【まじょ】

Last-modified: 2020-11-06 (金) 14:22:43

概要

DQ3にて初登場。
箒にまたがって空を飛ぶ老婆という、ステレオタイプな「邪悪な魔女」のイメージ通りの姿。
色違いに【まほうおばば】がいる。
 
歴としたDQ初の女性型のモンスターである。

DQ3

【テドン】地方、【エジンベア】周辺、【ちきゅうのへそ】に出現する。上位種にも言えることだが、最大2体で現れる。
見た目通り呪文を得意としており、【ベギラマ】【ベホイミ】を使う。
上位種とは違って攻撃パターンはランダムであり、呪文は優先せず、箒を叩きつける打撃で攻撃してくることも多い。

【マホトーン】が効くので、呪文さえ封じてしまえば楽に戦える。上位種に比べると判断力は低く、呪文を封じられた状態でもベギラマを唱えようとする。
上位種はピンチになれば即座に回復や逃走を選ぶが、こちらは形勢が不利になっても逃げようともしなければ、ベホイミを覚えているのにそれを優先する思考も無いようで、満身創痍のまま攻撃してくることも多い血気盛んな老婆。
HPは低く、攻撃力の高い仲間が打撃で攻めれば簡単に倒せるだろう。
 
落とすアイテムは【きえさりそう】。これは上位種も同じ。

小説版

「敵モンスターとして」は登場しないが、小説版DQ1と3に「【雨のほこら】の魔女」という人物が登場し、独自の設定が語られている。
人間を愛することは御法度であり、愛した者は魔女の世界から追放されるという掟がある。
【あまぐものつえ】は元々魔女界の至宝であり、魔女は雨を命の源として何万年でも生きていけるという。
に魔法おばば(らしき存在)も別に登場しているが、そちらは魔界の出身者であり、魔女とは別物という設定。

イルルカ

なかなか再登場の機会に恵まれなかったが、本作で登場を果たす。
悪魔系のDランクで、当然ながら性別操作や万能などの例外を除けば♀個体のみである。
【雪と氷の世界】にあるまよいの森に出現。
不気味な森の中を飛び回り、こちらに気付くと一直線に飛んでくる。
豆知識によると、油断すると箒から落ちて腰を痛めてしまうらしい。
 
特性は【スタンダードボディ】【みかわしアップ】【ギラブレイク】
ギラブレイクを持っているのはDQ3でベギラマを使っていた為だろうか。
+25以上で【呪文会心出やすい】、+50以上で【ひん死で呪文会心】
新生で【ジャミングブレイク】、メガボディ化で【AI2~3回行動】、ギガボディ化で【ギラ系のコツ】が開放される。
所持スキルは【さいみん】
【アックスシャーク】と配合すれば【ホエールマージ】になる。

DQRA

真1弾カードパック「英雄たちの凱旋」にて実装。魔法使い専用のノーマル。

2/3/2
選択:・魔法使いの特技カードをランダムに1枚手札に加える
   ・魔力の息吹を1枚手札に加える

効果が選べて取り回しが良い。普段は3コスト2ドローの「魔力の息吹」を加えて【デンタザウルス】などに繋げ、余裕があるならランダム入手で【メラゾーマ】などの強力なカード入手を狙おう。
攻撃力が2→3に上方修正され、広く使われるようになった。