Top > 【ヘルパイレーツ】


【ヘルパイレーツ】

Last-modified: 2018-10-17 (水) 00:39:47

概要 Edit

DQ6・8などに登場するモンスター。
年齢を重ねたタコに、暗黒の魔神が宿って生まれたという海賊(パイレーツ)の魔物。
上半身は人型、下半身はタコ(8本のタコ足)で、槍と鎧兜で武装している。
 
上位種に【オクトセントリー】がいるほか、星ドラではボスにタコスミ兵長がいる。

DQ6 Edit

海上のいろいろな場所に出現する。
通常攻撃の他にしっぷう突きと防御を使用する。
 
初登場は【フォーン城】の一件終了後に訪れる下の世界の外海。
【運命の壁】【魔術師の塔】の強敵たちと比べると、ステータス的にはそこまで秀でているわけではない。
しかししっぷう突きによる先制攻撃があるため無傷で倒せないことも多く、防御で戦闘を長引かせることもあるため、そういう意味では厄介な魔物でもある。
どの呪文にも微妙に耐性を持っているが、メダパニを使うのが一番いいだろう。
ザキ系もそこそこ効くので急所突きもいいかもしれない。
落とすアイテムは【てっかめん】

DQ8 Edit

【海賊の洞窟】全域にのみ出現する。
PVでは海に出ていたが、ゲーム本編では海賊稼業はお休みしてアジトに籠っている。
深いフロアでは集団で現れ、ピオリムを使って素早さを上げるほか、今回も【しっぷう攻撃】で先制攻撃を行う。
普通に素早さも高いので先制されやすいため、HPが低い状態で行動するのは危険。回復は早めにしよう。
 
素早さが高いだけで一発のダメージは大したものではないので、
ザキを使う【オーシャンクロー】【ミミック】
強力な攻撃を多用する【キングマーマン】と一緒に出たらそっちの方から倒そう。
落とすアイテムは通常枠が【鉄の盾】(1/64)、レア枠が【鉄のヤリ】(1/128)。実に妥当な落し物である。
 
コイツの疾風攻撃は、手にした槍で何度も何度も突き刺すというモーションである。
疾風攻撃は、仕様上通常攻撃よりも威力が劣るが、あれだけ何度も突き刺しておきながら普通の攻撃よりもダメージが少ないのはなんか釈然としない。
ああ見えて一撃ごとの傷は通常攻撃よりも遥かに浅いのだろうか。
ちなみにこいつの連続突きを回避した際には、バックステップ→元の位置に戻る……を高速で繰り返す、非常にシュールなパーティーメンバーの姿が見られる。

DQM1(PS版)、DQM2 Edit

水系として参戦する。
【ダゴン】×【じごくのもんばん】【ライオネック】などの配合で生み出せる。
攻撃力がすさまじい成長を見せ、その他の能力も平均以上。ただし賢さはちょっと足りない。
習得する特技は相変わらずしっぷうづき、そしてドラゴン斬りとギガスラッシュ。
けっこう根気がいるが、【メタル化】が可能。

リメイク版DQM1では、ときどき【他国マスター】が連れている。
ぜひ仲間にして水系モンスターを集めてみよう。

イルルカ Edit

久々の参戦。悪魔系Bランク。
【オクトセントリー】×【じごくのもんばん】の配合で生み出せる。
特性は【スタンダードボディ】【アンチみかわしアップ】【イオブレイク】
+値を上げることで【ひん死で会心】【ふくつのとうし】を得る。
【新生配合】【メタルキラー】、メガ・ギガボディ化で【AI1~3回行動】、ギガボディ化で【いきなり黒い霧】を習得。
スキルは「【ふうえんの剣技】」。

DQMB Edit

第二章から登場する。
ステータスはHP:664 ちから:85 かしこさ:40 みのまもり:58 すばやさ:78。
特技は「かいぞくの舞」と「あらしのいかずち」。
前者は槍で敵1体を連続で突く技。後者は槍の先端から電撃を発し、敵全員を攻撃する。
比較的能力のバランスが良い攻撃型のモンスター。
「あらしのいかずち」は相手に耐性さえなければ300ぐらいダメージを与えられる。
 
また僧侶と組む事で、あらしのいかずちが会心率が高く、マヒの追加効果がある「ストライクランス」に変わる。