データ/【ダイヤ(ア)シリーズ】

Last-modified: 2020-09-30 (水) 15:21:39

FF4まではダイヤ、FF5以降はダイア、FF9では再びダイヤとなっている。
物語の中盤から終盤ぐらいに出てくるのがこのシリーズであるが
その頃になると、ひと癖もふた癖もあるような防具がぞくぞくと手に入るので影は薄い。

  • 雷半減耐性は立派な「ひと癖もふた癖もある」特徴だと思うのだが。

シリーズ初期から割と高位の防具として頻繁に登場しており、雷属性への耐性を持っていることが多い。
だがクリスタルシリーズに対してはいつまで経っても頭が上がらないポジションである。

  • と思っていたらDDFFでは装備レベル・性能がクリスタルシリーズより上になりました。

現実のダイヤモンドは硬度(=摩擦や引っ掻きに対する強さ)こそ自然に存在する物質では最高であるが、靱性(=衝撃に対する強さ)はそれほど優れているわけではないので、瞬発的な衝撃に弱くハンマーなどで叩けば容易に粉々になる。また日光や酸に対する耐性は強いが、高熱に弱く火にくべると灰になってしまう。防具の素材としては不適である。
なおダイヤモンドの結晶の原子には不対電子が存在しないため、電気を一切通さない。偶然かもしれないが「雷耐性」というのは決して嘘ではないのである。

  • 某英雄伝説シリーズでは可燃性がしっかり再現されており、火の攻撃を喰らうとダイヤ製防具は無くなる。
  • だが、現実世界では、雷に対しては金属製品を身につけていたほうが生存率が高いという統計がある。
    これは、身につけた金属製品に優先的に電流が流れ、その分体内を通る電流量が減るためと言われる。
    絶縁体であるこの装備に身を固めて雷を受けた場合、受けた電流を外部に逃がせず体でもろに受けることになるため、むしろ雷に弱くなってしまうと言える (体が雷に直接触れないように完全防護されていれば別だが…)。
  • 「容易に粉々」というほど脆くないし、ちょっと炎に当てて燃えるようなもんでもない(酸素を当てながらバーナーで加熱とかしないと目に見えるほど燃えない)。伝熱特性は異常にいいので、実際存在したら炎とか冷気の攻撃が弱点になりそう。
    • ダイヤモンドには「劈開」という、衝撃を受けると正八面体の面に対して平行な向きに容易に割れる性質がある。現実ではダイヤモンドの加工の難易度を下げる有難い性質ではあるが、防具の素材にそんな性質があったらやっぱりやばい。

上記の現実のダイヤモンドの特性を考えると、一部に取り入れるならともかく装備全体をダイヤで作るのは無理があるように思えるが、そこはファンタジーということで深く考えるべきではないのだろう。

  • 夢のない解釈をするとダイヤの装飾を施した防具といったところか。

ダイアの武装をフル装備した騎士といえば、古典RPG、Wizardry#2「ダイヤモンドの騎士」。
魔法の剣・盾・鎧・兜・小手の5つの伝説の装備を収集する。小手の魔力が一番強いことでも有名。


FF1

全ジョブ装備可能なダイヤの腕輪を除き、全てナイト専用品。
ナイトがいないパーティではダイヤの腕輪以外そもそも出番すらないのはもちろんだが、ナイトが1人のみしかいない場合もイージスの盾ドラゴンメイル守りの指輪の存在により腕輪と兜以外は出番がない。


雷耐性があるのはダイヤアーマーとダイヤシールドの2種類のみ。

  • もし兜か小手にも耐性があれば、炎の盾やアイスアーマーと組み合わせて3属性耐性を持つことができ、リボンやドラゴンアーマーが揃うまでの繋ぎにはできたのだが…。
    • もし兜や小手にも雷耐性があったなら、GBA版以降でもリボンなしで3属性耐性を得たり、毒・石化耐性付の源氏の兜or源氏の小手と組み合わせて4属性耐性を得たりすることができる貴重な防具として大活躍できた可能性があるので、実は地味ながら結構痛い。

ちなみに全て非売品のため、持ち物制限のなくなったGBA版以降は完全に不要でも持ち物欄に大事に残しているプレイヤーがほとんど。

  • 無論持ち物制限のあるGBA版以前では貴重品だろうと不要な場合には容赦なく売り払われるか捨てられる運命にある。
    どうしてももったいないと思うプレイヤーは入手せずに宝箱に封印したままずっと放置しておこう。

