鍛冶職人になれる
【立ちかた】「マスター級職人」
リプレイ報酬【ウルベア金貨】
名声値81

攻略 Edit

できのよさ☆2つ以上の【ほのおのつるぎ】を作って【マスター・ラセド】に渡すと、息子のロゼフのために【ドルワーム王国】の郵便局まで届けて欲しいと頼まれる。
郵便局に着くとラセドの元妻シェインがいた。ラセドが【光の河】に降りないよう、ロゼフが生きているふりをして手紙を出していたのだという。
 
落胆したラセドだったが、ギルドに【さんぞくのサーベル】の打ち直しの依頼が来る。以前、【マスター・ラセドの依頼】でラセドが名前を刻んだサーベルであり、持ち込んだのは記憶を失ったロゼフだった。シェインが光の河に投げ込んだサーベルがロゼフの元に渡り彼の命を救うことになったのである。
 
職人レベルの上限が開放され、【武器鍛冶を継ぐ者】の称号を獲得する。