Top > 【カメさま】


【カメさま】

Last-modified: 2019-09-18 (水) 22:39:59

概要 Edit

大きな亀の姿をした【エテーネの村】の守り神。

人物 Edit

1000年前大いなる邪悪と戦い、その後は地上に降りて世界の中心に楽園を作り、そこに【エテーネの民】を住まわせ、共に暮らす道を選んだという。
やがてエテーネの民から自身の心を伝える巫女が現れると、巫女に後を託して長い眠りについた。

Ver.1.0~ Edit

エテーネの村が襲撃された際、自身の身体から放たれた光の玉の一つが主人公の肉体に入り、主人公を【アストルティア】の種族に転生するよう導いた。
その後も村から動かず、主人公の肉体を守り続けていた。
主人公の魂がエテーネの村に戻った時、【テンスの花】により光る天馬に姿を変え、【光の神殿】に主人公と共に【冥王ネルゲル】の攻撃から逃れた。
主人公の転生先の体の元の持ち主によれば伝説の天馬らしい。
この天馬の姿はDQ10のパッケージで見ることが出来る。
 
2ndパッケージには【勇者姫アンルシア】が天馬に乗る姿が描かれている。
また、伝承によればこの天馬は【勇者】の乗り物であったと言われている。

Ver.2.2後期 Edit

【紡がれし勇気の絆】EDにおいて登場。

Ver.2.3 Edit

【天翔ける希望の双翼】において、本来の【天馬ファルシオン】の姿と力を取り戻す。

Ver.4.5後期 Edit

クエスト【たりない何か】をクリアすると【新エテーネの村】のかつての定位置に戻る。
が、引き続きシオンとしてグランゼドーラ城に滞在もしているため、プレイヤーの行動次第では双方の移動が忙しくなる。

なお上記にある通り、楽園を作り、エテーネの民を住まわせ、共に暮らす道を選んだ。…とあるが、Ver.4を進めてきたプレイヤーならわかる通り、その言い伝えは本人の口から否定されている。