Top > 【メガロドン】


【メガロドン】

Last-modified: 2019-09-12 (木) 21:09:35

概要 Edit

【釣り】で釣れる魚の一種。

種類サイズ経験値おさかなコイン
海水魚巨大60205500

メガロドンとは Edit

約1800万年前から約150万年前に生息していたサメ。
学名を「カルカロクレス・メガロドン」といい、これが世界共通の正式名称(学名は世界共通の名称である)。日本では「ムカシオオホホジロザメ」とも呼ばれる。
【ホオジロザメ】と近縁の存在とされているもののそのサイズはハンパではなく、【ジンベエザメ】並みの巨体を持っていた*1
 
余談だがメガロドンは生存説も根強く、絶滅種でありながら時折目撃情報が寄せられているらしい。
また、8に登場する【シャークマジュ】の英名もこれである。

DQ10の「釣り」におけるメガロドン Edit

【オーフィーヌの海】に生息。
距離が310m近くとかなりあり、釣りざおにかみついてくいつきを下げたりしてくる。
特に口を開けた後の痛恨のかみつきが強烈。
釣りざおは★3つの氷の釣りざおが適任。この時、氷の力は口を開けた時までとっておくこと。







*1 ジンベエザメはそのままジンベエザメ科、ホホジロザメはネズミザメ科であり両者は特に関係はない。メガロドンもネズミザメ科だと言われていたが、近年ではネズミザメ類に近縁ながらより原始的な系統の「オトドゥス科」ではないかと考えられている。オトドゥスはメガロドンよりも古い時代を生きたサメで、新生代第三紀・暁新世(6,500万~5,600万年前)から始新世(5,600万~3400万年前)に生息していた。全長8~9メートル。