Top > 平野藤四郎 極

平野藤四郎 極

Last-modified: 2018-09-15 (土) 08:10:58
32番
お呼びでしょうか?何でも言って下さいね。平野藤四郎 極(ひらのとうしろう)短刀粟田口
ステータス(MAX)
生存41(55)打撃44(90)
統率48(78)機動62(138)
衝力31(42)範囲
必殺50偵察94(115)
隠蔽112兵装備スロット2
装備可能刀装
軽歩/重歩/投石/弓/銃
ランクアップチャート
平野藤四郎平野藤四郎 特(Lv20) →平野藤四郎 極(Lv60)
刀帳
江戸から帰って加賀に戻った平野藤四郎です。
意外に大きいけどやっぱり短刀です。また、おそばに置いてくださいね

※ステータスは刀帳に表示されている初期値のもの カッコ内の数値は錬結・内番で強化できる限界値

CV:浅利遼太、イラストレーター:問七(クリックするとセリフ一覧が開きます)

ゲームにおいて Edit

ステータス

  • 2018年1月23日現在、実装されている短刀の極の中では、打撃が90・衝力が後藤藤四郎 極と並び42で3位。
    他のステータスも短所となる部分が無くバランス良くまとまっている。
  • 打撃は重歩兵・弓兵・銃兵(特上なら全て打撃+3)と青毛(打撃+5)を装備させることにより100を超える。

  • 大きな特徴として、ステータスの大幅な上昇とレア度の上昇に伴いスロット数が一つ追加された。
  • 昼戦での遠戦回避を確認されている。
  • 手入れ資源の係数が変化し、生存1回復につき各資源5となっている。

その他

小ネタ Edit

極の姿について

  • 極になり服装が変化した。白手袋に、長手甲と草擦のような腰巻、また勲章や綬(右肩からのたすき)のようなものが付け足された。
  • 綬にある橙色の丸のなかにはよくみると平野の刀紋がある。
  • 粟田口派はもとから軍服のような服装なので軍人の一般的な正装としての形かもしれない。
    極前の「明治の帝に献上されたこともある」という自己紹介を考えると明治天皇の正装を彷彿ともさせる。断定はできないが関連がある可能性はある。

修行について

  • 平野は、(略)→秀吉→前田利長→徳川秀忠→前田利常→(略) と所有者の変遷があったとされる。修行に向かったのは1617年の、2代目将軍秀忠から再び前田氏の利常へ下賜された時だったのではないかと推測される。
    • 前田利長は加賀百万石を築いた大名。1614年に没しており、そのときはまだ平野は徳川のもとにあった。
    • 前田利常は利長の養子ではあるが、母違いの弟にあたるので面影があるのは当然だろう。
      • 平野を拝領した時点での名は利光。1629年に利常と改名している*1
      • 秀忠の娘・珠姫とは政略結婚であったが、たいへん仲のよい夫婦だったようだ。
        珠姫は利常が参勤交代で江戸へのぼるたびに父将軍に宛てて、利常を早く加賀へ帰すようにと手紙を出していたという。そのため、普通は約1年間江戸でお勤めするところ、利常は2、3ヶ月で帰ることができた。
    • 平野は手紙の中で審神者の様子を気遣っている。それは加賀で寂しがっている珠姫を想う利常の気持ちに似ているのかもしれない。

  • その他、詳細は平野藤四郎を参照

コメントが完成しました。感想をいただけますか? Edit

鍛刀成果の報告はレシピ報告内に、
ドロップ報告に関してはステージドロップ内にあるコメント欄にて行なっていただけると幸いです。

2015/02/02に設定されました当wikiガイドラインに基づき、入手・ダブり報告【のみ】・未入手の愚痴【のみ】のコメントはおやめ下さい。

ガイドライン周知のため、暫定的に折りたたんであります。




*1 3代目将軍家光の「光」を名の下におくことを避けたためといわれている