Top > ストーリー > 【ユフィにマテリアを盗まれる】


ストーリー/【ユフィにマテリアを盗まれる】

Last-modified: 2019-10-11 (金) 15:56:56

FF7 Edit

FF7で最初にウータイへ進もうとする際にユフィマテリアを盗まれるイベント。
ウータイエリアに入ってしばらくすると神羅兵×2に襲われる。
神羅兵を振り切った後マテリアが無くなっていることがわかり、ユフィを追ってウータイへ。
(実は神羅兵と戦う際すでにマテリアは無くなっているため、ここからイベント開始になる)
ウータイへ到着後はユフィを探すことになるが、見つけてユフィにマテリアを返してもらおうとすると、
ユフィの家にある質の悪いからくりに引っかかり檻に閉じ込められてしまう。
しかしその後、ユフィはちょうど来ていたタークスイリーナと一緒にコルネオに誘拐されてしまう。

  • 最初の神羅兵含め、神羅兵たちが追っていたのはクラウド達ではなくコルネオだった。

タークスと共闘してコルネオを追いダチャオ像へ向かうが、そのまま降参するコルネオではなく、
なんとペットのラプスをけしかけてくる。
ノーマテリアの状態でなんとかラプスを倒すと、レノルードにコルネオがやられて2人は救出される。

 

パーティーメンバー&ユフィでマテリアを探し、やっとマテリア奪還して一件落着…にはならない。
その後もユフィはマテリアを盗む意志を忘れたわけではなく、その強い意志からか、
大空洞という忘れたところでユフィはアイテムのネコババを企むので注意されたし。
天災は忘れた頃にやってくるとはこのことか。

  • コメディ色の強さは全FF中屈指と言っていい7の面目躍如たるストーリー。
    マテリアを盗まれたと気づいたときのバレットの発狂ぶりも見もの。
  • ハイウインド入手後の場合、ウータイに直接入ることでも発生させることができる(Disc2限定)。その際は「北へ逃げた」という発言が無くなるなど、発生時の台詞も微妙に違う。

プロたるタークスの独特のスタンス、ユフィの厄介さ加減とともに、難関として印象深いイベント。
マテリア無しの状態で挑むラプスは、結構な難易度の戦闘として多くの記憶に刻まれているだろう。
また、神羅兵とのバトルからウータイに辿り着くまでの道程はいくら用心してもしすぎることはない。
その危険性は集団で現れる雷神鳥に集約されると言える。
マテリアを奪回する前に群れを成したこのモンスターに遭遇した場合、一目散に逃げるのが最善手。
アクティブモードでちらとも迷えば、あっという間にパーティ半壊である。


貴重な全体回復手段ボスを含めた敵の動きを封じられるリミット技、
ついでに唯一イベント開始時点から使えるマテリア穴のないネタ武器
最速で起こしたときはエアリスが非常に輝く。
次点は遠距離武器持ち&敵の技を封じられるバレットか。

  • ウータイ内でかんざしが拾えるレッドXIIIも。
    • 彼の場合、より攻撃力の高い父の形見を既に持っているので
      クリティカル偏重のスタイルでもないとかんざしの出番はなさそう。
    • かんざしは唯一の遠距離対応髪飾りなのでその点でも優位。活躍期間は半分だけだが。
  • リミット技が非常に重要になるため、メンバー選考にリミットレベルが大きく関わる。
    アンブレラを入手しているエアリスはそれだけで心強いが、怒りの烙印まであるのならほぼ確定。それがなくても上記の通り、レベル1リミット技が需要に完璧に応える。レベル2が大地の息吹しかない場合はリミットレベルを落とそう。
    レッドXIIIはセラフコームに加え、レベル2が自己回復と最速到達時では恐らく唯一の多段攻撃技(ユフィの血祭もあるにはあるが)であるため、揃っているなら連れて行きたい。セラフコーム&スターダストレイはこの時点であればクラウドのリミットを超える威力を叩き出す。スターダストレイ→怒りの烙印→スターダストレイ→クラウドのリミットという連携が決まればラプスを瞬殺可能。
  • 他にキャラ特性を活用できるとすればヴィンセントだろうか。後列武器持ち&リミット技使用でHP全快。

