【スライムレース】

Last-modified: 2021-09-13 (月) 03:31:57

概要

Ver.3.3後期より追加された【カジノ】の施設。
エントランス南側の専用ホールに設置されている。
 
相棒となるスライムの種族とカラーを選び、エサを与えて育て、レースに出走させて勝利ポイントを稼ぐのが目的となる。
主に期間限定で開催されるイベントとして取り扱われていたが、Ver.4.0より常設コンテンツ化。さらにVer.4.4で大幅に仕様が変更された。
変更前後の第3回までと第4回以降で大会概要が大きく異なるため、分けて解説する。

期間限定イベント

名称開催期間参加賞
第1回 アストルティアカップ2016年9月14日~9月29日なし
第2回 アストルティアカップ2017年1月5日~1月16日なし
第3回 アストルティアカップ2018年1月19日~1月28日【しぐさ書・アコーディオ】
第4回 アストルティアカップ2019年2月27日~3月10日【スライムシール】?
第5回 アストルティアカップ2020年1月9日~1月26日【スライムイヤーカフ】
第6回 アストルティアカップ2021年9月1日~9月12日【スライムレース印章】

時間は初日の12:00~最終日の23:59まで
参加賞は勝利ポイントを1ポイント以上獲得した状態であれば貰える

第3回までの大会概要

レースに出走するためには参加権が必要。最初は12回分の参加権が与えられる。
対CPU戦で「ビギナーIII~I」「マスターII~I」の各クラスを戦い、1着になると次のクラスが解放される。
 
1回出走するごとに、4種類のエサ(ランダムで1種、任意で1種)を与えてスライムのパラメータをアップさせられる。
まれにレア色に変化するが条件は不明。
 
「マスターI」クラスまで勝ち抜き、参加権を全て消費すると他のプレイヤーが所有するスライムと対戦する「チャンピオンシップ」に挑戦できる。
「マスターI」で1勝もできないまま参加権がなくなった場合はチャンピオンシップに進めず、そこで終了となる。
 
チャンピオンシップでは最初に5回の参加権が与えられ、レースで2着以内に入ると1回追加される。追加されるのは最大10回まで。
勝ち続ければ最大15回まで出走でき、その分勝利ポイントを稼げる。
ちなみに極稀にだが同着もありえる。
 
参加権を使い切っても、9回まで最初からスライムを鍛え直す、またはチャンピオンシップからやり直すことができる。
鍛え直す場合スライムを選ぶところからやり直しとなり、勝利ポイントもゼロに戻るが、それまでに獲得した自己ベストの勝利ポイントは記録される。
チャンピオンシップからの再挑戦は第3回から追加されたもので、こちらの場合はスライムのステータスと勝利ポイントがチャンピオンシップに進めるようになった時点のものにリセットされる。スライム種を変更する必要が無く、とくぎやパラメータにも納得がいっている、あるいは対CPU戦を行う時間がないときは、こちらを選ぶとよいだろう。
勝利ポイントを一定値まで獲得することで手に入る称号や、チャンピオンシップまで何度も勝ち進むことで手に入る称号もあるので、時間に余裕があるならできるだけチャンピオンシップを再挑戦したいところ。
 
開催終了後、賞金として自己ベストの勝利ポイントと同額のゴールドがもらえる。
第2回までは大体50万~100万程度のポイントを、上手くいけば180万以上の高額なポイントを稼ぐことができた。
何度も繰り返して高得点を狙っていきたいが、最終的には無駄なくステータスを上げられるかとか、良い特技を覚えられるかとか、使用特技と相手の相性が良いかとか運の要素が絡んでくる。そこらへんのバランスはカジノのゲームなので当然だが。
現在育成面は問題なくなったとはいえ、やはり最後は運否天賦の問題になってくるので、負けが込んでドはまりすると段々労力に見合わなくなってくる。複数キャラでやる場合等、時間効率に見合わないと感じるならばCPU相手で比較的勝ちやすい予選4~5勝を狙って妥協するのも一つの手。
 