ダイヤの腕輪
ダイヤアーマー
ダイヤシールド
ダイヤの兜
ダイヤの小手

FF2

ダイヤの胸当てには雷耐性がない。
言わずもがな武器であるダイヤメイスにも雷耐性はない。


回避率が重要なFF2では、軽くて頑丈なうえに魔法干渉も低い優秀な防具であるダイヤの胸当てや、重さが設定されていないダイヤメイス・ダイヤシールド以外のものはほぼ装備されることは無い。


前作同様全て非売品のため、これまた前作同様に持ち物制限のなくなったGBA版以降は完全に不要でも持ち物欄に残されているプレイヤーがほとんど。
加えてダイヤメイスは1個限定・ダイヤアーマーは個数限定品(他4つは敵のドロップ品として複数入手可能)。

  • ちなみにこの2つはPSP版以降の秘紋の迷宮でも入手不可能と非常に貴重。
    当然ながら持ち物制限のあるGBA版以前では貴重品だろうと不要な場合には容赦なく売り払われるか捨てられる運命にあるのも同様なので、GBA版以前で完全に不要だがどうしてももったいないと思うプレイヤーはこの2つのみは入手せずに宝箱に封印したまま放置しておく必要あり。

ダイヤメイス
ダイヤシールド
ダイヤの兜
ダイヤアーマー
ダイヤの胸当て
ダイヤの小手

FF3

実は、FF3ではこれだけが雷属性の耐性があり、それ以外の防具には無いので注意。

  • 肝心のガルーダ戦前には入手できない。
    ケルベロス相手に使うとちょっといい感じ。
  • 超耐性を誇るリボンでさえも例外では無く雷耐性が欠如している。
    威力の高いサンダガを使うクムクムや集団でかみなりを連発するハオカー相手にも有効なので、古代の民の迷宮以降に挑む際は上位防具との差が小さい腕輪か小手を常備しておくと良い。
    ダイヤシリーズを装備できないジョブを使う場合は…気合と根性で乗り切ろう。
  • ダイヤの腕輪は魔法職(魔道士・学者風水士幻術師魔人導師魔界幻士賢者)と忍者が装備できる。
    ダイヤの腕輪以外はナイト竜騎士バイキング・忍者の4ジョブしか装備できない。
    • ラストまで魔剣士を使い続けたいプレイヤーの場合には地味ながらもこの欠点が結構痛かったりする。
      とはいえ、ジョブが同じでは面白みがないから使いたくないというプレイヤー以外、FC版でラストに使うのは物理職:忍者・魔法職:賢者となるためほぼ問題はないだろう。

本作から全て普通の店売り品になり、完全に不要でもわざわざ残しておく必要がなくなった。


ダイヤシールド
ダイヤの兜
ダイヤメイル
ダイヤの腕輪
ダイヤの小手

FF3(DS版以降)

DS版では雷属性への耐性が無くなった。
守りの指輪」などでないと雷属性を軽減できない。
そしてメイジキマイラさんの雷は強化されましたとさ。
…………ガッデム!

  • ついでにFC版では一応カエル耐性も備えていたが生憎死に耐性だった為機能せず
    DS版ではカエル耐性自体は意味のある物になったが、残念ながらダイヤシリーズの防具からは丸ごと取り払われた。
  • DS版では雷耐性がある防具が特定ジョブ専用品のオニオレット精霊の腕輪と全ジョブ装備可能な守りの指輪の僅か3つのみしかないので、この装備群から雷耐性が無くなったことは実はかなり痛かったりする。

DS版では盾にのみ石化暗闇沈黙があるだけの単なる硬いだけの防具になってしまったが、店売り品ではクリスタルシリーズに次ぐ2番目に硬い防具なのはこれまで通りなので、上位互換性能の防具が手に入るまでの繋ぎとして地味ながらも堅実な働きはしてくれることだろう。

  • 雷耐性がなくなってしまったのは非常に残念だが、装備可能ジョブが少し増えたのも嬉しい変更点。
    特にダイヤの小手は唯一モンクシーフ狩人魔剣士空手家忍者も装備できる。
    • 最終的にはほとんどのジョブと同様にDS版で超強化された守りの指輪に取って代わられてしまうものの、それまでの間の繋ぎとして地味ながらも大いに助けになるため重要。

FF4

どれもトメラの村で売られており、雷耐性を持っている。
ちなみに同じ店に売っている金の髪飾りも雷耐性を持っている。
雷耐性は重複しないので各キャラ1個装備すれば十分。


