Top > ダーネ・テスラ


ダーネ・テスラ

Last-modified: 2018-03-06 (火) 02:47:25

キャラシート Edit

【クラス】フォーリナー
【真名】ダーネ・テスラ
【容姿】変わった雰囲気の美少年
【英雄点】30点(ステ18点・スキル12点):令呪1画消費
【HP】 35/ 35
【筋力】D:2
【耐久】B:4
【敏捷】A:5
【魔力】E:1
【幸運】A:5
 
【スキル1】領域外の生命:-
5:交戦フェイズ中に相手前衛に対し、奇襲攻撃を行える。
交戦フェイズごとに1回まで、相手のクラス固有スキルの補正値を無効にする。
【スキル2】無貌の叡知:C++
5:奇襲攻撃時、補正値5を得る。HPを10増やす。
【スキル3】分割思考:A
2:先手判定時、補正値3を得る。HPを5増やす。
 
【宝具1】『構想より現在へ。虚ろなる未明の機構。それは昼が夜であるように。』(ワールドシステム・プロトタイプ)1/1
【ランク・種別】ランク:E 
【効果】交戦フェイズ開始時、現在地のエリアで陣地『世界システム』を作成出来る。
    陣地内では1巡に1度ずつフォーリナーと行う相手の陣営の任意の判定に
   (幸運値-8)のペナルティを与える。
    対象のマスターの残存令呪が0の場合、更にダイス面数を1減らす。
 
【宝具2】『暗黒神話・未明降臨』(フィラデルフィア・エクスペリメント)  1/1
【ランク・種別】ランク:EX 対城宝具
【効果】キャラシート作成時、令呪1画を消費する。
    霊地の上で作成された陣地『世界システム』上でのみ使用できる。
    奇襲攻撃時に相手前衛全てに攻撃でき、補正値5を得る。
 

Edit

●フォーリナー 真名:ダーネ・テスラ
筋力:E 耐久:E 敏捷:EX 魔力:E 幸運:D 宝具:EX

 

【クラス固有スキル】
・領域外の生命:EX
 詳細不明。
 フォーリナーの肉体は人類との差はない。

・道具作成:E
 魔力を帯びた器具を作成可能。
 フォーリナーの場合、本人の意向で基本的に魔力は帯びない器具を作成する。
 『どっちを元に作ったところで、結局同じところで行き詰まる』

・陣地作成:-
 科学者として、自らに有利な陣地を作り上げる。
 その土地に『世界システム』の完成形を構築することが可能。
 魔術とは異なる概念で形を成すこのサーヴァントのスキルはどのランクにも該当しない。
 

 

【保有スキル】
・神性:B
 その体に神霊適性を持つかどうか、神性属性があるかないかの判定。
 Bランクともなれば半神半人の領域。

・分割思考:A
 思考を整理・加速するスキル。
 その計算能力に際限は無く、遥か遠い未来の予見すら為し得てしまう。

・無貌の叡知:C++
12歳にして様々な学問を修めた、知識・知能による戦術恩恵。
特に科学については他の追随を一切許さない程のレベルにまで到達している。
その学問の中には様々なオカルトや宇宙規模の叡智まで含まれている。
フォーリナーは例外なく、その叡智をも自らの物にしている。

 

【宝具】
『構想より現在へ。虚ろなる未明の機構。それは昼が夜であるように。』(ワールドシステム・プロトタイプ)
ランク:E 種別:仮想宝具 レンジ:1~99 最大補足数:500人
 彼の頭脳の中に描かれた世界の完成形とも言われる『世界システム』の最終進化形態を現在に一時的に展開する宝具。
 宝具という形になったコレでさえ、フォーリナーから言えば失敗作らしく厳密に言えば『仮想宝具』に分類される。

 敵を見えない力で地面へと押し付け、地へめり込ませるほど巨大な圧をかける
 地中の砂鉄を鋭い穂先の形状へと変化させ、無数の槍撃を飛来させる

 完成形である『世界システム』の一時的な恩恵、エネルギーと磁力を移動させ制御し生成する万能の叡智。
 魔力と並列に歩んだ科学の最終形態の欠片にして、いつの日か星を侵す降臨者の魔の手でもある。

 

【宝具】
『暗黒神話・未明降臨』(フィラデルフィア・エクスペリメント)
ランク:E 種別:対陣宝具 レンジ:1~99 最大補足数:500人
暗黒の神話、その狂気と叡智を幼少期に既に『呑み尽くした』フォーリナーが用いる、領域外の技術を利用した科学の真髄の一端。
「フィラデルフィア計画」における完成形 
科学と外法による空間の転送 および亜空間の断裂 その完全な理解と制御。
人類ではなく外なる技術から取り入れたソレは、真名解放を行う事で完全な時空断層の断裂をも可能とする。

とはいえ事前に『世界システム』上かつ、それで制御した自身が用いる科学エネルギーと 霊地から集める『外なる知識』の為の魔力エネルギー
その双方を高出力かつ継続的に使用しなければいけない他、砲身となるフォーリナー自身も余波で傷つく為
環境要因をクリアしつつ、単発的に使用することが望まれる。

絆レベル