一方で報酬をGにしたことで提案広場では経済破綻の可能性を懸念されている*1
第2回も報酬がGであることは変わらず、それどころかチャンピオンシップのポイントを減らしてそれ以外のポイントがアップし、更には1着~4着までの獲得ポイントの差も小さくなってより稼ぎやすくなっている。どうやらこのイベントでGを放出するのが運営の方針のようだ。
しかし、第3回で賞金を半分に減らされ、第4回からは100万Gの上限が付いた。

勝利ポイント

  • 第1回
    クラス1着2着3着4着
    ビギナーIII9000500030002000
    ビギナーII15000800050004000
    ビギナーI240001200080006000
    マスターII3000015000100008000
    マスターI40000200001200010000
    チャンピオンシップ1200001000009000080000
  • 第2回
    クラス1着2着3着4着
    ビギナーIII2000015000100008000
    ビギナーII30000200001500010000
    ビギナーI40000300002000015000
    マスターII50000400003000020000
    マスターI60000500004000030000
    チャンピオンシップ100000900008000070000
  • 第3回
    クラス1着2着3着4着
    ビギナーIII10000750050004000
    ビギナーII150001000075005000
    ビギナーI2000015000100007500
    マスターII25000200001500010000
    マスターI30000250002000015000
    チャンピオンシップ50000450004000035000

第4回以降の大会概要・勝利ポイント

第4回

大会からスライムの育成が切り離され、育成済のスライムをレースごとに選択して出走する形となった。
またこの回より予選のクラス分けがなくなり5レース固定となった。
チャンピオンシップは予選で得た勝利ポイントを元に、1レースにつき10万ポイントを消費して参加する形になり、勝利ポイントが続く限りは何度でもエントリーできるようになった。
勝利ポイントが尽きた場合は9回まで予選から再エントリーが可能。その際過去の予選で獲得した勝利ポイントはリセットされ0に戻る。
賞金は、最低保証として予選で獲得した勝利ポイント分、最高で100万ゴールドが獲得できる。予選を走り切れば最低でも30万ゴールドは貰える。

クラス1着2着3着4着
予選100000800007000060000
チャンピオンシップ300000150000500000

第5回

チャンピオンシップで1位を取ると、次のレースで1位・2位になった場合にボーナスが加算されるようになった。
さらにこの回からはランキング上位者に追加賞金と賞品も与えられる。

クラス1着2着3着4着
予選100000800007000060000
チャンピオンシップ2000001500001000000
チャンピオンシップ
1位の次の回
400000200000

 

ランキング追加賞金賞品
1位1000万ゴールドスライムレーストロフィー・金
2位500万ゴールドスライムレーストロフィー・銀
3位300万ゴールド
4~5位200万ゴールド
6~10位100万ゴールド
11~100位なしスライムレーストロフィー・銅

第6回

この回より、獲得勝利ポイントに応じてチャンピオンシップのランク帯が4つに分かれ、それぞれ得られる勝利ポイントが変動するようになった。
勝利ポイントを蓄積していくほど、1位の時の獲得ポイントが上がり、2位以下の時の獲得ポイントが下がる。
ランキング上位者への追加賞金と賞品は前回と同じ。

ランク帯
(獲得勝利P)
クラス1着2着3着4着
-予選100000800007000060000
100万P未満チャンピオンシップ20000015000010000050000
1位の次の回300000200000150000100000
100万P~
1000万P未満
チャンピオンシップ2500001250007500025000
1位の次の回35000017500012500050000
1000万P~
1億P未満
チャンピオンシップ300000100000500000
1位の次の回400000150000100000
1億P以上チャンピオンシップ3500007500000
1位の次の回450000125000

