Top > M4A1 Revalorise


M4A1 Revalorise

Last-modified: 2018-11-09 (金) 19:49:35

※文字化け防止の為、ページ名は"M4A1 Revalorise"になっていますが、正式名称は"M4A1 Revalorisé"です。
F73_M4A1_Revalorise.png

Tier 8 フランス 中戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

車体装甲厚(mm)51/38/38
最高速度(km/h)40
本体価格(ゴールド)7,200
シルバーボーナス(%)50
経験値ボーナス(%)15
搭乗員経験値ボーナス(%)無し

パッケージ Edit

M4A1 Rev.
7,200G

詳細 Edit

パッケージ名エンジン主砲履帯砲塔HP通信機
出力下記参照車体旋回速度砲塔装甲通信範囲
出力重量比旋回速度視認範囲
M4 Rev.Cummins VT8-460105 mm D1504 L/51M4A1 RevaloriséM4A1 Revalorisé1,400SCR 528F
5504064/64/64750
15.7142390
 

主砲性能
名称弾種弾代貫通ダメージ発射速度AP弾
DPM
照準時間精度総弾数最高角
最伏角
105 mm D1504 L/51APCR
HEAT
HE
580
12G
410
200
250
53
390
390
480
4.691,8292.400.3551+15
-10

※先頭のセルの色は対応するパッケージの色となります。

解説 Edit

  • 概要
    車輌名はカタカナだとルヴァロリゼと表記されることが多い。フランス製105mm砲を搭載した事から、本ゲームではフランス中戦車として実装された。
    M51とよく似ているが別車両であり、本車輌はM51の試作型である。
    そのため、車輌の特性はほぼ同じであるが、外見・性能の両面でわずかに違いがみられる。
  • M51 Super Shermanとの違い
    • 外見面
      まず、大きい差としてはサスペンションの形式が違い、本車輌は初期のシャーマンと同じVVSSを、M51はM4A3E8と同じ幅の広いHVSSを採用している。
      そのため、M51の方は履帯が車体からはみ出しており、その張り出しに予備転輪などの車外搭載物が載せられている。
      また、M51には防盾にカバーが被せられている。
    • 性能面
      上述の通りサスペンションの形式が違うため履帯性能に差があり、旋回速度・対地形抵抗ともにM51の方が優れている。
      また、エンジンは互いに同名だが、本車輌のエンジンはガソリンエンジンで出力が高く、M51のエンジンはディーゼルで最高速は高いもののハイオクガソリンで出力の強化ができない。引火率は同じ。
      砲塔はエンジンとは逆に名前が違うものの性能的な差がなく、主砲は同一のものを使用している。
 
  • 火力
    俯角は-10°と十分な数値であり、地形適正は良好である。
    • 105 mm D1504 L/51
      AMX 30の105 mm mle. F1をベースにしたSuper Shermanの史実砲*1である。
      Tier8中戦車では数少ない390ダメージの単発火力を誇る。
      同じ火力の砲が搭載可能なT-34-3T-44の122mm砲と比べても発射速度や照準時間、精度など全体的に優れており、砲垂直安定装置を搭載していると照準拡散も緩めである。
      さらに通常弾のAPCRは貫通力200mmとTier8中戦車としては及第点*2であり、それでいて弾速が非常に速い。
      総じて火力と扱いやすさのバランスが取れた優秀な砲である。
      ただし、課金弾が貫通力250mmのHEATであり、格上の重装甲車輌を正面から攻撃するには不安が残るので注意しよう。
       
  • 装甲
    Tier5中戦車のM4 Shermanと同じ装甲なので全く頼る事ができない。
    自走砲やT49O-Hoなどの大口径HEが貫通する事も多く、少しのミスが死に直結しやすい。
    一応、格下戦車の狙いの甘い弾ならば、車体の丸みを帯びた部分が運良く弾いてくれる可能性があるものの、基本的にあてにしない方がいいだろう。
     
  • 機動性
    エンジン出力はそこそこ良く、平地ならばすぐに40km/hに到達する。
    とはいえ、肝心の最高速度が40km/hと中戦車の中では遅い部類であり、陣地転換には早めの判断が欠かせない。
    旋回性能は並だが、遅めの後退速度に留意したい。
     
