Top > 【せいれいのよろい】


【せいれいのよろい】

Last-modified: 2019-06-26 (水) 06:03:09




概要 Edit

DQ6、7、9に登場する鎧。
精霊の鎧。山の精霊の加護を受けた聖なる鎧。
各作品毎にデザインが異なる。

DQ6 Edit

守備力55。かっこよさ35。【デイン系】以外の攻撃呪文によるダメージを10軽減する特殊効果が備わっている。
【ハッサン】以外の人間キャラ全員が装備可能。
……何故ハッサンだけハブられたのか。【アモス】も装備できるのだから体格の問題ではなさそうだし……。
 
上の世界の【ライフコッド】の武器屋に飾られており、ゲーム開始当初は購入不可だが、【馬車】を入手すると購入可能になる。
すでにイベントが終了し、戻ってくる必要もない村の、用事のないであろう武器屋での買い物になるため、普通にプレイしているとなかなか気づきにくい。一種の隠しイベントアイテムのような扱いである。
値段はこの時点では破格の高値で7000G。
しかし、【トルッカの誘拐イベント】では選択肢によっては5000Gを獲得できるので、これを使えば比較的早い段階で買うこともできる。
なお売却は不可能。
 
入手するにはゴールドが必要であるが、武器屋の通常の売り物として売られているものではないため、リメイク版の公式ガイドブックでは入手方法が「店で買う」ではなく、イベントなど「その他」の方法で入手する、という括りに分類されている。
 
一品物のため一つしか買うことはできないが、入手可能になる時期から考えると性能は桁違いに優れている。
早めに手に入れれば【ムドー】戦などで役に立つ上、女性キャラも装備できるなど、かなり後半まで使い回せる使い勝手のよさも魅力の一つ。
この頃に手に入る鎧は守備力20前後という時期にこの段違いな性能は、まるで夢のようである…と思うのも無理はない。
実際にこの鎧は下の世界のライフコッドの武器屋のおっさんの夢が具現化したものらしく、【現実の世界】ではただのボロボロの鎧だったりする。
よほど注意力と記憶力に優れたプレイヤーでなければ、初見でこの鎧の存在に気づくのはこのボロボロの鎧を見たときになるだろう。
【ほしふるうでわ】のイベントと同じく、現実世界でこのボロボロの鎧の存在と武器屋の主人の夢に気づき、夢の世界に確認しに行くという流れを想定していると思われる。
実際、この時期に入手しても妥当なレベルの価格と性能である。
 
また、【ゾンビキラー】とセットで装備すると【ベストドレッサーコンテスト】にてボーナスポイントが発生する。
ただしゾンビキラーの素のかっこよさはかなり低いので、コンテストに利用するなら【おしゃれなかじや】で叩き直すのを忘れないように。
 
ちなみに【サンマリーノ】【カジノ】で粘れば、同時期により性能が高い【プラチナメイル】を手に入れられる。
その場合は【ミレーユ】にこれをまわすことで下のレイドック到着前に三人に耐性装備を与える事も出来る。
ただしこの時点では武器が追い付いていないため、【あくまのカガミ】変身されると攻撃が通らなくなりほぼ逃げるしかなくなるので注意。
ムドー戦ではその時点で唯一の【ザオラル】の使い手である【チャモロ】に譲ってやるのもひとつの手である。

漫画版 Edit

【神崎まさおみ】漫画版でも登場。ただしボッツが購入することはなく、遠巻きに眺めるだけである。
現実のライフコッドが魔物に襲撃された際には、武器屋の主人が鎧の完成が夢であると言いながら、必死にボロボロの鎧を魔物から守ろうとしているシーンが描かれている。
そんな武器屋の主人を嘲笑いながら襲ってくる「人の夢を笑う奴、壊す奴」である魔物に対し、ボッツの怒りが炸裂するのである。

DQ7 Edit

あっさり再登場。
守備力55。デイン系以外の呪文を20軽減。【主人公】【メルビン】【アイラ】が(設定上【キーファ】も)装備可能。
現在【マーディラス】などで12000Gで普通にいくつでも購入できる。
 
性能はそれほど変わっていないのだがDQ6から5000Gも値上がりしたからか耐性の面ではパワーアップした。
しかし優秀な防具の多いこちらではDQ6ほど祭り上げられてはいない。
なお、本作では【シルバーメイル】【まほうのよろい】【マジカルスカート】と、この鎧と購入時期も耐性範囲も被る鎧が複数存在し、守備力や耐性の強さ込みで比較してもいずれも微妙な差となっている。
それらを先に購入していた場合は無理にこの鎧に買い替える必要は無い。
 
今回もゾンビキラーとの組み合わせで【世界ランキング協会】の「カッコよさ部門」でボーナスポイントが発生する。
ただし本作にはおしゃれな鍛冶屋がいないため、この組み合わせの実用性は全くないが。

3DS版 Edit

【バギ系】に対する耐性が消滅している。
バギ耐性消失の弱体化はシルバーメイルや魔法の鎧も同様ではあるのだが、時期的に敵のバギ系攻撃が激化する【聖風の谷】編でのメイン装備であるのがつらい。
PS版の感覚で着ていると、【やみのまじん】【ヘルクラウダー】戦で痛い目に遭うだろう。

DQ9 Edit

上半身防具。守備力42。攻撃魔力7。回復魔力7。炎、氷、風、雷・爆発属性を15%、闇属性を12%軽減する。
【魔法使い】【武闘家】【レンジャー】以外の職業で装備可能。
 
精霊装備のひとつ。同系統の装備品に【せいれいのほうい】【せいれいの盾】【せいれいのこて】が新たに加わった。
防具の細分化によって守備力が落ちたが、優秀な部類。せいれいのこてと一緒に装備すると守備力54…、おしい。しかし、本作では下半身防具があるため総合的には守備力は上回る。そちらは精霊装備ではないが…。
【まほうのよろい】の上位種という位置付けとなったため同一のデザインになり、見比べると若干色が濃い。
 
入手方法は錬金のみで、まほうのよろい×1+【せいれいせき】×1で完成する。
まほうのよろいは【グビアナ城下町】で購入でき、せいれいせきは直後に潜り込むことになる【グビアナ地下水道】や、ボス【呪幻師シャルマナ】から入手できる。
 
【げんませき】と錬金する事で【げんまのよろい】にバージョンアップするので、クリア前なら心強い存在。