イベント期間外

Ver.4.0より、常設コンテンツとしてパーティメンバーとレースが出来るようになった。その際チャットも可能。
イベント期間中にスライムの育成を済ませている(チャンピオンシップに出場している)必要があったが、Ver.4.4からは育成レースが常設となり、着順に応じてカジノコインも貰えるようになった。マスターレースIの1着で300枚(以下、50枚ずつ減る)とささやかではあるが。

スライムの種類

種族特徴カラー初期とくぎ専用とくぎ
スライム種ひたむきスピード型【スライム】ぼうぎょ
無敵アクセル
メラ
メラ
ピオメラ
開幕ダッシュ
【スライムベス】
【レモンスライム】
【メタルスライム】色(レア)
スライムナイト種そつなきバランス型【スライムナイト】ぼうぎょ
イオラ
ダッシュ
イオラ
イオマータ
【メタルライダー】
【ハートナイト】色(レア)
バブルスライム種はちゃめちゃイタズラ型【バブルスライム】ぼうぎょ
スタミナ吸収
→げんきトール
どくどくだま
げんきトール
どくどくだま
バブル崩壊
【はぐレモン】
【マッシュスライム】
【ぬかどこスライム】
【はぐれメタル】色(レア)
スライムつむり種のんびりマイペース型【スライムつむり】ぼうぎょ
吸収バリア
ヒャド
ヒャド
ラリホー
マホカンタ
まもりの貝がら
マホターン
シェルミサイル
つむぼうぎょ
【マリンスライム】
【つららスライム】
【つむりんママ】色(レア)
ホイミスライム種ふわっとリカバー型【ホイミスライム】ミラクルスピン
ぼうぎょ
ホイミ
ミラクルスピン
ふわふわボディ
ハッスルレイン
キラキラガード
【しびれくらげ】
【ベホイミスライム】
【ベホイムスライム】
【メタルホイミン】色(レア)
スライムタワー種ジャンプのたつじん型【スライムタワー】スラシャワー
ぼうぎょ
ダッシュ
スラシャワー
ジャンプの構え
【メタルブラザーズ】
【桃色三姉妹】
【ゴールデントーテム】色(レア)

履歴

Ver.3.3後期

実装、第1回の開催。

Ver.3.4後期

第2回の開催。以下のような調整が入った。

  • げんきトール・マホカンタ追加。
  • バブルスライムの初期とくぎを、スタミナ吸収からげんきトールに変更。
  • 勝利ポイントの調整。
  • ボミエ・ボミオスの効果時間延長。
  • イオラ・バナナセットの消費MP増。
  • 吸収バリアの消費MP減。

Ver.4.0

前述のとおり常設コンテンツ化。
また、能力の変更が行われた。

とくぎ変更内容
ぼうぎょ消費MPアップ
ピオラ
ダッシュ
無敵アクセル
吸収バリア
マホカンタ
げんきトール消費MPダウン
スタミナ吸収
どくどくだま威力アップ
マホカンタスライムつむり専用に

 

能力変更内容
スピード上昇量ダウン
ジャンプ率上昇率ダウン
最大MP上昇量アップ

 
その後第3回の開催。やはり賞金与えすぎということで獲得勝利ポイントが半分に減らされた。
その関係で各種称号の取得条件も半分に変更されることが発表された(第3回で変更後の条件を満たした場合、Ver.4.1で称号が取得できる)。
また、参加賞として【しぐさ書・アコーディオ】がもらえる。

