○-○○

Last-modified: 2021-04-11 (日) 14:10:08

なんJで定期的に立てられるスレで用いられる、選手たちへの呼称。

概要

T-岡田(オリックス)が由来であり、なんJでも以前から山田哲人の「T-山田」*1などの用例が存在したが、2014年以降に謎定期化した「昨日のT-岡田のホームラン」スレと、それを元ネタとした倉本寿彦(DeNA)の守備gifスレ「今日のT-倉本の守備」によって、一躍流行を見せる。侮蔑の意味合いが強い「T-倉本」スレと異なり、活躍したシーンでも大きく取り上げるのが特徴。

なお、山田や倉本は岡田と名前のイニシャルが同じ共通点があるものの、このスレにおいては特にルールが適用されていない。

一例



【基本パターン】

呼称選手名備考
T-山田山田哲人(ヤクルト)初出は履正社高時代の2010年夏の甲子園
T-倉本倉本寿彦(DeNA)個別項目を参照
T-梶谷梶谷隆幸(DeNA→巨人)
T-石川石川雄洋(元横浜/DeNA)
T-宮崎宮崎敏郎(DeNA)
T-柴田柴田竜拓(DeNA)
W-比屋根比屋根渉(ヤクルト→琉球)
R-オコエオコエ瑠偉(楽天)瑠偉の綴りはLouisなのでL-オコエの方が正確だが、R表記が一般的*2
D-オコエオコエ・ディクソン(元楽天)上記の瑠偉との対比から、苗字はディクソン
C-ペゲーロカルロス・ペゲーロ(元楽天)
S-小林小林誠司(巨人)
H-坂本坂本勇人(巨人)
H-長野長野久義(巨人→広島)
S-高山高山俊(阪神)
S-坂本坂本誠志郎(阪神)
T-鳥谷鳥谷敬(阪神→ロッテ)
S-藤浪藤浪晋太郎(阪神)
A-岡田岡田明丈(広島)投手としては打撃力が高くジエンゴが得意なため
S-大谷大谷翔平(日本ハム→エンゼルス)
K-明石明石健志(ソフトバンク)
M-吉田吉田正尚(オリックス)プロ入りしてからずっとチームに吉田姓が複数おり、区別をつけるため
K-鈴木鈴木康平(オリックス)登録名。チームに「すずきこうへい」が二人おり、区別をつけるため*3
U-鈴木鈴木優(オリックス)由来は上記のK-鈴木から。本人公認
Y-京田京田陽太(中日)
K-糸原糸原健斗(阪神)
K-植田植田海(阪神)2018年に連続無打点打席数の世界記録を更新したため0-植田とも言われる
K-石井石井一成(日本ハム)大事なところでやらかして目立ってしまうことが多々ある
S-木浪木浪聖也(阪神)守備でのやらかしぶりやプレースタイルから「黄色い倉本」とも呼ばれる
S-石川石川駿(元中日)



【以下は「名前イニシャル-名字」ではない特殊パターン】

呼称選手名備考
了-安達安達了一(オリックス)「了」の文字が「T」に似ている以外に、読み方次第で名前名字の並びになる
T-柱戸柱恭孝(DeNA)名字を分解して”TO柱”転じて”T-柱”になった
M-大和大和(阪神→DeNA)本名は前田大和
0-岡田岡田幸文(元ロッテ)2017年度打撃成績と映画「永遠の0」で主演を務めた同姓の岡田准一に由来
D-山口山口俊(横浜/DeNA→巨人→TOR→SF傘下)山口鉄也(元巨人)と区別するために山口(ど)と呼ばれたことも由来



【野球選手以外】

呼称元ネタ備考
K-岡田岡田圭右(ますだおかだ)阪急時代からのオリックスファンで知られるお笑い芸人
G-読売読売ジャイアンツ
E-川島川島永嗣2018年サッカー日本代表GK。*4


関連項目


*1 山田は岡田と同じ履正社高校出身で、高校時代から一部でそう呼ばれていた
*2 L表記のLouis OkoyeはNPBなどで採用されており、R表記のRui Okoye表記は英字新聞のジャパンタイムスや日刊スポーツなどで使われる。
*3 もう一人のほうであった鈴木昂平は2019年に戦力外となり引退しており、現在はオリックスの育成コーチを務めている。
*4 1983年早生まれでNPBではチック世代に相当。およそ10年にわたり代表正GKを務めたベテランだが、2018年サッカーワールドカップではグループリーグ第1戦のコロンビア戦から、勝利しているがFKで不意を打たれてゴールラインの中でキャッチ、第2戦のセネガル戦では不用意なパンチングで先制点を献上、決勝トーナメント1回戦は甘い対応が招いた失点から始まった大逆転で敗戦と、単純な失点以上に稚拙な印象を与えるプレーが続いたため、2017年日本シリーズ第2戦後の倉本同様に蔑称を大量に付けられたりWikiを荒らされまくった。