【はなまどう】

Last-modified: 2018-04-25 (水) 08:47:58

概要

DQ6で初登場したモンスター。【もりじじい】の上位種。
後にモンスターズシリーズにも登場した。

DQ6

もりじじいの強化版にあたるモンスター。
植物のくせに火炎系呪文のギラを唱える。
しかし、最高で3匹しか登場せずあまり打たれ強くないので、【ベビーゴイル】4匹からのギラ地獄などを味わってきたパーティーにとってはそこまで警戒する相手ではない。
MPの都合でギラを唱えられるのは2回だけ。
判断力がいいのでこっちの守備力が高いとギラを優先して使う。呪文を封じない限り100%ギラ→ギラ→以降通常攻撃オンリーになる。
といってもそこまで守りが強いパーティーなら軽く倒せる相手なので結局問題ない。

DQM1

ゆうき、井戸のとびらに出現する。一転して早い段階でベギラマをかましてくる強敵となった。
配合では植物系×獣系で誕生する。ずいぶん簡単だが、こいつの配合先は【テールイーター】【ボーンプリズナー】しかない。
ギラ、キアリー、そして珍しいシャナクを覚える。
ドット絵のこいつは本当に花に手足が生えて動いているようなミステリアスな外見になっている。

テリワン3D

花だから自然系…ではなく何故かゾンビ系になった。きょじんの扉に出現。
3Dになりどんな動きをするかと思いきや、なんとまた謎の神官と同じモーションである。
悪魔神官といい、このモーションは汎用性があるのか。こいつは棍棒で殴る。
能力値はランクのわりに意外と高く、守備力とかしこさが1000を超える。GB版で低かったすばやさも915まで伸びる。
攻撃力もそこそこ高いが耐性が心もとない。
特性はスタンダードボディ、ひん死で呪文会心、ぼやき、+25でギラ系のコツ、+50でまれにマジックバリア。
所持スキルは「ヒャド&ギラ」。
 
また、ジュヒョウの国では、【カレキ王】がはなまどうと見間違えられる微笑ましい場面がある。確かに雰囲気は似ているが。

イルルカ

引き続き、ゾンビ系のEランク。
【おばけヒトデ】×【たこつぼこぞう】などで作ることが可能。
スキルは変わらず「ヒャド&ギラ」。
【新生配合】でギラブレイク、メガ・ギガボディ化でAI1~3回行動、ギガボディ化でときどきインテを得る。