Top > 【まほうつかい(DQ3)】


【まほうつかい(DQ3)】

Last-modified: 2019-09-08 (日) 23:25:16

この項目はDQ3とDQ11に登場するモンスターについて扱います。他シリーズに登場する同名モンスターについては【まほうつかい(DQ1)】【まほうつかい(DQ5)】を、職業としての魔法使いは【魔法使い】を参照。

概要 Edit

黒いローブを着て、腰辺りを紐で縛った怪しい人型のモンスターで、覆面状の頭部から怪しく光る目が怖い。
色違いに【エビルマージ】【アークマージ】【デビルウィザード】がいる。
本編外伝ともに再登場を果たせていなかったが、DQ11で約30年ぶりに再登場した。
【指の数】は初出のDQ3では4本だったが、近年のリメイク版やDQ11では5本に変更されている。
 
FC版DQ3の【公式ガイドブック】には、「魔王バラモスにたましいを売り、忠誠を誓ったものたちだ」と記されている。その割によく敵前逃亡するが…。
魂を売ってまで得た能力が【メラ】だけというのもあまりに寂しい。あるいは職務に励めば【エビルマージ】【デビルウィザード】あたりに昇格できるのかもしれないが。

DQ3 Edit

【ナジミの塔】3F、【アリアハン】大陸北東部、【いざないの洞窟】【ロマリア】付近に出現する。
最下位種であるコイツは冒険最序盤に登場するが、上位種は物語のかなり後半になって出てくるという珍しい系統である。
 
序盤の長きにわたって出現するため避けては通れないモンスターである。
通常攻撃の他、6/8というかなりの確率で【メラ】を使う難敵。しかもMPが10もあり、メラを5発も撃つことができる。
さらに、この時点の敵としてはHP20前後とかなり高い。
本作では仲間の魔法使いは序盤、HPの低さでプレイヤーを悩ませるのだが、こちらはHPの高さでプレイヤーを悩ませるのである。
ナジミの塔ではバランス調整のためか1体単独でしか出ないが、アリアハン大陸東部では最大3体、いざないの洞窟とロマリア周辺では最大4体で出現する。
集団で現れてメラを連発されるとかなり危険なので、出現エリアではHPを多めに保つこと。
また【判断力】が高いくせに、なぜかコイツのメラは隊列関係なく無差別に飛んでくるので、後列キャラのHPの残量には特に注意が必要。
魔法使いはHP満タンからでも1ターンで焼き殺されることもあるので、とにかく早めに数を減らすこと。
実は【ホイミスライム】と並んでシリーズ初の【ニフラム】完全耐性を持つ敵でもあり、アリアハンでは他にいざないの洞窟の【キャタピラー】くらいしかいない。
まさに(ゾンビ系以外は)弱い敵にしかニフラムが効かないという説明を強く印象付けてくる強敵である。
ニフラムは効かないが、確実に効くラリホーやヒャド、ギラがあるなら使うといい。
 
FC版の【格闘場】では、おもにアリアハン大陸のモンスターと当たる。
ほとんどの対戦相手はメラ1発で倒せるうえ、HPもずば抜けて高く、いわゆる “無双” 状態である。
序盤から登場するモンスターとしては稼ぎやすく、お勧めである。
ロマリア~カザーブ地方の格上のモンスターとも戦うこともあり、確かに勝率はアリアハンのモンスターに比べれば落ちるものの、メラによる攻撃は相変わらず強く【キラービー】【ぐんたいガニ】を相手にしても怯まない。
 
CBSソニーから発行されていた「GTV(ゲームテックビデオ)」の「ふぁみこんと(1988年5月号から開始)」ではそのネタの第1号となった。両手から発せられている呪文は蚊取り線香で表現された。
落とすアイテムは【せいすい】

リメイク版 Edit

FC版では手から波動のようなものが出ていたが、リメイク版では削除された。メラを使う確率も4/8に、MPも4へと下がり、FC版より大きく弱体化。
その代わりか、アリアハン東部の時点で4匹組が出るようになった。
弱体化の影響で、格闘場では火力不足で【アルミラージ】あたりにも高確率で負けてしまうようになった。
それでもかなり運がよければ、キラービーと【こうもりおとこ】を相手に18倍超のオッズで大穴が出ることもある。

DQ11 Edit

DQ3のモンスター大量出演により、こいつも登場。
【サマディー地方】で登場。【バクラバ石群】を囲んで怪しげな祈りを捧げている。3DS版では【名もなき地】【忘れられた塔】北西、【クレイモラン城下町】北)にも出現する。
使う呪文はメラ、【イオ】【マヌーサ】。2匹が【ゾーン】に入ると【れんけい技】【クロスメラ】を放つ事もある。明らかにDQ3よりパワーアップしているので注意。
 
ドロップアイテムは通常枠は【まほうのこびん】でレア枠は【まほうのせいすい】
 
余談だが【サマディー城下町】には「まもなく邪悪なる神が復活なさるのだ」と話す魔法使い風の男が出没する。
後に本当に邪神が出てくるためこいつも魔物か、と疑いたくなるが
何か起きる度に「邪神の裁きだ」と騒いでは解決後に意気消沈の繰り返しであり、【勇者の星】が破壊されてもさほど慌てていない辺り単なる終末論者というだけかもしれない。
ちなみにドラクエ11ではこの系統は全て元人間という設定があるため、この男もまほうつかいであったか、もしくはこれからなる可能性もある。

邪ver Edit

過ぎ去りし時を求めた後のサマディー地方などに出現。3DS版では、通常版同様名もなき地(忘れられた塔北西)にも出現する。2Dモードのサマディー地方では、バクラバ石群のストーンサークルの中にしか出現しない。
序盤モンスターの例にもれず、邪バージョンは超強化され、デビルウィザードより強い。
使用する呪文もマヌーサはそのままに【イオナズン】【メラゾーマ】にグレードアップ。また、【マホトーン】が効きにくくなっている。
れんけい技も【クロスメラゾーマ】を使用するようになった。
ドロップは通常枠がまほうのせいすいでレア枠が【けんじゃのせいすい】になっている。