Top > 【農夫】


【農夫】

Last-modified: 2019-08-25 (日) 18:24:58

概要 Edit

DQ4以降のシリーズに登場する【NPC】キャラクター。
基本的には【村】【住民】として登場することが多いが、たまに都会に出てくることもあるようだ。
今のところ戦闘職として登場したことはないが、後述の通り、DQ6では驚異的な戦闘力を誇る農夫が登場している。
彼らの代表者は、だいたい【村長】である。
 
朴訥で穏やかなイメージがある農夫だが、いわゆる閉鎖的な村社会の中でヨソ者を嫌うこともあり、その場合は旅人である主人公達に強い疑念の目を向けてくることもある。
DQ5のカボチやDQ7のレブレサックは、事件のせいとはいえこの閉鎖環境が悪い方向に働いてしまった例と言える。

DQ4 Edit

本作が初登場。
専用のグラフィックが与えられている。
第四章では、【マーニャ】【ミネア】の故郷である【コーミズ】の田舎臭さの演出に一役買っている。
また、【ハバリア】には酒場の【ジル】に惚れて口説き落とそうとしている農夫がいるが、彼は船で別の大陸から来たようである。
コーミズ以外では同じ田舎である【ソレッタ】にもたくさん住んでいる。
また、農夫のグラフィックをした案山子も存在する。

リメイク版 Edit

PS版以降では、DQ6以降のグラフィックが流用されている。
また、移民カテゴリとしても登場し、【グレイトファーム】を作るには彼らが必須となる。
該当移民は【アグリ】【カペッチャ】【クワット】【コエット】【ジョージ】【スキット】【スタンリー】【ヌラリッヒ】【ネロ】【パグル】【ベイリー】【ラクノン】の12人。

DQ5 Edit

茶色いオーバーオールを身に着けたグラフィックになっている。
やはり田舎である【カボチ】【山奥の村】に住んでいる。一人称は基本的に「オラ」。

DQ6 Edit

麦藁帽をかぶったカールのおじさん風のお馴染みのグラフィックになった。
また、【ライフコッド】を中心に、わりと世界中で存在を確認できるようになっている。
今作では、下の世界のライフコッドのイベントで、「クワこうげき」「カマこうげき」なる特技を駆使して、終盤のモンスターと互角に渡り合う農夫が登場し、プレイヤーに衝撃を与えた。
さらに、【イネカリぎり】という奥の手も持っていたようである。

DQ7 Edit

畑あるところに農夫あり。相変わらずあちこちで見かけるが、本作では【牛】【馬】に加え【豚】【鶏】が追加され、一通りの家畜が出そろった。
これらのキャラと合わせて、移民としても登場し、グレイトファームの構成要件になっている。ただし、なぜか鶏だけはハブられている。
 
ちなみに、【レブレサック】のイベントのせいで、今作の農夫は非常にイメージが悪くなってしまっている。まあ現代レブレサックの【リフ】の父親はそこまで悪い人ではないのだが。
 
また、【プロビナ】では事件解決後に牛と魂が入れ替わってしまった農夫がいる。現代では彼の子孫と思われる牛と会話できる農夫が登場しているが、彼は戻れたのだろうか……?
 

DQB2 Edit

【村人】【兵士】のような、住民の分類の一つとして登場。農作業をしてくれる能力を持つ住人。
全員共通で緑色の【のうみんのふく】を着用しており、主要人物以外は麦わら帽子をかぶっている。
農業もりっぱな物作りであり、【ハーゴン教団】からはその仕事の一切を禁止されている。
 
【モンゾーラ島】は様々な作物が実る恵みの島であり、【チャコ】【ドルトン】【ポンペ】をはじめとした農民が登場している。
【ビルダーの鐘】を鳴らして拠点レベルを上げる毎に最大7人までNPCの農民が集まり、出来る農作業も増えていく。戦闘に参加可能な農民もいるので武器の配備を忘れないようにしておくこと。モンゾーラ島クリア後はさらに2人増える。
【ムーンブルク島】でも城から避難していた農民が1人仲間になり貴重な食料調達要員となるが、ある程度ストーリーを進めると【アネッサ】の訓練を受けて【兵士】に転職してしまう。
また、【フサフサ島】【ビルダー100景】には農民のNPCが屯していることがあり、【からっぽ島】に勧誘することができる。
 
【かかし】が立てられている一定範囲、あるいは部屋内にきれいな地面があると、そこを【畑】と認識し、耕して種を植えることが出来るように準備してくれる。
農民が土を耕した後にできる【畑】は、ビルダーが生み出すことは不可能。よって、農業をするには必要不可欠な存在である。
また、水が必要な農作物には水を与えてくれる。よって、農民がいる拠点で畑を作る際には畑と水辺を隣接させる必要がない。
 
最初に出来る作業はここまでだが、モンゾーラ島の拠点レベルをあげるとかかしで指定した作物のタネを収納箱から取り出し、自動で種まきしてくれるようになる。さらに、【からっぽ島】で全種類の作物を収穫する【かいたくレシピ】を達成すると、農民自ら刈り入れし、作物を【収納箱】にしまうようになり、畑の指定以外の農業のすべてを自動化できる。
  
生活に必要な行動以外は朝から夕方まで農作業に没頭する働き者であり、余暇に使う時間は夕方以降から睡眠時間までとかなり短い。
そのため、【ビルダーハート】の回収効率で言えば娯楽系の【部屋】との相性はイマイチ。
 
ちなみに農民以外では仲間になった【キラーマシン】【メタルハンター】も、各農作業を手伝ってくれるのだが・・・
9倍以上の作業効率を誇る高性能戦闘兵器改め高性能農作業機のキラーマシンに駆逐されてしまいがち。では農民は完全に機械の下位互換かと言えばそうでもなく、畑を耕す、タネを植える仕事に関しては農民の方が優先度が高い。農場を広げたいなら農民の方が優秀である。まあ、耕しきってしまえば機械に駆逐される運命ではあるのだが…