【タイトルロゴ】

Last-modified: 2020-01-24 (金) 22:23:53

概要 Edit

DQシリーズのタイトルロゴについて説明する。
ここでいうタイトルロゴとは、ゲームの【オープニング】画面におけるロゴではなく、作品のパッケージなどに表示されているロゴのことを指す。

本編作品 Edit

DQシリーズのロゴは、ナンバリングでは全作品にわたって統一されている。
英語表記の【DRAGON QUEST】の形に切り取られた石のブロックが、湾曲した逆台形型に並べられており、基本的には最後の「T」が剣を模したデザインになっている。
それに各作品の物語を代表する画像のシルエットが差し込まれており、日本語表記のタイトルは英字の周辺に小さく書かれる。
このロゴは【榎本一夫】によってデザインされ、近年の作品ではそれをベースに【アルテピアッツァ】や有限会社ボールドがアレンジして作っている。
 
また歴代オリジナル作品では、英字の色が奇数作品は青系、偶数作品は赤系と交互に繰り返されているという伝統がある。
DQ3のSFCでのリメイク時においてはロゴを青から赤に変えていたり、DQ6・DQ7の開発中の仮のロゴは前回作と同じ色にしていることから、この当時(1990年代)はまだこの法則を意識していなかったものと考えられる。
しかし2013年にDQシリーズのスマホ移植を発表した際にはDQ3のロゴを青に戻していることから、現在ではこの青赤交互の法則を意識するようになったようである。
なおドラゴンクエストシリーズ全般を表すロゴ(日本語表記なし・装飾なし)にはが使われている。

DQ1 Edit

文字色は紫()。ただしTVCMや一部雑誌・書籍では赤い文字になっている場合もあった。
左側のDの字の穴から青いドラゴンが顔を出し、そのドラゴンの吐き出す炎に「ドラゴン クエスト」の文字が書かれている。
この竜は討伐対象である竜王の真の姿を表す。
 
SFC・GB版はDQ2とのカップリングであることから『DQ1・2』としてのロゴが作られ、DQ1の単独ロゴはガラケー版までFC版のものがそのまま使われた。
スマホ版以降ではFC版のものをベースにマイナーチェンジが施され、SFC版『DQ1・2』のようにロゴの両側から竜が文字を囲むようになった。

DQ2 Edit

文字色は赤()。
中央に『II』と書かれた茶色の盾があり、その上にタイトルが重なっている。
 
リメイク版でのDQ2の単独ロゴはガラケー版までFC版のものがそのまま使われた。
スマホ版以降では盾の色が茶色から青になり、『II』のフォントも変わった。

DQ1・2(SFC・GB版) Edit

SFC版の文字色は
青で書かれた『I.II』のナンバーの真上にタイトルが重なって配置され、"DRAGON QUEST" の両側から青い竜が囲む形になった。
 
GB版では英字タイトルが薄い青色で、従来とは逆にナンバー(金色)が英字の上に重なり、さらにその上にカタカナの「ドラゴンクエスト」が大きく書かれている。
竜のシルエットは無し。

DQ3 Edit

文字色は青()。
ロゴ全体が剣をイメージしたものとなった。
斜めになった楕円形の中に剣が突き立ち、"DRAGON QUEST" の文字を鍔に見立てた構成になっている。このためか、今作は最後の「T」が剣の形をしていない。
タイトルナンバー『III』はロゴの右下部で青い真円の中に表示された。
なお、開発中に公開されたロゴは楕円がオレンジ色に塗りつぶされていたが、後に水色の外枠のみの透明な楕円に変更された。

リメイク版 Edit

文字色はに変更された。
デザインも大幅に変わり、ロトの紋章を模った水色の鳥の形に重なった金色の『III』が中心に配置され、"DRAGON QUEST" がその真上に重なっている。
また「T」は他作品同様の剣の形になった。
ガラケー版もこのロゴを引き継いでいる。
 
