スプラチャージャーワカメ

Last-modified: 2017-03-11 (土) 15:04:19

基本性能

飛距離90~200, 260*1
チャージ時間8F~60F
移動速度0.20
インク消費2.40%~18.0%
ダメージ(チャージ中)40.0~99.9
ダメージ(フルチャージ)160.0
その他補正なし
 
 

基本的なメインウェポンの性能は、スプラチャージャーのページも参照されたし。

セット情報

サブウェポンスプリンクラー
スペシャルウェポンメガホンレーザー
スペシャル減少量
射程85
チャージ速度50
機動性40
開放条件設計図:
タコツボドラム
ランク4
備考メインはスプラチャージャーと同性能

ゲーム内紹介

スプラチャージャーブキチが改造したブキ。設計図についていたワカメをブキに装着した。
スプリンクラーが付属しているのは、ワカメに水分を補給するためだとか。

ブキチ解説

メインウェポンは おじいちゃまの設計図を
参考にボクが作った オリジナルでし!
ワカメのモチーフが かわいいでし?

でも ぶっちゃけ、スプラチャージャー
同じ性能なので、ブキの構成を
ボクのひらめきで 変えてみたでし!

スプラチャージャーワカメがうてる 安全な
場所を確保したら、壊されにくい位置に
スプリンクラーを投げて、遠くを塗るでし!

そして、メガホンレーザーを ぶっ放す!
一発逆転が好きな 使い手に
かわいがって欲しいでし!

運用

【総評】
メイン性能が非常に優秀なスプラチャージャーに、一段上の塗り性能をもたらしオトリとしても使えるスプリンクラーをサブに持ち、更なる遠距離攻撃を可能にするメガホンレーザーを持つセット。
遠距離に偏った分かりやすいセットであり、近距離戦はメインだけでこなすことになる。

 

【立ち回り】
このブキを扱う際に大事なのは、「メインウェポンスプリンクラーをキチンと使いこなせること」である。
サブもスペシャルも攻撃性能が高いわけではないため、メインウェポンだけで戦わなければならない。
特にメインを外して近距離に近寄られた場合、ボムのようにお願いで投げるものも無く、硬直の長いスペシャルではとっさの反撃も難しいため、近距離でのメインウェポンを扱う腕前はとても重要になってくる。
補助はスプリンクラーに任せ、近付かれる前にメインでキル、近付かれてもエイム力でキル、というのが基本である。
近付かれた際の対応がしやすくなるよう、攻撃力アップを大量に積んでおくのも良いだろう。

 

メインだけで戦わなければならないとは言っても、そもそもメインウェポンの性能自体がかなり高いため、キチンと扱えるようになれば無類の強さを発揮する。
「射程外から撃ち抜いてくる」に加えて、「スプリンクラーで塗ってくる」、「近距離でも当ててくる」ワカメは、相手にとってはまさに「無敵の要塞」に見えることだろう。

 

【サブとメインの組み合わせ】
メインウェポンを扱いやすくするためにも、「スプリンクラーの使い方」も重要だ。
ブキチの言う通り、壊しにくい要所にスプリンクラーを置いておき、近付かれないように塗りサポート&前線維持をしておくことが大切。
迂闊に接近戦に持ち込まれないためにも、スプリンクラーの重要度は高いと言えるだろう。
囮としても優秀なので、スプリンクラーに寄って来た敵を撃ち抜くのも有効だ。
スプリンクラーによる塗りで敵の足元を取ってしまえばこちらのもの。容易に撃ち抜くことができるだろう。

 

このブキは自分の代わりに前線へスプリンクラーを投げ、塗り要員や囮になってもらうといった、
「後方から前線の味方の援護」といった動きが非常に得意。
また、ナワバリバトルでは自陣塗りをスプリンクラーで行うことで、自分は相手側のインクを削っていくことに集中する、ということもできる。

 

【押し込まれた時は…】
ブキチは最後に「一発逆転が好きな使い手に」とか言っているが、これについては嘘。
他の部分は大体合ってるだけに、惜しい。どう考えても余計な一文である。
このブキが得意とするのは打開や逆転などではなく、「有利状況の構築とその維持」である。
つまり、スプリンクラーを駆使しつつメインウェポンの高い性能を押し付けて有利状況を作り出し、そのまま相手に打開を許さないのが基本的な立ち回りである。

 

性能の高いブキではあるが、どんなに優れたブキを持とうとも、複数の敵が攻めてきたり押し込まれている際に単独で打開するのは難しい。
接近戦も一応可能ではあるが、さすがに無策で前線に飛び込むのは無謀すぎる。
そんな時こそ一旦退き、味方が活躍できるフィールドの再構築に努めよう。
生きていれば人間ビーコンとして味方が飛んで来ることも出来るので、勝ち目の薄い場合の単騎突撃は厳禁。
メインで牽制したりスプリンクラーで気を引いたりして生き延びよう。