Ver.4.4

仕様が大幅に変更。

  • 「育成受付係ブレダ」にて、いつでもスライムのスカウトや育成ができるようになった。これに伴いVer.4.4以前にスカウトしていたスライムは使用できなくなったため新たに育て直す必要がある。
  • 一度にスカウトできるスライムの数が3匹になった。
  • スライム育成用の「育成レース」が設置。レベルは「ビギナーIII」~「マスターI」までの5つの段階があり、レースで1位を取ることで上位のレースに挑戦が可能。マスターⅠに到達すると他のレベルのレースには出走できなくなるが、1位を取るとそのスライムが覚えられる全特技の中から好きなものを覚えさせることができる。
  • 初期ステータス、各スライムが初期に習得している特技が変更された。
  • 育成段階が1~10のレベル制に変更。育成レースに出走すると順位に関わらずレベルが1上昇。レベルが上がるとエサが2つ与えられ、好きな能力に割り振ることができる。
  • 着順に応じてカジノコインを獲得できるようになった。
  • 新たに【ホイミスライム】を選べるようになった。
  • 各特技の使用タイミングが1位のスライムの使用タイミングに合わせられるようになった。使用タイミングでスタミナ切れの場合は回復した時点で使用する。
  • NPCとのレースでは自分のスライムがゴールした後はスキップができるようになった。
  • 特技の説明文に「マホカンタ」で跳ね返せるものには「呪文」と記載されるようになった。

Ver.5.0

新とくぎが追加。

スライム種とくぎ備考
スライムピオメラ
開幕ダッシュ急速回復とどちらか一方のみ習得可能
スライム
スライムつむり
加速バリア
スライムつむりマホターン
シェルミサイル
バブルスライムバブル崩壊

 
既存のとくぎの調整が行われた。

とくぎ変更内容
ぼうぎょ発動時に減速効果を打ち消すように
発動中は少し減速し、ジャンプしなくなる
効果時間を延長
吸収バリア
無敵アクセル消費MPを8→9に変更
発動時に減速効果を打ち消すように
発動中にジャンプしなくなる
効果時間を短く
バナナセット必ず現在位置から等距離に配置されるように変更
ミラクルスピン攻撃の発動タイミングを遅く(ほかのとくぎと同程度に)

Ver.5.5後期

新たに【スライムタワー】を選べるようになった。
スライムナイトの基礎ステータスアップ。育成済のものは変わらず、新たに育成する必要がある。
この変更によりスライムナイトは育成時にエサをきれいに使いきれず、必ず余りが出るようになってしまった。
 
新とくぎが追加。

スライム種とくぎ
スライムタワースラシャワー
ジャンプの構え
スライムつむりつむぼうぎょ
スライムナイトイオマータ

 
既存のとくぎの調整が行われた。

とくぎ変更内容
ピオメラ消費MPを4→5に変更
シェルミサイルぼうぎょの有効時間および
速度低下時間を短縮
加速バリア消費MPを7→6に変更
バブル崩壊追加効果の速度低下率をダウン
ハッスルレイン追加効果のダッシュ速度をダウン

 
これらの追加・変更を受けての開催となった第6回では、1000万P未満の各クラスでスライムタワー、1000万P以上の各クラスでスライムナイトが使用率トップとなった。
特に最上位となる1億P以上のクラスにおいてはスライムナイトが席巻し、一時は8割以上の使用率を誇っていたが、開催期間終盤になるにつれスライムの使用率が上がっていき、最終的にはスライムナイト6割、スライム3割ほどとなった(それ以外の種は全て合わせても5%以下)。

備考

初出はDQ5。しかし当時のスライムレースは5匹のスライムの順位を馬番(スラ番?)連勝複式方式で予想するミニゲームで、今作のものとは全く異なるものだった。
そのかわりBGMは、専用ホールが【カジノ都市】、レース中が【スライム・レース】であるなどDQ5当時の雰囲気を踏襲している。
 
また、CPUのスライムの名前はシーザーアンクルなどDQ5(DQ6)の仲間モンスターの他、リメイク版DQ7のモンスターパークからもチョイスされている模様。元がどのモンスターだったかを当ててみるのも一興である。



*1 これまで報酬がGだったイベントはコロシアムで勝ちぬく為に装備に金をかけなければいけなかったり、完全な運任せだったりしたことでバランスを取っていたが、今回はどんなに弱いキャラでも普通に参加さえすれば1時間足らずで100万単位のGがもらえてしまうため