ダイヤシールド
ダイヤの兜
ダイヤアーマー
ダイヤの腕輪
ダイヤの小手

FF5

腕輪以外には、雷属性の被ダメージを半減する効果がある。
雷属性を吸収できる防具が無いFF5の中では、なかなか稀有な効果ではなかろうか。
(いや、調合を使えば雷吸収バリアも作れるんだけど)


というか半減耐性自体が激レア。
ボーンメイルの冷気半減、GBA版追加装備のヴィシュヌベスト(炎、冷気、雷の三属性)、ソーサリーマント(全属性)以外ではダイヤ装備だけしか持たない。

  • その上敵に半減耐性を持つものはいない。

半減効果は倍率ではなく攻撃力自体にかかるため、魔法防御力との相乗効果が期待できるが、ダイヤシリーズは魔法防御力が低いので組み合わせを考えよう。
割合ダメージ攻撃の場合は通常時より被ダメージ半減となるため、稲妻(最大HPの1/4ダメージ)の場合は1/8ダメージとなる。

  • 炎の指輪と合わせれば炎を吸収・冷気無効・雷半減と、3属性攻撃を主力とする敵に有効な装備となる。
    また珊瑚の指輪と合わせれば、弱点となる雷を半減耐性で上書きできる。

「腕輪」だけ無耐性なのは設定ミスなのだろうか。
細かな変更点が多いスマホ版でも、ダイアの腕輪に雷半減属性は追加されていない。

  • アイテムの説明も他のダイアシリーズは「『いかずち』に強い○○」に対して
    単なる「ダイアモンドせいの うでわ」。
    • う~ん、どうだろう?説明に「いかずちにつよい」と書いていない&この中で唯一アクセサリだから、ミスではなく意図的に雷耐性を外した可能性もありそう。
      「いかずちにつよい うでわ」という説明なのに雷耐性が付いていなかったなら単なる設定ミスで確定だろうけども。

ダイア系装備のすべてがムーアの村限定商品である。かの地にはダイアモンド鉱山でもあるのだろうか。


ガラフが最後に装備してた防具もこのシリーズになったのが多い。


ダイアの盾
ダイアの兜
ダイアの胸当て
ダイアの鎧
ダイアの腕輪(アクセサリ)

FF6

何の特徴もないただの中堅の防具類。
アイテムコレクションと、エドガーに装備させてゴージャスさを脳内演出するくらいしかない。
クリスタルシリーズ同様、前作5と比べて有用性が大幅ダウン。

  • 従来とは異なり、雷属性を半減する効果はない。しかし、半減効果よりも優秀な吸収効果を持った盾があるので、あまり気にならないのだが。
    コロシアムで賭けてもしょーもないアイテム扱い
  • ダイアの胸当ては、モグにとって2番目・店売り最強の装備として、中継ぎながらも有用。

ダイアの盾
ダイアの兜
ダイアの胸当て
ダイアの鎧

FF7

ダイアナックル
ダイアバングル


ダイヤのティアラはイベントアイテムなので、武具類の囲いには当て嵌まらない。

BCFF7

ダイアバングル

CCFF7

ダイヤの小手(アクセサリ)
ダイヤブレス(アクセサリ)

FF9

小手には水属性無効の効果がある。


ダイヤソード
ダイヤヘルム
ダイヤアーマー
ダイヤの小手
ダイヤモンド(アクセサリ)

FF12

ダイヤソード
ダイヤシールド
ダイヤアーマー
ダイヤヘルム
ダイヤの腕輪(アクセサリ)

FF14

次元の狭間オメガ零式:シグマ編の報酬装備として大抜擢。
まさかの源氏シリーズよりも格上という破格の待遇であり
モチーフとなったFF6から比べても遥かに地位が向上することとなった。

  • ノーマルで手に入る下位装備はダイヤの弟分「カーボランダム」装備。

FFT

店頭に並ぶ時期が早く、中盤の汎用装備としてそこそこ有用なダイアの腕輪以外は
特に効果の無い繋ぎ装備といった扱い。

  • 物によってダイアは素材だったり、部分的に用いられたり、装飾されているだけだったりする。

ダイアソード
ダイアシールド
ダイアアーマー
ダイアヘルム
ダイアの腕輪(アクセサリ)