スプリンクラー

設置後10秒程度で小さなトルネード程度の面積にインクを散布してくれるサブウェポン
平地に設置した際は円形に、壁に設置した際は半円状に散布する。
スプリンクラーが塗り役として機能するため、自分はいち早く前線で活動できるのがポイント。
スプリンクラーが塗り終えたら別の位置へこまめに設置するのが基本となる。
これを繰り返して塗り勢力を広げれば、味方は動きやすく、逆に敵は動きにくくなり、メインでの狙撃もしやすくもなるだろう。

 

以下はスプリンクラーの使用例(詳細はスプリンクラーのページを参照のこと)

 
  • ナワバリバトルでは、試合開始時など移動中にインクが回復する事が見込めるなら、移動前に適当にスプリンクラーを投げてしまって良い。
  • あえて敵の攻め込みたくなる場所に設置し、囮として活用する。射程が長いこのメインと相性が良い使い方。
  • ステージ中央広場の壊しにくい要所にスプリンクラーを設置。この場合は場所を変えずに設置し続け、塗りでの前線維持に使う。ナワバリバトルやガチエリアで効果的。
  • 敵インクの中に飛び込む前にスプリンクラーを投げ、クリアリングとして使う。苦手な接近戦へ突入してしまうことを防げる。
  • 敵の接近に早く気付くために横道や脇道、裏回りルートなどに置く。スプリンクラーが壊れることで敵接近の合図として利用する。
  • ガチエリアの塗りをスプリンクラーに任せれば、自身はエリア内に立ち入らずにエリアを塗ることが出来る。初心者でも簡単にできるためおすすめ。
    相手はエリア確保のためにスプリンクラーを壊そうとするので隙を生み出す囮としても優秀。
  • ガチヤグラそのものに付ければヤグラと共に移動し、進行ルートを塗ってくれる。
  • ガチホコバリア付近に設置してガチホコバリアを破壊してもらう。
    フルチャージショットを当てれば2~3発でバリアを壊せるものの、相手との割りあいになっている際はインク消費の多いチャージャーとしてはスプリンクラーでのガチホコバリア破壊は覚えておきたいテクニック。
    バリア破壊はスプリンクラーに任せて、自分は敵を倒すのに集中するのもいいだろう。
 

スプリンクラーというサブ一つに、どれだけの可能性を見出すかが勝負の鍵になる、といえるかもしれない。
他のチャージャーとちがった直線塗りだけにとどまらない、柔軟な塗りを意識しよう。

 

メガホンレーザー

必要なポイントが少なく、塗りが得意なワカメとの相性は非常に良い。使った後に再びポイントを稼ぐのも簡単。
手数重視で溜まったら即座に発射し、一試合中の発動回数を増やそう。
ただ、適当に放つと大変残念なことになるので、無策でぶっ放すのではなく、味方や敵が交戦している場所等、「狙う場所」は考えたい。

有利な地形を強制的に作り出すことができるスペシャルウエポン。
遠距離射撃が得意なチャージャーにさらに超射程のスペシャルを付属させるという徹底ぶり。
相手から離れているほど発動が察知されにくく、後衛に位置するため発動時の硬直も気にならない。
事前に一方向を完全に塗り固め、塗りが甘くなった位置に向けるのもいいだろう

 

メガホンレーザーは「キルを取る」ものではない。
相手の「行動を制限」し、そして強制的に「移動させる」ものである。

 

メガホンで通路をふさがれた相手は移動を制限された状態で戦うことになる。
高台に陣取っているリッター3Kダイナモローラーを巻き込むように撃てば、相手は有利な場所を放棄せざるを得なくなる。倒せなくとも味方が攻め込めるチャンスになる。

ホッケふ頭のように物陰に隠れている相手をメガホンであぶり出し、横道に飛び出してきたところを待ってましたとメインで狙い撃ちも決められる。

ガチヤグラなど味方が集まっている所へ撃って超ロングバリアのように使うのも面白い。
ただし、メガホンレーザー内は無敵というわけではなく、メガホン外からの敵の攻撃は当たってしまうので過信しすぎないように。また、味方の視界も音波で見えにくくなってしまうので注意。

オススメギアパワー

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

 
  • 攻撃力アップ
    チャージ途中でも敵を倒せるようになるので、結果的にキルまでのチャージ時間が短くなる。
    ちょい溜め2発で倒せるようになったりと、苦手な接近戦も多少対応しやすくなる。
    戦闘はメイン頼みなのでメインの使い勝手を良くすることは重要になる。
    詳しくはスプラチャージャーのページを参照。
    ちなみにサブのスプリンクラーの飛沫にも効果は乗り、1発30.0ダメージから33.3ダメージまで上がる。
     