GBC版はSFC版DQ3とGB版DQ1・2をミックスさせたような形で、カタカナの「ドラゴンクエスト」を大書きしたものとなっている。英字の色は薄い青。
 
スマホ版以降ではSFC版ベースだが、文字色がに戻り、ロトの紋章がグレーに変更された。

DQ4 Edit

文字色は赤紫()。ナンバーの色は赤。
右側に【天空城】をイメージした雲に浮かぶ城のシルエットが配置された。
タイトルナンバーの真上に "DRAGON QUEST" が重なる形に戻り、以降DQ6までこの形となる。
 
PS版はナンバーの色が金色に変わった程度の変更だが、DS版以降はナンバーの配置が変わり、DQ7のようにタイトルと重ならず下中央に書かれた形になった。

DQ5 Edit

文字色は青()。ナンバーの色はオレンジ。
ナンバーの上にタイトルが重なり、ナンバーの部分に3本の輪が掛かっている。
この3つの輪は物語の重要な鍵となる3つの指輪と、親子3代に渡る物語であることを示している。
 
リメイク版は輪の間隔が広くなり、ナンバーはタイトルと重ならずに下中央に書かれた。

DQ6 Edit

文字色は赤()。ナンバーの色は青。
タイトルの文字の下に影が重なった形になっており、世界が二つ重なっていることを暗示している。
ただし、開発中に公開された仮のロゴ(タイトルの重なりなし)はタイトルが濃い青、ナンバーが赤(マゼンタ)で書かれていた。
 
リメイク版は文字が朱色になり、下の影が斜めに捻れるようなデザインになった。
ナンバーは金色に変わり、タイトルと重ならずに下中央に書かれた。

DQ7 Edit

文字色は青()。ナンバーの色は銀色。
右側に大きな橙の船のシルエットがあり、主人公の出自について暗示している。
DQ6までのロゴの剣は、刀身が光っている鋭利な感じのデザインだったが、DQ7以降の本編作品ではグラデーションがかかったからか、輝きは姿を消してしまっている。
しかし剣の輝きの復活を望む声は今でも結構ある。
その他にも、ナンバーがタイトルと重ならずに "DRAGON QUEST" から下に外れた位置に置かれるようになったり、ロゴの文字の側面が黄金に輝くようになるなど、大きな転換点となった。
ただし、開発中に公開された仮のロゴはDQ6と似たものでタイトルが赤、ナンバーが空色で書かれておりナンバーにタイトルが重なっていた。
 
リメイク版はナンバーの文字の形とサイズが微妙に変わった程度の変更である。

DQ8 Edit

文字色は明るい赤()。ナンバーは金色。
タイトルの上に神鳥【レティス】の意匠があるティアラの装飾が施され、下側には呪われし姫君【ミーティア】をイメージした馬の影がある。
また、ティアラの装飾は空、馬の影は海、”DRAGON QUEST”の文字は大地を表し、本作の特徴である「3Dグラフィックによる広大な世界」を示すという捉え方もできる。
移植での変更は無し。

DQ9 Edit

文字色は青()。ナンバーは赤。
中央に洋梨に似た【女神の果実】が描かれ、果実の周りの雲と、建物の柱に見立てた『IX』の文字は【天使界】を表している。

DQ10 Edit

文字色はDQ8のような赤()。ナンバーは金色。
右側に、開けられた扉の前に立つ二人の人間のシルエットが描かれている。主人公とその兄弟姉妹による物語である事と、オンライン作品であることを示す。
シルエットの色はバージョンによって変わっており、Ver1では青、Ver2では金、Ver3では紫、Ver4では緑、Ver.5では灰色になっている。

DQ11 Edit

文字色は明るい青()。ナンバーは金色。
右側に炎を吐く左向きのドラゴンの影が描かれており、DQ1のロゴと対になっている。このドラゴンはオープニングムービーや真エンディングで登場する【聖竜】と見られる。
またDQ6以来、久々にメインタイトルがナンバーの上に重なる形に回帰した。
 
DQ11Sは、ロゴのXI部分の背後にSを傾けたような意匠が追加された。またロゴ下のタイトル表記の右側にも大きなSの文字が追加されており、こちらは細かな意匠が施されている。

