Top > 【ドラゴンシールド】


【ドラゴンシールド】

Last-modified: 2019-03-01 (金) 23:39:32




概要 Edit

本編ではDQ4以降、外伝作ではトルネコシリーズ等に登場する盾。
その名の通りドラゴンの鱗やツノを幾重にも張り合わせて作った盾で、公式ガイドブックでは【ドラゴン】を思わせるグリーンのラウンドシールド(縦長楕円形)で、表面にはドラゴンの彫刻が施されている。
どの作品においても【しゅび力】は中の上で、炎と冷気を軽減する性能を備えているためそこそこ強いのだが、実際の使い勝手は作品によってかなり開きがある。

DQ3(リメイク版) Edit

守備力32、買値3500G。炎・吹雪両方のブレスのダメージを3/4に軽減する。
【サマンオサ】で販売されており、【勇者】【戦士】【盗賊】が装備可能。
今作では他の本編シリーズに比べて値段が安い割に守備力が高いのでコストパフォーマンスが良く、特に本作では吹雪耐性を持つ防具が少なく、盾ではこの盾と【ゆうしゃのたて】のみということもあり、トップクラスの強さを誇る。
【ひかりのドレス】【ひかりのよろい】との相性が抜群に良く、両方合わせて装備すると耐性は掛け算で計算され、ダメージ率は「2/3×3/4」となり、結果「6/12(=1/2)」となる。
鎧と盾の軽減率が重複する今作では耐性防具の重ね着は重要である。唯一の欠点はDQ5以降と違い、ポイント軽減ではないため弱いブレスでもダメージがゼロにならないことだろう。
 
FC版DQ4、SFC版DQ5・6といった過去発売作では微妙に物足りなかったが、抜群にお買得な逸品となった。
【オーガシールド】など数値の上で強い盾もいくつかあるが、耐性を考慮すればこの盾一択だろう。
 
盗賊も装備できるのが特徴で、とりわけ女盗賊は【ひかりのドレス】と一緒に装備することにより勇者に次ぐ耐性を得られることになり、リメイク版で盗賊が最強と言われる理由の一つである。
また本作で不遇と言われることの多い戦士も、この盾を装備できることは充分な強みとなる。
 
この盾のワリを食った形になるのか、FC版では【上の世界】で買えた【ドラゴンメイル】が、【アレフガルド】に行かないと入手できなくなった。

DQ4 Edit

初登場。【勇者】【ライアン】が装備可能。
守備力+30で、FC版ではブレスのダメージを2/3に軽減するという強力な盾のはずだが、後述の通り大きな落とし穴がある。
【リバーサイド】にて購入可能で、価格は7100G。また、【ガーデンブルグ南東の洞窟】【天空への塔】でも拾える。
さらに、【グリーンドラゴン】が稀に落とし、【アンドレアル】が必ず落としたりと、何気に入手の機会は多い。
 
【ドラゴンメイル】同様に耐性は素晴らしいが、【盾の耐性が無効になるバグ】のせいで、実質的には耐性の無い、ただ硬いだけの盾である。
FC版DQ3の【みかがみのたて】(守備力30、8800G)よりは安いが、値段に見合うかは微妙なもの。
裸でこの盾を装備すれば耐性が発動するが、それならばより安価で守備力の高いドラゴンメイルを装備すればいいだけである。
その上でこの盾か他の盾を装備すれば、ブレス耐性に加えて守備力もUPする。
メイル購入前にタダで手に入れたならあり得なくもないが…
 
上述の通り、ガーデンブルグ南東の洞窟で早々1個手に入るし、その後のイベントで勇者には【てんくうのたて】が手に入るので、これよりも他の武具の購入を優先した方が経済的。
 
それにしても、本来であれば【はぐれメタルよろい】を装備しつつブレス耐性も得られたはずなので、ライアンにとっては最終装備と成り得る可能性もあったのに。
【ミラーシールド】と大きく異なり、バグの煽りを最も強く受けてしまった不遇な防具である。