  • 総論
    M4 Shermanに105mm砲を強引に搭載したという史実の通り、防御力を捨てて攻撃力に特化したピーキーな課金戦車である。
    容姿や経歴の似たSherman Fireflyの攻撃性能をTier8相当まで引き上げた車輌とも言える。
    火力に特化した車輌とは言ったものの、肝心の火力面も課金弾の性能から重装甲車輌相手には通用しづらく、ただ単に後方から狙撃だけしてれば良いという訳ではない。
    基本は一歩引いた位置~中遠距離での火力支援をしつつ、必要に応じて側背面を突く形になるだろう。
    ただし、装甲は頼りなく、最高速度も遅めなので普通の中戦車運用をするとしても少々難易度が高い。
    性能を活かすには十分な技量が必要であり、総じて中・上級者向けの車輌と言える。
     

史実 Edit

本車はフランスツリーに含まれているが、実際はアメリカ軍のM4シャーマン戦車に、イスラエルとフランスが共同開発した105mm砲を搭載したイスラエル国防軍の戦車、M51 スーパーシャーマンの試作一号車である。

 

第二次世界大戦後、1948年に建国されたイスラエルの国防軍には戦車が無かったので、スクラップ廃棄用として売り出されていたM4シャーマン戦車を世界中から大量にかき集め、再生し配備していた。
当初は75mm砲や105mm榴弾砲、76mm砲を使用してアラブ諸国のT-34-85SU-100に対抗していた。
さらに強化としてフランスAMX-13軽戦車の75mm砲を搭載し「M50スーパーシャーマン」として完成、1958年に配備された。
しかし、その後アラブ諸国にはソ連製のT-54T-55?IS-3が配備されつつあった為、さらなる強化としてフランスAMX-30戦車の105mm砲の搭載を目標とした。
そのままではシャーマンの砲塔内に収まらないので、射撃の反動を抑える目的で砲弾の装薬を減らし、砲身を切り詰め大型の砲口制退機を搭載した「M51スーパーシャーマン」として完成した。
弾速(砲口初速)は落ちたものの、フランスの105mm砲は対戦車用としてHEAT弾を使用しており貫通力に影響は生じなかった。
1962年に完成し配備され、1967年の第三次中東戦争、1973年の第四次中東戦争においてアラブ諸国の戦車に対して戦果をあげた。

 
 

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 極めて隠蔽率が低い。おかしい。バグだろ -- 2018-10-10 (水) 22:51:59
    • バグでもなんでもなくベースのシャーマンだってもともとそんなに隠蔽は高くないしもう特徴と割り切るしかない。それにティア8まで来ると視界400m級も珍しくないしミドルやボトムで当たれば中戦車には410m級がゴロゴロいる。そうなれば体感的な隠蔽率はもっと低く感じるだろうね -- 2018-10-11 (木) 00:37:48
      • そうなのか・・・チリでボトムの時よりも、体感的には61式並かそれ以上に見つかりやすく感じるんだがこれはもうシャーマンの形した日本車だと思って慎重に乗るしかないって事か -- 2018-10-11 (木) 23:30:56
  • 通常弾がAPCRということもあって弾速は極めて優秀。貫通200㎜も狙うところを狙えばきっちり貫通できるだけの数字があり、単発390ダメージと相まって攻撃力は優秀。地味に貫通250mmのHEATは一部の石頭戦車の天板をぶち抜くことが可能だったりと相手の装甲厚に応じて使い分ければティア10戦でも十分なダメージを稼ぎ取れる。またAPCRの弾代がダメージに対してやや割安になっているおかげでAPCRのみで活躍できるとプレ垢ならば1戦で軽々と10万オーバーのシルバーを稼ぐことも・・・ -- 2019-05-12 (日) 02:06:06
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 ただし、史実ではM4 Sherman向けに砲身を切り詰めており、56口径から44口径に短縮されている
*2 上述車輌の122mm砲で使用される通常弾はいずれもAPで貫通力175mm