モンスターズ Edit

作品ロゴの色や形状など
DQM1ロゴの文字色は青。流れ星を表すデザイン。【星降りの夜】を示している。
DQM2ロゴの文字色は黄。イル編もルカ編も【ふしぎなかぎ】がロゴに重なっているが、微妙に鍵の形状が異なる。
DQMCHロゴの文字色は赤。上部にはベースキャンプの画像。
テリワン3Dロゴの文字色は青。ロゴの青い部分に星空が描かれている。
イルルカロゴの文字色は緑。
DQMSLロゴの後ろには様々なモンスター達のイラストが青一色で描かれており、「T」の字がスマホで覆われている。

ジョーカーシリーズ Edit

モンスターズでもDQM1・DQM2、CH、テリワン3D、イルルカではナンバリングからのロゴを忠実に再現しているが、
ジョーカーでは従来とは全く違う、大きな「DQM」の文字が書かれたロゴを採用。
ドラクエとしてはイレギュラーだが、「スピンオフ」であることを強く明示した形といえる。
J2では「DQM」の右に丸付き数字の2を付属させ、プロフェッショナルではそのロゴにかかるように斜めに「PROFESSIONAL」と書かれている。
J3でも「DQM」の右に3が付いている。ナンバーの背景には「ブレイク」を表した、紫色のガラスが砕けたような表現がされている。

不思議のダンジョン Edit

作品ロゴの色や形状など
トルネコ1木の板で文字が書かれ、その左にコインを見る【トルネコ】の顔が書かれている。
トルネコ2斜めに傾いた木の板にタイトルが書かれている。
アドバンス版は赤字で「アドバンス」の文字が追加されている。(3も同様)
トルネコ3海図にオレンジ色でタイトルが書かれている。
ヤンガス通常のロゴに重ねてタイトル名の表記。Tの字が斧になっている。

スラもり Edit

作品ロゴの色や形状など
スラもり1ロゴの文字色は赤。【スライム】の形状をした銀色のマークに、通常のロゴを重ねている。
スラもり2ロゴの文字色は青。通常のロゴに重ねて『スライムもりもりドラゴンクエスト2』の表記。
スラもり3ロゴの文字色は赤。前作と同様に、通常のロゴに重ねてタイトル名の表記。

バトルロードシリーズ Edit

通常のロゴに重ねてタイトル名の表記。「モンスター」と「バトルロード」の間にロトの紋章。

モンスターバトルスキャナー Edit

バトルロードに似たロゴ。「キ」の縦棒が長い。

DQS Edit

通常のロゴに右横向きの剣が重なり、その上に「SWORDS」の文字を重ねている。

ビルダーズ Edit

「DRAGON QUEST」のTの字が武器のおおきづちになっており、通常のロゴの下にブロックで「BUILDERS」と書かれている。
2は「DRAGON QUEST」と「2」の色が青い。

ヒーローズ Edit

通常のロゴの下に金色で「HEROES」と書かれている。
IIでは「HEROES」の横に盾を二つに分けた形で「II」と書かれている。

ウォーズ Edit

緑色のロゴの後ろに大きい青色の「WARS」。

モンパレ Edit

「DRAGON QUEST」の後ろに【アデリナ号】とモンスター達が描かれており(イルルカの【モンスターパレード】と同メンバー)、その下に青と黄色のコントラストで「MONSTER PARADE」と書かれている。
どこパレでは【ハンド】が「どこでも」の文字をつまんでいる。

星ドラ Edit

通常のロゴの前に青色の「星のドラゴンクエスト」という文字が書かれている。

ライバルズ Edit

通常のロゴの前に金色で「RIVALS」と書かれており、ロゴの後ろには裏返しのカード。

ウォーク Edit

「DRAGON QUEST」の文字とその下の「WALK」の文字がともに水色。WとLの字は少し色が濃い。
WALKの左にはロトの紋章をあしらった靴、右にはスライムがいる。