Top > ヤニキ


ヤニキ

Last-modified: 2019-05-21 (火) 22:26:55

かつての広島、阪神の主力選手で2016年~2018年まで阪神監督を務めた金本知憲のこと。
阪神移籍当初からの愛称である「アニキ」とタバコの隠語である「ヤニ」をかけて2008年に命名された。

 

野球は持久力よりも瞬発力が重要視される競技であり、それに加えプロ野球選手になると多く抱えるプレッシャーやストレスに潰されるよりも喫煙してた方がパフォーマンスに影響しないという風潮から、喫煙率はスポーツ選手の中でもトップクラスといわれている。
昭和時代*1ならともかく平成あるいは21世紀に入ってスポーツ科学が発達し、世間の嫌煙機運とは別に「アスリートがタバコをふかしているなど言語道断」という風潮が強くなりこの命名以降に何らかの形で物証(映像)としてタバコを吸っているシーンが映ってしまった選手に対してもしばしば用いられる。ただし、単に喫煙しているだけでは「ヤニカス*2」と呼ばれることが多い。






経緯 Edit

2008年5月13日の対広島東洋カープ戦(富山市民球場アルペンスタジアム)にて、ベンチ裏通路でタバコをふかしている姿が中継カメラにバッチリ映りこんでしまったことから使われ出し、広島時代から不調時に使われていた蔑称である「腐肉」に取って代わって金本の蔑称の代表格となった*3

 

しかしあまりにも定着しすぎてファンですらこの呼び名を用いるようになったため、これについては蔑称の意味合いは薄くなっている。


異名・蔑称 Edit

これらの後ろに「○○(その時点での年齢)」(4月3日~翌年4月2日)をつけるのがお決まりになっている。ふとしたきっかけで新たな異名が生まれることも多く、その際は「まーたヤニキの蔑称が生まれてしまったのか」とレスされるのが恒例である。
2009年後半から実力に陰りが見え始め2010年シーズンにおいて右肩の故障をして以降は実力も一気に衰え*4爆発的に蔑称が増加した。主に、故障によって満足のいく守備ができない状態であるにも関わらず、フルイニング出場*5を続ける様子や、その際の守備の様子を揶揄するものが多い。

 

2012年シーズン限りで現役引退したことから、引退時点の年齢を表す(44)ネタとともに異名の増加も打ち止めとなった・・・
と思いきや、2016年シーズンより阪神監督に就任し2018年に辞任*6するまでまたも異名・蔑称は増え続けた。フリーになった今でもゲスト解説などテレビに登場しただけで蔑称を作られさらに監督時代や現役時代の事も遡ってネタにされ蔑称はいまだに増え続けている。
その後も

などコンスタントにネタを提供している。

 

なお金本に限らず、他球団でも聖域化している選手や絶許扱いされている選手は打線どころか球団が組めるほど多数の異名を付けられる傾向にある*8


監督としての実績 Edit

「投手のことはわからない」と公言してコーチに丸投げ、日替わりオーダーに日替わり守備位置*9、守備無視で打撃全振りの采配*10監督談話の面白さもあって監督時代もネタを提供し続けた。監督としてのキャリアハイは2017年で夏場に故障者が続出したことや謎采配や連敗癖もあり一時期はAクラス確保も危ぶまれたが最終的に2位でシーズンを終えた。尚、CS1stではDeNAに敗退している。
2018年は終盤までCS進出の可能性を残していたが9月に入った途端大失速。10月8日に最下位が確定すると、11日に辞任を表明した。『スポーツニッポン』は「事実上の解任」と報じ*11、他紙も監督への好悪の濃淡はあれど、おおむね内容は一致した。なお、坂井信也オーナーも辞任を表明しており、本社の新経営陣が、オーナーと監督をまとめて入れ替えようとしたとも取り沙汰された。

・若手の積極起用→超変革参照
・ドラフト戦略→リポビタン真中大山重複しろ!参照
・2018年→申告セーフティスクイズ地獄右打ち教参照

 

蔑称・別称一覧(年齢は誕生当時に準拠) Edit

あ行 Edit

...

か行 Edit

...

さ行 Edit

...

た行 Edit

...

な行 Edit

...

は行 Edit

...

ま行 Edit

...

や行 Edit

...

ら行 Edit

...

わ行 Edit

...

アルファベット・数字・記号 Edit

...

関連項目 Edit



Tag: 阪神 ヤニキ 監督






*1 一例として「ムッシュ」こと吉田義男もタバコに縁が深くベンチに持ち込んで置いていたとかタバコ1本1本に名前を書いていたとか言われている。ただし試合中にベンチで吸ってはいなかった。
*2 喫煙者全体への蔑称。
*3 しかも施設内は禁煙と思われ、蔑称の拡散に拍車を掛けた。なお、この試合で金本は通算400号本塁打を達成。
*4 動体視力の衰えもあったとも
*5 最終的に1492試合(ギネス世界記録にも認定)まで継続。
*6 元々は2019年も指揮を取る予定だったが電鉄親会社の阪急阪神HDが介入し坂井信也オーナーが実質解任されそれに伴い金本も辞める羽目になった。
*7 姓が同じのみならず年代も近くさらに愛称も同じ。
*8 前者は横浜DeNAベイスターズ・倉本寿彦や中日ドラゴンズ・松井雅人ら、後者は福岡ソフトバンクホークス時代の松坂大輔や読売ジャイアンツ・山口俊など。
*9 二軍戦の試合どころか守備練習すらしたことがないポジションを守らせるなどの起用も多々見られた。例:本職はセカンド・ショートの西岡剛をセンターで起用
*10 打撃全振りでチーム打率が.250前後なので、守備重視にするとチーム打率が悲惨な事になるのも一因。
*11 阪神・金本監督“解任”舞台裏 本社の命受け球団社長が辞任迫る
*12 2016年に武論尊原作の漫画「北斗の拳」とコラボした際、原画の原哲夫書き下ろしで主人公のケンシロウ風味にした金本のイラストが公開された事による。
*13 実際は47敗で終了。
*14 サンテレビのスポンサーの1つ・タケモトピアノのCMが元ネタ
*15 2003年から2012年まで阪神で金本の同僚だった林威助(リン・ウェイツゥ)のこと。林もまた金本やマット・マートン桜井広大伊藤隼太らと同様に外野守備の酷さで知られていた
*16 監督時代の蔑称