リメイク版 Edit

ブレス耐性が25ポイントの固定値軽減に変更。新たに【ピサロ】も装備可能になった。
PS版のみ【移民の町】(最終段階)でも購入できる。
リメイク版ではバグが解消され、鎧を装備している状態でも盾の耐性が有効となっているため、
3章での【はじゃのつるぎ】持ち込みなどで経済的に余裕があれば、凍りつく息(【つめたいいき】)が【こごえるふぶき】に強化された【キングレオ】対策に有効。
ただしドラゴンメイルの方が安価な上に重複入手がなく、また【てつのたて】と合わせて25ポイント軽減出来る点は同じなので、購入はそちらを優先したい。
(とは言うものの、持ち越せるはじゃのつるぎの数が増えているので両方とも購入するという手もあるが)
 
また、ドラゴンメイルのブレス耐性が2/3の割合軽減から20ポイントの固定値軽減に仕様変更されているため、これとセットで装備する事で【こうねつのガス】までなら無効化できる。
 
ライアンにとってはかなりの長期に渡りお世話になる盾であり、ブレス耐性面では30ポイント軽減の【てんくうのたて】【まかいのたて】に次ぐ性能を誇るため、そのまま最終装備としても問題無く使っていける。
ピサロにとっても魔界の盾入手までの繋ぎとして十分機能するなど、利用価値の高い優秀な盾と言える。

DQ5 Edit

守備力+30。炎・吹雪系ブレスのダメージを10ポイント軽減する。
【エルヘブン】でのみ販売していて、7100Gで購入可能。
【主人公】【男の子】【ピピン】の他、仲間モンスターでは【装備グループ】C・E・J・L・M・N・Oが装備出来る。
 
しかし、今作では何故かこれより値段が安くて店売りが早いという【ふうじんのたて】の方が守備力が高い上に、ドラゴンシールドと全く同じブレス耐性を持つ。更に、道具使用で敵全体に【ニフラム】(PS2版まではザキ属性、DS版以降はニフラム属性)という高性能を誇っている。
何か、耐性面の設定を誤ったのではないかとも思えるが……。
 
これだけを見ると、FC版DQ4に続く不遇な存在に思えるが、実は装備可能者の面で差別化は出来ている。
ちょうどこの時期に仲間になる【オークキング】【ゴーレム】【エリミネーター】はこちらしか装備出来ない為、彼らをメインに使うなら買い与える価値は十分にある。
特にゴーレムにとっては、これより上の耐性付きの盾は非売品で複数入手が困難な【オーガシールド】になる上、耐性自体は全くの互角である。
また、オークキング達の装備グループにとっても、これより上の【ほのおのたて】の費用対効果が悪く、あちらは冷気に特化した耐性なので、炎の耐性を得たい場合は同じくオーガシールドとなってしまう。
青年時代後半は金欠になりやすい為、【てつのたて】辺りで粘る事も多いだろうが、彼らにとっては最終装備候補になるので、最後まで使うなら買い与えてあげよう。

DQ6 Edit

守備力30、かっこよさ25。ブレスのダメージを15ポイント軽減する。
【主人公】【ハッサン】【テリー】【アモス】【ドランゴ】の他、【装備グループ】C・Fのモンスターが装備出来る。
今作では非売品で、【サンマリーノ】【ロンガデセオ】のカジノの景品(コイン2000枚)になっており、序盤のサンマリーノで手に入れておくと冒険が格段に楽になる。
特に真【ムドー】は2戦目で【こおりのいき】の攻撃がきついため、かなり重宝する。
それ以外では、テリーの初期装備でもある。【引換券】にされてしまう時はよく剥がされてドランゴに渡される。
 
