Top > T-34-85


T-34-85

Last-modified: 2018-04-27 (金) 12:11:08

image.jpg

Tier 6 ソビエト連邦 中戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP670
車体装甲厚(mm)45/45/40
最高速度(km/h)54
重量/最大積載量(t)32.37/35.0
実用出力重量比(hp/t)15.48
本体価格(シルバー)915,000

戦車パッケージ Edit

パッケージ名
(必要経験値/購入シルバー)
T-43
(53,000/1,355,000)
KV-13
(65,300/1,375,500)
T-34-85
(27,825/915,000)
T-34-122
(7,745/55,420)
T-34-85 M1944
(16,015/87,050)
T-34-85 M1946
(32,915/128,150)
T-34-85 M1946M
(45,715/156,650)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
T-34-85V-2-3476 mm S-54T-34-85T-34-85670325
500AP
APCR
HE
125
156
39
115
110
165
6880
6G
48
14.63
2.90
0.41
3690/75/5246350
T-34-122V-2-34122 mm U-11T-34-85-60T-34-85670525
500HE
HEAT
61
140
450
370
36257
12G
5.08
2.90
0.57
3890/75/5246350
T-34-85 M1944V-2-3485 mm ZiS S-53T-34-85-60T-34-85 extended720525
500AP
APCR
HE
120
161
43
160
160
280
60109
7G
98
12
2.30
0.41
3890/75/5246360
T-34-85 M1946V-2-34M85 mm D5T-85BMT-34-85-60T-34-85 extended720525
520AP
APCR
HE
144
194
44
180
180
300
48175
8G
139
10
2.30
0.37
3890/75/5246360
T-34-85 M1946MV-54K85 mm D5T-85BMT-34-85-60T-34-85 extended720525
600AP
APCR
HE
144
194
44
180
180
300
48175
8G
139
10
2.30
0.37
3890/75/5246360

解説 Edit

  • 76 mm S-54
    初期砲。
    T-34に比べ発射速度が改善されているが、同格のA-43には大きく劣る。
  • 122 mm U-11
    中間砲。
    KV-1が積んでいるものと同じ。
    履帯切りや重装甲の敵車輌に強引にダメージを与えるのに役立つだろう。
  • 85 mm ZiS S-53
    史実砲。
    全てがバランス良く纏まっているので特に困ることは無いだろう。
  • 85 mm D5T-85BM
    最終砲。
    85 mm ZiS S-53と比較すると、発射速度が低下した代わりに貫通力、ダメージ、精度が向上している。
    非常に強力な砲であり、次のT-43KV-13に引き継げるので是非開発しよう。
     
  • 装甲
    • 車体
      T-34から据え置きなので狙われないようにしたい。
      特に燃料系の破損が多くなりがちで、炎上することもあるので消火器の搭載を検討しよう。
    • 砲塔
      85mm砲を積むために大型化している。
      同格以下のAPなら跳弾が期待できるので積極的にハルダウンしよう。
       
  • 機動性
    前身より馬力が上がっている為、殆ど変わらない機動力を発揮出来る。
    裏取りやNDKもこなせる。
     
  • 総論
    T-34と同じく非常に優秀な戦車だと言える。
    そこそこ堅い砲塔を活かしてハルダウンを駆使し、機動力を活かして裏取りや側面攻撃を仕掛ければ、必ずや勝利することが出来るだろう。

