Top > 【ペルポイ】


【ペルポイ】

Last-modified: 2019-03-14 (木) 19:33:20

概要 Edit

DQ2の町。DQMCHにも登場。
元ネタはローマ帝国の都市ポンペイと思われる。西暦79年、ヴェズビオ火山噴火の火砕流で、高さ20mを超える火山灰に埋まり一瞬にして滅びた。当時の街並みや暮らしがそのまま保存された遺跡として今日では知られる。
町全体が地下に隠れているという設定は、まさしく地下に埋もれたポンペイ市を反映していると言えよう。
SFC版の【公式ガイドブック】での英語表記はPerpoi。英語版での地名はNES・GB版ではWellgarth、スマホ版ではBurrowell。

DQ2 Edit

【ロンダルキア】南の半島に存在する町。
シナリオでは【ベラヌール】のずっと東に【世界樹】があるという情報が聞けるので、ベラヌールから東へ向かうとその途中で見付かる。
ハーゴンの呪いの影響を防ぐため、男1人と犬1匹を除いて住民全員が地下に隠れてしまった。
この犬は大多数の犬と違って「きゃいん きゃいん」と鳴く。まるでいじめられているみたいな鳴き方だが、隣にいる男も一人取り残されて寂しがっているように、この犬も寂しがって泣いているのだろう。
ここに来ることは船入手後から可能だが、【きんのカギ】【アバカム】が無いと地下に入ることができない。
 
この町から【ロンダルキアへの洞窟】へ行くことはできない。
 
施設は充実していて、宿屋・武器と防具の店・道具屋2軒・教会・福引き所が揃っている。リメイク版では預かり所もある。
武器防具屋で売られている【ひかりのつるぎ】【ミンクのコート】はここでしか買えない。【ちからのたて】もある。ゴールドが溜まったらここでひかりのつるぎ(と、ちからのたて)を購入しよう。
また、あらくれ男の道具屋にはここでしか入手できない【ろうやのカギ】が売られている。
道具屋の売り物欄に存在する不自然な空欄(スマホ版では「?????」欄)を選択してみよう。
2000Gと値は張るが、ストーリークリアにはろうやのカギかアバカムが必須なのでろうやのカギを買おう。
FC版等ではろうやのカギ入手後に【いかづちの杖で金稼ぎ】をすれば十分過ぎるほどのリターンが得られる。
 
ろうやのカギを買った後は、この町にいるという【すいもんのカギ】を盗んだラゴスを探すことになるのだが、
ラゴスの居場所について詳細は【ラゴス】の項目を参照。そして、この街の牢屋にはラゴスの他に非常に謎に包まれたジジイが囚われている。話してみるとFC版では「~そうじゃ。」と伝聞形での情報を聞けるだけの存在だったが、何故ハーゴンや邪神の像のことを知っているのか謎だった。リメイク版では「大神官ハーゴン様はロンダルキアの山々に。邪神の像を持つ者だけがロンダルキアへの道をひらくことが出来るのじゃよ。ふあっふあっふあっふあっ。」との事。FC版と情報の大意に変化はないものの、ハーゴンに様をつけるようになった辺りからハーゴンへの忠誠心や敬意が感じられる。それが囚われる原因に関係していると考えられるが襲ってはこないところを見ると、ローレシアの牢屋の様な魔物の類ではなさそうではあるが…邪教に洗脳でもされた、ただのジジイ信者であろうか。
ところが、どういうわけかクリア後は普通にハーゴンが滅んだことを祝っているようなセリフになる。やはり洗脳だったのだろうか?
 
またFC版等では、入口付近には町の歌姫【アンナ】がおり、話しかけると町のBGMを【Love Song 探して】に変えてくれる。
リメイク版では居なくなった。
また、記憶を失った【ザハン】出身の男【ルーク】もいる。
 
本作では鍵を使う時、扉が先頭キャラに接していれば上下左右全て有効なため、上述のラゴスが入れられている牢屋や、ここの宿屋にある【ぎんのカギ】の扉は2つが同時に開く。
この挙動を見て本作では「鍵は扉の方を向かなくても使える」を知った人もいただろう。

小説版 Edit

人口1500。
元々は炭鉱の街であり、ロンダルキアの魔物や海賊の襲撃から身を守るため、鉱山の内部に町が造られるようになり、安全を確保したが、石炭の枯渇によって街は衰退している。
経歴を隠して、道具屋を営んでいるラゴスから、水門のカギを入手する。

ゲームブック(双葉社) Edit

一軒家のカギを開け階段を下りると林の向こう側に移動し、そこに町が広がっている…という、なんとも謎な設定になっている。
【いなずまのけん】を所持していれば、武器屋の主人シンペーからクリアに必要な【はかいのつるぎ】を交換という形で入手できる。

DQMCH Edit

砂漠の中にある【牢屋】で有名な町となっている。
「かつてラゴスが伝説の脱獄を成した」牢屋となっているが、
あまり牢屋としての価値は成しておらず、観光地や史跡のような扱いですらある。
「伝説の脱獄」自体が長い年月の間で真実が風化した事を匂わせてもいるが。
ベラヌールの船着き場からここの南の船着き場への定期船に乗り、そこから徒歩で移動するとたどり着ける。
ここの牢屋にはメタルハンターの【ギルメ】が何故か捕まっている。
釈放してあげると仲間になるので、早速この近辺に現れる【メタルスライム】を狩ってレベルを上げよう。
また、狩人の【パンナ】、吟遊詩人の【ダニエル】?、占い師の【オースト】も仲間になる。
 
周辺の敵は【かぼちゃのきし】【がいこつけんし】といった強力なAランクモンスターや、
Bランクでもなかなかの強敵な【スライムナイト】【ひとくいそう】なんかも出てくる。
山や砂漠では能力値の高い【うごくせきぞう】【スカルゴン】など、油断出来ない強敵が揃ってる。
ルカナンが無いとまともにダメージを与えられないようではこの先は厳しいだろう。
今回はここの北から徒歩で【ロンダルキアへの洞窟】へ侵入できる。

DQB2 Edit

作中で直接登場することはないが、【モンばあ】がここの出身であることが判明する。