さりげに最終決戦時のウィーグラフはダイヤ装備で揃えている。おかげで人間の間は地味にスロウ無効だったりする。それゆえ、変身後はスロウ耐性が無くなる。

FFTA

ダイアの剣(大剣)・ダイアヘルム()・ダイアアーマー()の計3つが存在。


本作のダイアアーマーは非売品にもかかわらずなぜか市販品のゴールドアーマーよりも弱い。

  • ちなみにダイヤの剣・ダイヤヘルムも同様に非売品。

兜の性能の方はプラチナ<ダイアなのに、鎧の性能の方はプラチナ>ダイアという少し不思議な関係性になっている。


ダイアの剣
ダイアヘルム
ダイアアーマー

FFTA2

前作と同様、ダイアの剣(大剣)・ダイアヘルム()・ダイアアーマー()の計3つが存在。


前作と異なり本作ではダイアアーマーはゴールドアーマーよりも物理防御力が2勝るように。
もっとも、魔防の方では前作と同様ゴールドアーマーに3劣っているままなのだが。

  • ちなみに本作ではどちらともほりだしものになり一度材料さえ揃えれば普通の市販品として何個でも買えるようになった。
    ダイヤの剣・ダイヤヘルムも同様にほりだしものになり一度材料さえ揃えれば普通の市販品として何個でも買える。

前作と同様、兜の性能の方はプラチナ<ダイアなのに、鎧の性能の方はプラチナ>ダイアという不思議な仕様。


その他、カード系統の武器としてダイヤのJダイヤの6というものも存在するが、当然ながらこれらは単に名前にダイヤと付いているだけで別にダイヤ(ダイア)製の武器というわけではない。


ダイアの剣
ダイアヘルム
ダイアアーマー

FFCC

耐性などは特に無いが、クラヴァット以外の種族にとっては最高の防御力を持った装備になる。マール峠ティパの村の鍛冶屋で作れる。意外な事にアルフィタリアでは作れない。


ダイヤアーマー
ダイヤシールド
ダイヤプロテクト
ダイヤバイザー
ダイヤベルト

聖剣伝説

ダイヤのたて
ダイヤのよろい
ダイヤのかぶと


いずれの品も奇岩山内の店でしか売られていない。
ダイヤのかぶとは中盤で入手できるのに兜の中で2番目に防御力が高い。
最強の兜がラストダンジョンのレアドロップなので、歴代でもかなり長く使われるダイヤシリーズである。


ダイヤのサイコロは関係ない。

DFF

DFFでは「ダイヤ○○+」という装備も存在する。もっとも性能は変わらず、ただ単に装備可能レベルが低いだけである。
三か所以上に装備するとコンビネーション効果『ダイヤの神秘』が得られ、戦闘後のAP入手量に+100%のボーナスがつく。
エクスデス道場を使えば速効であがるEXPと違ってAPはとにかく場数を踏まなければ貯まらないため、このボーナスは非常にありがたい。
カレンダー効果でAPボーナスのついている日にダイヤ装備+マネキネコをセットし、レベル1のカオスを狩り続けるのが最も効率の良いAP稼ぎである。
戦闘前に提示されるボーナス条件を満たせば一回のバトルで18ポイント、カオスの三回戦全てで条件を満たせば一気に54ポイントも手に入る。


ダイヤソード
ダイヤメイス
ダイヤシールド
ダイヤバングル
ダイヤアーマー
ダイヤヘルム
※ダイヤメイスのみ皇帝の専用武器なのでコンビネーション効果は発動しない。

DFFUT

ダイヤベスト
ダイヤの髪飾り
ダイヤの指輪(アクセサリ)

DDFF

上記の通りクリスタルシリーズが装備レベル30以上に対し、こちらは装備レベルが60以上となっている。相変わらず『ダイヤの神秘』は健在。


装備レベルだけでなく装備品自体の性能も前作より上がった。
従来ではクリスタルシリーズの一つ下の位置づけにいる事が多かったが、
今作では何故かクリスタルシリーズの上に移動した。


ダイヤのピアス
ダイヤのネックレス

  • 上記のピアスとネックレス、加えてダイヤの指輪は防具のダイヤシリーズではなく
    独立アクセサリとして登場する。

FFL

ダイヤシールド
ダイヤヘルム
ダイヤアーマー
ダイヤの小手
ダイヤの腕輪

FFRK

ダイアモンドハート【VIII】?
ダイヤソード【XII】
ダイアナックル【VII】
ダイヤメイス【II】
ダイヤシールド【I】
ダイヤシールド【II】
ダイヤシールド【XII】
ダイアシールド【FFT】
ダイアの盾【V】]
ダイヤアーマー【II】
ダイヤアーマー【IV】
ダイアの鎧【V】
ダイアの鎧【VI】
ダイアの胸当て【VI】
ダイヤのかぶと【II】
ダイヤの兜【III】
ダイアの兜【VI】
ダイヤの小手
ダイアバングル【VII】
ダイヤの腕輪【IV】
ダイヤの腕輪【XII】