史実 Edit

T-34-85は第二次大戦末までに 21,048両が量産され、戦後も生産が継続されました。 T-34全体では戦中、約55,000両作られましたが、45,000両以上が戦闘で破壊されました。
T-34-76の登場で、これを撃破することに血道をあげて作られたドイツ戦車のティーガー・パンター等に対して、 T-34-76では歯が立たなくなってきたために、より強力なD-5 85mm砲を積み、2人乗り砲塔を3人乗り砲塔に変更したのが、T-34-85です。
1935年末より開発が開始されました、並行でT-43も開発されていましたが、ドイツの8.8cm砲には装甲強化程度では無駄と判断されたために、T-34に武装強化をする計画にシフトしました。
当初、搭載する85mm砲はZiS-53になる予定でしたが、開発が遅れてしまい、K-52 85mm高射砲を改造したD-5 85mm戦車砲に変更して搭載することになりましたが、今度はD-5が量産に手間取ったために、つなぎとして逆にZiS-53を搭載するという紆余曲折がありました。

しかし、既存の76mm砲搭載の砲塔では、砲の本体である尾栓などが収まりきらないため、苦肉の策でターレットリング経を125mm拡張し、新規に大型の砲塔を新設計しました。
この砲塔には、ヴィッカース戦車用ペリスコープをコピーしたものと、キューポラを備えており、車長は装填手との兼任から指揮のみに専念できるよう、車長・砲手・装填手の3人乗り砲塔となり、T-34-76では装備がマチマチだった無線も標準装備となりました。
主砲はD-5のサブタイプのD-5T戦車砲になって、これを搭載した型は1943年タイプと呼ばれ、43年末に量産が開始されました、当初の砲塔はZiS-53を想定せず、先に出来上がったD-5を基準にしていたために、そのままでは搭載できないことから、砲塔を再設計することになりますが、このためのつなぎとして、適合するようにしたZiS-S-53を搭載した1944年型の量産は1944年1月から開始されました。 3月からは、新砲塔を搭載したものに切り替わり終戦まで戦い抜きました。

後に行われた試験では、500m前後まで接近しないとドイツ戦車の装甲を撃ちぬけないとされ、85mm戦車砲の威力は元となった高射砲より劣っていることが判明しました。 
このため、新たに122mm対戦車砲が開発されることになったのでした。

戦後、ポーランドやチェコ・スロバキアなどでも生産され、バルカンの戦いに姿を見せていました。

車体の周りには、歩兵が乗るため取手がたくさん付いていますが、末期になると戦車兵が足りなくなり、4人や3人しか乗ってないT-34に歩兵が満載ということもあったそうで、生産工場から部隊へ回送する際に、志願した女性工員も完成したT-34を工場から操縦していき、そのまま操縦手として動員されたという記録もあります。

なお、砲塔は手動で稼動させるのですが、実際に回してみると、重すぎず軽すぎずの手応えであったものの、旋回速度が非常に緩くなかなか回らないものでありました。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • 同格でアメリカのシャーマン達が十榴積んでるのを考えると122㎜榴弾砲って悪くない足回りとあわせて使える気がする。なんかどこかのクリスティー突撃砲みたいで好きなんだけどな。 -- 2016-11-25 (金) 07:26:00
    • 装填はもちろん照準収束に時間が掛かるため敵に車体を晒す時間が長くなるので、オートエイムですぐに撃つ事になると砲精度の関係で当たりが安定しないかもね。貫通しないとダメージ入らないしね。 -- 2016-11-25 (金) 09:32:00
      • 榴弾なのにダメージ入らないのか..... (^^; -- 2017-08-09 (水) 23:47:27
  • 使ってて楽しい戦車。 -- 2017-04-10 (月) 03:48:18
  • 終盤までは我慢して 一気に斬りこむと強い -- 2017-11-08 (水) 22:22:14
  • T6MTではもっさり系だけど、勢いだけじゃなくて立ち回りを学ぶ上で良い&強い戦車じゃないでしょうか。T7に行く前に修行するのに最適。 -- 2018-12-06 (木) 18:21:55
  • 全ての性能が平均~平均以上にまとまった、俯角に頼らない運用をするMTとしてはまさに教習車的な存在だといえる。T-34から来た人には単発火力が大幅に改善したこともあっていざという時のダメージ交換もしやすい。 -- 2018-12-07 (金) 02:18:49
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White