また、【おしゃれなかじや】で2000Gで鍛え直して貰える。
鍛え直して貰った後は、かっこよさが47にUPし、売値も5325G→5700Gになる。
その気になれば早期に入手可能で、鍛え直した【オーガシールド】に次ぐ盾の中で2位のかっこよさを誇るので、【ベストドレッサーコンテスト】で活躍する。
【ドラゴンキラー】【ドラゴンメイル】と組み合わせることで、コーディネートボーナスがつくが、装備枠を3つも使うわりにポイントが少ないので、思ったほど高得点は狙えない。
ただしコンテストのランク7の突破にドランゴで臨む(特にSFC版ではドランゴ以外の仲間モンスターがいないという事態もそれなりにある)場合は、全てタダで入手+鍛冶屋代も安価なドラゴンシリーズを使うのが一番楽である。
【はざまの世界】に行く前に【けんじゃのいし】が欲しいならば活用できるだろう。
 
カジノ解禁直後に入手すると高性能には違いないが、これ単体はそれ程の壊れ性能を持たない。耐性はブレスにしか無くせいぜい【てつのたて】の上位互換、相手によっては【まほうのたて】に持ち変えても良いだろう。問題は同時期に入手可能と成る【プラチナメイル】に在る。デイン系以外の全てのダメージ呪文に耐性を持ち、装備可能範囲も被る(こちらを装備出来ないDグループのモンスターが加わるぐらい)為、セットで装備すると耐性の穴を埋めてしまえる上に【マーメイドハープ】入手まで守備力を上回る装備も無い。これを少ない元手で揃えて資金の節約と捉えるか、買い換えを楽しむ機会を奪うと捉えるかはプレイヤー次第だろう・・・。

DQ7 Edit

守備力26、かっこよさ25。ブレスのダメージを15ポイント軽減する。
【プロビナ】【移民の町】最終段階等で7100Gで購入可能。また【ドラゴンヘビー】が落とすこともある他、【ラッキーパネル】でも出てくる場合がある。
【主人公】【アイラ】のほか、データ上では【キーファ】も装備可能。
 
今作では値段は4~5と据え置きながら若干守備力が落ちた上、ブレスダメージの軽減量も微妙に物足りない。
場合によっては【こおりのたて】【プラチナシールド】等の方がいいので、購入は見送っていいかもしれない。
ただし現代の【旅の宿】のラッキーパネルで早期入手できた場合は、その時点ではズバ抜けて高性能なので長期間に渡って主人公が愛用できる。

DQ8 Edit

守備力30。今回は炎と吹雪を25ポイント軽減出来る。
【主人公】【ヤンガス】が装備可能。
 
【オークニス】で6900Gで販売されてる他、【竜骨の迷宮】で1つ拾う事も可能。
また、【はがねの盾】【竜のうろこ】2つを錬金して作れる。
拾えたり、その気になれば比較的早い段階で作成出来るので頼りになる。
その勇壮な姿を画面上で見られるのも嬉しい。
竜骨の迷宮南と【王家の山】で竜のうろこが2つ入手できるので最速、船入手直後に1つ作れる。
錬金で1つ作ると、装備可能者が2人だけなのに手元に2つある状態になり、抵抗を感じるかもしれないが、これより強力な盾はレアだったり高価だったりして手を出しづらいので、微レアな竜のうろこの使用目的として優先度は高めである。
しかし素材的に競合する【ドラゴンテイル】のレシピを【商人のテント】で聞けてしまうため、
初回プレイでは作られないことも多い。
 
ヤンガスの最終装備となる可能性もある。
量産が難しい【メタルキングのたて】を他のメンバーに取られると、彼はこれか【みかがみのたて】が最も有用な盾になる。
また主人公は【竜神の盾】入手後も、冷気ブレス対策にキープしておくと効果的。
 
はがねの盾(2500G)から逆算したこの値段差は、製造費は勿論の事、凶暴なドラゴン系モンスターから竜のうろこを調達する為の労務費も多分に関わっているが故のものか。
同じく竜のうろこを2つ費やすドラゴンメイルもそうだが、此方の方が値段差が小さい事を踏まえると、製造費の占める割合は然程高くないのかも知れない。

