【インテリめがね】

Last-modified: 2020-06-23 (火) 14:01:56

概要

所謂眼鏡。【装飾品】として登場している。
かけると世相が見えてくるらしく、頭が良さそうになるらしい。
デザインは銀縁のハーフフレームである為、装備者によってはインテリヤクザっぽい雰囲気になるかもしれない。
「これをかけると頭が良さそうに見える」という説明文から伊達眼鏡かと思いきや、装備すると本当に【かしこさ】や魔力が上がるので意外と実用的。

DQ3(リメイク版)

賢さ15、【性格】【ずのうめいせき】になる。
 
【ちいさなメダル】35枚のご褒美として入手。
DQ3では、装飾品で上がった賢さは呪文習得速度には影響するものの、【MP】の上昇量には影響しないので注意が必要。
 
実用性はともかく頭脳明晰という性格のステータスに魅力を感じる人や、(水着系の防具とは違い、見た目は変わらないものの)女【僧侶】や女【賢者】をメガネっ娘にする事に魅力を感じる人ならば、ぜひ装備させるとよいだろう。
 
他の【職業】から【戦士】【武闘家】【転職】させる前に、MPを少しでも成長させておきたいという場合、これを装備して性格を変えて【レベル】を上げるという使い方は有る。
頭脳明晰の賢さ成長補正は【きれもの】に劣るが、あちらには一時的になる装飾品が存在しない。
 
3の性格変更アイテムはよく換金に使われるが、コレは完全な一品物の上に売値も1275Gと微妙なので、売るのはおすすめしない。

DQ5(スマホ版)

かしこさ+20、売却不可。
スマホ版のアイテムコードでのみ入手可能だった。現在は入手不可。
全ての仲間モンスターが装備可能で、賢さが20上がるため、これを装備させればどの仲間モンスターでも即座に命令を聞くようになる。
かしこさを上げる装飾品は他にビアンカのリボンがあるが、あちらは賢さ+10でしかも装備できるのがスライム系とキラーパンサー、プリズニャンに限定されているため、こちらのほうが有用性が高い。
おどるほうせきはカンストしても賢さが20に届かないため、ほぼ彼専用のアイテムと言っていいだろう。

DQ7

かしこさ15。【ガボ】以外が装備可能。
 
【クレージュ】、現代の【バロックの橋】の井戸、移民の町の民家と合計3つも手に入る。
【ポムポムボム】が落とす事もある。
やっぱり賢さが増えるが、本作の賢さは【世界ランキング協会】の賢さランキング以外に影響しないので、2つ目以降は売っぱらってもいい。
7で賢さの上がる装備はこれのほかに【めがみのゆびわ】【ちりょくのかぶと】【ちしきのぼうし】しかないので、
同じ装飾品の女神の指輪が裏ダンで手に入るまでは、賢さコンテスト参加の際にコレを付ける事になる。
【おうごんのティアラ】早期入手には欠かせない、ありがたい装備。
 
装飾品の中で珍しくかっこよさが上がらない。かっこよさ0の装飾品は他にミニイベント用の【古びためがね】だけである。
DQ7の世界では眼鏡はカッコ悪いと思われているのか、或いは実用品過ぎて洒落っ気がないのだろうか?

3DS版

移民の町の分は迎賓館3階の宝箱に移動。
開くには【まほうのかぎ】が必要となった。

DQ8

かしこさ15。
 
初の市販品となり、【サザンビーク城】で2700Gで売られている。
【聖地ゴルド】の袋の中にもあるので無理して買う必要も無い。
敵は【マミー】【アイスチャイム】(両1/256)、【マペットマン】【海竜】(両1/128)がレア枠で落とす。
 
例によって賢さが増えるが、今作の賢さは呪文の威力に影響するのでちゃんとした意味のある効果になった。
【マジカルハット】と錬金すると【インテリハット】になる。
 
因みに【目覚ましリング】【理性のリング】【かしこさのたね】で錬金できるが、明らかに素材のほうが高いしレア物である。

3DS版

ゼシカにこれを装備させるとトロデが

今のゼシカに足りないのは【クラシックブレザー】じゃい!早く装備させんかい!

と色ボケ発言をかます。
望みどおりにすると【ゼシカ】【着せ替え】ができる。

DQ11

全員が装備可能な顔アクセ。うち直しに必要な宝珠は20個。

-+1+2+3
攻撃魔力15161820
回復魔力
魅力

 
【ふしぎな鍛冶】で作成することでのみ入手できる。レシピは【大賢者黙示録】に記載。
必要材料は【きんのこうせき】×2、【さとりそう】×3、【みがきずな】×2、【かがみ石】×1。
 
レシピの入手がさいごのカギ入手後になるのだが、同じタイミングに別の場所で上位と言える【ロイヤルバッジ】のレシピが手に入ってしまう。
魅力の上昇はロイヤルバッジにない利点だが、魔力と魅力を両方上げたいキャラがほぼいないため、あまり意味がない。勝っているのはロイヤルバッジで必要になる【おうごんのかけら】を調達しなくていい事位だろう。
というかそもそも異変後で入手できる【さとりのてぶくろ】がこれよりも早い段階で入手出来て性能もほぼ同じであり素材調達も容易な辺りこれの立場が殆ど無い。
仮にも大賢者黙示録という仰々しいレシピで作れるものが【賢者の愛用品のレシピ】で作れるコレより性能で劣るとはどういう事なのだろうか。
せめて【着せ替え】に対応していればメガネっ娘を生み出せたのだが。【メダ女の制服】というお誂え向きの服まであるのに、悔やまれてならない。
なお作成時は眼鏡のため変わった形の鍛冶になる。売却価格は2750G。

DQMJ3

かしこさ60。
 
作成にはプラチナこうせき1個、さとりそう2個、しょくぶつのチカラ4個が必要になる。

DQH

ルカニガード+40%。
本編とは全く異なる効果がある。

DQH2

【スクルト】を始めとした守備力アップ上昇効果を10%引き上げる効果がある。
強化すると魔力や最大MP上昇効果も得られるが最大でも+7までなので気休め程度である。
なお最大まで強化すると守備力アップ上昇効果が20%に引き上げられる。
【クリフト】をメインに使うなら是非とも装備させておきたい。
【タホドラキー】からのドロップで入手できる他一品ものだが【ちいさなメダル】6枚と交換で入手することが出来る。
 
当初は最大強化で守備力アップ上昇効果50%引き上げという効果で、最大強化したコレを装備してスクルトを唱えたり、パーティスキルの【逆境のスカラ】?が発動したりするとあらゆるダメージが1になる(【エスターク・強】【メラガイアー】【かがやくいき】を除く攻撃ですら1ダメージで済む)という凄まじいものだったが、あまりに強力過ぎてアップデートで現在の最大20%引き上げに大幅に弱体化された。