Top > 【しもふりにく】


【しもふりにく】

Last-modified: 2019-06-24 (月) 12:26:38

概要 Edit

DQMシリーズに登場するアイテム。
シリーズ通じて最高のスカウト率アップ効果を持つ。
実際の霜降り肉は、脂肪が筋肉の間に小さな網の目のようになった食【肉】のことを指す。
モンスター曰く「ほっぺがおちる!」とのこと。
またどこぞの大物モンスター演説に用いることでも有名である。

DQ7 Edit

このアイテム自体は登場しないが、【超しもふり肉】というアイテムが登場する。

DQ10 Edit

【しもふりミート】という肉の部分だけ英訳した素材が登場する。

DQM1 Edit

【野生】の数値を100も下げることができる最高級の肉。
敵に差し出すと、非常に仲間になりやすくなる。
4つ与えればほぼ確実に仲間にすることが出来る。
どのモンスターも2匹目以降は仲間になり難いので、配合素材を揃える際にとても重宝するアイテムである。
【他国マスター】のモンスターが欲しい時は特に有効。
値段は1000Gと高価だが、きっと値段に合った効果を発揮してくれるはずだ。
 
…と言いたいところだが実際やってみるとそうでもない。
どれだけ与えても所詮は『ほぼ』止まり、起きない時はまるで起きないのだ。
それなのにしもふり4つどころか1つ、挙句は【ほねつきにく】2つで起きるなんてこともある始末。場合によっては【くんせいにく】4つで起きる事もある。
上記のように手の平を返すように起きる光景をプレイヤー達はどう見ることやら。
結局は確率の問題なので、どちらかといえば半々、よくても高確率で起きる程度というのが現実である。

DQM2 Edit

高ランクの鍵の世界では【ゴールデンスライム】【キングレオ】などのレアモンスターを捕獲することができるため、更に価値が増した。
大量購入する時は【ゴールドパス】を所持しておきたい。
なお、魔王の鍵の異世界に出てくる連中は、肉を差し出しても払いのけるため、仲間にすることができない。
PS版では、さらにレアなモンスターが出現するようになったので、価値は増し続ける事になった。
…もっとも、魔物が確実に仲間になるというチートアイテムが出てきたおかげで影が薄くなっている気もするが…。まあこっちは非売品で簡単には手に入らないが。

DQMJ2 Edit

本作及びテリワン3Dではモンスターの勧誘がスカウト制であり「やせい」値も存在しないので、戦闘でのスカウト率を上げるアイテムとして登場。
使うとスカウトできる確率を10%上げられる。
ただ、前作のように「落ちている」ということはなく、入手しづらくなった。
また、1回の戦闘につき使用できるのは1つまでで、やや使いにくくなっている。
しかし、このアイテムのおかげで、味方の【スカウトアタック】が全く当たらない状態でも、モンスターがスカウトできるようになった。
終盤のイベントで10個まとめて手に入る。
10個以上入手したい場合は、【魔界】に出現する大きめのモンスター(【ワニバーン】など)から入手するしかない。
しかし確率は低く、大体は【きょだいスパナ】【あくまのかぎづめ】などの武器が手に入る。

DQMJ2P Edit

ピピッ島の店舗で販売するようになったが、値段は10万Gと目玉が飛び出るほど。
しかし前作のモンスタードロップ限定のときに比べれば店で買えるだけ大分マシ。
素の攻撃のスカウトアタックでは2桁も行かないモンスターも多いため、前作以上にお世話になるだろう。

テリワン3D Edit

リメイク前とは異なり、ダンジョン内で拾える肉は【ほねつきにく】が最高であり、しもふりにくは拾えない。
入手するには【ジュヒョウの国】の宝箱から拾うか、バザーの肉屋で買う必要がある。
また、エンディング後に行ける旅の扉で【ふくぶくろ】が落とす。【スカウトQ】の景品にもなっている。
値段は5000Gと大幅に安くなり使いやすくなった。
 
使うと【まもののエサ】8個分の効果が得られる。
スカウトゲージの導入に伴い、どのくらいの効果があるのか分かりやすくなった。
前作(DQMJ2P)とは違って1回の戦闘で複数回使える。
ただし2個目以降を与えた際に30%(【すれちがい通信】では50%)の確率でお腹がいっぱいになるので、それ以後は肉を与えられなくなる(他の肉も同様)。
すれちがい通信では、Aランク以下なら相手が誰であろうと4個与えるだけで確実に仲間にできる。
主に終盤の他国マスター戦や【めぐりあいの扉】などで多用する事になるだろう。

イルルカ Edit

基本的な効果は前作と同じ。しかし本作では鍛冶屋の武器強化で「スカウトアタック2倍」を付けられるようになったのと、【新生配合】で同種を2体揃える必要が無くなった兼ね合いなのか、まもののエサを使った際の基本的な効果が全体的に下がってしまった。その為、この肉の効果も必然的に下がっている。
しかもお値段も10000G(【ゴールドカード】所持で8000G)と、前作の2倍になっており、使いにくくなっている。
 
特に顕著なのが【めぐりあいの塔】で、SSランクともなると前作ではこの肉1個で種類に関係なくスカウト率が24%上昇したが、本作では最低0.8%(種類によってまちまち)と、大きく弱体化。
2個目以降を与えた際も、お腹がいっぱいになるのが30%から50%になっているなど、明らかにスカウトしにくくなっている。贅沢に慣れてしまったとでもいうのだろうか。
その上今作から新たに追加された新生配合済みの【超ギガボディ】モンスターのスカウトアタックは、どのランクのモンスター対しても最低10%アップが保障されており、しかもこの特性を持つモンスターの多くは【AI4回行動】持ちなので実質最低40%保障。肉を与えるまでも無く何回かスカウトすれば普通に成功できる有様。
よって、スカウトに失敗して怒り出さないように保険として、これを差し出すくらいしか使い道がなくなっているのである。ただでさえ金欠になりやすい今作で、それだけの為に10000Gも払ってこれを買うのは少々気が引けるかも…。
 
ただ、確かに購入はしにくくなったが、他国マスター狩りマラソンをする場合は買わなくても勝手にたまる。
やどりぎの塔の3Fの他国マスター出現ポイント手前の通り道(寄り道ではなく、必ず通ることになる)にふくぶくろの出るポイントがあり、こいつが必ずしもふりにくを落とす。
敢えてこのふくぶくろを無視したり4F側の他国マスターを狙いにいかない限り、金を出して買わなくてもマラソンするだけでどんどんたまるのだ。
もっとも、効果が下がっているのであまり嬉しくないのだが…。

DQMJ3 Edit

ストーリーを進めるだけでは販売されないアイテムで、【しもふりの極意】というアイテムを肉屋に渡すと品揃えに加わる。
【グレートライダーズカップ】では取るとテンションが満タンになる。

DQMJ3P Edit

入手方法などは無印と変わらない。
本作のスカウトは【スカウト率アップ極大】がいればまず失敗しないためほとんどのプレイヤーは見向きもしないことだろう。

モンパレ Edit

パレード終了直後のスカウトの他、たんけんスカウトのおやぶんの洞くつにモンスターを送り込むために必要となる。