DQ9 Edit

守備力24。盾ガード率3.5%に加えて炎系・氷系ダメージを10%軽減する。 
【ナザム村】【ドミールの里】で9800Gで販売されている他、【ガメゴンレジェンド】が落としていくこともある。
 
錬金でも入手可能で、レシピは以下の通り。
【まほうの盾】×1+【竜のうろこ】×3+【ちからのルビー】×1

DQ10 Edit

Lv42から装備可能な大盾。ブレス系ダメージを10%軽減する。 
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

【主人公】【グレイグ】が装備可能な大盾。

-+1+2+3
守備力30313335
盾ガード率8%10%
炎属性ダメージ軽減10%
氷属性ダメージ軽減10%

 
世界に異変が訪れた後、【ユグノア地方】(キャンプ)、【ネルセンの宿屋】【ソルティコの町】【プチャラオ村】【メダチャット地方】(キャンプ)で6900Gで購入可能。
【ふしぎな鍛冶】でも作成できる。レシピは【続ドラゴン装備図鑑】に記載。
必要材料は【ミスリルこうせき】×2、【ドラゴンのツノ】×1、【イエローアイ】×1。
 
レシピ入手時点で言えば【まほうの盾】が少し前から手に入り、性能で言えばどちらにも長所があるため実質的に互角のスペックといったところなので、どちらを使うかは見た目の雰囲気や好みで選んだのでも構わないだろう。
まほうの盾をあらかじめ作っていない(あるいはクエストをやってないのでレシピが無い)場合、グレイグ加入時に安く盾を手に入れたいという時は便利。
この後のボス戦でも炎属性を使うボスは結構いるので長く役に立てる。

トルネコシリーズ Edit

DQ4本編では装備できなかったくせに何故か何食わぬ顔で装備できる。
ドラゴンの吐く炎のダメージを半分にする。意外な事だが、この盾は錆びてしまう。
トルネコ3では【ドラゴンの指輪】に、少年ヤンガスでは【真紅の盾】などにその効果を譲っており登場しない。
炎の半減効果が非常に強力なため、和風の世界観の「風来のシレン」シリーズにもそのままの名称で輸入された。

トルネコ1 Edit

特殊能力があるだけでなく、防御力7で、はぐれメタルの盾の次に強い。
鍛えていく分には強い盾だが、ドラゴンが強いのは炎以上に直接攻撃なので、じっくり鍛えられない【もっと不思議のダンジョン】では、純粋に強いはぐれメタルの盾の方が良い。

トルネコ2 Edit

【不思議のダンジョン】以降の店で入手できるほか、【剣のダンジョン】で拾える。
トルネコ2では直接攻撃以上にドラゴンの炎が凶悪化されたので、
【キースドラゴン】の出る終盤にはこれが無いとやってられないぐらいに重要。
【ダースドラゴン】の出る試練の館ではこれがあってもやってられないぐらい。
ちなみに、【フレイム】【ようがんまじん】の直接攻撃も半減できる。元々そんなに強くないが。
 
戦士の技【おいかぜ】【ドラゴンブレス】は、ドラゴン系の炎を受けて覚える技なので、この盾を用意しておきたい。
この盾で直接受ける必要はないので、もっと強い【オーガシールド】あたりに合成しておいても良い。

DQH Edit

守備力は30で、【テリー】専用の盾。

DQMB2 Edit

第5章から登場。ブレス系の技を高い確率でガードできる。
もちろんダメージを与えるものから状態異常を及ぼすものでもガードできるので、使い勝手が良い。

DQSB Edit

第2弾稼働記念のキャンペーンで全国のゲーセンで無料配布された。
たてレベルは40。上昇ステータスはHP:80、みのまもり:88。
その後超3弾でゲーム機から排出されるようになった。
レベルは71で、HP:120、ちから:45、すばやさ:5、みのまもり:190。
炎、吹雪のガード率が高い。