  • インク効率アップ(メイン)
    撃ち合いをほぼメインのみに頼らなければいけない為、インク管理のためにも是非つけておこう。
     
  • インク回復力アップ
    メイン、サブ共にインク消費が多いので、コチラに頼るのもあり。
    インク効率アップ(メイン)と合わせてつけておくと尚安心。
     
  • スペシャル増加量アップ
    塗り性能が高いためスペシャルゲージが稼ぎやすい、という長所をさらに伸ばせる。
    スペシャル関連のなかでは有力候補。
     
  • イカダッシュ速度アップ
    接近戦が出来ない為、イカセンプクでマップ上を動き回ることが多い。
    イカダッシュ速度アップがあれば狙撃位置の変更やスプリンクラーの再設置もしやすくなり、突撃してきた相手からも逃げ切りやすくなる。
     

コメント


旧コメント欄

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • パブロで鳴らしたスプリンクラーをこいつでも生かせそうと思ってスプチャから乗り換えてしばらく使ってみたけどこれシンプルさが病み付きになるな。基本的に退くことだけ考えればいいし、荒らされてもスプリンクラーと一緒にいればすぐに味方陣の復帰できる。からの遠距離メガホンぶっぱがすごく快感。初期位置が離れてるだけにメガホンを察知されずらいし、他の武器と違ってたまったら即打てて抱え落ちがないのがいい。スプチャだとインク回復ガン積みしてたけどこっちではメイン効率ガン積みで運用してみた。ものすごい勢いで陣地確保できるのがいいね。攻撃力アップはそこまでいらない気もする、完全に陣地制圧していることが前提だから確実にスリップダメージをあたえてからの半チャージでもわりとキルできた。いざってときには弱いけど。真の塗りチャージャー向きだしありかなと。 -- 2015-11-23 (月) 16:11:59
  • ワカメはヤグラ防衛で特に強いんだよね。ヤグラの進路上をスプリンクラーで塗りつつ、狙撃&メガホン。ヤグラに乗ってもいろいろ出来るしね。ヤグラは進行経路が決まっている分、「どこにスプリンクラーを置くと嫌らしいか」を考えて置くと良い感じ。 -- 2015-12-05 (土) 19:45:36
  • エリア維持能力の凄さよ。スプリンクラー置いて半チャで牽制しながら塗っていくスタイル。 -- 2015-12-13 (日) 12:48:42
    • ボムラッシュのゴリ押しより安定するスタイル -- 2015-12-13 (日) 22:02:49
  • レギュラーマッチでよく見かける。リッターより射撃速くて近寄りにくい -- 2015-12-22 (火) 14:27:26
  • スプリンクラーですぐポイント貯まるしほんと使いやすい -- 2016-01-17 (日) 07:07:31
  • ヒト速積んでスクイックリンみたいな感覚で使ってるの自分だけかな -- 2016-01-17 (日) 20:17:24
  • シリーズ化して次回作出るとしたらスプチャ以上の射程のチャージャーはワカメ系だけでいいよ -- 2016-01-18 (月) 00:00:51
  • こいつに対するブキチの説明も大概ひどいな・・・ 防衛、均衡状態の打破が得意なチャージャースプリンクラーの継続した支え、回転率が良いのがウリのメガホン、どれをとっても安定と継続した支えが強みで一発逆転の正反対にいるブキだと思うんだ -- 2016-01-30 (土) 17:40:33
  • ワカメスプリンクラーとメガホン安定する -- ワカメ? 2016-01-30 (土) 21:39:17
  • スプチャ置いてワカメ持ってみたら勝率上がった不思議。たぶんスプラッシュボムに頼り過ぎだったんだな。 -- 2016-02-20 (土) 15:18:42
    • 実際ボムに意識割かずメインに集中するから射撃だけでなく動き全部の精度が上がるよ ついでにスプリンクラーの塗りで「塗らないチャージャー」にならずに済む 爆発力は無いけどボムラッシュより安定するしね シューターチャージャー両方使うとチーム勝たせるならこれが一番だって気付くけど、なんかチャージャー専にはあまり人気無いイメージ やっぱボム頼りが思ってる以上に多いんだろうな、と思うよ -- 2016-02-20 (土) 17:05:44
      • 俺はボム頼りというよりもボムラッシュの爽快感がね・・・、個人的にスプリンクラーが好きだからこっち使うけど -- 2016-02-20 (土) 17:18:05
      • ついでに言うと、発狂ボムが無いからスプチャ以上の射程のチャージャーでは一番ヘイトを溜めにくいという環境的な利点もあるw 味方に来ても比較的事故りにくいしね -- 2016-02-20 (土) 18:25:12
      • まあ、どっちが強いって話じゃなく「爆発力のスプチャ」「安定性のワカメ」っていう個性の違いの話だな -- 2016-02-20 (土) 19:27:59
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

最終更新日時:2017-03-11 (土) 15:04:19


*1 Ver.2.7.0で90~250, 250からバランス調整