【さみだれけん】

Last-modified: 2020-04-08 (水) 03:37:33

概要

DQ6とDQ7に登場する特技。
 
さみだれとは漢字で「五月雨」と書くが、この五月は陰暦なので、古くは梅雨のことを指していた。
その効果は、DQ7の特技欄によれば「敵全体に剣の五月雨」。
言っていることはよくわからないが、何やらカッコいい。
要するにブーメラン系と同様の全体攻撃を行う特技である。
五月雨には、「休むことなく連続で」という意味もあるので、敵全体に剣が雨アラレと降り注ぐイメージであろう。
 
DQ8以降は槍系特技の【さみだれ突き】と弓系特技の【さみだれうち】に名前が受け継がれたが、効果は【ばくれつけん】のような連続攻撃に変わっている。
 
なお、モンスターズでは素手のモンスターが多いためか、【さみだれぎり】という名前で登場している。

DQ6

【バトルマスター】★4で習得可能な剣技で、敵全体に物理ダメージを与える。
 
ブーメラン攻撃と同様に左から順にダメージを与えていき、後ろに行くに従ってダメージは減る。
【まわしげり】と同じく、開始ダメージは通常攻撃と変わらないし、MPも消費しない。
全体攻撃になった分、一見すると、まわしげりの強化版の様に見えるが、実はそうでもなく、【せいけんづき】などと同じ【岩石系】の属性を持っているので、軽減・無効化する敵がかなり多い。
なまじ全体攻撃なせいで小回りも効きづらく、使いどころが難しい特技。
剣技でありながら、【ラミアスのつるぎ】などの追撃ダメージが乗らないのも向かい風。
ただし、眠りや即死の追加効果はのるのが救いか。岩石完全耐性でミスした場合は武器の追加効果も発動しないが、パラディンの即死効果だけは発動する。
一応、寄り道なしにバトルマスターに転職したキャラクターには待望の全体攻撃ではあるのだが、とっくの昔に覚えているまわしげりが強力すぎて使い分けるにしてもかなり出番に乏しい。
まわしげりと使いわける場合には敵全体の岩石耐性を把握しておく必要がある(なお初見で見た目から予測するのはまず不可能)。
最初の1匹にバイキルトが乗ることを考慮しても、同属性の【がんせきおとし】の平均ダメージを上回るには相当なレベル上げが必要で、岩石落としを習得したらほぼ出番はなくなる。
AIもほとんどこれを使用することはなく、敵をあらかた蹴散らしたあとに、最後の仕上げで見かけることがある程度。
ただし、クリア後のやり込みで十分にレベルが上がってくると、相手の岩石耐性次第では強力なブレスなどに匹敵するダメージを与えられるようになる。
 
敵では脅威に感じるのが【エビルドライブ】あたりだろう。
4匹が2回行動でこれを乱発してくると死人が出る。
敵の時の【テリー】もこれを使用するが、スクルトで簡単に防げるので全然怖くはない。
むしろ、テリーのヘタレ感を演出するのに一役かってしまっている。

リメイク版

【どくばり】の確定1ダメージ保証が岩石耐性より優先されるので、メタル狩りで全体に1ダメージを与えつつ即死を狙うという用途で使えるようになった。
とは言え、本作ではメタル系が集団で出ることが少ないので、この用途での出番はそう多くはない。
 
SFC版では「キュィーーーン」といった感じの美しい効果音だったが、DS版では「シュピピピピピ」とやや軽快にコミカルな感じになった。

DQ7

本作ではバトルマスターでは覚えなくなり、【リザードマン(職業)】【バーサーカー(職業)】【デスマシーン(職業)】のモンスター職のみの特技となった。
 
人間職で覚えなくなってしまったのが大きなネック。
ただし【バーサーカーの心】【旅の宿】(現代)の【ラッキーパネル】から出るので、カジノ運が良ければ【いなずま】よりも早く覚える全体攻撃として活用の余地はある。
特に主人公ならば同じラッキーパネルで【ゾンビキラー】などのバランスブレイカー武器も一緒に手に入る可能性もあるため、しばらくは主力技として大暴れできる。
 
また武器の追加効果を発揮できる効果は健在で【アサシンダガー】【ユバールの剣】でこの特性を活かせる他、デスマシーンや【パラディン】の職業特性である即死効果も狙える。
 
AIは【ムーンサルト】よりもこちらが好きらしく、作戦を【ガンガンいこうぜ】にしておくとよく使ってくれる。
相変わらず岩石属性なので、耐性を持つ一部の敵には必ずミスになるので注意。
むしろ味方が使うよりも、序盤で【からくり兵】が使ってくる時の方が印象に残りやすい。
からくり兵の高い攻撃力が味方全体に雨アラレと降りかかるのは脅威。隊列の調整はしっかりと。

3DS版

PS版職に加え、【バトルマスター】★7、【ゴッドハンド】★2でも覚えるようになった。
3DS版でMP2を消費するようになったため、からくり兵にもMPが搭載されている。
 
PS版よりも容易に習得できるようになったが、ノーコストで全体を攻撃するいなずまも容易に習得できるようになったため、相対的に中盤戦での利便性は下がってしまった。
それでも追加効果を持つ武器との組み合わせが強力であることに変わりはない。

DQ8

内部データに残る【没特技】。戦闘で使用すると対象者にダメージ。