Top > 【デルカダールの盾】


【デルカダールの盾】

Last-modified: 2019-08-04 (日) 11:18:51

DQ11 Edit

【デルカダール王国】に伝わる黒地の大盾で、王国最強の騎士に与えられるという。
中心部分に国章である「双頭のワシ」の意匠が施されており、【デルカダールの剣】【デルカダールメイル】とも共通するデザインとなっている。

-+1+2+3
守備力32353842
魅力15202530
盾ガード率8%10%

 
【主人公】【グレイグ】が装備可能。
【屍騎軍王ゾルデ】を撃破してグレイグが正式加入すると、【デルカダール王】からグレイグへと授けられる。
これを貰わずに【最後の砦】を出ることはできない。非売品で売却不可。
3DS版では、これを受け取ったタイミングで【ストーリー進行度】が10加算される。
 
幼いころの【ホメロス】は文献でこの盾の存在を知り、【誓いのペンダント】を王から与えられた晩にグレイグを誘って、王の私室に保管されている盾を盗み見しようと持ち掛けている。
その時の様子は【命の大樹】の根に記録されており、ホメロスが発見した、王が私室から台所へと移動する隠し通路の存在をグレイグに思い出させた。
 
……と存在感は大きいが、盾としては時期相応。
守備力と盾ガード率は中々のスペックだが属性耐性がまったく無いため、早い段階で属性耐性ありの盾に乗り換えられるか、あるいは既に持っている【プラチナシールド】や店売りの【まほうの盾】を使い続けたほうが何かと便利である。
というかこの時期だと守備力10~20は誤差の範囲内なので、下手すれば同じガード率で炎や氷に強い【はがねの盾】よりも使い勝手が劣る。
ちなみに属性耐性が無い大盾はコイツと【せいどうの盾】の二つのみ。

そもそもグレイグの初期装備でもあり、ムービーでも使用していた両手剣を伸ばすなら盾が装備できない。
また仮に片手剣や斧を伸ばすとしても、すぐに【二刀の心得】を修得(二刀流が)出来る為、扱う期間が想定よりも短くなりがち。
どうせなら、【魔軍司令ホメロス】戦にでも装備して、魔物と化したホメロスにこの盾を見せびらかしてやろう。
 
なお、入手手段は異変後に王から授けられるのみ。
過去に持ち込むことは可能だが、過ぎ去りし時を求めた後にグレイグが再加入した際は、王はグレイグにこの盾を授ける展開がない。
その為、主人公が未来から持って来たこの盾を過去の世界のグレイグが平然と装備してしまうのにも若干の違和感がある。
過去の世界では手に入らない故、異変後に【ダーハルーネの商人兄弟】から購入可能なデルカダールメイルと違って、この盾が2枚になるということはない。
 
ちなみに3DS版なら、【聖地ラムダ】【セーニャ】が断髪し「目覚めしセーニャ」に覚醒する時に彼女にこの盾を持たせておけば、過ぎ去りし時を求めた時点で増やすことが可能。
ただし、本来なら一品物の為か、ふくろに2つ以上ある状態で打ち直すと消滅することがある点に注意。
最初から+3にしてから増やせば問題ないが、他にも不具合が起きる可能性があるのでやるなら自己責任で。
 
また、れんけい技の【聖騎士の証】を使用した際には、旗を構えたグレイグの背後にこの盾が大きく浮かび上がる。
 
なおこの盾には逸話がある。曰く、
初代バンデルフォン国王(つまり【ネルセン】)がデルカダールに来た時、とある黒竜がネルセンの命を狙いデルカダールを襲ってきた。その際、デルカダールの一兵士が国民を守るべく竜に向かっていき、感動したバンデルフォン国王は、竜の鱗に似た色の盾をその兵士に与えたというもの。
【デルカダール地下水路】に潜んでいた【ブラックドラゴン】はこれと何かかかわりがあるのかもしれない。
【魔竜ネドラ】も黒いドラゴンではあるが、ネドラは【邪神ニズゼルファ】戦前、つまりネルセンがバンデルフォンを興す前に封印されているため、関係ないだろう。
 
また、ネルセンにゆかりがあるという共通点がある【英雄王の盾】とは、基本的な形状が全く同じである。違いは色と中心部分の紋章。

DQSB Edit

新1弾で登場した盾チケット。レア度は☆☆☆☆(ギガレア)、レベルは107。