盗まれるマテリアは最大48個。それ以上は手元に残る。

  • ちなみに、パーティ初加入するかの選択肢の際はギルが盗まれることもある。セーブポイント注意
  • 49個以上所持していた場合は一部魔法マテリア(炎、冷気、雷)が優先的に残される。
    回復か敵の技を残していってくれたらあのイベントがどんなに楽かと思いつつ…。
    • 自分のプレイでは50個持っていて、ほのお、れいき、いかずちそれぞれ×3がすべて盗まれた上で、ぬすむとちりょうが残った。
      ちりょうは1つしか持っておらず、ぬすむは3つ持っていたが内2つは補充したばかりだった。
      一方で三属性は全部バランスよく☆2つまで成長させていた状態だった。
      判定要素はマテリアの種類だけではなさそう。
  • 最速発生時、道中での入手可能なマテリアは41種。
    購入以外での重複はへんしんぞくせいてきのわざみやぶるが各2個、ぜんたいかが5個。
    つまり41種49個(多少寄り道してクジャタを回収すると42種50個)。
    41種にはバトルスクエアの景品も含んでいるので、取り逃しもあるであろう一方、
    複数常備したいかいふくやレッドXIII初期装備のほのおなどの重複もあるだろう。
    数の調整具合が絶妙である。

このイベントで彼女に殺意を抱いた人もいるはず。
でもウータイ復興のためにマテリアを集めている彼女に免じて大目に見てやってください。

  • このイベントでユフィを危険人物認定して常にパーティイン(目の届く所で監視)していた。
    紆余あってクリアする頃には一番好きなキャラになっていた。
    (ついでに、クラウドと行動を共にしていたため大空洞でのネコババ回避)
  • 許された理由の8割ぐらいは多分外見。
  • 時代がオペラオムニアまでに至っても「ユフィは嫌い」と言い切り続けているのは自分だけではないはず。
  • 自分の場合数を持ち過ぎていた&たまたま残されていた種類が良かったのか、苦戦した記憶がない。なのでユフィに対しても「ストーリーの都合でしょ」程度のもので悪い印象を持ってなかった。

何故ユフィとイリーナの2人…と思いきや、ダチャオ像で逆さ吊りにされる演出のために
スカートではないキャラが選ばれたのだろうか?

  • それ残念・・・
    リーダーがティファかシドだと台詞が(クラウドが本来喋るべき台詞が)ちょっと変わります。

このイベントをやり遂げると、ディスク2最後の螺旋トンネルでのタークス遭遇時に選択肢が出て、戦闘を回避することもできる(やり遂げてない場合、遭遇自体を回避しないと選択肢が出ずに自動的に戦闘になる。)


イベント終了時は盗んだマテリアを再度装着してくれるが、元通りではなくめちゃくちゃにセットされてしまう。
覚えておくなりメモを取るなりして元に戻そう(初回プレイだと厳しいが……)。

  • ユフィに装着していた分のマテリアはそのままなので、ユフィがパーティーにいると一人分の手間は省ける。
    (といっても面倒くさいことに変わりはないけど…)
  • 当イベントクリア後からウータイで購入できる武器は、古代種の神殿突入前では店売り最強のものとなる。
    武器更新(ボーンビレッジでの防具更新も)と併せてマテリア配分を見直す機会と捉えるくらいで丁度いい。

ラプスを倒されてもなお諦めずに人質逆さ吊りでパーティを脅迫するコルネオに、エアリスは「わ、わかった・・・」とあっさり降参する。


あのときのユフィは、神羅兵たちより弱かったのだろうか。

  • クラウド達がユフィ宅でイージーな罠に掛かったように、ユフィもしょっぱい罠にハマって捕まったのかも知れない。

一連のイベントに突入すると、マテリアを取り返すまで乗り物やチョコボには乗れなくなる。
ただし新羅兵との戦闘はチョコボに乗ったままでも発生し、この場合降りるまでの間はそのままチョコボで移動できる。
なおこの時特殊なチョコに乗っている場合は注意が必要。
『徒歩ではウータイまで行けない場所』でチョコボから降りてしまうと乗り直せないためにゲームの進行が不可能なハマリ状態になってしまう。


