Top > 【おじょうさま】


【おじょうさま】

Last-modified: 2019-12-07 (土) 15:51:00

概要 Edit

リメイク版DQ3とモンスターパレードに登場する性格。
その名の通りあまり好戦的な性格ではなく、どちらかと言えばサポート向きの性格。

DQ3 Edit

能力補正 Edit

ステータス補正順位
【ちから】19/46
【すばやさ】-20%37/46
【たいりょく】-5%29/46
【かしこさ】+10%9/46
【うんのよさ】+40%2/46

解説 Edit

DQ3に登場する【性格】のひとつ。
当たり前だが女性限定であり、女性がなれる性格の中では最も運の良さが伸びやすい。
 
【勇者】の初期性格では選べない者のひとつで、【商人】【盗賊】も登録時にこの性格になることはない。
それ以外の職業の女性キャラの登録時に運の良さを大幅に上げるとこの性格になる可能性がある。
【遊び人】なら、登録時に運の良さを9以上上げれば確実に男性は【ラッキーマン】、女性はこの性格になる。他の職業だと仮に【ラックのたね】に全振りして運が最高に伸びても【しあわせもの】との2択になり、確定にはならない。
それ以外の方法では、アイテム【しゅくじょへのみち】を使うとこの性格に変わる他、装飾品【おうごんのティアラ】を装備している間は強制的にこの性格になる。
 
対をなす男性専用のラッキーマンと比べて勝るのは教養のおかげか賢さのプラス補正。逆におっとりしているせいなのか素早さに大きめのマイナス補正があり、運の良さのプラス補正も僅かに少ない。体力は平均よりわずかに劣る。
ラッキーマンと比較して長所の運は負けて短所も目立つため、この二つの性格に関しては【女尊男卑】な本作で数少ない男性優位と言えるだろう。
が、運の補正がとびぬけて高いラッキーマンやお嬢さまの性格の主な使い道は賢者転職予定の遊び人のブーストであり、その場合は運の良さは【上限値】の関係上どちらもLv20で230前後になるので上昇値の差はほとんど無意味。
他のパラメータは元々の上昇値が低くマイナス補正もほぼ無視できるため事実上男女の差はつかない。
 
また、ルイーダの酒場に初期登録される候補【魔法使い】【ドロシー】が最初からこの性格になっている。
総合力は悪くないが魔法使いとの相性は微妙で、特に素早さの低下が痛い。
特にLv30~50の素早さが伸び盛りになる時期は他の素早さ補正の高い性格にした方が無難だろう。
 
上述の通り、勇者は性格診断でこの性格になれないが、本を使うかしてこの性格に変えると【アリアハン】の城2階の【兵士】の追加のセリフがなくなる。
なお、この性格で【ランシール】の試練に挑戦して戻ってきたときに【神父】の質問に「いいえ」と答えると神父のセリフが変化する。試してみよう。
また【○○○○バーク】に派遣した【商人】がこの性格だった場合、ある住人の台詞が少しだけ変化する。
勇者以外の性格がイベントに関わる(大したものではないが)というのも珍しい。

モンパレ Edit

♀専用の性格であり、DQ3同様に『淑女への道』を使うことでこの性格になれる他、『個性の薬・赤』で変更できる性格の一つになっている。
ステータスの傾向としてはMPの伸びが良いのが特徴で、他は平均的かやや下がる。
あまり攻撃的なステータスではないため地味な性格ではあるが、MPが高くなるので継戦能力に優れるという点が魅力。
ステータスキャップが低い頃は、この性格でも攻撃力が上限に達するのであれば『異界の門』などではMPが高くなる分だけ攻撃力特化の性格よりも有利になるといったような場合もあった。
 
ラマム(メタルスライム)やガーネット(スライムベス)などの複数のネームドモンスターの初期性格になっている。
 
『キャラバン連盟指令!【はなみしんかんから チェリーパイを取り戻せ!】』では、上位報酬のタマゴロンの性格に選ばれた。
このイベントに登場するチェリーパイは、マスター・リーサが新人祝賀会用に料理上手な実家のばあやに焼かせたものなのだが、その「リーサのばあや」がリーサのことを「お嬢さま」と呼んでいるため、それにちなんで選ばれたものと思われる。
タマゴロンにはテンションアップ系の特性(絶好調・まれにハイテンション)が付いていたため、「お花見の場でテンションを上げるお嬢さま(マスター・リーサ)」をイメージしているのだろう。