【メカジラフ】

Last-modified: 2021-05-01 (土) 22:11:53

概要

Ver.5.5前期において、ボスや転生モンスターを除き唯一追加されたモンスター。【マシン系】
色違いに【ジュラシックロイド】【プラチナサウルス】【カラミティロイド】がいる。
その名の通り、長く伸びた首と黄色を基調としたボディのキリン型機械兵器。
修理いらずで数千年もの間稼働し続けられる驚異の耐久性を持つ、魔界技術の粋を詰め込んだ頑強無比の戦闘マシンで、その外見は【闇のキリンジ】の強さにあやかって決められており、開発には先代の【魔仙卿】が関わっているという噂があるという。
前期に1匹だけ追加された黄色いマシン系モンスター、と【メカバーン】との共通点が多い。
 
ブレスが【サンドブレス】になっている以外は下位種と同じで、時折2回行動することもある。
サンドブレスは【メガトンチャンプ】などが使う300ダメージと幻惑効果のあるものになっている。
能力値もHPがプラチナサウルスのほぼ倍の値になるなど、強豪ほどではないが時期相応の強さになっている。
 
通常ドロップは【プラチナこうせき】、レアドロップは【神秘の鋼線】とプラチナサウルスと同じ。
宝珠は「【プラズマリムーバー】の戦域」「果てなき【モンスターゾーン】」と新登場の「【ネメシスエッジ】の真髄」の3種。

Ver.5.5前期

【閉ざされた水路】に生息。小部屋の中に2体ほどで登場し、実装時点での最高レベルである118でも追いかけてくる上にプラチナサウルス同様背後も索敵範囲に入っているため、狩る時はともかく戦いたくないときは非常に邪魔。
格下になるレベルが【グレイトドラゴン】などと同等のため、追ってこなくなるまでには相当期間を要するだろう。
通常は単体での登場だが、【リンク】次第で2体になったり【おどるほうせき・強】に引っ付いたりすることもある。
【宇宙船・立入禁止区画】と違い【ドルボード】には乗れるので、脇を通る場合は広い間隔を持ってすぐに駆け抜けたい。