このイベントが未発生の状態でDisc3に入ると、もはやこのイベントは発生しない。

  • Disc3でユフィを仲間にした場合はイベントは起こらないが五強の塔には挑戦できる。
    ユフィの故郷がウータイであることや挑戦する理由はすっ飛ばして普通に挑めるのでリヴァイアサンも入手可能。
    素でレベルが高い上に最強装備や上位の召喚を持ち込めるので楽勝である
  • ちなみに、五強の塔イベントには、このイベントのフラグは一切関係ない。
    パーティにユフィがいるかどうかが基準。チートでイベント中に無理矢理ユフィを入れればそのまま挑戦することも出来る。
    このイベント中はユフィが離脱する上に、ディスク2以前では、このイベントを起こさずにユフィを入れたままウータイに入ることが出来ないため、実質イベント後にしか五強の塔に挑戦出来ないだけである。
  • 何より全てのてきのわざトラインを覚えられる唯一の機会。
    とはいえ戦闘メンバーが3人までの本作でわざわざ4つめのてきのわざを埋める意味は薄い。
    • 最終戦複数パーティ用…?まあパーティ内で一人持っていたら十分な気もするが。
      • 実用性の問題ではない。コレクターにとっては全て埋まっているという事実が大事なのだ。

このイベントの最中ユフィの家で嵌められたときにユフィが次に行くべき場所のヒントをくれるのだが…
日本語版:

「マテリアを見つけるにはカネにものを言わせなきゃ」
「エヘヘ……カネだよ、カネ。わっかるー?」

英語版:

"When you're looking for the Materia, remember you gotta steel it."
"Hehe heh... Steel...steel! Get it?"

訳し方が非常にうまい。なぞなぞと翻訳を考えた人に拍手を送りたい。

  • 英語版意訳
    "マテリアを見つけるには「スティール」しなきゃいけないってこと(を忘れちゃダメ)"
    "エヘヘ……「スティール」だよ、「スティール」。わっかるー?"
    steel…鋼鉄
    steal…盗む
    発音は同じなのでクラウドたちがユフィに言われている言葉の上では区別は付かないが
    メッセージウィンドウで言葉を文字として見ているプレイヤーにはわかる。
  • 日本語版は「金」と「鐘」をかけている。つまり「鐘にものを言わせる=鐘を鳴らす」という意味。
    一方英語版は、「盗む」と「鋼鉄」をかけており、鉄でできた「鐘」を鳴らすことになる。
    しかも、「盗む」はユフィの行った行為そのもの。この辺も考えられていそう。
  • うまい訳だとは思うが、お寺を一度も見たことがないアメリカ人があの細かいグラフィックであれが鉄製の鐘だと分かるのだろうか。
    まして、現実の鐘は銅で作るのが一般的である。
    • 鋼鉄なんかで鐘に結びつくのか?と言われれば確かに無理だろう。ただ、そもそも日本語版ですらヒント性が薄い。
      そもそも鐘に辿りつけたところで、その先にマテリアは存在しないので、この文章を道標として見るのが苦しいだろう。
      あくまでも後からなるほどと思わせる言葉遊びに過ぎないかと。

ユフィがどのマテリアを盗んでいくのかは優先度が決められている。ちなみに優先度1位はマスターしょうかん。
優先度がそれなりで安く買える『ぬすむ』をいくつか買い込めばかいふくを残しておけるのでイベントがぐっと楽になる。イベント終了後には買ったぬすむがムダになるが……。
ただし、ユフィの装備していたマテリアは盗む数に含まれないので事前に外しておくこと。